« 「ねりたんアニメプロジェクト in 大泉」オリジナルヘッドマークを見た | トップページ | 大平台温泉「姫之湯」 »

2008.03.20

旧塗装ベルニナ号復活~箱根登山鉄道

 先日の日曜日の話題を続けますが、西武の話題から一気に箱根へと飛ぶことにいたします(^_^;)。今回は箱根の観光が目的ではなく、前日にデビューしたMSEに初めて乗るのが一番の目的でしたが、ここはやはり天下の箱根ですので温泉ぐらいは入っておきたいところ。それに箱根登山鉄道も久しく乗っていませんので、MSEが発車する夕方5時までの間、箱根湯本より先へ足を延ばすことにしました。

 週末に箱根湯本駅に降り立つと、箱根を訪れる観光客で溢れかえり、さながら通勤ラッシュ並みの光景が広がりますが、この日も例外ではなく、自分が乗った電車が箱根湯本に到着すると、ホームは前へ進むのがやっとなくらい大賑わいでした。さっそく強羅方面の乗り場へ向かい、一番後ろの乗車位置の列に並びました。

 しばらく待っていると、アナウンスと共に電車が入ってきました。やってきたのは、前の日から運行を開始した旧塗装のベルニナ号1000系。創立120年を記念して復活したこの電車、ベルニナ号がデビューしたときのカラーで、実は今回箱根登山鉄道の車両で一番乗りたかった車両でした。

 座ることなど全く期待していませんでしたが、運よく運転台のすぐ手前の席が一つ空いていたので、座って行くことが出来ました。ほっとしたところで電車は箱根湯本駅を発車、今日ここまで乗ってきた電車に比べるとかなりゆっくりとした速度で箱根の山を登っていきます。塔ノ沢を過ぎ、やがてスイッチバックの設備がある出山信号所に到着しました。乗務員交代の間、ふと窓の外を見ると、何とも可愛らしいイラストが描かれた注意書きの貼紙を発見しました。描かれていたのはヘビのイラストで、この下にマムシがいるんだとか。今の時期はまだ出てこないでしょうし、そもそもここは乗客の扱いがないので、あくまで乗務員向けの注意書きなんでしょうね。

Mamusi_deyama
出山信号所にあったマムシ注意の貼紙

 進行方向が変わり、これまで最後尾だった自分の車両が今度は先頭になりました。相変わらずゆっくりとしたスピードで登りながら、電車は目的地の大平台に到着しました。

Hakonetozan1003_oohiradai
デビュー当時の塗装に塗り替えられた1000系(大平台)

 この後は、駅のすぐ近くにある共同浴場「姫の湯」で一風呂浴びることにしました。姫之湯については、別の記事でご紹介したいと思います。

|

« 「ねりたんアニメプロジェクト in 大泉」オリジナルヘッドマークを見た | トップページ | 大平台温泉「姫之湯」 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/40576469

この記事へのトラックバック一覧です: 旧塗装ベルニナ号復活~箱根登山鉄道:

« 「ねりたんアニメプロジェクト in 大泉」オリジナルヘッドマークを見た | トップページ | 大平台温泉「姫之湯」 »