« 最後の大宮つくば線バス旅その6~大宮つくば線お名残乗車 | トップページ | 蝋梅号に乗って蝋梅散策その2~急行蝋梅号 »

2008.02.02

蝋梅号に乗って蝋梅散策その1~快速シーハイル&東行田駅

 それでは、今日のお出かけについて書くことにします。今日の目的ですが、宝登山頂に咲き誇る蝋梅の見頃と合わせて運転される秩父鉄道の急行蝋梅号でした。宝登山の蝋梅は7年前に見に来たことがありますが、ちょうど見頃だったこともあって、当たり一面に蝋梅の花のいい香りが漂っていました。今回は急行列車に乗ることが一番の目的でしたが、せっかくですので蝋梅の花も見てくることにしました。

 さて当初は大宮8時台の高崎線の電車に乗る予定でしたが、快速シーハイル上越号が運転されていることを思い出しました。大宮発が6時50分とだいぶ早い出発ですが、どうせ秩父鉄道では1日乗車券を買うつもりでしたので、蝋梅号の発車時間までブラブラ乗り歩きながら時間を潰すことにしました。

 そんなわけで、大宮駅に着いたのが6時40分頃。きっぷを買ったりしたので、7番線ホームに降りたときには発車の5分ほど前でした。それでも何とか一通り写真を撮って乗り込むと、列車は大宮駅を発車しました。

Kuha1831529
快速シーハイル上越号(大宮)

Rapidseehilejyoetsuhm
絵入りのヘッドマークがあるんですね(^^)

 やはり特急型はいいですねぇ。宮原、上尾とこまめに停車するあたりは、やはり快速列車ですけど、普段E231系に乗り慣れていると、国鉄型車両のモーター音が懐かしく感じます。

 やがて列車は熊谷に到着、ここで下車しました。構内にあったスタバが開いていたので、ここで朝食を済ませてから秩父鉄道の乗り場へとやってきました。リュックをしょった年配のグループが改札前で談笑している様子を見ながら、窓口で1日乗車券と急行券を購入しました。急行券は絵が入った特製のもので、台紙もおまけに付いてきました。先月乗った開運号のときも特製の急行券がありましたが、この急行券をコレクションするのも楽しいですね。去年5月の芝桜のときはゴールデンウィーク中ですでに売切れてしまいましたので、今年は手に入れたいですね。

 これで準備万端ですが、今日最大のミッションである急行蝋梅号の発車は9時51分発なので、時間がだいぶあります。そこで、1日乗車券をフルに活用して羽生まで行くことにしました。それでも一気に羽生まで直通しても時間が余ってしまうので、どこかで途中下車しようと考えましたが、この先でまだ降りたことがないのが東行田でしたので、ここで途中下車することにしました。

 元都営三田線5000系に乗って3つ目、東行田駅に到着しました。交換設備のないホーム一面の駅ですが、駅舎は意外と大きく立派です。さっそく窓口で硬券入場券を記念に購入し、駅の周辺を散策しました。羽生寄りに写真を撮るのにいいアングルの箇所がありましたので、ここでしばらく電車を撮りました。

Chichibu1000_higashigyoda1

Chichibu1000_higashigyoda2

Chichibu5000_higashigyoda
(3枚とも)東行田駅付近の踏切で撮った画像

 しかしガクガク震えながら電車を待つのは、この時期ツライですね。ほどほどのところで東行田駅に戻り羽生行きを待ちました。すると踏切の警報機が鳴ったと思ったら、熊谷寄りから羽生行きの急行列車が通過していきました。よく見ると、運転台の下に「蝋梅」の文字が書かれたヘッドマークが取り付けられていました。

Chichibu6000_higasigyoda_2
東行田駅を通過する羽生行き急行列車

 8時49分発の羽生行きは1000系でした。リバイバルカラーを期待しましたが、ノーマルカラーでした。これに乗って9時過ぎ、羽生に到着しました。

|

« 最後の大宮つくば線バス旅その6~大宮つくば線お名残乗車 | トップページ | 蝋梅号に乗って蝋梅散策その2~急行蝋梅号 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/17932056

この記事へのトラックバック一覧です: 蝋梅号に乗って蝋梅散策その1~快速シーハイル&東行田駅:

« 最後の大宮つくば線バス旅その6~大宮つくば線お名残乗車 | トップページ | 蝋梅号に乗って蝋梅散策その2~急行蝋梅号 »