« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007.11.30

晩秋の長瀞散策

 先週の国電リバイバル運転の日、せっかくの秩父路ですから紅葉でも見たいところ。そこで、午後は長瀞で紅葉見物をしてきました。

 長瀞駅から歩くこと10分ほどで長瀞一の名所である岩畳に到着しました。ここは荒川の流れによって削られた渓谷で、岩の上に立つとその雄大さが手に取るように感じられます。またここは長瀞名物の舟下りの船がやってくるので、岩畳の脇を通り抜ける船の様子はここの絶景といえるでしょう。ただ肝心の紅葉はところどころ色が変わっている木があるくらいで、3割から4割程度といったところでした。

Iwadatami07111_2
秩父一の景勝地・長瀞の岩畳

Iwadatami07112
長瀞名物舟下りの船とともに

 ここでずっと見ていたいところですが、さすがに今の時期は気温も低く肌寒いので、ほどほどにして移動しました。続いて訪れたのは月の岩もみじ公園。長瀞自然の博物館前にあるこの公園は、文字通りもみじが植えられた公園であります。こちらはもみじの木がすでに赤く色づいておりちょうど見頃を迎えていました。夜にはライトアップもされるとのことですが、今回はあいにくそこまで滞在する予定はありませんでした。

Tsukinoiwamomijipark07111
紅葉の見頃を迎えた月の岩もみじ公園

Tsukinoiwamomijipark07112
色づいたもみじの葉

 ここまで来ると上長瀞駅の方が近いので、歩いて駅までやってきました。駅前に来ると、秩父の方向から甲高い汽笛の音が聞こえてきました。ちょうど秩父鉄道のSL列車「パレオエクスプレス」が上長瀞駅を通過するところで私もすぐに駅の方へ向かいましたが、残念ながら通り過ぎてしまい撮ることはできませんでした(;_:)。でもSL列車が通り過ぎた後の駅周辺には、蒸気の香りが一面漂っていました。一方上長瀞駅ですが、昔ながらの雰囲気を持った駅で私は気に入っています。20年以上昔、家族で秩父を旅行したときにこの駅で電車を待っているときの様子が写真に残っていますが、当時と駅の様子はほとんど変わっていません。大きく曲がったホームが特徴の駅ですが、何度訪れても家族で旅行したときの思い出が蘇ります。

Kaminagatorosta
帰りは上長瀞駅から

Kaminagatorohome
大きく曲がったホームが特徴的ですね

Matsubokkuri_kaminagatoro
かわいい松ぼっくりの人形がお見送り

 こうして長瀞散策を終えた私は一旦秩父まで戻り、急行列車で熊谷まで戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.29

国電リバイバルカラー第3弾・カナリア色登場~秩父鉄道

 先週の連休の中日だった24日、向かった先は熊谷でした。9月のオレンジバーミリオン色から始まった1000系(旧101系)のリバイバルカラー運転ですが、そのラストを飾る第3弾がこの日お目見えしました。今度はカナリアイエロー色。総武線や赤羽線などで活躍したカラーです。

 高崎線の普通列車で熊谷に到着すると、西側の側線にこの日の主役であるカナリアカラーに塗られた1000系が発車の準備していました。早くホームに行って拝見したいところですが、その前にまずきっぷを買わなければなりません。まずは窓口で1日乗車券と急行券、そしてこの日から発売のカナリアカラーがデザインされた台紙付き入場券を購入。今回は秩父鉄道以外に予定がありませんでしたので、1日乗車券を思う存分使うことにしました。

 これで準備万端。さっそく改札を抜けホームへ向かいます。するとちょうど電車が入線したところで、すでに大勢の乗客がカメラを構えていました。

Type1000yellow_kumagaya1
リバイバルカラー第3弾・カナリアイエロー色登場!(熊谷駅)

 10月14日のスカイブルーのときと同様、11時27分に臨時急行列車は熊谷駅を発車しました。過去2回は思ったほど乗客がおらず正直拍子抜けでしたが、今回はそこそこ乗客がいました。そして今回も発車してしばらくすると、乗務員が乗車証明書を乗客に配り始めました。前回のスカイブルーに続きいただくことができましたが、これだったら最初のオレンジ色のときも乗っておきたかったですね。今となっては残念であります。

 寄居で3分ほど停車し、ここでも撮影タイム。そして寄居を発車後、一つのアナウンスが流れました。それはこの先の黒谷駅でオレンジとスカイブルー、そして乗っているカナリアの3色が勢ぞろいするというものでした。実は10月14日のスカイブルーの臨時急行が運転されたときは、この黒谷駅でオレンジ色編成と並ぶというシーンがあったそうでしたが、その時は手前の長瀞で降りてしまったため見ることが出来ませんでした。そのため、今回は黒谷までは乗りたいと思いずっと乗り続けていたんですが、やがて黒谷駅の側線に入るとオレンジとスカイブルーの2編成が出迎えてくれました。

3color_kuroya
3色揃い踏み~しかし車内からじゃ見れません(^_^;)

 ただ当然ではあるんですけど、車内にいたんでは3色のカラーが揃っている様子は見ることができないんですよね。おそらくこの勢揃いをした姿はいろいろなblogなどで紹介されていることと思いますが、秋の青空の中、赤と青、そして黄色の3色が揃う姿はさぞかし壮観なことだったでしょう。

 そんなわけで、次の秩父でこの臨時急行列車に別れを告げ、後からやってきたオレンジ色編成に乗りました。

Type1000yellow_chichibu
秩父駅に到着したカナリア色1000系

Type1000orange_chichibu
秩父駅に入線するオレンジ色1000系

 結局次の御花畑で下車。西武秩父駅隣の仲見世通りで昼食を食し、秩父の町を散策した後、再び秩父鉄道に乗り込みました。やってきたのは通常カラーの1000系。やはりこちらも上げておかないといけませんね。

Type1000chichibucolor_nagatoro0711
こちらのカラーも健在です(長瀞駅)

 この後は紅葉散策と思い長瀞へ向かいました。ちょうど熊谷行きの上りの臨時急行列車がやってくるところだったので、駅の秩父寄りの踏切そばで構えることにしました。西武の4000系や通常カラーの1000系、それに電気機関車に牽かれた貨物列車が通る中、お目当てのカナリア色を捕まえることが出来ました。

Chichibu302_nagatoro0711
秩父鉄道といったら貨物列車ですね

Chichibu1000_nagatoro0711_2
長瀞駅に到着した三峰口行き1000系

Seibu4000_nagatoro
西武4000系もやってきました

Type1000yellow_nagatoro
長瀞駅に到着目前の熊谷行き臨時急行列車

 本当だったらスカイブルーも乗って3色制覇と行きたいところだったんですが、上手い具合に時間が折り合わなかった上に夕方乗った急行列車のゆったりとした座席に見を揺られていくうちにすっかりいい気分になってしまったため、そのまま熊谷へ出て帰路に就きました。

