« 満月 | トップページ | 【書籍】いつまでもデブと思うなよ »

2007.09.26

大相撲秋場所総括

 もう3日が過ぎてしまいましたが、大相撲秋場所は横綱白鵬の優勝で幕を下ろしました。横綱朝青龍の出場停止によりどんな結果になるのか注目した場所でしたが、場所前に私が挙げていたカギを握る力士のうち、新大関の琴光喜は大関で一番多い勝ち星を上げたものの、10勝5敗という成績で優勝争いにもほとんど絡むことが出来なかった始末でした。先場所の勢いをそのまま持っていければ、来年早々にも横綱という期待もあっただけに、この成績ははっきり言って不本意ですね。来場所こそ白鵬と最後まで優勝争いを演じてもらいたいものです。

 そしてもう一人。若手の期待力士である稀勢の里ですが、こちらは二桁どころか勝ち越しもままならず、結局負け越しという何とも期待はずれな成績でした。幕内に上がってきた頃の勢いが現在は全く感じられず、大きな壁にぶつかった感があります。場所中TV中継の中で、解説の北の富士さんも壁にぶつかっているようだという意見を述べておられましたが、今場所活躍した豪栄道や豊間将など若い有望力士が上がってきている状況だけに、奮起を期待したいですね。

 そんな期待はずれだった中で、一人だけ十分期待に答えてくれたのが横綱白鵬ですね。一時は新鋭の豪栄道に優勝争いのトップを譲る日もありましたが、一人横綱としての責任を見事に果たし、見事横綱としての初優勝を遂げました。内容的にはまだまだ課題も多いですが、やはりまずは優勝ですので、今場所の結果は大きな自身になったでしょうね。

 他の力士に目を向けると、新鋭の豪栄道の活躍は目を見張るものがありました。前々から聞いていた名前ですが、新入幕の場所で堂々と優勝争いを演じた上、結びの一番で横綱と対戦するという経験も積み増した。もちろん来場所以降上位に番付を上げたときにどんな成績を上げるのか未知なところもありますが、こちらは長い目で見たいですね。

 そして意外なところでは、小結の安馬に来場所以降注目していかないといけなさそうですね。今場所いきなり初日に横綱白鵬に勝ち、その後も安定した成績を上げた結果、10勝5敗という成績でした。この位置での10勝は価値のある成績だけに、大関取りの足がかりとして九州場所も期待したいところです。

 来場所九州は今年納めの場所。どんな結果になるのか、いまから楽しみです。

|

« 満月 | トップページ | 【書籍】いつまでもデブと思うなよ »

相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/16581832

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲秋場所総括:

« 満月 | トップページ | 【書籍】いつまでもデブと思うなよ »