« 最後の大宮つくば線バス旅その3~茨城交通キハ222系 | トップページ | いただき物~醤油アイス »

2008.01.27

期待通り?~大相撲初場所

 仕事からの帰り道、自家用車のラジオで相撲中継を聴いていました。ちょうど両横綱の仕切りが行われていたところでしたが、徐々に決戦が近づいてくるにつれ、こちらにも場内の熱気が伝わるほどの熱戦でした。結果は白鵬が朝青龍を破り3場所連続優勝で幕を閉じましたが、両横綱による白熱した優勝争いは最後まで目が離せない熱の篭った取組みばかりでした。

 何と言っても今場所最大の話題は、2場所連続の出場停止処分が解けた朝青龍でした。半年近くも本場所から遠ざかっていた上、場所の直前に足を怪我するなど、今場所は無事に乗り切れるのかどうか心配していましたが、2日目に早くも稀勢の里に破れ、その後もなかなか本調子になれない状況が続く中、持ち前の相撲感のよさから順調に勝ち星を連ね、しっかりと優勝争いに加わっていったのには正直驚きました。

 一方の白鵬ですが、初日から順調に勝ち続けていましたが、2場所連続で苦杯を舐めた関脇の安馬に10日目破れ、朝青龍に並ばれてしまいました。これ以降、両横綱と平幕の鶴竜の3者による優勝争いとなりましたが、最後は先場所まで2場所連続優勝で着実に力を付けてきた若き横綱が先輩横綱を破り、初めて横綱対決を制しました。

 復活をかける朝青龍と若き横綱の白鵬が共に白星を重ね、両者の直接対決で白鵬が勝つというシナリオを、おそらく多くの人が期待していたと思います。朝青龍が2場所のブランクをものともせずにすんなり優勝してしまうという展開になれば、朝青龍と他の力士との差があまりにも大きいと感じざるを得ないところでしたが、やはり本来の豪快な相撲とは程遠かった内容だっただけに、来場所は本調子で白鵬との対戦を見たいですね。ただ逆に言えば、本調子ではなかったにもかかわらず優勝争いを演じることが出来たわけで、もっと付け入る隙がなかったのかと問いかけたくもなるところですね。勝ち越すのがやっとという体たらくの大関陣はもはや問題外で、2場所連続2桁勝利を挙げ今場所は大関昇進の足がかりとなるか注目した関脇の安馬が、2桁を上げられなかったのはちょっと期待はずれでした。唯一の見せ場といえば、優勝した白鵬に土をつけたところでしたが、三賞インタビュー中でもコメントしたとおり、体を作って来場所以降もう一度挑戦してほしいですね。一方、毎場所期待されながらなかなか成績を上げられなかった稀勢の里が殊勲賞を獲得したのは大きいですね。朝青龍を破り、序盤から中盤にかけての相撲は、これまでとは違った力強さを感じさせる内容で、これから上位を目指す足がかりとなるか、期待したいところです。

 来場所以降もしばらくは両横綱による優勝争いとなりそうな予感ですが、不祥事に揺れに揺れた去年とは打って変わり、取組みで多くのファンに注目されるような白熱する相撲を期待したいですね。

|

« 最後の大宮つくば線バス旅その3~茨城交通キハ222系 | トップページ | いただき物~醤油アイス »

相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/17864679

この記事へのトラックバック一覧です: 期待通り?~大相撲初場所:

« 最後の大宮つくば線バス旅その3~茨城交通キハ222系 | トップページ | いただき物~醤油アイス »