« 久喜の天王様 | トップページ | 基隆~台湾で日本に一番近い町 »

2007.07.19

俄然盛り上がる名古屋場所

 すっかり忘れていましたが(笑)、7月といえば大相撲名古屋場所ですね。ここんとこ旅行ネタばかりblogに上げてたもんですっかり忘れてしまいましたが、星取りの方はちゃんと新聞などでチェックしておりますので、現在の状況は把握済みであります。

 で、名古屋場所ですが、なんといっても関脇琴光喜の連日の活躍ぶりが目立ちますね。しかも大関昇進をかけた大事な場所で、今日まで11勝1敗という成績はもちろん優勝争いのトップ。今後の活躍次第では優勝も決して夢ではないですね。昨日の朝青龍戦で敗れたのは残念でしたが、おとといの白鵬戦では横綱を鋭い投げで地に這わせました。横綱戦で1勝は欲しかったんで、昇進に向けて大変大きな白星だったことはいうまでもありませんね。

 これで理事長のいう最低ラインの12勝まであと1勝となりました。すでに横綱との対戦は終わりましたので、琴光喜の実力からすれば難しいことではないでしょう。今場所の実力を来場所以降も発揮できれば、短期間で横綱昇進というのも決して夢ではないかもしれませんね。ただそうなると今度は苦手としている朝青龍をどう対処するのかがカギになってきます。今場所はそれを克服することが出来ませんでしたが、それが琴光喜の今後の課題といえますね。

 一方優勝争いですが、琴光喜と両横綱の3人に絞られてきました。出来ればこのまま千秋楽までもつれて行くと面白いんですが、今場所はちょっとわかりませんね。

 関連記事
  ・星勘定は到達・琴光喜-大相撲名古屋場所2007・12日目 (kojiro-railway様)

|

« 久喜の天王様 | トップページ | 基隆~台湾で日本に一番近い町 »

相撲」カテゴリの記事

コメント

 琴光喜関は昨日も勝って、12勝1敗となりました。横綱の白鵬関も破っているので、大関昇進は確実でしょう。

 でも、琴光喜関が大関に昇進した場合、日本人の大関昇進は実に6年ぶりだそうです。大相撲の人気回復のためにも、日本人力士には精進してもらいたいですね。

投稿: たべちゃん | 2007.07.21 13:20

田宮がようやく才能を発揮しました。正直遅すぎます。
魁皇が肉離れみたいですね。栃東が去っただけに魁皇に
直してもらって一場所でもいいから大関同士で戦って
ほしいと思います。

投稿: SATO | 2007.07.22 20:43

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 名古屋場所の総括について別の記事に書きましたので、よろしければ覗いて見ていただけると幸いです。やはり朝青龍、強かったですね。初日に敗れたのでどうなることかと思ってたんですが、やはり20回の優勝は伊達ではないですね。

 そして琴光喜については、ほんと「おめでとう」の一言ですね。これまで思うような成績を上げることができず、大関昇進は難しいかなと思った時期もありましたが、今場所は今までの琴光喜とは違う「大関に上がるんだ」という気迫が感じられました。来場所以降もこの調子を持続して欲しいものですね。

投稿: mattoh | 2007.07.23 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/15811551

この記事へのトラックバック一覧です: 俄然盛り上がる名古屋場所:

» 星勘定は到達・琴光喜-大相撲名古屋場所2007・12日目 [がんばれ!FC岐阜!~kojiro-railway-blog]
前日11日目、琴光喜は朝青龍に投げ飛ばされ黒星を喫し、3人が1敗で優勝を争う展開 [続きを読む]

受信: 2007.07.20 08:32

« 久喜の天王様 | トップページ | 基隆~台湾で日本に一番近い町 »