« 連休最後は鉄博へ | トップページ | 今年も静かに »

2007.12.26

【12/25】路線バス1日乗車券の旅~関東バス編

 今年は東京都内を走る路線バス各社で発行する1日乗車券を使って方々乗り歩くというミニトリップを何度か楽しみましたが、昨日久しぶりに決行してまいりました。今回は関東バス。主に杉並区や練馬区、そして吉祥寺や三鷹あたりをテリトリーにしている会社ですが、私にとってはこれまで乗った西武や都バスに比べると、どちらかと言えば馴染みが薄い会社でした。逆にこれまで未踏だったところへ行くことが出来ると言えるわけで、今回はこれまで以上に楽しみにしていました。

 で、関東バスのサイトに出ている路線図を見ると、北区まで足を延ばしてる路線があることに気がつきました。それは高円寺から環七通りを北上する赤31系統という路線ですが、赤羽周辺ではこの路線しかなく異色の存在といえそうです。赤羽だと自分の住んでいるところから一番近い乗り場なので、旅の出発点はここ赤羽駅となりました。

 午前9時10分前、赤羽駅に降り立った私はまず乗り場へと向かいます。やがて1台の白地に赤い車体のバスが駅前のロータリーに入ってきました。赤羽駅では主に国際興業バスが乗り入れており、そんな中やってきた関東バスはどこかせせこましく感じましたね。まるで“よそ者”といった感じの関東バスですが、これから乗る赤31系統は国際興業バスとの共同運行となっていて、ほぼ半々で運行しています。これから乗るのは9時5分発。まずは入口で1日乗車券を手配します。関東バスはICカードにいち早く対応し、現在は全路線でPASMOやSuicaを使って乗り降りすることが出来ますが、1日乗車券もICカード対応になっていて、運転手に1日乗車券を利用する旨告げると、手持ちのモバイルSuicaに情報を登録してもらいました。これで準備完了です。

関東バス@赤羽駅前'07.12.25
やはり赤羽では目立ちますねcoldsweats01>関東バス

 赤羽駅を出た赤31系統は東北線に沿って南下し、平和橋交差点を右折すると交通量の多い環七通りに入りました。やがて東北本線の陸橋を渡り、すぐに埼京線の上を抜けると、この後はひたすら環七通りに沿って走り続けました。幅の広い道路でしたが、全体的に単調な風景なので、しばらくすると睡魔が襲いうとうとしてしまいました。

 バスは練馬区から中野区へと入り、最初の停留所である中野北郵便局で途中下車しました。ここまで赤羽駅から30分ほど。電車だけだとなかなか行けないルートだけに新鮮でしたね。さっそくまん前にある中野北郵便局に立ち寄ってから、数百メートルほど行った丸山陸橋下の野方消防署から再び乗り込みます。次の目的地は野方駅南口。ここから歩いても行けない距離ではありませんでしたが、何しろ1日乗車券を持っている身ですので、ここはわずかながらお世話になりました。

関東バス@野方'07.12.25
野方で見かけた関東バスの車体

 野方駅南口から西武新宿線の野方駅方向へ歩いていくと、駅前商店街の一角にバスの発着場がありました。ここから宿05系統の新宿西口行きに乗車します。これでこの日3度目のバス乗車になり、1日乗車券代の元を取ることが出来ました。バスは細い路地を行ったり来たりし、やがて前方に見たことがある建物が近づいてきました。中野の駅前にあるサンプラザ中野ですが、その脇を通り過ぎ中央線の高架下をくぐってからすぐに左折して一路新宿へとひた走ります。このあたりは普段なかなか行く機会のほとんどないところで、私自身今回が初めてでしたが、アイドルタレントが通学する高校の名前が記された停留所や大手家電ショップの本社が所在する北新宿の前に差し掛かったときは、正直「へぇ」という言葉が出そうでしたね。このあたりは駅から離れたところに位置しており、電車だけではなかなか行けないところですが、こうしたところへ行けるのもバスの旅ならではですし、いろんな発見が出来ますね。

 こうして大久保駅の近くで右折した宿05系統は、高層ビル群を横目で見ながら終点の新宿西口に到着しました。時刻は11時を過ぎた頃。ここで買い物をしたり昼食を食べたりして、正午過ぎに再びバスに乗り込みました。この後は再び中野を目指しますが、新宿から中野へ向かう路線は、先ほど乗った宿05系統の他に宿08系統という中央線の北側を行き来する路線があります。ここはまだ乗っていなかった宿08系統に乗りたいところでしたが、ちょうど目の前で行かれてしまったため、次にやってきた宿05系統に乗り込みました。そんなわけで先ほど来た道を折り返し、今度は中野駅前で下車。ここでは中野ブロードウェイに立ち寄ってから、吉祥寺行き中36系統に乗り込みました。

関東バス@中野駅前'07.12.25
中野駅前で出発を待つ関東バスの車体

 この路線は中央線の南側を並行するように走りますが、中野駅を出たバスはすぐに右に折れて住宅街の細い通りを走りました。やがて東高円寺駅のところで右折すると、青梅街道へと入り、高円寺陸橋を越え新高円寺駅のところで右折してから五日市街道へ入ってきました。青梅街道に比べると交通量は比較的少なめでのんびりとしていましたが、車窓の変化という点ではむしろこちらの方が富んでいて退屈しませんでしたね。

 やがて杉並区から武蔵野市へと入り、中央線の高架の手前にある第三小学校というバス停で下車。すぐ目の前の吉祥寺南町郵便局を訪問してから、徒歩で吉祥寺駅へとたどり着きました。吉祥寺といえば9月に西武バスの1日乗車券を使ったときに立ち寄りましたが、駅前に立つと関東バスをはじめ、西武バスや小田急バスが引っ切り無しにやってくるので、バスが好きな人にとっては退屈しませんね。そんな中、ここでは関東バスの勢力が強く、白地に赤いラインのバスが引っ切り無しに駅前を行き来していました。朝方乗り込んだ赤羽駅でグリーンの国際興業バスの中にせせこましく走る姿とは全く違いますね。

関東バス@吉祥寺駅前'07.12.25
吉祥寺では大きな顔が出来ますねcoldsweats01

 午後3時、今度は中央線の北側を走る西10系統西荻窪行きに乗りこみ、およそ10分ほどで武蔵野第三中学校という停留所で途中下車しました。ここは10日ほど前までは「法政高校」という名称で、その名の通り近くに法政大学の高校があったところでしたが、移転により現在の停留所名に変わりました。すぐ近くにあった高校の跡地では校舎の取り壊しが行われていましたが、以前はこの停留所から通学する生徒が乗り降りしてたんでしょうかね?

 再び西10系等に乗車し、5分ほどで善福寺郵便局停留所で途中下車。その名の通り、停留所の前には善福寺郵便局がありましたので、この日最後の郵便局訪問を済ませました。この後はひたすら都心方面へ乗り継いで行くだけでしたが、青梅街道から荻窪駅手前の四面堂停留所で中村橋方面へ向かう荻06系統に乗り換える予定でした。しかし四面堂に到着後、中村橋行きの乗り場がわからず、仕方ないので荻窪駅まで出てから乗り込みました。同じ停留所名でも行先によって位置が異なる場合がありますが、どうしても地元に住んでいないとなかなかわかりづらいですね。電車のように詳細に案内をしてくれるわけでもないので、急ぎの時には不便を感じますけど、今回は全く時間を気にしない旅でしたので、それはそれで新たな発見としてやり過ごすことが出来ました。

 こうして無事荻06系統に乗り、午後5時過ぎに中村橋に到着しました。すでに日も暮れてしまいさすがに体力も失いつつある状況だったため、ここから西武池袋線に乗って帰路に着きました。

 1日乗車券を使ってバスの乗り降りをする旅、改めて面白さに再認識しました。来年は東京だけでなく、横浜をはじめ他の都市でもやってみたいですね。

# 画像の修正を行いました(13.1.18)

|

« 連休最後は鉄博へ | トップページ | 今年も静かに »

バス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/17486716

この記事へのトラックバック一覧です: 【12/25】路線バス1日乗車券の旅~関東バス編:

« 連休最後は鉄博へ | トップページ | 今年も静かに »