« ついにオープン!鉄道博物館を見学する | トップページ | 新幹線高速試験車両を見学する »

2007.10.17

津のうなぎ

 数ヶ月前に放映されたとあるTV番組の中で、三重県津市のうなぎが取り上げられていました。うなぎといえば7月の土用の丑の日を除けばそう頻繁に食卓に並ぶものではないと思いますが、何でも津はうなぎの消費量が日本一だそうで、普段から家庭でもよく食べられているんだとか。そこで先の旅で津に宿泊した際、夕飯にうなぎを食べることにしました。

 午後7時、亀山からの列車で津に到着しました。そのまま駅近くのビジネスホテルに向かうため駅前に出ると、目の前に一軒のうなぎ屋を見つけました。この日は朝昼ともあまり食べていなかったもんでかなり空腹状態でしたが、その店からはうなぎを焼く香ばしい匂いが周囲を漂ってきたので、早く食べたいという気持ちになりました。とりあえず荷物を置きたかったので、そのままホテルへ直行しチェックイン。するとフロントの近くに「うまっぷ」という市内のうなぎの店を紹介したマップがありました。一枚貰い部屋で眺めていましたが、駅周辺になるとやはり先ほど見つけた駅前の店くらいしかありませんでした。空腹状態で夜の街をぶらぶらするのもツライので、その店に入ることにしました。

 さっそく席に座りおしながきを開くと、うな重や鰻丼、そして名古屋の名物であるひつまぶしなど、うなぎ料理は大概あるという感じでした。しかもお値段はうな重はそれなりだったものの、鰻丼は千円ちょっとと比較的手ごろでした。いろいろと迷ったものの、今回は鰻丼を注文しました。

 どうしても安めのお値段のうなぎは味が今ひとつといった感がありますが、ここの鰻丼に入っていたうなぎはなかなか肉厚で十分な味でした。量は真ん中を選んだんですけど、最近食べる量を減らしているので量的にはやや多めに感じました。

 うなぎといえば浜松や豊橋を思い出しますが、ここ津も決して忘れてはいけませんね。なかなか津で宿泊する機会がありませんが、再訪の折にはまだ味わいたいものです。

Eeldonburi_tsu
津の鰻丼

|

« ついにオープン!鉄道博物館を見学する | トップページ | 新幹線高速試験車両を見学する »

mattoh的グルメガイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/16788318

この記事へのトラックバック一覧です: 津のうなぎ:

« ついにオープン!鉄道博物館を見学する | トップページ | 新幹線高速試験車両を見学する »