 こうなったら広瀬川原のイベントで3色が揃った姿を見たいところですね。果たして実現するかはわかりませんが・・・。

 関連記事
  ・Kaz-T様
  ・TOMO

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.11.28

ワイン

ワイン
今日の夕飯にいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩秋の鎌倉散策

 先週の連休初日に訪れた鎌倉、今日は観光編です。

 紅葉シーズンにせっかく鎌倉を訪れるとあって、どこで見れるのか事前にネットなどで調べておいたんですが、紅葉スポットを紹介したパンフを鎌倉駅で見つけ、これを参考に訪ねることにしました。もちろん紹介されているスポット全部を1日で回るのは不可能なので、まだ未訪で拝観料がかからないところを探し、藤沢の遊行寺と妙本寺が駅から歩いて行けそうだったので、この2箇所を訪ねることにしました。

 極楽寺から江ノ電に乗って終点の藤沢駅に到着。お昼に近いこともあって、駅構内のそば屋で昼食を済ませた後、北口を背に歩き始めました。デフォルメされたパンフの地図を見ながら15分ほど、2車線道路の坂道の途中が目的地でした。

 この遊行寺、鎌倉時代に一遍が開祖した時宗の総本山で、境内には一遍上人の像が建立されていました。時宗といえば日本史の教科書にも登場した鎌倉新仏教の一つで、私も踊念仏のイメージが今も強く残っていますが、特に変わったお寺というわけではなく、むしろ格式高い立派な境内でしたね。そんな境内には大きなイチョウの木が立っていて、黄色く染まった葉っぱが見頃でした。紅葉といえば赤く染まったもみじがまず思い浮かびますけど、黄色く染まったイチョウの葉っぱもまた見ごたえがありますね。

Yugyotemple
遊行寺

Icho_yugyotemple
大きなイチョウの木

 そんなイチョウの葉っぱをじっくり見てから、再び来た道を戻り藤沢駅へ。すっかり藤沢駅の名物となった湘南電車のキオスクを横目で見ながら上り東海道線で大船へやってきました。ここからはフリー区間に含まれている湘南モノレールに乗車。懸垂式のモノレールは東京モノレールのような跨座式と違って下が丸見えなので、まるで空を飛んでいるような気分になりますね。そんな鎌倉の“空中散歩”を楽しみながら終点の湘南江の島駅に到着しました。

 江ノ島から腰越までの区間は江ノ電が道路上を走る併用軌道の区間。もちろんここは歩いて移動したいところですが、その前にすぐ近くにある龍口寺を訪ねてみることにしました。

 ここはこれまで訪ねる機会が意外となく、今回初めての訪問でした。境内にはこの寺の開祖である日蓮上人の像が立っています。元々は処刑場があったところで、日蓮もここで処刑されそうになったんですが、その後弟子がこの地にこのお寺を建立したというものです。その日蓮の処刑にまつわる話ですが、昔日本史の漫画で日蓮が処刑をされかけたときに天から稲妻が刀に落ちて難を逃れたというのを読んだことがあります。果たして実際にはどうだったんでしょうかね?

Ryukotemple
龍口寺

 龍口寺見物後、江ノ電が行き来する様子を見ながら腰越まで歩き、再び江ノ電に乗り込みました。まだ2時前後だったので、極楽寺で下車して再びイベント会場を訪ねた後、鎌倉までやってきました。紅葉スポットのもう一つの候補地である妙本寺は鎌倉駅から歩いて10分ほど。こちらも初めてでしたが、残念なことに木々はまだ青々としていてこれからといったところ。駅に近いところでありながら落ち着いた雰囲気を持つ境内でしたが、紅葉が見られず残念でしたね。

Myohontemple1
妙本寺

Myohontemple2
紅葉はまだでした(;_:)

  午後3時過ぎ、観光客でごった返す鎌倉駅から横須賀線に乗りこみ、この地を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フライ

フライ
今日は午後から休み。行田の名物であるフライを食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.27

1年の納め~大相撲九州場所

 おとといまで大相撲九州場所が行われてたんですね(笑)。もちろん結果は新聞などで毎日追ってはいましたけど、何とも盛り上がりに欠けた締まりのない場所になってしまいました。結果的には横綱の白鵬が2場所連続の優勝を遂げ、朝青龍不在の中で横綱の責任を果たしてはいるんですけど、成績が12勝でしかも千秋楽は大関の琴光喜にひっくり返されるなど、朝青龍の豪快さに比べればまだまだ力強さを感じない内容でした。横綱になってまだ3場所、まだまだ発展途上といえばそこまでですが、来年こそ横綱らしい力強い相撲を期待したいところです。

 そんな九州場所でしたが、いつもは不甲斐ない成績で早々と優勝争いから脱落する大関陣が珍しく奮闘しました。その一人、千代大海ですが、体重を絞ったとかでかなり体の切れがよく、もしかしたらという期待を持たせてくれました。14日目の白鵬との相星決戦で敗れたものの千秋楽の結果如何では決定戦にまで持ち込める状況でしたが、何とその取組みでけがをしたとのことで、千秋楽は休場となってしまいました。その結果、自動的に白鵬の優勝が決まったわけですけど、不戦敗による優勝決定は前代未聞のことだそうで、朝青龍問題や新弟子の死亡事件などで揺れたこの1年を象徴するような結末には、私も正直唖然としてしまいました。

 一方、引退か否か力士生命をかけて望んだもう一人の大関魁皇ですが、初日の敗戦を見た時は正直「もう終わり」と思いましたが、終わってみれば14日目に勝ち越して見事(?)首が繋がりました。もし7勝7敗で千秋楽を迎えていれば千代大海と当たっていたわけで、ここで千代大海が不戦勝となればまた更に前代未聞の結末があったわけですが、それはそれでまた見てみたかったという不謹慎な思いもありました。

 30日には朝青龍の謝罪会見が行なわれるとのことで、ここで何を言うのか気になるところですが、新弟子ゼロや死亡事件が起きた今年の相撲界が来年はこれ以上暗い話題が上らないよう願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.26

秋の鎌倉~江ノ電散策(11/23)

 結婚式と島鉄のお名残乗車でまるまる週末が潰れた先週でしたが、この3連休もイベント三昧でゆっくり落ち着いて過ごすことができませんでした(^_^;)。おかげで溜まった画像の整理やら自宅の家事やらで、当blogの更新も現地からのモブログが精一杯でありましたが、なんとか無事整理が付いたので、そろそろ書けるところから書こうと思います。

 で、この3連休ですが、まず最初の23日は鎌倉へ行きました。この日は江ノ電の極楽寺検車区で恒例の「第21回タンコロまつり」が開催されました。“タンコロ”こと108号はおととしのイベントですでに拝見済みですが(そのときの模様は、こちら)、ちょうど11月ということで鎌倉の紅葉でも見たい気分でした。そんなわけで今回はイベントは二の次、メインは鎌倉の秋を散策するという感じでした。

