« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008.03.31

慌しいよ・・・

 今日1日、引継ぎやら何やらでてんてこ舞いでした。一応今までやっていた仕事は引き継いできたんですけど、おそらく抜けているところが多々あるかもしれません(^_^;)。もっともこればかりはあれこれ気にしててもしょうがないところなのかもしれませんが、今はひとまずほっとしています。

 さて、本当だったらこの週末に行ってきた出来事などをいろいろ書きたいところなんですが、上記のとおり1日慌しい状況だった上、画像の整理がついていないこともあって、まだ書ける状況にありません。もうちょっと落ち着いたら書こうと思います。一方、今日31日を持って長い歴史に幕を閉じる鉄道がありますね。どちらも去年末から1月にかけてお名残乗車をしてきましたが、今頃沿線では別れを惜しむ人の姿でさぞかし賑わっていることでしょうね。今晩TVで放映されるかどうかはわかりませんが、最後まで事故なく終わりのときを迎えて欲しいものです。

 そんなわけで今日はこのくらいにしておきます。明日からは新しい年度のスタートですが、私も新しい職場で心機一転スタートとなります。今度のところは初めて行くところなのでほとんど未知の世界ですが、給料取りである以上異動は避けて通れない道ですので、こればかりは頑張るしかありませんね。まあ勉強するつもりで、体を壊さないよう頑張っていこうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.30

2路線

2路線
完乗しました。ただタイトル奪回と言う訳にはいきません(^_^;)。来月まで持ち越しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日吉に

日吉に
来ました。これから乗ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大井町線急行

大井町線急行
乗りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舎人公園

舎人公園
菜の花がきれいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.29

急きょ土浦に

急きょ土浦に
来ました。これからJRバスに乗って来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30000系

30000系
初対面です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三社記念Suica

三社記念Suica
さいたま新都心で無事ゲット済みです。これから小手指に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.28

忙しい日々

 今日は夜9時まで仕事でした(^_^;)。まあこれまでも何度か遅くなる日はありましたけど、それにしても今週は忙しい1週間でしたね。まあ、これも致し方ありません。何しろ4月からは新しい職場へ異動になってしまったんですからね。今度のところはこれまでとは全く畑違いのところなので正直不安だらけですが、誰でも新しいところへ異動となれば思いは同じなわけで、心機一転頑張るしかありません。ただありがたいのは、マイカー通勤が引き続きOKというところでしょうか。多少通勤時間は長くなりそうなんですけど、同じ市内ですし全く知らないところではありませんから、その点については心配していません。ただ駅から離れているのがちょっとツライですね。これまでのように、仕事が終わってから電車でおでかけというわけにはいかなくなりそうです。

 さてこの週末ですが、やはり何と言っても明後日が決戦ですね(笑)。首都圏で2つの路線が新規開業しますが、もちろん私も乗ってくる予定です。ただこの日は、午前中仕事が入ってしまい、動けるのは午後からになりそうです。まあグリーンラインの方は地下鉄ですので夕方でもいいかと思いますが、とりあえずは舎人ライナーから片付けようと思っています。

 ちなみに明日ですが、4月から運行が開始された西武30000系のイベントに顔を出そうと思います。その前にペンギンまつりがありますが、例によって争奪戦が物凄くなりそうですね。まあ半分ダメ元で並んでみますけど、果たして無事手に入れることが出来るか・・・。

 忙しい日々が続きますが、体だけは気をつけて行動したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.27

まだ健在な入間川橋梁

 今日も先日の日曜日のことについて書きたいと思います。といいつつ、TJライナー撮影会のおまけのようなことですが、お付き合いください(^^)。

 森林公園を後にした私は、坂戸で越生線に乗り換えて越生へとやってきました。この後の目的地は飯能ですが、森林公園からだと川越乗り換えがベストなものの、どうせだったら行きと帰りでルートを変えたいと思い、越生線経由にしてみました。もちろん越生からは八高線に乗り換え、高麗川で川越からやってきた205系に乗り換えて東飯能へとやってきました。

 飯能に来た理由は、飯能市郷土館で行われていた「マイ・コレ2 素晴らしい鉄道の世界」と題された企画展を見るためでした。タイトルのとおり鉄道関連の企画展ですが、展示内容が硬券きっぷや行先表示機などといったさまざまな鉄道グッズが展示されるとあって、一度訪ねてみたいと思っていました。ところがなかなか行く機会がなく、とうとうこの日が最終日となってしまい、慌ててやってきた次第です。会場に到着し、さっそく展示物を見学しました。やはり一番目に付いたのは、会場にところ狭ましと並んだ硬券きっぷですね。旅先などで硬券のきっぷを見つけたときは、入場券や乗車券などを記念に買って収集していますが、近年扱っている鉄道会社が少なくなり昔ほど熱心に集めることがなくなってしまいました。それでも、記念きっぷとして硬券を発行するところはまだまだあり、その都度手に入れています。私の拙作blogでも紹介していますので、お暇でしたらご覧ください。ただしこちらほど更新頻度が少ないことをご了承くださいませ(^_^;)。

Hannnomuseum
企画展が開催されていた、飯能市郷土館

 これで一応目的達成となりましたが、まだ時間があったため、飯能から池袋線に乗って一つ目の元加治へ向かいました。ここに降り立ったのはほぼ5年ぶりですが、前回は池袋寄りに流れる入間川に架かる橋梁を見に行きました(そのときの模様は、こちらに記しております)。この橋は池袋線の前身であるの武蔵野鉄道が1929年に建築した橋で、1969年まで使用されていましたが、間近で見るとレンガで造られた土台が年代を感じさせてくれます。一時は撤去されるという話があったと聞いていますが、どうなったんでしょうかね?

Irumagawabridge1_2
今だ残る入間川橋梁

Irumagawabridge2_2
レンガ造りの土台も健在です

 その橋梁を見たついでに、現在の鉄橋を行き来する列車を撮影していましたので、ご紹介します。

Tokyometro10000_motokaji

Seibu9000_motokaji_2

Seibu20000_motokaji
(3枚とも)入間川鉄橋を渡る西武の車両たち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株主総会と準急鷺沼行き

 今日は先週の土曜日に出勤した分を振替にして、1日フリーとしました。午前中は株主総会に出席する予定でしたが、開始が10時からだったため、自宅を早めに出て東武動物公園に向かいました。平日上りに一本だけいた準急鷺沼行きが明日から始まる田園都市線のダイヤ改正により長津田行きになるため、それを見に行ってきました。やはり平日だったため、ファンらしき姿は自分以外全くいませんでしたね(^_^;)。使用車両は東京メトロの8000系でしたが、この車両だと行先表示がLEDなんですよね。そんなわけで、携帯のカメラだとイマイチよく撮れず、何とか一眼カメラでおさえることができました。

 画像がまだ出来上がっていませんので、後日改めて書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.26

8000系の原型顔に遭遇

 昨日はココログのメンテがあったため、記事をアップすることが出来ませんでした。そんなわけで2日ぶりの記事となります。

 TJライナーのイベント会場を後にした私は、上り池袋方面の列車に乗車するため森林公園駅へやってきました。時刻表によれば、次の列車は11時42分発急行とのことでホームへとやってきましたが、小川町の方向に目をやると、検修区内に8000系の初期修繕車らしき顔が見えました。こうなるとこの初期修繕車に乗りたいところですが、見事その期待が叶えられることになりました。やがてその8000系はゆっくりとポイントを渡り、こちらへと近づいてきました。

