« 急行列車「開運」号乗車~秩父鉄道 | トップページ | 今日は仕事始めでしたが・・・ »

2008.01.03

西新井大師玉砕(笑)

 昨日の続きです。秩父鉄道の急行開運号を乗り終えた後、羽生行き電車で後戻りをし、羽生から東武伊勢崎線に乗って西新井へやってきました。西新井といえばここから大師前駅まで伸びるわずか1キロほどの大師線がありますが、個人的には今から3年前の2005年1月に全国の鉄道全線の乗り潰しを完了させた思い出の地でもあります。その後大師線には全く足を踏み入れていませんでしたが、正月の三が日には西新井大師へ訪れるたくさんの参拝客に対応すべく臨時列車が運行され、さらに先頭車には特製のヘッドマークが取り付けられるとのことなので、久しぶりに訪ねることにしました。

 西新井に到着後さっそく大師線に乗り換えます。ここでまず目に付くのは、大師線のホームへ通じる階段の手前にある中間改札ですね。伊勢崎線などで西新井まで来て大師線に乗り換える際、この中間改札で一旦大師前まで運賃を精算してから乗るわけですが、私も手持ちのSuicaをタッチしてホームへと向かいました。

 ちょうど電車が到着したところで、西新井大師の参拝から帰ってきた乗客が電車から吐き出されるように降りてきました。そんな乗客でごった返すホームでぶつかりそうになりながら電車に乗ろうとしましたが、次の電車はすでに入口にまで乗客があふれんばかりでしたので、一本落としていくことにしました。先行の電車が発車後、私が乗った電車も徐々に乗客が乗ってきたため、発車する頃には通路にいっぱいになってしまいました。

 そんな通勤ラッシュさながらの状態の中、電車は西新井を発車。わずか2,3分ほどで終点の大師前に到着しました。

Tobudaisilinehm08
大師線の電車に取り付けられたヘッドマーク

Tobu8000_daishimae0801
西新井へ向けて発車する大師線8000系(大師前)

 これでこの日のミッションは終了しましたが、せっかくなのでお参りして帰ろうと思い西新井大師へと向かいました。しかし如何せんたくさんの参拝客でごった返していてとても前に進める状態ではなく、やむなく退散と相成りました(^_^;)。

 普段なかなか乗る機会がない大師線ですが、正月の三が日は一番大忙しになる季節と言えますね。

|

« 急行列車「開運」号乗車~秩父鉄道 | トップページ | 今日は仕事始めでしたが・・・ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/17563140

この記事へのトラックバック一覧です: 西新井大師玉砕(笑):

« 急行列車「開運」号乗車~秩父鉄道 | トップページ | 今日は仕事始めでしたが・・・ »