 そんな鎌倉までの足ですが、久しく乗っていなかったホリデー快速鎌倉号にしました。この列車は豊田区の115系が担当しているんですが、かつて横須賀線で活躍していた青とクリームのツートンカラーである“スカ色”なので、往年の姿を見ることが出来ます。111系と115系の違いはあるので完全な復活というわけには行きませんが、湘南色に比べればやはりこちらの方がしっくり来ますね。

Holidayrapidkamakura_kamakura0711
鎌倉駅に到着したホリデー快速鎌倉号

 さて紅葉シーズンとあって、始発の大宮から混雑するだろうと思ってたんですが、到着前には乗車の列もさほど伸びておらずいささか拍子抜けでした。やはり鎌倉へは湘南新宿ラインというのが定着してるんでしょうかね?まあそのおかげで余裕で座ることが出来たんですが、終着間際の大船駅では東海道線からの乗り換え客で一気に車内が混雑してしまいました。そんな中、9時59分に鎌倉に到着しました。

 さっそく江ノ電の乗り場へと向かいます。今回は大宮駅で鎌倉・江ノ島フリーきっぷを買っていたので、そのままフリー区間内有効のきっぷを自動改札に通しました。ホームには、やはり連休初日と観光シーズンとあって大勢のお客さんが乗車の列を作っていました。まあ江ノ電はいつ訪れても混雑しているイメージがあるんですけど、やはり観光路線だけあって、ほとんどが観光客でした。

 長谷で半分以上降りてしまったため、目の前に空いた席に座ることが出来ましたが、わずか数分で下車駅である極楽寺に到着しました。9月のイベントのときにも来ているので、ほぼ2ヶ月ぶりの再訪となりましたが、駅周辺はすっかり葉っぱも色づいて秋らしい陽気になっていました。

1551_gokurakuji0711
ラッピング仕様の1551F(極楽寺にて)

Gokurakujista0711
この駅には丸ポストが似合います

 さっそくイベントが行われている極楽寺検車区へと向かいます。まずはこのイベントの主役である“タンコロ”こと108号にご挨拶。昭和初期に製造され1980年まで活躍した車両で、”タンコロ”という愛称がついていますが、可愛らしい顔つきはいつ見ても楽しいものがありますね。しかしそんな人気者とあって代わる代わる記念撮影をしているギャラリーが多く、上手い具合に写真を撮ることができませんでした。それでも何とかいいタイミングで写真を撮ることが出来ました。

108tankoro_gokurakujiworkshop07
イベントの主役~タンコロ

108tankorofujisawasabo07
「藤澤」のサボ

108tannkoroseat07
タンコロの座席

 続いて隣に停車していた305Fへと進みます。9月の303Fの引退により旧型の江ノ電車両ではこの編成だけとなってしまいましたが、やはり江ノ電らしい車両ですよね。

305f_gokurakujiworkshop07
今や貴重な旧型車両

 タンコロの車内を見て周り、早々に極楽寺検車区を後にしました。その後は、フリーきっぷを思う存分活用し、藤沢から大船、そしてフリー区間に含まれている湘南モノレールに乗って江ノ島へ戻ってきました。途中、藤沢では鎌倉時代に踊り念仏で開祖した一遍上人が開いた遊行寺を、江ノ島では駅のすぐ近くにある龍口寺を訪ねてきましたが、こちらについては別の記事で書こうと思います。

1001f_fujisawasta
藤沢駅に停車中

Type10_koshigoeroad
名物の併用軌道区間を走る10系

Enoden2002_kamakurakoukoumae0711
鎌倉高校前に到着した2002F

Type500_shonansea0711
湘南海岸沿いを走る500系

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.25

百観音温泉

百観音温泉
宇都宮線東鷲宮駅近くの温泉で一風呂♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東武ファンフェスタ

東武ファンフェスタ
撮るのに必死です(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.11.24

オレンジバーミリオン

オレンジバーミリオン
こちらも乗れました。後は夕方スカイブルーに乗る予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カナリア復活!

カナリア復活!
リバイバル第3段を飾るカナリア色が復活です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.23

タンコロまつり

タンコロまつり
人大杉です(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.22

連休の予定(11/23~25)

 この連休の予定をご紹介します(^^)。

 11/23 江ノ電のイベント(タンコロまつり)
 11/24 秩父鉄道のカナリア色リバイバル列車乗車
 11/25 東武のイベント(南栗橋)

 結局”鉄”三昧ですなぁ(^_^;)。とはいっても鉄ばかりじゃつまんないので、明日は鎌倉をぶらぶらしたいと思います。出来れば紅葉でも見たいところですが、どうなんでしょうね。

 一つ心配なのが、デジカメ内のCFの容量がかなり少なくなってきてること。先週の旅で撮った画像の整理がまだ途中なんで消せない状況なんですが、結構撮りそうだなぁ(^_^;)。足りるんだろうか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.21

新しい体重計を買う

 これも旅行前に書きたかった内容なので、買ってから随分時間が経ってしまいました(^_^;)。

 何かというと、最近体重計を買ったという話。これまでのものは体重だけしか量れない単純なものでしたが、今度買ったのは体脂肪率が量れる高性能なものです。それがこちら(↓)。

 最近はただ体重がいくらという数値だけでなく、体脂肪がどのくらいとか体年齢がいくつとかいろんな数値が出せるんですよね。それだけ健康について気にしている人が多いということなんでしょうね。

 さっそく使ってみました。まずは自分の身長や年齢を機械に登録。これまではコンマ5しか数字が出てこなかったのが今度はかなり細かく出せるので、日々の体重の変化がわかりやすくなりましたね。

 一方体年齢も出してみたんですが、正直ショックでした(涙)。まあ実年齢よりプラス10と言う数値ではありませんでしたけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.20

県民の日限定イベント~丸山車両基地公開

 本当だったら旅行前に上げておきたかった内容なんですが、間に合わずに1週間近く経った今日上げることになりました (^_^;)。その内容ですが、先週水曜日に行った流鉄の2000系「流馬」のお別れ乗車をした後に行ったイベントです。

 11月14日は我が埼玉県の県民の日ですが、県内にある一部の公共施設では一般公開が行なわれ、普段見ることができない施設の中を見学することができます。その中の一つ、ニューシャトルの丸山車両基地の一般公開が行なわれました。今から8年前の‘99年に一度行ったことがあるんですが、新車2000系が投入されたりブルーカラーに塗られた車両が登場したりと最近何かと話題が多いだけに、久しぶりに訪ねてみることにしました。

 ニューシャトルの大宮駅に到着したのは10時半前。ホームにはたくさんの家族連れが列車を待っていました。乗客の多くが家族連れで、案の定、次の鉄道博物館駅で乗客のほとんどが降りてしまいました。鉄道博物館開館のおかげでさぞかし盛況なニューシャトルですが、ここを過ぎればこれまでと変わらない車内の風景でしたね。途中小学生の一団が乗り込んできたものの、普段の平日の車内のまま目的地の丸山駅に到着。さっそく駅のすぐ隣にある丸山車両基地へ向かいました。

 入口の受付で沿線マップと車両が描かれた定規を貰い工場の中へ。車庫の中では車両部品の紹介がありましたが、タイヤや側方の案内軌条に組み込まれた集電システムなど新交通システムならではの展示物が目を引きましたね。意外と新交通システムの公開イベントが少ないもんで、こうした部品類を間近で目にすることが出来るのは貴重かもしれません。

Wheel_maruyama07
ニューシャトルといえばタイヤですね

Kasen_maruyama07
こうした集電システムも新交通システムならでは

 一方、車両の展示もありまして、今回は1010系と今年投入された新車2000系が仲良く並んでいました。2000系の方は車内にも入ることができましたが、こちらはつい最近乗ることが出来たので、ざっと流しました。

Type1010_maruyama07
まだまだ主力の1010系

Type2000_maruyama07
今年登場した2000系。増備はあるのか・・・。

10102000_maruyama07
新旧車両のツーショット

 ちょっと残念だったのは、先月登場したブルーカラーの編成が側線で寝ていたこと。やむなく敷地の外からその様子を見るに留まりましたが、できればこちらを展示して欲しかったところでしたね。まあ別の機会までのお楽しみということにしておきましょう(笑)。

Type1050blue_maruyama07
側線で”昼寝”中のブルーカラー1050系

 イベントにつきもののグッズ販売もないシンプルなイベントでしたが、1日乗り放題のきっぷを使い有意義に回ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.19

無事に

 20分ほど前に帰宅しました。今日は携帯の電源が厳しくなってしまい、島鉄については現地からのもぶろぐは出来ませんでしたが、無事に廃止予定区間を乗ることが出来、概ね予定通りの行程となりました。

 そんなわけで、画像の整理がつき次第、ご報告したいと思います。それでは、おやすみなさい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あかつき

あかつき
来年で廃止だそうで…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.18

100系こだま

100系こだま
家人と別れ、大阪へ戻りました。これから姫路までこだまに乗ります。100系に乗るのは久し振りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鞍馬寺といえば

鞍馬寺といえば
やはり乗ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鞍馬寺

鞍馬寺
紅葉はまだまだでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おけいはん

おけいはん
天満橋から9時40分発の臨時もみじ号に乗ってます。これから京都に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.17

お好み焼き

お好み焼き
道頓堀のぼてぢゅうという店で食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道頓堀

道頓堀
エラい混んでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海遊館

海遊館
ペンギンがいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはようございます

おはようございます
堂島川のほとりにあるホテルの一夜が明けました。先程バイキングで朝食を済ませ、これから11時開始の結婚式の準備をします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.16

只今

只今
東京駅です。これから新大阪へ向けて出発します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.15

週末に乗れないので乗ってきた~流鉄「流馬」

 今度の日曜日に行われるさよなら運転が最後の花道となる総武流山電鉄の流馬ですが、この週末に大阪で結婚式があるため、さよなら運転には行くことが出来ません。とはいうものの、そのまま乗らずじまいというのは何とも悔しいもの、そこで昨日の朝乗ってきました。

 流馬は3両編成ということで、平日の朝のみの運用となっています。そのため、少なくとも午前中の休暇が必要となるわけですが、昨日14日は埼玉県民の日ということで、ニューシャトルの丸山車両基地の公開が行われるため、こちらも合わせて訪ねることにしました。

 そんなわけで、昨日は自宅を出たのは午前5時半。薄暗い中、大宮から東武野田線に乗りこみました。春日部を経て新越谷から武蔵野線に乗り換え、新松戸には午前7時過ぎに到着しました。さっそく隣の幸谷駅へと向かいきっぷを買ってホームへ入ると、ちょうど流山行きの電車が入線するところでした。やってきたのは今回のお目当てである流馬。もちろん乗り込みます。

Ryutetsuryuba_koya1
幸谷駅に接近する「流馬」

 流馬については今月4日に流山駅で行われたイベントで見たばかりですが、間近で見るとやはり車体がくたびれている感じを受けましたね。この流馬に限らず、廃車間近の車両は色が褪せていたりところどころ傷があったりとか痛々しい印象を受けるんですが、それが一層寂しさを感じさせてくれますね。

 元々路線の短い流鉄ということで、終点の流山までは行かず、交換設備のある小金城祉で下車しました。

Ryutetsukuha22_koganejyoushi
小金城址駅に到着した「流馬」

Ryubahm1

Ryubahm2
(上下とも)流馬のさよならヘッドマーク

 小さな私鉄には似つかない駅ビルが何とも寂しげな小金城址駅で再び流馬を待ちます。赤い車体の「明星」をやり過ごし、しばらく待っていると再び流馬がやってきました。午前7時半を過ぎたところでしたが、通勤ラッシュの時間とはいえ立ち客もそれほどではなく、どこかのんびりとしていましたね。

 今度も一駅区間だけということで、次の幸谷で下車。こうして流馬のお別れ乗車が無事終了しました。

Ryubakoyahassya
おつかれさま・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.14

110周年記念トレインに乗る~東武

 日曜日は午前中仕事ということで、最初は午後から大人しくじっとしてようと思ったんですが、前日のイベントでご一緒させていただいたメンバーから、東武の110周年記念トレインの話題が出ました。この列車については、前の日に「TOBULAND」の中で該当する列車のダイヤが掲載されているのを確認してはいたんですが、改めて日曜日のダイヤを見ると、14時台に川越市を発車する池袋行きに充当されるとのことで、これだったら仕事から帰宅して出直しても間に合いそうでした。そんなわけで、仕事から帰宅後急いで準備し、川越へ向かいました。

 14時過ぎ、先頭にステッカーを貼った9151Fが川越駅に入ってきました。車内に入り真っ先に目に飛び込んできたのが、往年の東武車両が写っている中吊り広告でした。DRCを始めスペーシアやりょうもう号など、東武ファンにはたまらない演出が施されていましたが、これはなかなか壮観でしたね。じっくり見たいところでしたが、次の川越市がこの電車の終点ということで、ポスターについては折り返しの上りに乗ったときに確認することにします。

Tobukuha9151_kawagoeshi
川越市に到着した110周年記念トレイン9151F

Type9000110year_kawagoeshi1
副都心線修繕車とのツーショット

 川越市に到着しホームに降りると、隣には新木場行きの9106Fが発車を待っていました。この9106F、よく見ると行先表示機がLED化され更にスカートを履いていましたが、来年6月に開業する副都心線に対応すべく修繕された車両でした。今年に入り、9000系の一部の車両でこうした修繕工事が行われているという話を聞いていましたが、今回初めて見ることが出来ました。

