« 再訪@西武多摩川線 | トップページ | 今回乗った103系@アーバンネットワーク »

2007.12.17

晩秋の京都散策~鞍馬寺と東福寺

 昨日おとといと、いつもお世話になっているところのオフ会に参加してました。目一杯だったこともあって、例によってまだまとめていません(^_^;)。早いところ書き上げて当blogにアップしたいと思いますので、もうちょっとお待ちいただくことにして、今日は先月の関西への旅について書いておきます。

 臨時特急もみじ号で出町柳に到着した我々は、改札を出てさっそく叡山電車のりばへと向かいました。地下から階段を上がったすぐ目の前にあるのが叡山電鉄の改札口ですが、改札の近くでは駅員が机を出して、叡山電鉄線内が1日乗り放題の「えぇきっぷ」を売っていました。今回はこのきっぷを買う予定でいたので、2枚購入し改札を通り抜けました。

 ホームには、「きらら」こと900系がすでに入線していました。四季折々の風景が車内から楽しめるよう登場したきららですが、やはり紅葉シーズンとあって、車内は立ち客が出るほどの混み様でした。出町柳から鞍馬まではおよそ30分ほど。重い荷物を持っていることもあるので、ここは座って行きたいところですね。そんなわけで行きは泣く泣く諦め、1本落とすことにしました。やってきたのはデオ800系という普通の電車。残念ながらきららではありませんでした。

Eizan802
行きはデオ800系でした(出町柳)

 発車時間が近づくに連れ、京阪からの乗り換え客で次第に混み始め、立ち客も出始めてきました。ただきららほどのラッシュ並みの混雑ではなく多少余裕はあるという状況でしたが、そんな中鞍馬行きの電車は出町柳を発車しました。

 ここから宝ヶ池までは複線区間ということで、周りには住宅も多く都会の電車といった風情でしたが、八瀬比叡山口方面への乗換駅である宝ヶ池を過ぎると単線となり、一気にのんびりとした車窓に変わりました。特に市原と二ノ瀬の間は「もみじのトンネル」と呼ばれる紅葉の名所となっている区間で、日が落ちて暗くなるとライトアップもされます。実際この区間を通過したときの様子は、紅葉の方は若干赤みがかかっているものの、まだ3割ほどといったところでした。

 貴船神社への最寄駅である貴船口を過ぎると、終点の鞍馬に到着。ここへ来るのは、 ‘02年8月以来ですが、古めかしい駅舎と隣に鎮座するデナ1型の先頭部分がおで迎えしてくれました。また駅前の駐車場には、鞍馬の山のシンボルである天狗。そういえば、駅の待合所にも天狗の面が飾られていましたね。その大きな天狗の面の前で記念撮影をしてきました。

Dena21cut_kurama
デナ21の運転台カット(鞍馬)

Kuramatengu
鞍馬といえば天狗ですね

 さて、いよいよ鞍馬寺へと入ります。前回のときも鞍馬寺には参拝しているんですが、今ひとつ記憶が定かではなくはっきりいって覚えてません(笑)。覚えているといえば、全国で唯一の宗教法人が持っているケーブルカーに乗ったくらいで、実はここへ来た目的というのがそのケーブルカーの完乗が目当てだったんですが(^_^;)、乗り場に来てみると長い行列ができていました。そんなわけで健康を考えて(?)、まずは歩いて登ることにしました。

 境内の木々は所々赤く染まったところはあるものの、やはり3割程度といったところで幾分拍子抜けでした。それでも当日は好天に恵まれ、晩秋の鞍馬山を散策するのには最適でした。

Kuramatemple
鞍馬寺

Kouyou_kurama
少しですが、紅葉しているところもありました

 こうして、息切れをしながらようやく本堂のある山頂に到着。これより先へはさすがにちょっと厳しかったので、そのまま来た道を引き返すことにしました。とはいうものの、すでに足も悲鳴を上げていたこともあり、帰りはケーブルカーに乗ることにしました。

 多宝塔駅の古めかしい待合室でしばらく待っていると、山門からケーブルカーが上がってきました。改札で100円を支払い車両に乗り込みます。ずいぶんとこじんまりとした車両ですが、全国でも珍しい宗教法人が所有するれっきとした鉄道なんですよね。そんな小さい車両に一通り乗り込んだところで、多宝塔を出発しました。車内では女性ガイドが鞍馬寺をはじめ周辺の観光スポットを紹介してくれました。それを聞きながら3、4分ほど、あっという間に山門駅に到着しました。

Tahouto_wicket
多宝塔駅の待合室

Cable_kurama
こじんまりとした鞍馬山のケーブル(山門)

 時刻はちょうど1時過ぎ。そろそろお腹も空いてきたこともあり、駅前の土産物屋で昼食を食べることにしました。お品書きを見ると、京都の名物であるにしんそばがあったので、これを注文。家人も同じ物を選びました。甘く煮詰めたにしんに味が染みていておいしかったです。

Nishinsoba_kurama
京都名物にしんそば

 食事も終え、出町柳へ帰ることにしました。ちょうど電車がやってきたところでしたが、今度はお目当てのきららでした。まだ発車まで間があったこともあって難なく座ることができたんですが、発車時刻が近づくに連れて徐々にこみだし、結局通勤ラッシュさながらの状態になってしまいました。もうちょっと遅かったら、ぎゅうぎゅう詰めの車内で押し競饅頭状態になりながら30分も揺られるハメになってましたね。しかしこの後の予定では、途中の八幡前で降りて三宅八幡を訪ねようと思ったんですが、あまりの混雑でそれもできず、結局終点まで乗ることになってしまいました。

Eizan902
パノラマ車両「きらら」(鞍馬)

 まだ時間が早かったので、果たしてどこへ行こうかとあれこれ考えていましたが、まだ未訪だった東福寺へ行くことにしました。こちらも紅葉が見られるということなんですが、手持ちの「もみじ1Dayきっぷ」のフリーエリア内に入っているので、フリーきっぷをフルに活用することにしました。東福寺駅から歩くこと10分ほどで境内に到着。ここも観光名所とあってたくさんの人で賑っていましたが、TV局の車もいて何やら撮影をしていました。ここは若干赤く染まったというところでした。

Tofukujitemple
東福寺

 午後3時過ぎに東福寺を後にした我々は駅前の喫茶店で休憩後、JR奈良線に乗って京都駅に到着しました。

|

« 再訪@西武多摩川線 | トップページ | 今回乗った103系@アーバンネットワーク »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/17395920

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の京都散策~鞍馬寺と東福寺:

« 再訪@西武多摩川線 | トップページ | 今回乗った103系@アーバンネットワーク »