Tobu8000_shinrinkoen0803
昔からの顔つきを保つ8000系初期修繕車(森林公園)

 かくして8000系初期修繕車に乗ることが出来ましたが、つい数日前には、4年前に東上線で赤とベージュの登場時のカラーに塗り替えられた8108Fが廃車のため回送されたという記事が上がっていました。長年親しまれた東武の顔ですので、出来る限り出会ったときは写真に残しておきたいものですね。

 すっかり少数派になってしまった8000系初期修繕車ですが、手持ちにはあちこちで撮った8000系の画像があるので、近いうちにサイトを立ち上げてみようと考えています。といっても、手持ちの画像をただ並べるだけといういつものパターンなんですけどね (^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.24

TJライナーと初対面~東武

 3月14日付けの記事でも書きましたが、昨日は森林公園検修区で行われたTJライナーの撮影会に行ってきました。川越で東武東上線に乗り換えて森林公園を目指しましたが、途中の駅では池袋を9時33分に発車する臨時列車を撮ろうというファンの姿を多く見かけました。当初は私もこの列車を撮ろうかと思っていましたが、午前中だと下り列車を撮るには逆光になってしまうんですよね。それだったら森林公園まで先行し、イベント会場で撮った方がよかろうということになりました。

 途中、川越市と若葉に寄ってから森林公園にやってきました。改札付近にはTJライナーで使用される50090型が描かれたパネルや横断幕があり、来場者を出迎えてくれました。

Tjlinerflag_shinrinkoen

Tjlinerboad_shinrinkoen
TJライナー運転を祝うアイテムたち(森林公園)

 駅から歩くこと15分ほどで、会場の森林公園検修区に到着しました。送られてきた応募はがきを受付で提示すると、来場記念のハンドタオルがプレゼントされました。TJライナーのイラストが入ったオリジナルグッズですが、現在この手のハンドタオルが自宅では大活躍していますので、実用的でいいお土産になりましたね。またその先のブースでは、東武鉄道を始め上毛電鉄の鉄道グッズがいろいろと販売されていましたが、すでに持っていたり、それほど興味を示すものでもなかったこともあって、今回は買いませんでした。

 やがて、池袋からやってきた臨時列車が検修区内へ入ってきました。周りの人たちも入線したときには、目線が列車に釘付けになっていましたね。やがて会場の規制線は外され、いよいよ撮影タイムとなりました。

Tobu50000_shinrinkoen
ずらりと並んだ50000系ファミリー

Tobu50090_shinrinkoen
臨時列車で使用された50090系(左)

Tobu50090_shinrinkoen2
真横から見た様子

 これだけ50000系ファミリーが勢ぞろいしている姿を見るのは、今回が初めてでしたね。中には、「渋谷」のLEDを表示させファンサービスにも努めていた編成もありましたが、やはりクロスシートを装備した車内を見たかったですね。まあこちらは営業運転に入ってからのお楽しみということで取っておくことにしますけど、6月の運転開始が今から待ち遠しいです。

 本当ならば、東武博物館館長の花上氏の講演も聴きたかったところですが、このあと飯能へ行く用事があったため、やむなく11時半過ぎに森林公園を後にしました。

 関連記事
  ・melonpan様
  ・テームズ様
  ・Kaz-T様

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008.03.23

急行池袋行

急行池袋行
昔ながらの顔が来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TJライナー

TJライナー
森林公園のイベント会場に来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.22

MSEに初乗車~小田急

 あれからもう1週間が経とうとしているんですね(^_^;)。いろいろと書いてしまいましたが、ようやくたどり着きました。いよいよこの日のメインイベントであるMSE乗車について書くことにします。その前に、まずは大平台駅からスタートです。

 姫之湯でのんびりと温泉に浸かり、後は箱根湯本へ戻るだけとなりました。大平台駅で電車をまっていると、強羅方面から旧型のモハ1形の編成が入ってきました。来るときに途中の出山信号所でこの編成を見かけましたが、やはり古い車両の方が味わい深くていいですね。しかし車内は立ち客がいるほど混雑していて、座ることは出来ませんでした。まあ、行くときは座っていけたんですから、それだけでもよしとしないといけませんね(^_^;)。

Hakonetozan104_0803oohiradai
古豪のモハ1形に乗車(大平台)

 そんな状況で、再び箱根湯本へと戻ってきましたが、ホームには小田原方面の列車を待つ行楽客でごった返していて、とても落ち着いていられませんでした。それならと一旦改札を出てみたものの、こちらは駅舎の改修工事中で、狭い通路を大きな荷物を抱えた観光客がやっとの思いでそれ違うほどでした。駅を離れるにしても17時4分の発車まで30分ほどという時間ではそう遠方へも行くわけにいかず、結局すぐに改札を抜けて中へ入ってしまいました。

 ロマンスカーが発着する1番線でしばらく待っていると、小田原寄りからロマンスカーLSEが入線してきました。この列車は新宿を15時10分に発車したはこね33号で、16時47分発のはこね34号となって新宿へ折り返します。ホームにはこの列車に乗ろうとしている乗客が長い列を作っていましたが、改札口の近くにある特急券うりばで表示されていた空席状況を示す表示板には、この列車と次に出るMSEが満席と表示されていました。MSEの方は初乗車目当ての乗客が多いというのは予想できますけど、やはり日曜日の夕方となると行楽地から帰路に付く乗客が多く利用するようですね。

Odakyu7000_hakoneyumoto0803
一本前のロマンスカーはLSE7000系でした

Odakyu5000_hakoneyumoto0803
小田急顔5000系も登場

 最初は改札寄りの車止め付近で待ち構えていましたが、今ひとつ納得のいくものが撮れなさそうだったため、小田原寄りの先頭へ行ってみました。MSE狙いで混雑しているかと思っていましたが、実際に行って見ると一人くらいしかおらず、先端で構えることが出来ました。

 小田急顔の5000系が到着すると入れ替わるように、16時47分発のはこね34号が発車しました。この後はいよいよお目当てのMSEとなります。徐々に日が傾いてくる中、ゆったりとしたカーブの先から青い車体の列車が現れ、次第にこちらへ近づいてきました。

Odakyu60000_hakoneyumoto08031
ようやくお目見え~MSE

 MSEを間近で見るのはもちろん今回が初めて。やはりこれまでのロマンスカーにはなかった鮮やかなブルーの車体が強烈なインパクトを与えてくれますね。周りの乗客も手持ちのカメラで記念撮影に興じていましたが、ファンならずとも注目してしまうのは無理がないところでしょう。

 そんな私も車両や側面のロゴなどを撮りながらあちこちを動き回りましたが、如何せん車両の近くには人だかりが出来てしまい、ゆっくりと撮ることが出来ませんでした。デビュー2日目ですからしょうがないところですかね。

Odakyu60000_hakoneyumoto08032
ようやく撮れたカット(^_^;)