 ひとまず改札を出てすぐに入り直し、上りホームへやってきました。後続の10000系東京メトロ車が坂戸寄りの引込線に引き上げると、入れ替わるように先程乗ってきた9151Fが入ってきました。さっそく車内に入り、先ほど見ることが出来なかった中吊り広告をじっくりと拝見しました。

Tobukuha9051_kawagoeshi
折り返し池袋行きに充当された110周年記念トレイン

Type9000year110inn
車内はこんな感じ

Aniversary110thhm_type9000
ヘッドマークを拡大

 14時18分、準急池袋行きは川越市を発車しました。今度は川越の先まで乗る予定でしたが、ふじみ野で後発の急行に抜かれるとのことなので、この急行に乗って朝霞台まで先行し、再度9151Fを迎えることにしました。

Type9000year110_asakadai
朝霞台で待ち伏せ

 これで東上線の110周年記念トレインは無事乗車終了。当初はこれで帰宅する予定でしたが、プリントアウトしておいた日比谷線の110周年トレインのダイヤを確認したところ、16時過ぎに北越谷に到着する列車がありました。時刻は14時半を過ぎたところ。北朝霞からだったら武蔵野線に乗れば南越谷まで一本なので、予定を変更して武蔵野線に乗り込みました。

 南越谷では30分ほど時間があったので、駅周辺をブラブラしながら時を過ごしました。16時過ぎ、北越谷行き110周年トレインが入ってきました。こちらも車内に入ると往年の東武車両の中吊り広告が貼られていましたが、先ほど乗った9151Fと写っている車両は同じでした。やはり終点までは2駅ということで、あっという間に北越谷に到着してしまいました。そのまま春日部を経由して野田線で大宮まで帰る予定でしたので、折り返し中目黒行きを見送ることにしました。

Tobukuha21803110year_kitakoshigaya
北越谷に到着した21803F110周年トレイン

Aniversary110hm20000
東上線のと同じでした

 110周年記念トレインは今月一杯まで走るとのこと。今回はあいにくの天気だったので、もう一度天気のいい日に乗りたいところですね。行けるとしたら南栗橋で行われるイベントのときになりそうですが、果たしてもう一度乗れるかどうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.13

【11/10】こちらも訪問~都営フェスタ’07 in 三田線

 土曜日最後の訪問地は、「都営フェスタ’07 in 三田線」のイベント会場となった東京都交通局志村車両検修所でした。高島平駅から歩くこと7、8分ほどで会場に到着。まずは車両撮影会が行われている会場へ向かいました。

 会場は小学生以下と一般の2ヶ所に別れていて、入口の近くが小学生以下の会場でした。最初そちらでカメラを構えていたら、係員から一般用のところでお願いしますとのこと。よく見ると、子供向けに駅員の制服の貸出しをしており、制服を着たお子さんが電車の前で記念撮影をしていました。そこで一般用の撮影会場へ移動。こちらは先ほどの小学生用の会場と大きな変わりはありませんでした。

都営6300形&東急3000系@志村車両検修所'07.11.10
こうした並びもイベントならではですねhappy01

 そのうち、真ん中の都営6300形には特製のヘッドマークも装備。みなとみらい号のものでした。

都営6300形@志村車両検修所'07.11.10
ヘッドマークを装備した都営6300形

 しかし見所といえばこのくらい。グッズ類のコーナーも午後に到着したせいなのか物も少なく、欲しいものはこれといってありませんでした。一つ収穫だったのは舎人ライナーのチラシくらいでしょうか?

 一通りブラブラしてからメンバーと別れ、浮間舟渡行きの国際興業バスに乗り込みました。

 関連記事
  ・特急あらかわ様

# 画像の差し替え、および加筆修正をしました(2012.11.11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.12

荒川車庫に寄り道

 尾久でのイベント会場をぶらぶらしていたら、blogでいつもお世話になっている方々とお会いし、都電荒川線の荒川車庫を経由して三田線のイベント会場まで行くとのことなので、ご一緒させてもらうことにいたしました。

 尾久駅から荒川車庫までは徒歩での移動となりました。実はこの両地点が歩いていけることは初耳でしたが、実際に歩くとおよそ10分ほどで都電の荒川車庫に到着しました。思ったよりも近いことを知り、今後活用していきたいと思います。ちょうど昼時だったので、すぐ隣にあるラーメン屋で昼食を済ませ、誰もいない都電おもいで広場をうろつきながら荒川車庫に目を向けると、7022号車と9001号車が仲良く並んでいました。思わぬツーショットにメンバー一同驚きの声を上げましたが、雨の中歩いてここまでやってきた甲斐がありましたね。

Toei70229001_arakawaworkshop
雨の中、仲良くツーショット~7022号車と9001号車

 そろそろ高島平へ移動すべく、荒川車庫前停留所へやってきました。すると、先ほどの7022号車が車庫から出庫してきました。どうやら早稲田へ向かうらしいとのことで、一本落としてこの電車に乗りました。この7022号車、今回ご一緒させていただいた方々と今年の4月にオフ会で乗った車両でした。思わぬ形で乗ることが出来、さながら“ミニオフ会”となりましたね。

Toeitype7022
今年の春、オフ会でお世話になった7022号車

 こうして新庚申塚で下車した我々は、都営三田線の西巣鴨へ向かいました。

 関連記事
  ・melonpan

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.11.11

第7回ふれあい鉄道フェスティバル訪問~尾久車両センター

 この週末は尾久と高島平で公開イベントがありましたが、どちらも以前訪問済みな上、公式の発表を見てもこれといって興味を惹くものがないことから、「どうしようかなぁ」と迷っていました。とはいっても、日曜日の午前中以外は特に何も用事がなかったため、結局出かけることになってしまいました(^_^;)。

 10時半過ぎに尾久駅に到着。地下道を通り抜け、イベント会場となっている尾久車両センターへやってきました。ここを訪ねるのは5年ぶり。電車1本で来れるところなのに案外来ないもんなんですね。おまけに途中下車する機会もほとんどないんですが、ホームから行ったり来たりする車両を見ることが出来るので、一度のんびりここで過ごしてみたいですね。

 さて会場に入り最初に目に付いたのは、赤いカラーの”レインボー色”EF65-1118でした。車体の側面に”EF65”と白く書かれているのが目立つ機関車ですが、昨日は上野寄りに「北陸」、そして大宮寄りには「出雲」のヘッドマークが取り付けられていました。

Ef651118_okuivent07
”レインボー”カラーEF65-1118

Hokurikuhm_okuivent07

Izumohm_okuivent07
(上下とも)両端にはブルトレのヘッドマーク

 大宮寄りに歩いていくと、お座敷列車「華」や「北斗星」の方向幕を出していた24系25型、そしてEF81-81といった車両や機関車が展示されていました。昨日はこの車両をの他にも休憩車両として24系25型が使われていましたが、やはりブルトレの全盛期を知っている身にとってはわくわくする車両ですね。でも近年なかなか乗る機会が少ないので、たまには乗りたいですね。

Hana_okuivent07
イベント列車「華」

Type24_okuivent07
尾久といえばブルトレですね(^^)

Ef8181_okuivent07
「夢空間」のヘッドマークをつけたEF81-81

 一方、転車台の方に目を向けると、お召し列車用のEF58-61が注目を浴びてました。昨日は転車台の上に展示されていましたが、ぴかぴかに整備された車体が眩しかったですね(^^)。個人的には好きな機関車の一つなので、これからも末永く大事にしてもらいたいものです。

Ef5861_okuivent07
いつ見ても凛々しい雄姿~EF58-61

 そんな中、イベント会場の外にいた高速軌道試験車や一人用個室車であるオロネ25系、そして食堂車のオシ24系といった車両に目が留まりました。こちらも間近で展示してくれたら面白かったですね。

Highspeedtestcar_okuivent07
高速軌道試験車

Orone25_okuivent07

Oshi24_okuivent07
展示車両よりも濃そうな(?)車両たち

 お召し機の先では、部品販売に並ぶ列が伸びていました。一方鉄道グッズ販売のテントは並ばずに見ることが出来たのでちょっと覗いてみましたが、これといって欲しいものがなかったため、何も買わずに退散となりました。以前だったら特製のオレンジカードを買うんで長いこと並んだものでしたが、最近はイベントでオレンジカードを売らなくなってしまい、並ぶことがなくなってしまいましたね。まあ、なければないで楽しめるものもありますし、別になきゃ困るものでもありませんけどね。

 昨日は朝からしとしとと雨が降っていたこともあって、会場は普段よりも少なめでした。しかも冬のように肌寒いとあって、会場をぶらぶらするのが正直つらかったです。そんな気候の中、一通り見ることが出来たので、会場を後にしました。

 関連記事
  ・TOMO様
  ・Kaz-T様
  ・melonpan様
  ・岸田法眼様
  ・特急あらかわ様

| | コメント (0) | トラックバック (5)

今度は

今度は
先程乗ってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は

今日は
こいつを撮りにきました。只今川越市を出発。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.10

三田線イベント

三田線イベント
今度はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

尾久

尾久
イベント会場に来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記念入場券

記念入場券
無事買えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.09

マンゴープリン@オークウッド

Mangoprin_oakwood

 2年前に当blogでも紹介した春日部のスウィーツの店「オークウッド」ですが、12日まで「街で見つけた人気のスウィーツPart2」と題してecute大宮で出張販売しているのを見かけたので、昨日買ってきました。

 ショーウインドーに並ぶケーキはどれもおいしそうに見えるもんで、見ているだけで迷ってしまうんですが、そんな中から今回はマンゴープリンを選んでみました。モンブランもちょっと魅力的でしたが、確かカロリーが高めなんですよねぇ(^_^;)。

 さっそく家に帰り味わってみました。表面のタピオカとクリーミーなプリンが絶妙にマッチしてましたね。ケーキ屋さんで買うプリンはこうしたクリーミーな食感が多いんですが、余韻が残るというのか、印象に残る味わいでした。

 今住んでいるところからだと春日部まではちょっと遠いので、ecuteで出店したときは見逃せません。ただ春日部のお店は最近食事スペースが出来たようなので、機会があればお店で味わってみたいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.08

【予告】大阪と長崎へ行きます

 タイトルの通りですが、来週の金曜日から4日間の予定で旅してきます。7月に家人と2人で行ってきたばかりなので、「またか?」と言われてしまいそうですが(笑)、今回は一人です。ただ出発するときは家人も一緒なんですけどね。というのも、当初の予定では長崎だけだったんですが、家人の従兄弟の結婚式が17日にあり、家人だけでなく私も呼ばれることになったため、急遽大阪にも立ち寄ることになりました。

 大まかな行程ですが、16日の晩の新幹線で大阪入りし翌日は結婚式に参列。もう一晩大阪で泊まってから日曜日は2人で1日かけてどこか散策しようと思ってます。季節柄、紅葉でもと思うんですが、京都あたりは多分混むでしょうね(^_^;)。京都だったら叡山電鉄沿線に顔を出したいと考えてるんですが、奈良の談山神社も紅葉がきれいとのことで、こちらも惹かれるところです。まだ1週間以上あるのであれこれ考えたいと思いますが、夕方の新幹線で家人が帰るので、それを見送ってから私は「あかつき」に乗車することにしました。「あかつき」に乗るのは学生のとき以来なんですが、いろいろと物入りなこともあってレガートシートの指定券を押さえました。このあかつきのレガートシート、ちょうど学生だった時に登場したんですが、寝台券だけで1万近く取られてしまうため、このレガートシートは金のない学生にとってはありがたい存在でしたね。

 一方長崎ですが、島原鉄道に乗ってきます。特に島原外港と加津佐の間は来年3月に廃止になるだけに、今のうちに乗っておきたいですね。7月のときはレンタカーで回ったので島鉄には乗れませんでしたが、島原までの道のりは島鉄に沿って走ったので、それ違うディーゼルカーを見ているとどうしても乗りたくなってしまいました(^_^;)。

 多分遠距離の旅は今年はこれが最後となりそうです。おそらくいろいろと話題も多そうなので、帰宅後にご報告したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.07

埼玉県民の日限定のフリーきっぷ、今年も発売

 11月14日といえば埼玉県民の日。例年県内を走る各鉄道会社ではこの日限定のフリーきっぷを発売していますが、今年も例年通り発売されることになりました。

 詳細はこちら(PDF形式)

 実家に住んでた頃は東武の沿線ということで、実際に乗らなくても毎年記念に買ってました。以前は今のような機械発券ではなく、予め印刷された色とりどりのきっぷだったので、いい記念になりましたね。ある年は勾玉をモチーフにしたスタイルだったこともありましたね。

 上記のサイトを見てると、以前はあったJR版が今は発売されてないんですね。元々JRは買ってなかったんですが、他社に比べると千円以上もしたので割安感がなかったように思います。もしかしたら、Suica導入のあたりでなくなったんでしょうかね?

 ちなみに今年ですが、ニューシャトルの丸山車両基地が例年公開されるので、そちらを訪ねようと思います。何年か前に一度見に行ったことはあるんですが、今年は2000系や青地にリニューアルされた車両も登場したこともあり、久しぶりに訪ねてみたいと思います。

 参考:鉄道イベント情報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.06

鉄道の日イベント訪問~総武流山電鉄

 新旧の気動車を堪能した翌日は、総武流山電鉄(以下、流鉄と記します)の終点である流山駅を訪れました。この日は鉄道の日のイベントが行われるとのことでしたが、今月18日で引退することになった2000系「流馬」の姿を見ておきたいと思い訪ねた次第です。

 馬橋に到着し流鉄の乗り場へ向かうとちょうど発車するところだったので、急いで乗り込みました。乗ったのは青い車体の「青空」。元西武の801系を改造してこの地にやってきました。私がこの路線を初乗りした'90年冬頃は西武の501系や551系を改造した1200系がまだ現役だった頃でしたので、西武の車両にゆかりのある会社ですね。また流鉄の電車は各編成ごとに愛称がついているんですが、これは一世代前の1200系でも付けられていました。

Soubunagareyamakuha2001_koganejyosh
小金城址駅に到着した「青空」

 電車は交換設備を持つ小金城址駅に到着。ここでしばらく停車していると、反対側のホームに馬橋行きの電車が入ってきました。こちらは黄色い車体で、「なの花」という愛称がついています。この電車に見送られながら鰭ヶ崎、平和台とこまめに停車していき、電車は終点の流山に到着しました。

 イベントはホームが第1会場、駅の外れにある車庫が第2会場となっており、まずは第2会場へ。こちらは車両の撮影会やかつて活躍していた「あかぎ」号のヘッドマークが展示されていました。そしてそこにはお目当ての「流馬」もいました。

2000ryuba_07nagareyamaivent
お目当ての「流馬」号

2000wakaba_07nagareyamaivent
お隣は「若葉」号でした

Oldhm_nagareyama
かつて使用されていたヘッドマーク

 続いて第1会場となっている駅構内へ。こちらでは赤い車体の「流星」が会場となっていました。かつて使用されていた部品やヘッドマーク、そしてグッズ販売やゲームが車内で行われていましたが、ゲームに興じる家族連れが引っ切り無しに行き来しているので、これらの展示品を落ち着いて見るには幾分辛いものがありましたね。ただ展示されていたサボやヘッドマークは年代モノでどれも貴重なものでした。

2000ryusei_07nagareyamaivent
第2会場となった「流星」号

Oldhm

Oldsabo
(上下とも)貴重な品々が展示されていました

Mannerposter
手作り感のあるポスター

 帰りは来るときに小金城址駅でそれ違った「なの花」号に乗って帰路につきました。

 「流馬」のさよなら運転が今月18日に行われるとのことですが、あいにくその週は旅行で大阪と長崎へ行くことになってしまい、立ち会うことが出来ません。そのさよなら運転については駅にも案内が貼られ、3両編成のためか平日の朝夕のみの運転とのことでした。そんなわけで平日の夜でないと乗れそうにありませんが、一度くらい乗っておきたいところですね。残りの日にちで乗れるかどうかわかりませんが、都合がつけば訪ねてみたいと思います。

 関連記事
  ・流鉄の鉄道の日イベントに行く (虹色様)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.11.05

【11/3】見ごたえあった関東鉄道のイベント

 大混雑だったTXのイベント会場を後にしておよそ15分ほど、今度は関東鉄道のイベント会場に到着しました。時刻は正午を少し回ったところ。まず入口で迎えてくれたのが、10月に入線したばかりのキハ2400形でした。

関鉄キハ2400形@水海道車両基地'07.11.3
ピカピカの新車・キハ2400形がお出迎え

 もちろん新車なので、車体がピカピカですねhappy01

 そしてその先には、先週の火曜日に乗ってきたばかりのキハ101号がいました。改めて眺めてみるとやはりこのカラーがしっくりときますね。若干鮮やかな感じがするのはまだ塗装変更されて間もないこともあって致し方のないところですが、元国鉄キハ30形にはこちらの方がなんかぴったりします。なおこの日は基地内を往復する体験乗車として運転されていましたが、その後2時過ぎに乗ってきましたので詳細は後ほど書くことにします。

関鉄キハ100形@水海道車両基地'07.11.3-1
この日はイベントで大活躍だった”首都圏色”キハ101号

 さらに取手寄りに進むと、旧塗装キハ102号と映画「パッチギPart2」のロケに使われた”京浜東北線もどき”のキハ3518号がいました。今回この編成を初めてナマで見ることが出来たんですが、先ほどの首都圏色に比べるとどうしても奇抜な感じが拭えないですね。確か京浜東北線をイメージするべくスカイブルーに塗られたという話を聞いてるんですけど、やっぱ川越線で首都圏カラーが行き来する様子を見慣れている身だけに、このカラーはなんか派手な印象を持ってしまいます。

関鉄キハ100形&キハ350形@水海道車両基地'07.11.3
旧塗装キハ102号と”スカイブルー”キハ3518号

 実はこの編成、まだ乗ったことがないんですよね。一度乗ってみたいものです。

 その後一旦会場を後にして、取手寄りに伸びる留置線のある方に行って見ました。こちらには旧標準色のキハ354号をはじめ、現在主力の車両群を車両基地の外から見ることが出来ましたが、キハ354号は間近で見たかったですね。なぜこの日こちらにいたのかは不明ですが、スカイブルー塗装と並んだ姿をカメラに収めたかったです。

関鉄キハ350形@水海道車両基地'07.11.3
留置線にいた国鉄色キハ354号

 しばらく本線を行き来する列車を観察し、再び会場へ戻り事務所内にある食堂で昼食を済ませ外へ出てみると、先ほど見学したキハ101号の体験乗車に列が出来ていました。先週本線上では乗車していたんですが、せっかくなので列の後ろに並ぶことにしました。

 車内に入る際、横長の硬券で出来た乗車記念証を貰いました。まだ画像処理ができていないのでお見せできないのが残念ですが、キハ101系が描かれたなかなかいい出来栄えの記念証でした。これはいずれ紹介できたらと思います。車内は徐々に乗客が乗り込み、午後2時過ぎにゆっくりと動き出しました。車両基地内ということでのんびりとした走行でしたが、留置線の手前で一旦停車すると乗務員が入れ替わり向きを変えて発車。出発してから5分ほどの体験乗車があっという間に終わりました。

関鉄キハ100形@水海道車両基地'07.11.3-2
車両基地内を走行するキハ101号

 結局その後もしばらくぶらぶらし、午後2時半過ぎに無料シャトルバスに乗って水海道駅へ戻ってきました。

関鉄キハ0形@水海道車両基地'07.11.3
工場棟の様子

関鉄DD502号@水海道車両基地'07.11.3
”カバさん”ことDD502号

 TXと関東鉄道という全く雰囲気の異なる会社のイベントを同時に訪問することが出来ましたが、家族揃って楽しむのならTX、面白い車両を見たいなら関鉄といった感じで住み分けが出来ている気がしますね。もちろんどちらが面白いかというのは人によりけりなので何とも言えませんが、今回に限れば旧国鉄の車両から最新の車両までバラエティに富んでいる関東鉄道のイベントの方が見ごたえがあるように思います。

 (おまけ)

 水海道から関東鉄道に乗り下館に到着すると、真岡鉄道のホームにSLが到着するところでした。

真岡C1266@下館'07.11.3
下館で出迎えてくれた真岡鉄道のSL

 関連記事
  ・関東鉄道・水海道車両基地公開 (くましげ様)
  ・関東鉄道 第14回鉄道の日記念 水海道車両基地一般公開イベントに行ってきました (Kaz-T様)
  ・関東鉄道 鉄道の日記念イベント2007 (栃木路快速様)
  ・関鉄水海道イベントに行く (melonpan様)

# タイトルの変更、記事、および画像の差し替えを行いました('11.11.5)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007.11.04

【11/3】刺激が少ない~第3回つくばエクスプレスまつり

 金曜日に書いた通り、昨日と今日は連日のイベント訪問という忙しい週末でしたcoldsweats01。しかも昨日は朝早く家を出て夕方帰宅するという丸々一日かけてのハードな行程だったもんで、夕食後翌日の準備をしてたらどっと疲れが出てしまいました。そんなわけで、昨日は何も書く気になれず、何とか画像の整理を済ませるに留まったんですが、ほったらかしにすると記憶から忘れ去られてしまうので、まずは昨日訪れたつくばエクスプレス(以下、TXと記します)のイベントについて書きたいと思います。

 朝8時過ぎ、大宮発土浦行きの高速バスに乗り込みました。途中の外環道が混んでたため、つくばセンターに到着したのは午前9時半過ぎ。しかし定刻が9時20分着なので、10分ほどの遅れで済みました。この後はTXに乗って守谷へ移動するんですが、まだ時間が早かったので周辺をぶらぶらしながら散策していました。でも、ショッピングモールやデパートは10時が開店で、コンビニやハンバーガーショップを除けばまだどこも開いていない状態。結局何もすることがないので、TXに乗って守谷へと向かいました。

 守谷に到着し、一旦改札を出ます。イベント会場までは徒歩で20分ほどの道のりとのことですが、昨日はイベント会場まで直通する列車が運行されるとのことで、これを捕まえることにしました。11時を過ぎ、秋葉原方面から電車が入ってきました。

TX-1000系@守谷'07.11.3
守谷駅に入線するイベント会場直通電車

 心配していた混雑も思ったほどではなく、余裕で乗ることが出来一安心。11時10分、会場直通の電車は守谷を後にしました。

 今年9月に行われた西武の南入曽での公開のときもそうでしたが、近年イベント会場まで直通する列車があちこちで見られるようになりました。イベントが行われる車両基地が最寄の駅から歩かされるところが多いので、歩くことなく会場まで運んで行ってくれるこれらの列車は大変便利な存在ですけど、他にも普段乗ることが出来ない区間に乗れるので、貴重な体験をすることができるんですね。ただ人にもよるんでしょうけど、私の場合はこうした路線については通常の営業路線ではないので、乗りつぶしの対象にはしていませんが、やはり乗り潰し派としては未体験ゾーンは乗ってみたいと思うところ。一応は参考ということで、やはり乗ってしまいます。

 さてこの電車ですが、元々は守谷止めの定期運用がそのまま車両基地まで乗客を乗せる形で運転されました。中線を走行しているうちに下り始め、右手に見える本線から離れると大きくカーブして車両基地へと入っていきました。こうして仮のホームが設けられた線路に到着しました。

車窓@イベント会場直通列車'07.11.3
イベント列車からの眺め(車両基地の方向)

 会場にはすでにたくさんの人でごった返していました。会場に入りすぐ目に入ってきたのは、分譲マンションの紹介コーナー。このあたりはまだ開業して間もない鉄道とあって、必死の売込みが感じられましたが、鉄道会社のイベントでこうしたマンションの紹介をしているところは始めて見ましたね。他にも沿線の観光協会のブースが設けられるなど、どちらかと言えば鉄道ファン向けというよりは家族連れ向けのブースが多い感じでした。そんな中、小田急や東武など鉄道会社のブースも見られ鉄道グッズの販売をしていましたが、パスネットやBトレがなかったため今回はパスしました。

 そんなわけで、特に欲しいものもなかった私は車両展示のコーナーへ移動しました。こちらではヘッドマークをつけた車両が展示されていました。

TX-1000系@TX総合基地'07.11.3
TXの車両が勢ぞろい

TX-2000系@TX総合基地'07.11.3
ドラえもんのヘッドマークをつけて展示

 しかし如何せん車両に個性が乏しいTXとあって、ヘッドマーク付きの車両を除けばこれといって見どころに欠ける内容でしたね。これだったら異なったヘッドマークを取り付けて3編成くらい並べてくれたら面白かったんでしょうけど、もう少し工夫が欲しかった気がします。

 結局食事スペースも家族連れで占拠されているとあって昼食も儘ならず、しかたなくシャトルバスに乗って関東鉄道のイベント会場へ移動しました。

 関連記事
  ・TXまつりに行く (melonpan様)
  ・第3回つくばエクスプレスまつり (岸田法眼様)
  ・第3回つくばエクスプレスまつりに行ってきました (Kaz-T様)

# タイトル、および画像の修正を行いました('11年11月13日)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

流山

流山
流鉄のイベント会場に来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.03

関東鉄道イベント

関東鉄道イベント
首都圏色です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.02

今週の予定(11/3~4日)

 何もなかった先週とは打って変わり、この週末はまた鉄道絡みのイベント三昧になりそうです。まず明日は関東鉄道の水海道車両基地で行われるイベントですが、先日登場した首都圏色のキハ101系を含め色とりどりのディーゼルカーを見るのが楽しみですね。同時にTXでもイベントがあるので、会場まで直通する列車に乗ってみたいと思います。

 そして日曜日は総武流山電鉄のイベントを訪問する予定です。こちらは今月中に引退する2000系「流馬」が目当てですが、さよなら運転が行われる18日は関東にはいないので、明後日乗れるかどうか微妙なところです。多分乗ったことはあると思うんですけど、やはり引退するとなれば最後にもう一度乗りたいのが心情というものですね。

 もちろん、行ってきた感想等は当blogにてご報告させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.01

ニューシャトルの“鉄道むすめ”?

 ニューシャトル大宮駅構内に出来たコンビニで、1010系をかたちどったチョロQを売り出したんですが、店先に出ていた広告に女性駅員が描かれていました。

Newshuttletyoroqad

 この女性のイラスト、このサイトにも出ているんですけど、これまであまりメディアへの露出が少なかったニューシャトルにあって正直びっくりでした(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »