« 東京駅で駅弁を選ぶ | トップページ | 浅草下町フリーきっぷで巡るミニトリップ »

2007.12.07

大阪旅遊~海遊館、道頓堀

 昨日に続き、11月の旅についてであります。さて17日は結婚式ということで、ほぼ半日ホテルに缶詰状態でありました。おいしい料理に舌鼓をし、すっかりいい気分になった我々は、結婚式終了後この日の晩に泊まるホテルへと移動しました。午後4時過ぎにチェックインし、それまで着ていた礼服を脱いでしばらく部屋で休憩を取っていましたが、せっかくの大阪ということで、5時過ぎにホテルを出ました。

 たくさんの見どころをもつ大阪ですが、夕方から行けるところということであれこれ考えた結果、通天閣と海遊館が思い浮かびました。どちらもまだ未訪のスポットで、時間が早ければ両方行ってみたかったんですけど、通天閣は意外と早仕舞いなんですよね。そんなわけで、もう一つの海遊館へ行くことにしました。ここのウリは何と言っても世界で一番大きな魚類であるジンベイザメですね。私もまだ見たことがなく、ここへ行ったらぜひとも見たいと思っていました。

 まずはホテルの最寄駅である阿波座の事務所で「OSAKA海遊館きっぷ」というきっぷを手に入れました。これは文字どおり海遊館の入館券と地下鉄のきっぷがセットになったきっぷで、大人2,400円。海遊館の入館料が2,000円ですから、プラス400円で地下鉄が1日乗り放題になります。ちなみにホテル最寄の駅から海遊館のある大阪港までは片道230円ですから、往復して海遊館を観てくるだけで元が取れることになるのでかなりお得ですね。

 こうして我々は地下鉄中央線に乗って海遊館の最寄駅ある大阪港駅へ。大きな観覧車を目印に歩くこと10分ほどで天保山一帯へと入ってきました。海遊館はその天保山の中にあります。

Illumination_kaiyukan
ジンベイザメのイルミネーションがお出迎え

 もう夕方とあって周りはほとんどがカップルばかり。まあこちらもカップルに違いありませんけど(笑)、入口に設けられた自動改札機に先程購入したOSAKA海遊館きっぷを投入し中へ入ります。水族館では定番である色とりどりの熱帯魚やアザラシ、そしてペンギンが我々を出迎えてくれました。しかし元々それほど広くないところに作っているせいか、巨大な水槽をぐるぐる回りながら観る仕組みになっているため、同じ生物を繰り返し観るようになっていました。まあいろんな角度から生き物を観察することができるという点では魅力ある造りですが、それだけ狭いスペースで見せるには苦肉の策といえるかも知れませんね。

Ashika_kaiyukan

Penguin_kaiyukan

Iwashi_kaiyukan
海遊館の動物たち

 そしていよいよこの水族館の目玉であるジンベイザメのいる巨大な水槽にやってきました。こちらではアジやシマアジといった回遊魚がすばやい動きで水槽の中を動き回っていましたが、しばらくするとアジの群れに囲まれた大きなジンベイザメがこちらへ近づいてきました。とにかく大きな体に、見ている我々もただ圧倒されっぱなしでしたね。

Jinbeizame_kaiyukan
巨大なジンベイザメに圧倒されっぱなしでした

 その他、水族館では珍しいクラゲの飼育水槽も見ることができました。釣りをしていると防波堤などで優雅に漂っているクラゲを見ることがありますが、水族館で飼育されているクラゲとなるとなかなか例がないですね。

Jellyfish_kaiyukan1

Jellyfish_kaiyukan2
優雅なクラゲも見ることが出来ました

 こうしてたくさんの生物を見終えた我々は海遊館を後にし、再び大阪港駅から地下鉄に乗って大阪の中心部へとやってきました。昼間はおいしい料理を食べて十分腹を満たしたもののさすがに夜ともなればお腹も空いてきました。「くいだおれの街」と称するところだけに、ここはおいしいものを食べて帰りたいところですね。そこで、大阪一の繁華街である難波へやってきました。向かったのは道頓堀川周辺。ここのシンボルであるグリコの看板は健在でしたが、周りはエライ人でさすがは大阪一の繁華街ですね。

Doutonbori
一番大阪らしいところかも・・・

 そんな中、くいだおれ人形を横目で見ながら食事できるところを探し歩きました。しばらく歩き、「ぼてじゅう」というお好み焼きの店を見つけたので、ここへ入店しました。さっそくお品書きを見ると、とにかく豊富な種類にどれにするか迷うほどでしたが、昼間おいしいものを食べたこともあって、お好み焼き一品とやきそばを注文しました。以前だったら2種類のお好み焼きを食べ比べるところなんでしょうが、最近すっかり食が細くなってしまい以前のように食べられなくなりつつありますね(^_^;)。

 目の前にある鉄板の上で店員さんが焼いていると、およそ15分ほどで完成しました。

Okonomiyaki_botejyu0711

Yakisoba_botejyu
この日の夕食

Botejyu
食べたお店~ぼてじゅう

 こうして大阪の夜の町を堪能し、帰りは地下鉄千日前線に乗って阿波座へと戻りました。

|

« 東京駅で駅弁を選ぶ | トップページ | 浅草下町フリーきっぷで巡るミニトリップ »

mattoh的グルメガイド」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/17299881

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪旅遊~海遊館、道頓堀:

« 東京駅で駅弁を選ぶ | トップページ | 浅草下町フリーきっぷで巡るミニトリップ »