« 荒川車庫 | トップページ | 「荒川線の日」記念イベント訪問 »

2007.09.29

小田急バス1日乗車券の旅

 先日西武バスの1日乗車券を利用して都内をぶらぶら散策し、新たな発見を楽しんできたところですが、その体験がまたしたくなりおととい乗り歩いてきました。今度は小田急バス。特に行きたいところとかはなかったんですが、これまであまり利用したことがないバス会社を利用してみようと思い小田急バスが思いついた次第です。

 旅の始めは武蔵小金井駅から。武蔵小金井といえば目下中央線の高架化工事真っ盛りで、今年の7月にようやく下りの高架切り替えが完了しましたが、東京寄りに設置されている小金井街道の踏切が朝夕のラッシュ時を中心に開かずの踏切状態となってしまい、その様子はTVニュースなどでも度々報道されていました。現在上りがまだ付け替えられていないので踏切はまだ使用されていますが、ちょうどいた時間帯は踏切の前にバリケードが張られ車両の進入を止めていました。利用者にとっては駅周辺での車の通行が出来なくなり不便ですが、これも工事の円滑化や安全性を考えれば致し方のないところでしょうね。

Musasikoganeista
三角屋根の武蔵小金井駅

Crossing_musasikoganei
朝のラッシュ時に規制される小金井街道の踏切

 さて小田急バスの乗り場ですが、駅周辺に乗り場の案内がなく右往左往してしまいました。やむを得ず交番で場所を確認し何とかたどり着くことが出来ましたが、京王バスに間借りしているかのように小さく”小田急バス”としか書かれていませんでした。これじゃ見つかりませんね(^_^;)。しかし小田急バスがここ武蔵小金井駅に乗り入れているのは、三鷹駅行き鷹51系統のみ。実際バスを待つ間、やってくるのは京王バスか西武バスばかりで、小田急バスはまさにここでは少数派なんですね。

 やがて反対車線の降車専用停留所に白地に赤のバスが停車しました。これが小田急バスの車体です。しばらく停車後、駅前のロータリーでぐるりと回り、こちらへやってきました。

Musasikoganeibusstop
小さく「小田急バス」と書かれた武蔵小金井駅前バス停

Odakyubus_musasikoganei
バス停に接近する小田急バス

 運転手から1日乗車券を購入。前回の西武バスのと同様、日付をコインで削り使用するというスクラッチ形式でした。これで準備万端。バスは武蔵小金井駅を後にしました。

 武蔵小金井駅を出たときは私の他に誰もいませんでしたが、途中から徐々に乗客が乗り込み、三鷹市内に入る頃には立ち客も出るほど混み出しました。やはり都内のバスは利用客も多く元気な印象を受けますね。やはりドアツードアで利用でき、均一料金の設定というのは利用しやすいんでしょう。

 このまま三鷹駅まで乗り続けていたいところですが、手前にある八幡前という停留所で下車しました。ここからすぐのところにある三鷹下連雀四郵便局に訪問。先ほどの武蔵小金井駅近くにある小金井郵便局に寄ったときもそうでしたが、この日は翌月1日に控えた郵政民営化前ということで大変混雑していました。その後立ち寄った郵便局も概ね混雑していて、この日ばかりは郵便局めぐりも大変でした。

 この後は深大寺方面へ向かうバスに乗ることにしました。深大寺は調布市内にある天台宗のお寺で、私も6年前の冬に訪ねたことがあります。このときは名物のそばを食べてきたんですが、京王線をはじめ鉄道の路線からは離れたところにあるので、調布などからバスに乗り換えることになります。時間帯によってはここでおそばということも考えたんですが、上連雀八丁目で途中下車し三鷹郵便局に立ち寄ったものの、先ほどと同じく窓口が大変混雑していてここで時間を食ってしまいました。おかげで次のバスまで30分近くもあったので、ここから歩いていくことになってしまいました。

 およそ30分ほど、広大な神代植物公園の中の通りを抜けてようやく神代植物公園前郵便局に到着しました。すっかりお腹も空いてしまいヘトヘト状態だったもんで、ここから深大寺へ行く気力がなくなってしまい、調布駅行きバスに乗ってしまいました。

 調布駅前に到着しすぐ目の前にあった吉野家に入店。ここで昼食を食べました。店の中には学生風の若い人の姿を多く見かけましたが、駅の近くに大学があるんですね。駅前も若者向けの店などが並び、若者の町といった雰囲気が伝わってきますが、思えば調布の駅周辺をじっくりと歩くということは今回初めてと思いますね。もちろん調布駅には何度か降りたことがあるんですけど、改札を出てそのまますぐ乗ってしまったことが多く、駅の周りとかはそれほど意識してなかったので、「へぇ、こんな感じなんだ」と返って新鮮に思えました。

 ここでも駅周辺の郵便局を2局訪問し、次のバスに乗り込みます。ここは武蔵小金井とは違い小田急バスの車体を多く見かけましたね。当初の予定では渋26系統に乗って延々渋谷まで揺られる予定だったんですが、すでに時刻が2時を過ぎ郵便局も多くは巡れない状況でした。それに帰りに新宿による予定があったので、成城学園前行き成04系統に乗ることにしました。途中、ジューキ前という停留所で下車。歩いて10分ほどの調布くすのき郵便局を訪問後、同じ成04系統で仙川までたどり着き、ここから京王線に乗って新宿へ向かいました。

Odakyubus_chofu1

Odakyubus_chofu2
(上下とも)調布駅にて

 都内に路線を持つバス会社の多くが1日乗車券を販売しており、しかも概ね500円と手ごろなお値段なので、遠出の予定がないときや普段電車だけではなかなか行けない駅から離れたところにある郵便局を訪問するときには便利ですね。前回の西武バスのときと同様、今回も新鮮な体験が出来ました。

|

« 荒川車庫 | トップページ | 「荒川線の日」記念イベント訪問 »

バス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/16608763

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急バス1日乗車券の旅:

« 荒川車庫 | トップページ | 「荒川線の日」記念イベント訪問 »