« 大阪旅遊~海遊館、道頓堀 | トップページ | ハイブリッド車 »

2007.12.08

浅草下町フリーきっぷで巡るミニトリップ

 おととい6日は午後から休みだったので、東武ファンフェスタの会場で買えなかった「東武の車両 10年の歩み写真集(PDFファイルです!!)」を買いに東武博物館を訪ねることにしました。しかし同時に周辺の郵便局めぐりも合わせてしたかったので、何かないかとあれこれ探している途中、東武サイト内のおトクなきっぷの中にあった「浅草下町フリーきっぷ」を見つけました。このきっぷについては以前、駅にあったチラシを見たことがあるので存在は知ってたんですが、浅草をメインに回るということがこれまでなかったため利用したことがありませんでした。で、改めてきっぷの中身を見ると、フリー区間は伊勢崎線の北千住から浅草間や亀戸線内、そして曳舟と押上の区間となっており、東武博物館の最寄駅である東向島もこれに含まれていました。また、台東区の循環バス「めぐりん」が一日乗り放題になるとのことで、これだけの内容の割りに千円ちょっとというお値段には魅力を感じました。そんなわけで、このきっぷを使いあれこれ散策することにしました。

 野田線大和田駅の改札口で浅草下町フリーきっぷを買おうとしたら、駅員が手前の端末機を操作しすぐに発行してもらいました。JRのフリーきっぷと違い、一枚で往復の乗車券とフリー区間内のきっぷがセットになっている様式で、これにめぐりんの1日乗車券が1枚別についていました。また特製のチケットホルダーもあり、これには浅草界隈で利用できる割引クーポンも付いてきました。これで準備万端、春日部方面へ向かう電車で出発です。

 春日部からは中央林間行きに乗車。まずは北千住の一つ先にある牛田駅を目指しますが、この電車は牛田を通過してしまうので、北千住で浅草行きに乗り換え牛田までやってきました。まずは近くにある足立郵便局を訪問、続いて牛田駅の浅草寄りにあるガードの下へやってきました。

Guard_ushida
ドラマでお馴染みの東武線のガード下

 ここへ来ると、あるTVドラマの中で登場するシーンを思い出してしまいますが、ここ足立区界隈は現在放映中のドラマ「3年B組金八先生」の舞台となっている一帯なんですね。このガード下を始め、荒川の土手や堀切駅などTVで見たことのある風景を見ながら散策しました。ちなみにこの日、荒川の土手で収録のロケがあったようで、出演している中学生の姿を遠目で見ることが出来ました。

Arakawadote
こちらも金八先生でお馴染みの土手ですね

Horikirista
この駅舎も昔ながらです

 また堀切駅の隣には舞台となった桜中学のモデルとなった学校があります。現在は東京未来大学となりましたが、その構内には金八資料館がオープンに向けて準備中でした。開館の暁には新しいスポットとなることでしょうね。

 堀切から再び電車に乗り東向島へ到着。さっそくガード下にある東武博物館へと向かい、売店で目的の写真集を購入しました。これで目的は無事に達成しましたが、せっかくなので博物館も見学することにしました。通常は入館料200円なんですが、フリーきっぷについていたクーポン券のおかげで100円で入館することが出来ました。連日盛況な鉄道博物館に比べるとこちらはひっそりとしていてのんびりした雰囲気でしたが、そのおかげでゆっくり見物できるのはありがたいですね。

Tobumuseum
東武博物館の入口

B15_tobumuseum

Deha1_tobumuseum

Ed5015_tobumuseum
東武博物館の車両たち

 時刻は午後3時を回ったところ。ここまで牛田周辺の郵便局の2件しか回ってなかったので、浅草へ向かって2箇所程度回ることにしました。浅草に到着すると、すでに時刻は3時半近くだったので、駅に近い台東花川戸と台東聖天前の2箇所の郵便局を急いで訪問。この時点で4時15分前だったので、台東聖天前郵便局から歩いて5分ほどのところにあるリバーサイドスポーツセンター前停留所から台東区の循環バス「めぐりん」に乗り込みました。自治体が業者に委託して運行する循環バスを全国各地で見かけるようになりましたが、地元住民の足とて利用されていることもありこれまであまり注目をしていなかったせいか、なかなか乗る機会がありませんでした。しかしこのめぐりんは停留所の近くに観光スポットがあると、その説明を車内のアナウンスで紹介していました。元々浅草や谷中といった観光スポットを抱える台東区だけに、観光で利用する乗客も多いんでしょうね。

 30分ほど揺られ、南ルートとの乗り換え停留所となっている生涯学習センター北で下車。ここで乗務員が交代します。しばらく停車の後、バスは浅草へ向けて出発しました。一方これから乗る南ルートのバスはそれから数分してやってきました。こちらも乗務員の交代を行ってから発車しました。

Megurin
生涯学習センター北に到着した「めぐりん」

 南ルートのバスは入谷を抜け台東区役所に到着。引き続き浅草方面へ向けて発車しました。夕暮れの上野駅を横目で見ながら、賑やかな御徒町の繁華街へとやってきました。JRを挟んでアメ横とは反対側の通りなので今まで行ったことがないところですが、普段この界隈をJRの車内から見るのとはまた違った風景なので新鮮味がありましたね。

 こうして三井記念病院前停留所に到着したところで下車しました。ここから歩いて10分ほどのところに秋葉原駅があり、一番近い停留所が三井記念病院前停留所でした。浅草から秋葉原までは銀座線と日比谷線を乗り継ぐかつくばエクスプレスで行けば10分足らずで行くことが出来るんですが、循環バスのフリーきっぷがあるため1時間近くも掛けてやってきました(^_^;)。普段だったら一気に行ってしまうところなので、お金をかけず遠回りして行くのもまた面白いものですね。

 そんな秋葉原で買い物を済ませ、再び三井記念病院前からめぐりんに乗り込みました。先ほどに比べ乗客も少なめになり、乗客は自分以外地元のお客さんばかり。ただ通勤客は見かけませんでしたね。浅草橋や蔵前を通り過ぎ、銀座線の乗換駅となっている田原町の次の停留所である浅草菊水通り停留所で下車しました。ライトアップされた浅草寺の脇を抜けて浅草駅へ到着。ちょうど18時30分発の急行しもつけ号があったので、急行券を買っ
て乗り込みました。

Sensotemple0712
ライトアップされた浅草寺

Tobukuha3524
急行しもつけ号で帰途に

 今回初めてフリーきっぷを使い浅草を巡ってきましたが、単純な往復では元は取れないものの、循環バスや割引優待を使えば使い勝手のいいきっぷと思います。ただ今回は半日しか時間がなかったため、使い足りない気分でしたね。次回はまる1日目一杯使ってみたいところです。

|

« 大阪旅遊~海遊館、道頓堀 | トップページ | ハイブリッド車 »

バス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/17309396

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草下町フリーきっぷで巡るミニトリップ:

« 大阪旅遊~海遊館、道頓堀 | トップページ | ハイブリッド車 »