« 【11/3】見ごたえあった関東鉄道のイベント | トップページ | 埼玉県民の日限定のフリーきっぷ、今年も発売 »

2007.11.06

鉄道の日イベント訪問~総武流山電鉄

 新旧の気動車を堪能した翌日は、総武流山電鉄(以下、流鉄と記します)の終点である流山駅を訪れました。この日は鉄道の日のイベントが行われるとのことでしたが、今月18日で引退することになった2000系「流馬」の姿を見ておきたいと思い訪ねた次第です。

 馬橋に到着し流鉄の乗り場へ向かうとちょうど発車するところだったので、急いで乗り込みました。乗ったのは青い車体の「青空」。元西武の801系を改造してこの地にやってきました。私がこの路線を初乗りした'90年冬頃は西武の501系や551系を改造した1200系がまだ現役だった頃でしたので、西武の車両にゆかりのある会社ですね。また流鉄の電車は各編成ごとに愛称がついているんですが、これは一世代前の1200系でも付けられていました。

Soubunagareyamakuha2001_koganejyosh
小金城址駅に到着した「青空」

 電車は交換設備を持つ小金城址駅に到着。ここでしばらく停車していると、反対側のホームに馬橋行きの電車が入ってきました。こちらは黄色い車体で、「なの花」という愛称がついています。この電車に見送られながら鰭ヶ崎、平和台とこまめに停車していき、電車は終点の流山に到着しました。

 イベントはホームが第1会場、駅の外れにある車庫が第2会場となっており、まずは第2会場へ。こちらは車両の撮影会やかつて活躍していた「あかぎ」号のヘッドマークが展示されていました。そしてそこにはお目当ての「流馬」もいました。

2000ryuba_07nagareyamaivent
お目当ての「流馬」号

2000wakaba_07nagareyamaivent
お隣は「若葉」号でした

Oldhm_nagareyama
かつて使用されていたヘッドマーク

 続いて第1会場となっている駅構内へ。こちらでは赤い車体の「流星」が会場となっていました。かつて使用されていた部品やヘッドマーク、そしてグッズ販売やゲームが車内で行われていましたが、ゲームに興じる家族連れが引っ切り無しに行き来しているので、これらの展示品を落ち着いて見るには幾分辛いものがありましたね。ただ展示されていたサボやヘッドマークは年代モノでどれも貴重なものでした。

2000ryusei_07nagareyamaivent
第2会場となった「流星」号

Oldhm

Oldsabo
(上下とも)貴重な品々が展示されていました

Mannerposter
手作り感のあるポスター

 帰りは来るときに小金城址駅でそれ違った「なの花」号に乗って帰路につきました。

 「流馬」のさよなら運転が今月18日に行われるとのことですが、あいにくその週は旅行で大阪と長崎へ行くことになってしまい、立ち会うことが出来ません。そのさよなら運転については駅にも案内が貼られ、3両編成のためか平日の朝夕のみの運転とのことでした。そんなわけで平日の夜でないと乗れそうにありませんが、一度くらい乗っておきたいところですね。残りの日にちで乗れるかどうかわかりませんが、都合がつけば訪ねてみたいと思います。

 関連記事
  ・流鉄の鉄道の日イベントに行く (虹色様)

|

« 【11/3】見ごたえあった関東鉄道のイベント | トップページ | 埼玉県民の日限定のフリーきっぷ、今年も発売 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/16997893

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道の日イベント訪問~総武流山電鉄:

» 流鉄の鉄道の日イベントに行く [虹ブログ]
総武流山電鉄・流山駅で開かれた「流鉄の鉄道の日」イベントに行ってみました。 流鉄は常磐線とTXに挟まれた小規模なローカル私鉄ですが、所属全編成が西武鉄道からの譲渡車(701系・801系・101系)で運用してる点と、各編成毎に異なる塗装を施し、塗色に応じた愛称を付...... [続きを読む]

受信: 2007.11.09 10:08

« 【11/3】見ごたえあった関東鉄道のイベント | トップページ | 埼玉県民の日限定のフリーきっぷ、今年も発売 »