« スーパーカートリオ・加藤博一氏逝く | トップページ | 今日は寒かった »

2008.01.23

JR西日本の列車を集める

 先週の旅の続きです。米原からは東海道本線で京都へと向かいます。新幹線乗り場から跨線橋を通り抜け、下りの東海道本線の乗り場へやってきました。富山行きしらさぎ1号が発車する様子を眺めていると、9時2分発の快速網干行きが入線してきました。使用車両は221系。民営化されてからすぐに登場した車両で、投入されてすぐの頃に新快速で使用されていたときに何度も乗車したことがありますが、東海道本線や山陽本線での運用が縮小されてからは、関西本線や紀勢本線、それに奈良線や桜井線といったローカル線にも転用されています。

Type683_maibara0801
富山へ向けて発車する683系「特急しらさぎ1号」(米原)

Kumoha22141
発車を待つ221系快速(米原)

 定刻の9時2分、網干行きは米原を発車しました。これから京都までは1時間ほどの各駅停車の旅です。本当だったら新快速で一気に行きたいところですけど、ちょうど新快速がない時間だったので、のんびり各駅停車の旅となりました。この区間は、18きっぷを使った旅のときは何度も行き来したので懐かしかったですね。ところどころ途中下車した駅があるものの、のんびり町歩きをしたところが今のところないので、去年の10月に近江鉄道ミュージアムを見学した彦根や織田信長ゆかりの安土など、一度は訪ねてみたいです。

 京都に近づくに連れ、車内も混んできました。米原からおよそ1時間、目的地の京都に到着しました。ホームへ降りると、駅ビル寄りのホームに117系が停車していました。221系が投入されるまではこの117系が新快速として活躍していましたが、運用から外れてからは山陽地方や和歌山周辺のローカル線に転属され、その都度さまざまな塗装に変更されました。そんな中、京都総合運転所に所属する2編成はかつて新快速で使用された当時の塗装そのままで走っていて、往時の姿を残しています。

Type117_kyoto0801
往年の新快速列車を思い出す117系(京都)

 このカラー、新快速で乗って以来、なかなか乗れませんね。

 一旦下車し、手持ちのSuicaで再度入場しました。この後は山陰本線で二条を目指します。山陰本線の乗り場に到着すると、これから乗る普通列車亀岡行き列車の隣に特急はしだて号が停車していました。使用車両は183系。一見485系に見えますが、交流機器を外し直流電車化されてこの形式を名乗っています。183系といえば年末に乗った中央ライナーやかつての特急あずさ号が思い出されますが、元々JR西日本にはいなかった車両なので、この形式が与えられたんでしょうね。

Type183_kyoto0801
183系特急はしだて号(京都)

 そのはしだて号の車両を写真に撮りながら、亀岡行きに乗り込みます。こちらは113系。JR西日本のカラーに身をまとっていますが、JR東日本では東海道本線からはすでに撤退し、房総半島で走るのみとなっています。

Kuha1117510
久しぶりに乗った113系(京都)

 折り返しの電車が遅れていたせいか、先行する特急は3分ほど遅れて発車。こちらも遅れて京都を発車しました。丹波口を過ぎ、目的地の二条に到着。ここからいよいよ今回の旅のミッションの一つである京都市営地下鉄東西線の延伸区間に乗り換えます。

|

« スーパーカートリオ・加藤博一氏逝く | トップページ | 今日は寒かった »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/17798856

この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本の列車を集める:

« スーパーカートリオ・加藤博一氏逝く | トップページ | 今日は寒かった »