« 今度は乗れた京急110周年の歴史ギャラリー号 | トップページ | 撮影タイム in 京急 »

2008.03.09

銀バス復活~川崎鶴見臨港バス

 昨日に続き今日も“鉄”目当てのお出かけでした。今日のお題は西武沿線。ケロロ軍曹や銀河鉄道999といったアニメのキャラクターをデザインしたヘッドマークを拝むのが目的でしたが、一応どちらも見ることは出来たものの、写真を撮ることができたのは新宿線のケロロ軍曹だけでした。特に銀河鉄道999のヘッドマーク付き編成は2度も行き違いになってしまい、悔しい思いだけが残ってしまいました (-_-;)。まあ、限定運用をしているわけじゃありませんので、こればかりは致し方のないところですね。無論待ち伏せという手もありますが、今日は夕方から食事に出かける用事があったので、それは断念しました。

 そんなわけで、今日撮った分はまだ整理が出来ていません。といっても、さほどネタもないんですが(笑)、今日も昨日の出来事を書いていきたいと思います。

 京急110周年ギャラリー号に乗った後、港町から川崎駅まで歩いて移動しました。時刻は11時を少し回ったところ。この後の予定は、駅前からバスに乗って南武支線の終着駅である浜川崎を目指します。

 駅周辺の商店街の一角のお店に入り、ここで少し早めに昼食を摂りました。しばらく駅周辺をぶらぶらし、12時10分前に地下街を抜けて駅前のバス乗り場へやってきました。鶴見臨港や川崎市営のバスが引っ切り無しに来る中、青と銀色の2色に塗られた見慣れないカラーのバスがこちらに近づいてきました。

Silverbus_tsurumibus
創立70周年で復活した「銀バス」

 このバス、会社の創立70周年を記念して去年11月から運行を開始した「銀バス」で、かつて鶴見臨港バスのカラーとして地元でも親しまれてきました。今回、浜川崎と鶴見の両営業所に在籍するバスの中からそれぞれ1台ずつ復活しましたが、会社のサイトによれば、浜川崎営業所に在籍する2H055号車は、今回川崎駅を中心にした路線に就いているとのことでした。しかも川24系統は南武支線の浜川崎駅の近くまで行くとのことなので、今回乗ってみることになった次第です。

 12時2分、川24系統鋼管循環のバスは川崎駅前を発車しました。しばらく駅前の交通量の多い通りを走行していましたが、駅を出てから10分ほど、やがて工業地帯へと入っていきました。このあたり、南武支線や鶴見線に乗っていると同じような風景を目にしますね。決して風光明媚とは言えない殺風景な景色ではありますが、逆にこれが鶴見線なんかは絵になるんですよね。

 やがてバスは橋の上に差し掛かると、眼下に駅のホームを見かけました。いったいどこの駅かと思っていると、次は浜川崎駅前とのアナウンスが流れたので、ブザーを押して下車しました。歩いて5分ほど、先ほどバスの車内から見えていた浜川崎の駅前に到着しました。

 鶴見営業所在籍の1T079号の方は鶴見駅から東急東横線の綱島や菊名を結ぶ路線に使用されているとのことなので、こちらも機会があれば乗ってみたいところですね。

|

« 今度は乗れた京急110周年の歴史ギャラリー号 | トップページ | 撮影タイム in 京急 »

バス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/40443186

この記事へのトラックバック一覧です: 銀バス復活~川崎鶴見臨港バス:

« 今度は乗れた京急110周年の歴史ギャラリー号 | トップページ | 撮影タイム in 京急 »