« 今回乗った103系@アーバンネットワーク | トップページ | 0系、来年秋で引退へ »

2007.12.19

鉄子の旅プロデュース駅弁を食す

 明日は人間ドックへ行く予定なんですが、受診する病院の方から、前日は午後8時以降の食事を控えるようにとのお達しが出ています。そんなわけで、午後7時過ぎに家人が帰宅しそれから夕食の準備をしたんでは、どうしても8時を過ぎてしまいます。そこで今日は仕事の帰りに出来合いのものを買ってくることになりました。こういうときは、デパ地下で惣菜や弁当を買って帰ることが多いんですけど、前の日に頭に浮かんできたのがなぜか駅弁でした。まあ自宅で駅弁を食べるというのも決して悪い話ではないので、大宮駅で物色することになりました。

 先月大阪へ行くんで東京駅で駅弁を選んでいたときも思ったんですが、駅弁の種類が豊富でどれを選んだらいいのか迷ってしまいますね。今回は特にどれにしようか決めていたわけではなかったんですが、そんな中気になる駅弁を見つけました。「鉄子の旅プロデュース日本縦断弁当」というもので、漫画「鉄子の旅」の作者である菊池直恵さんがプロデュースした駅弁だそうです。ラベルは鉄子の旅に登場するお馴染みのキャラクターが室蘭本線の小幌駅に佇む様子が描かれていますが、器が昔からある幕の内弁当のような箱型の包みでした。このタイプってどうしてもご飯が底やラベルにくっついてしまうんですよね。その度に箸でご飯粒を取って食べるんですけど、それもまた汽車旅ならではと言ったところでしょうかね。

 一方おかずの方ですが、「まるごと北海道編」という副題の通り鮭やホタテ、イクラと言った北海道ならではの食材が並んでいました。特に鮭は味がしみていておいしかったですし、煮物系が多く含まれているので、比較的カロリーは抑え目になっているのはありがたいですね。

 中に入っていた駅弁の中身を紹介した漫画(もちろん菊池さんの漫画です)を読んでみると、続編も計画されているそうで、今後に期待ですね(^^)。

Tetsukotravellunchboxpackage
鉄子の旅でお馴染みのキャラが描かれたパッケージ

Tetsukotravellunchbox
その中身。北海道の食材満載でした。

 関連記事
  ・こんこん様

|

« 今回乗った103系@アーバンネットワーク | トップページ | 0系、来年秋で引退へ »

mattoh的グルメガイド」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/17420142

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄子の旅プロデュース駅弁を食す:

« 今回乗った103系@アーバンネットワーク | トップページ | 0系、来年秋で引退へ »