Mselogo
MSEのロゴ

 車内清掃が終わり、いよいよ車内へと入ります。木目調の車内は落ち着いた雰囲気で、これはVSEのコンセプトが生かされていますね。ただ、観光用というよりはビジネス用の車両というカラーが強いせいもあって、VSEのときに採用された傾きのある座席配置はMSEにはありませんでした。平日はビジネス列車として、また週末は観光列車としてとどちらでも活用できるような車両となると、やはりある程度のものになってしまうのは致し方のないところでしょうね。

 手持ちの特急券に記された座席番号を確認し、指定された座席に座ったところで、メトロはこね24号は17時4分、箱根湯本を発車しました。特急とは思えないほどゆっくりとした速度で箱根登山線内を走りぬけると、最初の停車駅の小田原に到着。ここで北千住寄りに4両増結し、計10両となって北千住を目指します。小田急線内に入ると、ようやく特急列車の面目を保つかのようにスピードを上げて走り始めました。

Mtfujimse
夕焼けの富士山が見えました

 新松田の手前で、夕日をバックに映し出された富士山の姿が車窓から見ることが出来ました。やがて日も暮れて暗くなってきました。時刻は18時前後。何か夕食でもと思い、近くにやってきたアテンダントに訪ねたところ、あいにく食事類は終わってしまったとのこと。やはり日曜日の夕方の列車だと早々に売切れてしまうんですね(T_T)。ある程度は予想していましたけど、仕方がないので、おみやげにするロマンスカークッキーだけ購入しました。しかも一個しかないとのことで、最後の一個をお買い上げとなりました。こちらはMSEの車両を形にした箱にクッキーが入っているんですが、やはり人気がありますね。

 そんなわけで、夕食は北千住に到着してからとなってしまいましたが、町田に到着する頃には日も落ちてすっかり暗くなってしまいました。列車は多摩川を渡り、都内へと入ってきましたが、下北沢を通過してから徐々に速度を落とし始めると、代々木上原に到着しました。ここでは客扱いを行いませんが、小田急と東京メトロの乗務員が交代するため停車します。やがて列車はゆっくりと動き始め、いよいよこの列車のクライマックスである地下鉄区間へと入ります。

 千代田線内はさすがに地上のように高速で走るわけにはいかないようで、ゆっくりとした速度で地下鉄線内を走行します。代々木公園、明治神宮前と通過し、千代田線内最初の停車駅である表参道に到着しました。その後は霞ヶ関、大手町と停車していきましたが、週末の官庁街で降りる乗客はあまりいませんでした。

 こうしてメトロはこね24号は19時12分、終点の北千住駅に到着しました。さっそく私も最後部まで行って写真を撮ろうとしましたが、ここでも大勢のファンが待ち構えていました。

Odakyu60000_kitasenjyu0803
終点北千住に到着

 平日は官庁街へ通勤するビジネス列車として、そして土休日は箱根方面へ向かう観光列車として運転されるなど、両方のニーズに合わせるべく登場したMSEですが、5月には有楽町線の新木場を結ぶベイリゾート号として運転されます。こちらは地下鉄線内の渡り線を走るようなので、この区間を目当てに乗車するファンも多くなりそうですね。ただ走る時間が早朝か夜間とかなり使いづらいダイヤで、しかも運転日が限られてしまうこともあって、乗ろうかどうか迷っています。かといって地下鉄線内だけの利用は出来ないようですので、こうなると早起きするか終電近くまで出歩くかとなりますね。まあ乗るかどうかはよく考えてからにしたいと思います。

 (おまけ)
 日中、大手町でオープンしていたロマンスBARに行ってきました。大賑わいだったため、携帯ストラップだけ買って退散してしまいましたが(^_^;)、MSEをかたどったバーもありましたので、その画を上げておきます。

Msebarotemachi
大手町に登場したロマンスカーBAR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.21

大平台温泉「姫之湯」

 ベルニナ号で大平台へとやってきた私は、歩いて5分ほどのところにある共同浴場「姫之湯」へやってきました。箱根といえばやはり温泉ですので、一つくらいはどっぷり浸かってから帰りたいところですが、駅から遠いところやお値段が張ってしまうようなところは避けて、駅から近く比較的廉価(大人400円)な姫之湯を選びました。ここは今から3年前、デビューしたばかりのVSEに初めて乗った後に訪れましたが、今回はそれ以来の訪問です。

 さっそく入口に設置されている券売機にお金を入れて入浴券を購入、それを受付で渡して中へと入ります。浴場は向かって左手すぐのところにあり、さっそく衣服を脱いで浴場へと入ります。先客は2,3人ほどでしたが、交代で湯船に入ったり体を洗ったりしているので、混んでいるという感覚はありませんでした。私もさっそく体を洗い、いよいよお湯に浸かろうとしました。

 ところが、足を湯船につけるものの、あまりの熱さですぐに外へ出ざるを得ない状況でした。そういえば3年前のときも、少しずつ体を慣らしながら何とか肩まで浸かれたのを思い出しましたが、さすがに自宅の風呂のように水で埋めるわけにも行かず、今回も少しずつお湯で体を慣らしながら、何とか肩まで浸かることができました。

 おかげで温泉から出た後は体がすっかり温まることができました。

Himenoyu
大平台温泉「姫之湯」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.20

旧塗装ベルニナ号復活~箱根登山鉄道

 先日の日曜日の話題を続けますが、西武の話題から一気に箱根へと飛ぶことにいたします(^_^;)。今回は箱根の観光が目的ではなく、前日にデビューしたMSEに初めて乗るのが一番の目的でしたが、ここはやはり天下の箱根ですので温泉ぐらいは入っておきたいところ。それに箱根登山鉄道も久しく乗っていませんので、MSEが発車する夕方5時までの間、箱根湯本より先へ足を延ばすことにしました。

 週末に箱根湯本駅に降り立つと、箱根を訪れる観光客で溢れかえり、さながら通勤ラッシュ並みの光景が広がりますが、この日も例外ではなく、自分が乗った電車が箱根湯本に到着すると、ホームは前へ進むのがやっとなくらい大賑わいでした。さっそく強羅方面の乗り場へ向かい、一番後ろの乗車位置の列に並びました。

 しばらく待っていると、アナウンスと共に電車が入ってきました。やってきたのは、前の日から運行を開始した旧塗装のベルニナ号1000系。創立120年を記念して復活したこの電車、ベルニナ号がデビューしたときのカラーで、実は今回箱根登山鉄道の車両で一番乗りたかった車両でした。

 座ることなど全く期待していませんでしたが、運よく運転台のすぐ手前の席が一つ空いていたので、座って行くことが出来ました。ほっとしたところで電車は箱根湯本駅を発車、今日ここまで乗ってきた電車に比べるとかなりゆっくりとした速度で箱根の山を登っていきます。塔ノ沢を過ぎ、やがてスイッチバックの設備がある出山信号所に到着しました。乗務員交代の間、ふと窓の外を見ると、何とも可愛らしいイラストが描かれた注意書きの貼紙を発見しました。描かれていたのはヘビのイラストで、この下にマムシがいるんだとか。今の時期はまだ出てこないでしょうし、そもそもここは乗客の扱いがないので、あくまで乗務員向けの注意書きなんでしょうね。

