« グリーンライン | トップページ | 創立110周年記念ラッピング列車~京急 »

2008.02.26

吉田のうどん

 この前の土曜日の続きです。快速四季彩河口湖号のところでも書きましたが、三つ峠駅前にある吉田うどんのお店「いこい」で食べました。吉田のうどんを耳にするようになったのは、ここ2,3年くらいのことでしょうか。その存在を知ったのは、首都圏のJRの駅で配布されている「小さな旅」でしたが、一度現地へ訪れて食べてみたいと思っていました。

 肌寒い中を歩いてきた上、お昼時とあってすっかり腹も空いてきただけに、この店を見つけたときには迷わず入りました。さっそく壁に掲げられたおしながきを見ると、きんぴらうどんなるものを見つけました。何でもこの店でのおすすめとかで、入口のおみやげを置いてあったテーブルにもパック詰めされたきんぴらが出ていました。何も入っていないかけの他、肉うどんもありましたが、さすがに今の私には肉うどんはちょっとカロリーが気になるところでしたので、おすすめというきんぴらうどんをお願いしました。

 待つこと5分ほどで運ばれてきました。まずはうどん。こちらはコシのきいた手打ちの麺でなかなか食べ応えがありましたが、何でも吉田のうどんはそれぞれのお店で手打ちで出すとかで、手作りらしさが感じられました。一方のきんぴらは自家製でしょうか?たまに惣菜屋で作ったきんぴらを食べることがありますが、それはそれでそれなりに食べられるものの、やっぱ「おふくろの味」じゃありませんが自家製の方がしっくり来ますね。うどんに入れて食べたのは今回が初めてでしたが、食べてみると案外合うものです。

 お値段は350円。肉うどんでも400円ですから、おサイフにもやさしいですね。讃岐うどんもそうですけど、うどん系はどこも500円を越えることは滅多にないので、手持ちの資金をセーブしておきたい旅先などではありがたい存在です。

Yoshidaudonikoi
これが「吉田のうどん」

|

« グリーンライン | トップページ | 創立110周年記念ラッピング列車~京急 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/40278759

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田のうどん:

« グリーンライン | トップページ | 創立110周年記念ラッピング列車~京急 »