« 【10/30】首都圏色、筑波山の麓で快走する~関東鉄道 | トップページ | ニューシャトルの“鉄道むすめ”? »

2007.10.31

ちょうど一ヶ月

 岡田斗司夫氏の著書「いつまでもデブと思うなよ」に影響されて始めた減量もちょうど一ヶ月が経過しました。日頃食べる量を減らすよう工夫していますが、その甲斐もあって夏の健康診断時に83kgあった体重が現在は76kgにまで減ってきました。運動は特にやっていないんですが、食べる量を減らすだけでもかなりの効果があるもんですね。

 で、この一ヶ月で変化したことを羅列したいと思います。

1 空腹時の間食

 腹が減るとどうしても手が出てしまうのが間食ですが、基本的には空腹の時は無理に我慢せずに食べるようにしています。といっても、これまで2枚食べていたビスケットを1枚に減らすとか、それなりには工夫をしてますけどね。以前考えていたことの一つに、空腹にならないために主食をたんまり食べて満腹感を長持ちさせるというのがありました。食事をしてしばらくたつとどうしても腹が減ってくるんですが、そうならないためについつい主食で食べ過ぎてたんですね。ところが、ラーメン一杯を完食しても2割程度残してもあとで空腹になるには変わりはないわけで、それだったら食いだめはまったく意味はないし体にも悪いということになるんですね。どうせつまみぐいをするんですし、それだったら腹八分目程度にしておいて、間食はほどほどに食べる方がはるかに健康的です。

2 体重計に乗る

 太っているときは乗るだけでも恐怖心を感じていた体重計ですが、体重が減り出すと今度は乗りたくなってしまいますね。これは不思議なものですが、今は体脂肪とかが計れるタイプもあるようで、こっちに買い換えないかと家人が持ち掛けています。

3 意識した食生活

 これが一番大きいです。今日はどんなものを食べるか、どんな組み合わせにするかとかいろいろと考えるようになりました。あまりに考えすぎて頭が痛くなる時もありますけど(笑)、それだけ自分の食べるものに意識を払うことになったということですね。

 と書いてきましたが、わずか一ヶ月で大きい効果が現れているのに正直驚いています。あとは少しでも体を動かすとか食事以外でも何かやりながら続けていきたいと思っています。

|

« 【10/30】首都圏色、筑波山の麓で快走する~関東鉄道 | トップページ | ニューシャトルの“鉄道むすめ”? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

同じ本を読んで…

取りあえず食事の記録だけざっぱにつけています。
今のところ体重変動は多分無し(計ってません駄目ですね(^^;)

ただ 同じく意識するようにはなりました。
まぁそれで良いかなぁとも思ってます。

投稿: みちる | 2007.11.04 19:29

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 この本を読んで変わったことは、まず食べるもののカロリーを意識するようになったことですね。コンビニやスーパー、それにファミレスなどで商品の裏面やメニューに書かれているカロリーを必ず見るようになりました。一見カロリーが低そうに見えても結構高カロリーだったりしてびっくりすることが多くなりましたが、その度に以前の自分がいかによく食べていたかが痛いほどわかるようになりました。

 今のところ順調に減っているところですが、リバウンドしないようにやっていきたいですね。

投稿: mattoh | 2007.11.05 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/16933817

この記事へのトラックバック一覧です: ちょうど一ヶ月:

« 【10/30】首都圏色、筑波山の麓で快走する~関東鉄道 | トップページ | ニューシャトルの“鉄道むすめ”? »