« 今日の出来事(10/14) | トップページ | ついにオープン!鉄道博物館を見学する »

2007.10.15

秩父鉄道リバイバルカラー第2弾、スカイブルー塗装走る

 夕べのうちに画像の整理を済ませたので、いよいよ昨日のことを書きたいと思います。やはり一番のメインは鉄道博物館ということになりますが、その前に秩父鉄道で走ったスカイブルー色の臨時急行列車に乗ってきましたので、まずはこちらから。

 朝っぱらから熱のこもった記念Suica争奪戦を無事に終えた私は、高崎線の電車に乗り込みました。目指すは熊谷。秩父鉄道では主力車両である1000系(元国鉄101系)による国鉄色のリバイバル運転が先月から始まりましたが、その第2弾として昨日はスカイブルー色が初お目見えとなりました。運転初日は臨時急行列車として熊谷と影森を往復するとのことで、それに乗りに来た次第です。

 実はこのスカイブルーの101系、私にとっては思い出がありまして、まだ小学生だった頃、京浜東北線に乗るべく大宮駅で待っていてやってきたのがこの101系でした。低運転台の103系と比べると明らかに異なる顔つきで、一目見ただけで103系とは別形式の車両であることがわかりましたが、如何せん小さい子供だったのでカメラを持っていたはずがなく、写真に収めることができませんでした。現在の京浜東北線は209系オンリーとあまり車両の形態に変化がありませんが、この頃はこの101系がいたり、山手線や中央線などから転属してきた103系がそのままの色で編成に組み込まれていたりと、ホームで待っているだけでも子供ながらにワクワクした思い出があります。もちろん今ではそんなことは体験できないことですけどね。

 まずは窓口でこれから乗る臨時列車の急行券と1日乗車券、そしてリバイバルカラーの1000系が台紙になった硬券入場券を買いました。昨日は臨時快速で長瀞まで行き、そこから折り返して羽生まで行く予定でしたが、こまめに買うよりも1日乗車券のほうが元が取れることがわかったので、こちらにした次第です。こうして準備が終わりホームへ入ると、構内の側線に停車中の車両群の中に、この日の主役であるスカイブルー塗装の1000系が停車していました。

Chichibu1000skyblue_kumagaya1
初お目見えのスカイブルー塗装

 整備が済んだばかりなのか、車体が鮮やかできれいでしたね。やはりオレンジ塗装のとき同様、車体の社紋や先頭車の大きな前パンタ、そしてユニットクーラーと、国鉄時代にはなかった装備がそのまま積まれていましたが、今回こうした企画だけでも大いに評価したいところ。ほんと粋な計らいをしていただいた秩父鉄道にただただ感謝です。

 やがて側線に停車していたスカイブルーが動き出しました。秩父寄りに進み一旦停止すると、進行方向を変えて発車、こうしてホームへ入線してきました。

Chichibu1000skyblue_kumagaya2
熊谷駅ホームに入線した臨時急行列車

 一通り写真を撮り終え電車に乗り込むと11時27分、臨時急行列車は熊谷駅を発車しました。

 一応急行列車ですので、次の停車駅である武川までの間はどこも停車せず快調に飛ばしていきました。現在の急行列車は元西武の車両による運用ですが、普段は各停運用のみの1000系による急行列車というのも貴重な体験でしたね。やがてしばらくすると、車掌さんが車内を回り乗車記念証を配り始めました。先月のオレンジ塗装のときはこうしたモノはなかったので、今回はいい記念になりましたね。

 結局長瀞でスカイブルーを見送ることになりました。

Chichibu1000skyblue_nagatoro
長瀞駅に到着したスカイブルー臨時急行

 およそ20分ほど待ち合わせ、今度は12時28分発の上り羽生行きに乗り込みます。なぜ長瀞で下車したのかというと、この羽生行き電車、実はリバイバルカラー第1弾のオレンジ塗装が使用された列車でした。どの運用にリバイバルカラーの編成が使用されているのかは、秩父鉄道のサイトで知ることが出来ますので便利ですね。先月は臨時急行での乗車でしたので、今回初めて各停運用で乗ることになりましたが、やはり101系にはこの塗装がぴったりですね。

Chichibudeha1011_gyodashi
行田市を発車するオレンジカラー1000系

 101系というと中央線や総武線でのイメージが強く、オレンジや黄色の塗装が一番馴染み深いですが、わずかではありましたが京浜東北線でも活躍していました。前にも書いたとおり、その京浜東北線の101系には子供の頃乗った記憶があるんですけど、やはり写真に残せなかったのは残念です。しかしこうしてリバイバルと言う形で再び出会うことが出来ました。

 さて次回は11月24日。今度はカナリア塗装ですが、こうなれば勢ぞろいした姿を見てみたいものですね。

 関連記事
  ・祝 鉄道博物館開館! 国電カラー復活第二弾 秩父鉄道1000系 (Kaz-T様)
  ・秩父路に国電復活!秩父鉄道1000系がスカイブルーに (TOMO様)
  ・初めて見た101系 (ユーブ様)
  ・旧国鉄色スカイブルー復活! (melompan様)
  ・秩父鉄道1000形リバイバル塗装(その2、スカイブルー) (栃木路快速様)

|

« 今日の出来事(10/14) | トップページ | ついにオープン!鉄道博物館を見学する »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/16771862

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父鉄道リバイバルカラー第2弾、スカイブルー塗装走る:

» 祝 鉄道博物館開館! 国電カラー復活第二弾 秩父鉄道1000系 [Kaz-T's blog レインボーライン]
鉄道の日の今日は、さいたま大宮の地に「鉄道博物館」がオープンしました。これまで東 [続きを読む]

受信: 2007.10.15 23:48

» 初めて見た101系 [鉄道気軽にお出かけ紀行]
10月14日、秩父鉄道で1000系スカイブルーの臨時急行列車が運転されていました。急行影森行きです。 秩父鉄道を走る京浜東北線 2007年10月14日 秩父で筆者撮影 [続きを読む]

受信: 2007.10.16 15:32

» 秩父路に国電復活!秩父鉄道1000系がスカイブルーに [TOMOの鉄日誌]
秩父鉄道では、大宮の鉄道博物館オープンに合わせて、旧国鉄101系を改造した100 [続きを読む]

受信: 2007.10.18 12:55

» 秩父鉄道1000形リバイバル塗装(その2、スカイブルー) [栃木路快速 Tochigiji Rapid Service]
10/4の鉄道の日は、大賑わいの鉄道博物館や日比谷の鉄道フェスティバルをスルーし [続きを読む]

受信: 2007.10.18 23:10

« 今日の出来事(10/14) | トップページ | ついにオープン!鉄道博物館を見学する »