Mamusi_deyama
出山信号所にあったマムシ注意の貼紙

 進行方向が変わり、これまで最後尾だった自分の車両が今度は先頭になりました。相変わらずゆっくりとしたスピードで登りながら、電車は目的地の大平台に到着しました。

Hakonetozan1003_oohiradai
デビュー当時の塗装に塗り替えられた1000系(大平台)

 この後は、駅のすぐ近くにある共同浴場「姫の湯」で一風呂浴びることにしました。姫之湯については、別の記事でご紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.19

「ねりたんアニメプロジェクト in 大泉」オリジナルヘッドマークを見た

 昨日の続きです。練馬で有楽町線からやってきた西武線直通に乗り換えます。思えば先週も同じようなことをやっていたような気がしますが(^_^;)、今回もやってきたのは10000系でした。去年はこの10000系になかなか出会えず、ようやく8月に東上線内で乗ることが出来ましたが、いつの間にか勢力を拡大していたようですね。このあたりは中央線のE233系にも言えそうですが、こうなると今後はそれまでの主力だった7000系のほうがありがたくなります。

 時間的に余裕があったので、次の中村橋で降りて行きかう列車を撮影することにしました。高架の真ん中に島式ホームが設けられた中村橋駅ですが、外側には特急や急行が走行する通過線があり、6000系やレッドアローといった車両が通り抜けていきました。あいにく曇りがちな天候だったため、今ひとつすっきりと撮ることが出来ませんでした(T_T)。

Seibu6000_nakamurabasi0803

Seibu10000_nakamurabashi
中村橋で撮った車両(ブレブレでした(T_T))

 そんな中、所沢方面からヘッドマークを取り付けた20000系が近づいてきました。「もしや」と思いすかさずカメラを構えましたが、今回一番の目当てだった「銀河鉄道999」のキャラクターが描かれたヘッドマークをつけた20108Fでした。

Seibu20000nakamurabashi08031

Seibu20000nakamurabashi08032
(上下とも)ようやく出会った銀河鉄道999のヘッドマーク編成・20108F

 やはり猛スピードで通過していったため、ブレブレ状態になってしまいました(^_^;)。まあ、これで一つ目的が果たせたわけですから、まあよしといたしましょう。

 これで、次の下りに乗って大泉学園へと向かいました。改札付近には、銀河鉄道999のキャラクターが描かれた旗が掲げられ、イベントムードたっぷりでした。

Galaxyexp999flag1

Galaxyexp999flag2
(上下とも)大泉学園駅では、銀河鉄道999のキャラがお出迎え

 改札を出ると、南口の方で式典が行われようとしていました。何やら白い布で覆われた物体が運ばれていくところで、おそらくこれがモニュメントとなる車掌さんと思われますが、ひとまず会場へと向かいました。

 しかしながら、あまりの人だかりで近づくことが出来ず、来賓として招かれた漫画家の松本零士氏も、お祝いの声が聞こえるだけで遠めでしか姿を見ることが出来ませんでした。肝心の車掌さんも、もう少し時間がたたないと登場しないとのことなので、諦めてこの場を離れることにしました。

 駅周辺をうろうろしてもしょうがないので、改札を抜けてホームへと降りてきました。すると下りホームに、先ほど中村橋でそれ違った20108Fが入ってきました。

Galaxyexp999hm
間近で見ることが出来ました(^^)

Seibu20000oizumigakuen0803
大泉学園を発車した20108F

 車掌さんは見ることが出来ませんでしたが、式典を途中で切り上げたおかげで、ヘッドマークを間近で見ることが出来たのは、“怪我の功名”といったところでしょうね(^^)。モニュメントの方は別の機会に再訪したときにじっくり見たいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.18

西武鉄道の新しいコーポレートシンボル

 おととい出かけたときに撮った画像がようやく整理できましたので、忘れないうちに書いておきたいと思います。

 この日最初のお題目ですが、前の週同様、西武鉄道に関してであります。この日は何といっても小田急ロマンスカーMSEの初乗りが最大のミッションでしたが、乗るのは夕方の箱根湯本発でしたので、その前に大泉学園で行われていたイベントに顔を出すことにしました。

 池袋から豊島園行き普通に乗り、練馬で有楽町線からの直通に乗り換えることにしました。電車から降りて運転台のところへ目をやると、先週からお目見えした新しいコーポレートシンボルがしっかりと貼り付けられていました。

Newcorpratecolorseibu
西武の新しいコーポレートシンボル

 何でも西武鉄道の「西」の文字をモチーフにしているんだそうで、そういわれてみれば確かに西の字に見えますね。西武のマークといえば、野球のボールのようなマークが思い出されますけど、こちらに変わる新しいシンボルとして定着していくことになりそうです。

 なお前の週、小平駅で撮った旧マークも併せて紹介しておきます。

Oldmarkseibu
長年慣れ親しんだ”野球ボール”風マーク。こちらは徐々に姿を消すんでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.17

3月15日つれづれ

 新ダイヤの下スタートしたこの土日は両日とも盛りだくさんな内容でした。が、昨日は帰宅が遅かったため、画像の整理がまだできていません(^_^;)。そんなわけで、今日はおととい越谷レイクタウン駅に訪問した後のことでも書きたいと思います。といっても、それほど注目すべきことではないとは思いますが(^_^;)、少しお付き合いいただけたら幸いです。なお越谷レイクタウン駅を出た後のルートですが、武蔵野線に乗って西船橋まで行ってから総武緩行線に乗り換え、その後中央線で立川を経て青梅線で拝島へ、その後は八高線、川越線と経て大宮へ戻ってきました。

Ef651101_motoyawata

 総武緩行線で本八幡駅に到着すると、市川方面から貨物列車が近づいてきました。先頭にいるのはEF65の1101機ですが、最近こういった貨物列車にも注目するようになりましたね(^^)。

Type189_akihabara

 昼食を摂るため、駅ナカに飲食店がある秋葉原に立ち寄った後、総武線のホームで待っていてやってきた189系です。回送列車でしたが、御茶ノ水方面からずいぶんとゆっくりとしたスピードで入線してきました。

Utage_haijima

 拝島駅では、お座敷列車「宴」が出迎えてくれました。ちょうど青梅梅林絡みの臨時列車が運行された日なので、帰りの運行までここで待機しているようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.16

MSE

MSE
箱根湯本を発車しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MSE大手町に登場

MSE大手町に登場
まずはここで。これから小田原へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.15

祝開業・越谷レイクタウン駅

 今朝起きてさっそくテレビをつけたところ、ちょうどニュースをやっていたところで、昨日の晩に最後の運行に就いた急行銀河号のことが報じられていました。今朝は東京駅でも上りの到着を見届けようと大勢のファンが詰め掛けたようで、長い歴史の幕が下りました。

 そして一夜明けた今日から新しいダイヤが始まりました。今回もいろいろと注目すべきネタが満載の新ダイヤのスタートですが、まずは地元埼玉に開業した越谷レイクタウン駅を訪問してきました。埼玉県内でのJRの新駅は2000年4月のさいたま新都心駅以来のことだそうで、このときも当然ながら開業初日に降り立っています。

 昨日とは打って変わって快晴となった今日、南浦和から乗った武蔵野線の205系で新駅に降り立ちました。さっそくホームにある駅名標の前で記念撮影をしてから改札を通り抜けました。

