« 秋の鎌倉~江ノ電散策(11/23) | トップページ | フライ »

2007.11.27

1年の納め~大相撲九州場所

 おとといまで大相撲九州場所が行われてたんですね(笑)。もちろん結果は新聞などで毎日追ってはいましたけど、何とも盛り上がりに欠けた締まりのない場所になってしまいました。結果的には横綱の白鵬が2場所連続の優勝を遂げ、朝青龍不在の中で横綱の責任を果たしてはいるんですけど、成績が12勝でしかも千秋楽は大関の琴光喜にひっくり返されるなど、朝青龍の豪快さに比べればまだまだ力強さを感じない内容でした。横綱になってまだ3場所、まだまだ発展途上といえばそこまでですが、来年こそ横綱らしい力強い相撲を期待したいところです。

 そんな九州場所でしたが、いつもは不甲斐ない成績で早々と優勝争いから脱落する大関陣が珍しく奮闘しました。その一人、千代大海ですが、体重を絞ったとかでかなり体の切れがよく、もしかしたらという期待を持たせてくれました。14日目の白鵬との相星決戦で敗れたものの千秋楽の結果如何では決定戦にまで持ち込める状況でしたが、何とその取組みでけがをしたとのことで、千秋楽は休場となってしまいました。その結果、自動的に白鵬の優勝が決まったわけですけど、不戦敗による優勝決定は前代未聞のことだそうで、朝青龍問題や新弟子の死亡事件などで揺れたこの1年を象徴するような結末には、私も正直唖然としてしまいました。

 一方、引退か否か力士生命をかけて望んだもう一人の大関魁皇ですが、初日の敗戦を見た時は正直「もう終わり」と思いましたが、終わってみれば14日目に勝ち越して見事(?)首が繋がりました。もし7勝7敗で千秋楽を迎えていれば千代大海と当たっていたわけで、ここで千代大海が不戦勝となればまた更に前代未聞の結末があったわけですが、それはそれでまた見てみたかったという不謹慎な思いもありました。

 30日には朝青龍の謝罪会見が行なわれるとのことで、ここで何を言うのか気になるところですが、新弟子ゼロや死亡事件が起きた今年の相撲界が来年はこれ以上暗い話題が上らないよう願うばかりです。

|

« 秋の鎌倉~江ノ電散策(11/23) | トップページ | フライ »

相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/17208439

この記事へのトラックバック一覧です: 1年の納め~大相撲九州場所:

« 秋の鎌倉~江ノ電散策(11/23) | トップページ | フライ »