Koshigayalaketownekimei
越谷レイクタウン駅の駅名標

 外へ出る前に、改札脇のきっぷ売り場にあった指定席券売機で、吉川までの乗車券を購入。続いて隣の券売機でSuicaの利用履歴を印字させました。今回は記念モノの販売はなかったようですね。

 そして気になる駅周辺の様子を見ようと、駅前にやってきました。駅舎と駅前の様子を↓にご紹介します。

Koshigayalaketownsta
意外と(?)立派な駅舎です

Koshigayalaketownplace
駅前の様子。まだまだこれからといったところでしょうか。

 ある程度予想はしてましたが、最近の新駅にありがちな開発途上の光景が広がっていました。すぐ近くには、この秋オープン予定の大型ショッピングモールが目下建設中ですが、これが出来るとまた雰囲気が変わってくるんでしょうね。

 さて、最後に気になるのが、なぜゆえに“レイク”と付くのかでありますが、ちゃんと水辺が近くにありました。

Lake_koshigayalaketown
駅の北側に広がる調整池

 地上からではわかりにくいですが、東京方面のホームからは北側に広がる調整池を見ることが出来ます。確かに湖のように広いことは確かですね(^_^;)。

 同じ武蔵野線の東松戸駅も開業してまもなくの頃に降り立ったことがありますが、やはり当初は駅周辺には何もなく、その後の開発によって今では様子が一変してしまいました。おそらく越谷レイクタウン駅周辺も数年経てばがらりと変わってしまうことでしょうね。その変遷を見守っていきたいと思います。

 関連記事
  ・melonpan様
  ・くましげ様

| | コメント (0) | トラックバック (2)

越谷レイクタウン

越谷レイクタウン
初下車ですo(^-^)o。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.14

言いたいことは山ほどあるが・・・

TJライナー撮影会

 といっても、別に文句があるわけじゃありません(笑)。今日は3月14日。そう、明日行われるJRのダイヤ改正の前日ですが、そのダイヤ改正を持って姿を消す列車を見ようと、あちこちの駅を訪れるファンもいらっしゃることと思います。特に、あと1時間後に急行銀河が発車する東京駅は、今頃大変な騒ぎになっていることでしょうね。ただ東京周辺はかなり強い雨が降っているようですので、足元には気をつけて行動してもらいたいと思います。

 そして明日のダイヤ改正ですが、関西地区で新しく生まれる路線があります。おおさか東線ですが、残念ながら乗るのはあと一ヵ月後になりますので、それまでは全線完乗のタイトルを返上することになります。もしかすると、今晩の銀河に乗って明日乗ってくるという“猛者”もいらっしゃるかもしれませんね(^^)。

 そんなわけで、この週末の私ですが、明日は地元埼玉で開業する越谷レイクタウン駅の様子を見てくることにします。昨日の夕方、武蔵野線に乗ってきましたが、越谷レイクタウン駅には明かりがともされ、開業へ向けて準備万端といった雰囲気でした。明日は開業日とあってさぞかし大賑わいになることと思いますが、最悪開業日の入った入場券くらいは手に入れてきたいですね。そして明後日ですが、千代田線に乗り入れるMSEに乗ってきます。乗るのは箱根湯本発夕方の便ですが、こちらも初体験なので楽しみです。

 最後に話は変わりますが、今日東武東上線にこの6月にデビューするTJライナーの撮影会の整理券が来ました。これで来週の日曜日は森林公園へ行けることになりました(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リゾートしらかみ「くまげら」展示会 in 上野駅

 てんこ盛りだった先週土曜日の出来事も、残すところあと一つだけとなりました。最後に訪れたのは上野駅の13番線ホーム。この日と翌日の2日間、普段は五能線を走る「リゾートしらかみ」のくまげら編成が一般に公開されました。去年の同じ時期にも、同じ上野駅でリゾートしらかみの展示会が行われましたが、去年は緑の車体の「ぶな」編成でした。

 午後3時頃、京浜東北線に電車で上野駅に到着し、さっそく会場となっている13番線ホームへと向かいます。会場内で行われていたオレンジカードの販売コーナーも、すでに在庫が捌けてしまったのか、「完売」と書かれた札が貼られていました。以前だったらこの手のイベント会場では間違いなく買ってたオレカですが、今回は全く予定がありませんでしたし、日中川崎駅前の鶴見臨港バスの事務所にあった創立70周年記念のバス共通カードを買ってしまったため、手持ち資金が打ち止めになったこともあって、のっけから購入は予定していませんでした。

 それでは、くまげら編成をご覧いただきましょう(^^)。

Resortshirakamikumageralogo
リゾートしらかみ「くまげら」のロゴ

Resortshirakamikumagera_ueno0803
展示中のリゾートしらかみ「くまげら」(上野)

 去年は主役の露払い(?)として同じホームに停車していたEF65が、ヘッドマークを付けて停車していましたが、今年も大宮寄りにデンと越を据えていました。なお今年のヘッドマークは「出羽」でした。

Dewahm_0803
今年は、「出羽」でした

 リゾートしらかみには今から7年前の’01年1月、秋田から五能線の五所川原まで乗ったことがありますが、さらに古くになると、'90年夏に「ノスタルジックビュートレイン」で五能線を乗りとおしています。リゾートしらかみの前任者ですが、日本海に面した風光明媚なローカル線を楽しむには、どちらもぴったりな車両ですね。今回の展示会を見ると、また乗りに行きたくなってしまいました。最後に、ノスタルジックビュートレインと、リゾートしらかみの画像を載せて終わりたいと思います。

 去年の展示会の様子は、こちら

De101204z_akita9008

Ohafu502501
(上下とも)在りし日の「ノスタルジックビュートレイン」

Resortshirakami_fukaura0101
一度だけ乗った「リゾートしらかみ」(深浦)

 関連記事
  ・Kaz-T様
  ・TOMO様

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.03.13

あと2日

あと2日
明後日再訪するんですけどね(^_^;)。

 関連記事
  ・melonpan様

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.03.12

さよならゆとり踊り子号 in 品川

 2日ぶりに鉄ネタです(^_^;)。本日も土曜日に出かけたときのネタですが、この日はラッピング電車あり復活カラーのバスあり、そして展示会ありと何気にてんこ盛りな1日となりました。そしてこの日は、当初全く予定しなかったものの偶然居合わせたことでその姿を見ることが出来たというのもありました。今日はその“偶然の賜物”について書くことにします。

 おととい書いたとおり、川崎から品川へ向かう途中の駅で撮影を楽しんだ後、上野駅で行われていたリゾートしらかみの展示会へ行こうと乗り換えるためにコンコースを歩いていました。すると、北側にあるびゅうプラザの前で、お弁当を配るテーブルが出ているのを見つけました。何でも、「さよならゆとり踊り子号」を利用する乗客のためのお弁当の引換所とのことで、「もしや」と思い、改札を抜けて臨時ホームへと向かったところ、ちょうどEF65に牽引されたお座敷列車「ゆとり」が入線したところでした。

 今月をもって引退することが決まったゆとりですが、ここ最近はゆとりを使用したお別れ列車が運行され、その様子があちこちのblogで紹介されていました。実は恥ずかしながら、このゆとりについては全くノーマークでして(^_^;)、あまりのタイミングに我ながらびっくりしてしまいました。

 そんなわけで、もちろん私もカメラを持ってホームをうろうろしてまいりました(^_^;)。

Yutorihoukoumaku
「ゆとり」の方向幕

Yutorihm
こちらはヘッドマーク

Ef651118_shinagawa0803
”ゲッパ”ことEF65-1118がバックについていました

Yutorisurofu14
「ゆとり」の展望車

 サロンエクスプレス東京時代を通じて一度も乗れなかったのが心残りですね(T_T)。

 関連記事
  ・テームズ様

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.11

地元で味わうトルコライス

 今晩は家人の帰宅が遅いとのことなので、夕飯は外食となりました。独身時代、一緒に住んでいた親が外出して夕食の用意が出来ないというときには、グルメ情報をネットや雑誌などで仕入れては仕事帰りに食べに行くというのをよくやっていましたが、結婚してからというもの、ことグルメ情報に関しては、すっかり情報収集能力が落ちてしまいました(^_^;)。そんなわけで、最近は仕事帰りに近所のスーパーに寄って、パックの寿司を買って帰るということが多くなってしまいましたが、やはりうまいものを食べたいという気持ちがないわけでもありませんので、こういった日の時には、いろいろと情報を集めて食べ歩きたいところですね。

 じゃあ、どこへ行こうかとなるんですけど、グルメ雑誌関係は最近買ってないため、いつもお世話になっているHACHAPPさんのサイトを覗いてみることにしました。すると、さいたま市北区吉野町にある大宮魚市場の場内に「キッチンニューほしの」という洋食店を見つけました。大宮魚市場といえば以前、海産物を味わえる「花いち」を当blogでも何度かご紹介しましたが、場内には他にもいくつか飲食店があり、花いちを訪ねるたびに気になっていました。ただ、どうしても魚市場に来たら海産物を食べたいという心理になってしまうことから、他の店にはこれまでなかなか近づけずにおりました。そんなわけで、たまには変えて見るのもいいと思い、こちらの洋食屋を訪ねることにいたしました。

 店舗のサイトがあったので、事前にメニューを確認してみました。ハンバーグやカレーと言った洋食屋の定番メニューが並び、しかも1,000円前後でいずれも味わえるなど、お値段もお手頃な設定になっています。ところがその中で一つ気になるメニューを発見してしまいました。何と、長崎の郷土料理であるトルコライスがあるじゃないですか(^^)。トルコライスといえば、去年長崎を訪れたときも食べましたし、いつぞやはドライカレーやとんかつを自分で買ってきて自宅で作ったなんてこともしましたが、まさか地元埼玉で味わえるとは思いも寄りませんでした。

 こうして仕事が終わり、すでに市場の明かりが落ちた場内に到着したのは、午後6時半過ぎでした。花いちのある並びとは反対側、国道17号線に面した一角に煌々と明かりをつけていた店舗群を発見、その中に今回のお目当てであるキッチンニュー星野がありました。さっそく中に入り、左側の席へ向かいます。まだ時間が早いせいか、奥のテーブルに2,3人客がいるだけでした。注文するものは決まっていたものの、運ばれてきたメニューに目を通すと、ハンバーグやとんかつもなかなかでしたが、やはり今回は何と言ってもトルコライスですね。そんなわけで、注文はトルコライスといたしました。

 待つこと10分ほど、待望のトルコライスが運ばれてきました。

Torukorice_hoshino
ボリューム満点ですね(^^)

 とにかく、大きな皿ですね(^_^;)。最近はこういった爆食系はご無沙汰状態なんですが、やっぱりトルコライスはこのようにダイナミックに盛られたんじゃないとやはり魅力に欠けますね。ドライカレーととんかつ、それにナポリタンの量の多さもさることながら、付け合せのキャベツの量も決して引けを取らない量でした。そのおかげで、最近野菜をおおく取るようになった今の自分でも十分納得のいく内容でしたが、さすがに完食すると後が怖いので(^_^;)、二口ほどドライカレーととんかつを残してきました。

 東京の築地市場のような規模じゃありませんが、以前紹介した花いち共々、ここの飲食店はなかなか捨てがたいものがあります。ただ、如何せん公共交通機関に恵まれず、どうしてもマイカーでないと行けないのがつらいですね。もうちょっと便のいいところだったら、気軽に行けるんですけどね(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.10

撮影タイム in 京急

 浜川崎から南武支線の205系に乗って八丁畷へ向かい、ここで京急に乗り換えました。残すは本線を走るありがとうギャラリー号1309Fですが、こちらは全くかすりもしない状況でした (T_T)。こうなると、三崎のまぐろ目的で三崎口まで往復するというプランを立てないといけないかもしれませんね。

 そんなわけで、品川へ戻る途中にいろんな駅で降りて対向列車を撮影してきました。場所は、平和島と大森海岸、そして立会川の3つの駅ですが、いずれの駅も快特の通過駅なため、常に通過列車に意識しながらの撮影になりました。特に平和島の上りホームの品川寄りは狭くなっているので注意が必要ですね。

 それでは、以下にご紹介します。

1.平和島駅

Toei5300_heiwajima
都営5300系

Keikyu2100_heiwajima
京急2100形「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」

2.大森海岸駅

Keikyu1000_omorikaigan
先日初乗りした京急1000系6次車

3.立会川駅

Keikyu800_tachiaigawa
各停運用に就く800系

Keikyu1000_tachiaigawa
快特に使用中の1000系

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.09

銀バス復活~川崎鶴見臨港バス

 昨日に続き今日も“鉄”目当てのお出かけでした。今日のお題は西武沿線。ケロロ軍曹や銀河鉄道999といったアニメのキャラクターをデザインしたヘッドマークを拝むのが目的でしたが、一応どちらも見ることは出来たものの、写真を撮ることができたのは新宿線のケロロ軍曹だけでした。特に銀河鉄道999のヘッドマーク付き編成は2度も行き違いになってしまい、悔しい思いだけが残ってしまいました (-_-;)。まあ、限定運用をしているわけじゃありませんので、こればかりは致し方のないところですね。無論待ち伏せという手もありますが、今日は夕方から食事に出かける用事があったので、それは断念しました。

 そんなわけで、今日撮った分はまだ整理が出来ていません。といっても、さほどネタもないんですが(笑)、今日も昨日の出来事を書いていきたいと思います。

 京急110周年ギャラリー号に乗った後、港町から川崎駅まで歩いて移動しました。時刻は11時を少し回ったところ。この後の予定は、駅前からバスに乗って南武支線の終着駅である浜川崎を目指します。

 駅周辺の商店街の一角のお店に入り、ここで少し早めに昼食を摂りました。しばらく駅周辺をぶらぶらし、12時10分前に地下街を抜けて駅前のバス乗り場へやってきました。鶴見臨港や川崎市営のバスが引っ切り無しに来る中、青と銀色の2色に塗られた見慣れないカラーのバスがこちらに近づいてきました。

Silverbus_tsurumibus
創立70周年で復活した「銀バス」

 このバス、会社の創立70周年を記念して去年11月から運行を開始した「銀バス」で、かつて鶴見臨港バスのカラーとして地元でも親しまれてきました。今回、浜川崎と鶴見の両営業所に在籍するバスの中からそれぞれ1台ずつ復活しましたが、会社のサイトによれば、浜川崎営業所に在籍する2H055号車は、今回川崎駅を中心にした路線に就いているとのことでした。しかも川24系統は南武支線の浜川崎駅の近くまで行くとのことなので、今回乗ってみることになった次第です。

 12時2分、川24系統鋼管循環のバスは川崎駅前を発車しました。しばらく駅前の交通量の多い通りを走行していましたが、駅を出てから10分ほど、やがて工業地帯へと入っていきました。このあたり、南武支線や鶴見線に乗っていると同じような風景を目にしますね。決して風光明媚とは言えない殺風景な景色ではありますが、逆にこれが鶴見線なんかは絵になるんですよね。

 やがてバスは橋の上に差し掛かると、眼下に駅のホームを見かけました。いったいどこの駅かと思っていると、次は浜川崎駅前とのアナウンスが流れたので、ブザーを押して下車しました。歩いて5分ほど、先ほどバスの車内から見えていた浜川崎の駅前に到着しました。

 鶴見営業所在籍の1T079号の方は鶴見駅から東急東横線の綱島や菊名を結ぶ路線に使用されているとのことなので、こちらも機会があれば乗ってみたいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.08

今度は乗れた京急110周年の歴史ギャラリー号

 先月25日に続き今日も川崎へ行ってきました。もちろん、前回貸切に使われていて乗ることが出来なかった110周年の歴史ギャラリー号に乗るためですが、正月の干支のヘッドマークといい、今年はいろいろと話題を提供させてくれますね>京急大師線。

 10時20分頃、品川からの快特で京急川崎に到着。さっそく階段を降り大師線のホームへ向かうと、お目当てのギャラリー号が停車していました。いきなり乗れるとは思いませんでしたが、発車まで2,3分くらいしかなかったので、最後部の車両やヘッドマークなどを一通り撮ってからすぐに乗り込みました。

Keikyu1321
京急110周年ギャラリー号(京急川崎)

 車内には京急ゆかりの昔懐かしい写真が飾られていて、文字通り“走るギャラリー”となっていました。もっとじっくり見ていたいところでしたが、お客さんがそこそこ乗っていた上に大師線の短い区間では、見ているうちに終着駅に到着してしまいそうでした。お名残惜しいところでしたが、川崎大師で下車、小島新田からの折り返しを待つことにします。

 しばらくして、小島新田から戻ってきたギャラリー号がやってきました。

Keikyu110year_kawasakidaishi
小島新田から折り返してきたギャラリー号(川崎大師)

 2つ目の港町で下車。前回写真を撮った線路っぱたでしばらく待ちます。およそ待つこと10分、京急川崎を発車したギャラリー号が戻ってきました。

Keikyu110yeartrain_minatocho
京急川崎から戻ってきた、「ギャラリー号」

 関連記事
  ・MoMo太郎009様

| | コメント (0) | トラックバック (1)

只今品川駅

只今品川駅
祭り中(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急

京急
無事乗ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.07

黒谷駅が駅名改称~秩父鉄道

 ようやく秩父鉄道のサイトで発表されましたが、黒谷駅が来月1日より「和銅黒谷」と改称されることになりました。何でも今年は黒谷で作られた和銅が朝廷に献上されてから1300年目に当たるとのことで、それを記念しての改称だそうです。

 和銅といえば学校の歴史の授業でも習った「和同開珎」ですね。あまり古銭については興味がないので詳しくわかりませんが、歴史の教科書にも書かれている内容が地元埼玉にあることを知ったのは、二十歳を過ぎて大人になってからでした。埼玉に住んでいながら、まだまだ知らないことが多いですね(^_^;)。

 そんな黒谷駅で記憶しているのが、駅のすぐ近くにある和銅鉱泉に入浴しに行ったことですね。比較的真新しい建物なのでそれほど鄙びた感じはありませんでしたが、すぐ下に荒川の支流が流れていて、清流の流れる音を聞きながら温泉に入りました。

 本来なら改称初日の日付が入った入場券とか欲しいところですが、如何せん4月1日は平日な上に年度の初日なんですよね(T_T)。さすがにまるまる1日休みと言うのも厳しいところですし、最悪は仕事が終わってから直行するかもしれません。でも、到着は何時になるんだろう???

 秩父鉄道からのお知らせ

 関連記事
  ・ひろっぴ様

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.03.06

箱根湯本で撮影タイム

 新宿からの直通急行を無事乗り通し、終点の箱根湯本に到着しました。この後は、早川にかかる湯本大橋を渡り、旧街道沿いにある箱根湯本郵便局を訪問。これまでなぜか郵便局めぐりに関しては全く未踏の地だった箱根をようやく訪ねることができました。

 郵便局を後にしてしばらく旧街道を下ると、三枚橋を渡り国道1号線にぶつかりました。すぐ上には箱根登山鉄道の線路が国道に平行して走っていますが、そこから箱根湯本駅方面へちょっといったところに細い坂道があり、その先には遮断機のない踏切がありました。この踏切、前後が見通しのいい直線になっていて、撮影地としてネットで紹介されています。そこでしばらくの間、ここで撮影タイムとすることにしました。

 あいにく時刻などが確認できるものがないので、目指すものはありませんでしたが、しばらくすると小田原方面からVSEがやってきてラッキーでした。あまり上手くはありませんが、今回撮った画像をご紹介します。

Odakyu3000_hakoneyumoto

Odakyu50000vsehakoneyumoto
(上下とも)三枚橋付近の踏切で撮った小田急の車両

 この後は小田原まで戻る予定ですが、坂道の入口付近に小田原方面へ向かうバス停がありましたので、ここから乗り込むことにしました。この国道1号線、週末ともなると箱根へ向かう行楽客のクルマで身動きが出来ないほど渋滞するんですが、今回は平日とあってがらがらでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.05

箱根湯本行き直通急行を乗り通す~小田急

 予告どおり、昨日は18きっぷを使って日帰りの小旅行を楽しんできました。天気も多少肌寒く感じたものの、日中は大きく崩れることはなかったので、どこへ行くにも比較的動きやすい1日でした。

 さて昨日ですが、今月15日に行われる小田急のダイヤ改正で廃止となってしまう、新宿と箱根湯本を結ぶ直通の急行列車に乗ってきました。思えば、ロマンスカーではなく急行でこの区間を乗り通したというのは記憶がありませんで、2時間以上もロングシートの通勤型車両に揺られるのは、やはりぞっとしないものがありますね。でも廃止となってしまう以上、一度は乗り通しておきたいのが心情というものですので、昨日決行した次第であります。

 新宿駅に到着したのは、朝の9時40分頃。さっそく小田急の乗り場へ向かい、列車の時刻を確認しました。すると、20分後の10時1分発が箱根湯本行きとのことなので、すぐに改札を抜けてホームでしばし待つことにしました。特急ホームに到着したVSEの様子を見ているうちに急行のホームに列車が入線して来ましたが、これが小田急顔としては唯一の車両である5000系でした。実は、3000系ではなくて5000系だったら絵になるなぁと新宿駅に到着するまではいろいろと頭をよぎっていましたが、やはり3000系だとLED表示となってしまうんですよね。幕で表示される5000系のほうが絵になると思っていただけに、これはラッキーでしたね。

Odakyu5065
発車を待つ5000系箱根湯本行き(新宿)

Forhakoneyumototype5000
「箱根湯本」行きの方向幕

 こうして10時1分、箱根湯本行き急行は新宿駅を発車しました。こうした長距離を走る列車に乗るときは、缶ビールを買い込んで車内で一杯なんてやりたい気分ですね。でも、如何せん乗っている車両が5000系という通勤車両なので、とてもそんな気分にはなれず、売店で買った烏龍茶のペットボトルを飲みながら、流れ行く車窓を楽しみました。といっても、周りは高架から見る住宅街。旅情を期待するべくもありませんね(^_^;)。

 やがて多摩川を渡り神奈川県へ入ってくると、少しずつ沿線に緑の木々が見えるようになって来ましたが、相変わらず住宅街の中を行く通勤電車という雰囲気は変わりませんで、普段通勤で乗っているような感じでした。でも、昨日は天気がよかったため、本厚木を過ぎたころから見えてくる丹沢の山々をくっきりと見ることが出来ました。

 渋沢を過ぎると、新宿寄りの後方4両が新松田で切り離される旨のアナウンスが流れました。私も最後尾に乗っていましたが、やはり出来れば5000系で箱根湯本まで乗りとおしたかったですね。でもこれは致し方なく、新松田に到着後、箱根湯本行きの前6両に乗り移りました。

 下校途中の高校生が車内に目立つようになると、列車は11時過ぎに小田原に到着しました。ここでしばらく小休止をした後、列車はいよいよ箱根登山線内へと入ります。車輪が軋むような音を立てながら、箱根板橋駅の手前にある大きなカーブを曲がります。元々こじんまりした箱根登山鉄道の車両に合わせて敷かれた線路なので、大型の20メートル級車両はどこか窮屈な感じを受けますね。小田原と箱根湯本の区間は2年前の3月に小田急の車両で統一されたため、箱根登山鉄道の車両は小田原駅では見ることが出来なくなりましたが、風祭では最後部の車両はドアが開かず、降りる場合は先頭車から降りてくださいというアナウンスが流れ、ホームなどの整備はなかなか進んでいないようですね。

Odakyu3262
小田原に到着

 相変わらず車輪を軋ませながら入生田を過ぎると、列車は終点の箱根湯本に到着しました。

 これまで急行列車だけで乗り通すことはありませんでしたが、やはり時間が掛かりますね(^_^;)。途中で投げ出したくなることもありましたが、これもダイヤ改正後はできなくなってしまうので、じっと我慢の子状態でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.04

ようやく届いた”無料のコントローラー”

宅配

 8時半過ぎに帰宅すると、新聞受けのところに宅配便の不在通知が入っているのに気付き、さっそく連絡をして持ってきてもらいました。送り先は講談社。そういえば一ヶ月前、定期購読している『昭和の「鉄道模型」をつくる』の1巻から25巻までに付いている応募券を送ると特製のコントローラーが貰えるということで、応募券を貼って送ったっけなぁと思い出しましたが、今日ようやく到着いたしました。

 実はこれまで告知してきませんでしたが、去年来から『昭和の「鉄道模型」をつくる』という雑誌を定期購読し、付録を組み立てて楽しんでおります。元々鉄道趣味の中では一番古くからやっていたカテゴリーで、小学校の頃に親から買ってもらったNゲージで遊んだのが原点です。その後受験があったり、乗り鉄の方に重点が行ってしまったこともあって、鉄道模型から離れていってしまいましたが、それでもいつかはレイアウトをこしらえて自宅で走らせたいという夢は持ってましたね。長大編成が走る大きなレイアウトはさすがに無理ですが、この『昭和の「鉄道模型」をつくる』のレイアウトはテーブルに乗るくらいの大きさなので、手軽に楽しめるにはちょうどいいですね。走らせる車両が限られてしまうのはちょっと残念ですが、それでも鉄道コレクションの17メートル級の車両あたりなら十分走らせられるようなので、いろいろと楽しみたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

急行箱根湯本行き

急行箱根湯本行き
乗車中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.03

18きっぷを買う

18きっぷ

 今日、仕事の帰りに青春18きっぷを買ってきました。以前は季節ごとに必ず買っていたんですが、最近は遠出となると専ら飛行機を利用することが多く、シーズンによっては買わないときもありますね。おまけに去年は購入実績ゼロ。帰省の旅に大垣夜行や紀州夜行で一夜を明かして旅した学生時代のことが懐かしく思えるようになりました(^_^;)。

 で、この春はなんで買ったのかというと、関東周辺を中心に日帰りで出かける予定が4日ほどあり、1日あたりの運賃が概ね2,000円前後という計算になったことから、18きっぷを買っても大きな出費にはならないとのことで、今回買うことになりました。やはり1日あたり2,300円でJRの普通列車ならどこでも乗り放題というのは、お値打ち感がありますね。

 そんなわけで、さっそく明日使ってきます。行先は箱根。今月15日のダイヤ改正でなくなってしまう小田急の新宿発箱根湯本行きを乗り通して来ます。他は特に予定はありませんが、伊東線あたりへ出向くか周辺の温泉に入ってくるか考えたいと思います。

 それにしても、マルス券を買うのは何年ぶりでしょうか。最近18きっぷを買うときは、常備券の売っているところへ旅したときについでに買ってたんですが、今回はそんな予定がなく、やむなくマルス券となりました。でも、やはり常備券の方がいいですねぇ(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.02

副都心線

副都心線
ポスターが出ています。江戸川橋にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.01

3月です

 今日から3月ですね。正月におせちを食べたのがつい最近のように思えますが、ほんと時が経つのが早いです(^_^;)。

 その3月ですが、全国的なダイヤ改正が行われるなどいろいろと話題が目白押しです。その中で乗り潰し派にとっては新しく開業する3つの路線が気になるところですね。関東で2路線、そして関西でも1路線が新たに開業しますが、舎人ライナーとグリーンラインについてはもちろん開業初日に訪問する予定です。が、30日は午前中仕事が入ってしまい、現地へ着くのは早くても午後になってしまいそうです。どちらから先に乗るか迷っていますが、どうも舎人ライナーの方はアトラクション状態になりそうな予感なので、最初にグリーンラインを攻めてからとなりそうが、果たしてどうなるのか・・・。

 一方のおおさか東線ですが、こちらは来月訪問する予定でいます。昨日書いた四国鉄道文化館と併せての訪問となりますが、0系乗車やキハ58系など盛りだくさんな内容になりそうで、今からが楽しみですね。

 他にも3月は、初めて東京メトロへ相互乗り入れを行うMSEもデビューします。こちらの方は運転開始の翌16日の上りの特急券をすでに手配してあります。

 そんな新規開業路線や列車がある中、今月限りで姿を消す路線や列車も忘れてはいけませんね。いずれも昨年来からお名残乗車を済ませていますが、特に銀河号やあかつき・なは号の寝台券は最終日まで入手が困難な状況と思います。くれぐれも事故のないよう無事に送り出してもらいたいものです。

 ここまであれこれ書き続けましたが、週末は今日が仕事で明日は結婚式と、”鉄”関係の活動はお休みです(^_^;)。来週は上野駅でイベントがあるとのことで、あれこれ出かけたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »