« 今日は | トップページ | 0系に乗った~山陽新幹線 »

2008.04.29

今年で20年~瀬戸大橋

 昨日は歓送迎会だったため、帰宅後すぐ寝てしまいました。いやはや、すっかり弱くなってしまいましたねぇ(^_^;)。先日の花見のときもそうでしたが、最近は若いときのように飲む機会も少なくなったせいか、酒に弱くなった気がします。本当だったら今日はひたちなか海浜鉄道に乗りに行く予定だったんですけど、あまりの二日酔い状態だったため1日自宅で大人しくしていました (T_T)。まあ、ひたちなか鉄道の方は後日改めて出かけるとして、今日は先日の旅の続きを書くことにいたします。

 坂出からは瀬戸大橋線でこの日の宿泊地である岡山へ向かいます。乗るのは快速マリンライナーですが、今年は瀬戸大橋線が開業して20周年ということで、それを記念したヘッドマークが列車に取り付けられているとのことでした。開業した1988年は国鉄からJRへ民営化された翌年で、それまでは宇高連絡線で行き来していたところを巨大な橋を海峡に通すことによって本州と四国の鉄道が一つにつながったという画期的なニュースでした。私自身はその翌年の1989年の夏に初乗りしましたが、瀬戸内海の海上を列車が走っているときの姿は、正直衝撃的でしたね。このときはまさに人間の技術力の大きさを感じ取ったときでした。

 それから20年。特に大きな事故もなく今日まで至っていますが、その間に車両もそれまでの213系から現在のJR西日本の223系5000番台とJR四国の5000系に変わりました。この車両になってからは初めての乗車でした。

 19時20分、高松からやってきた快速マリンライナーが坂出に到着しました。車内はそこそこの乗車率でしたが、空席もあったので座って行くことが出来ました。列車は坂出を発車するとしばらくは予讃線を走行、やがてポイントで線路を渡ると大きくカーブしていきました。やがて速度を上げ、いよいよ瀬戸大橋へとやってきました。

 昼間でしたら海の上を走る姿が車内から見ることが出来るんですが、もうこの時間では真っ暗で外を窺うことが出来ませんでした。実は乗る前に高松寄りに連結されているダブルデッカー車に乗るかどうか迷っていましたが、上記の理由で今回は普通車両に乗ることにしました。

 瀬戸大橋を渡り切り、最初の停車駅である児島に到着。次の茶屋町を出ると、列車は単線の宇野線に入り、速度もそれまでの瀬戸大橋線に比べ一気に遅くなってしまいました。このあたりは以前と変わりありませんでしたが、岡山の一つ手前、大元駅が高架駅に変わっていたのにはちょっとびっくりでしたね。この駅、一度下車したことがありますが、こじんまりした駅舎で硬券入場券と新幹線の自由席特急券を買った記憶があります。しかもこの新幹線の特急券は硬券で、博多で降りたときに改札の駅員さんに頼んで記念に貰ってきたことがありました。

 こうして快速マリンライナーは、終点の岡山に到着しました。降りたホームでは先頭車に付けられたヘッドマークがうまく撮れず、やむなく隣のホームへ移動して撮影しました。

5104
現在の車両になってから初めて乗った快速マリンライナー(岡山)

Setobridge20yearhm
瀬戸大橋線開業20周年のヘッドマーク

 久しぶりの瀬戸大橋線でしたが、やはり日中に乗って瀬戸内海の様子を見たいところですね。次回こそはダブルデッカー車に乗って車窓を楽しみたいです。

 <おまけ!!>
 瀬戸大橋線開業20周年を記念して(?)、私の手持ちで残っている画像を最後にご紹介します(^^)。

Kumoha2136_takamatsu9101
高松駅で発車を待つ213系快速マリンライナー。このとき(平成3年1月)はまだ旧駅舎だった頃で、側線には寝台特急瀬戸号の24系25型客車が見えます。

Kumoha2131_takamatsu9901
で、こちらが現在の高松駅になってから撮ったものです(99年1月)

Kuro2123_sakaide9403
一度だけ、思い切ってグリーン車を奮発したことがありました(^^)。現在の高架化前の坂出駅で撮りました(94年3月)。

|

« 今日は | トップページ | 0系に乗った~山陽新幹線 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/41035206

この記事へのトラックバック一覧です: 今年で20年~瀬戸大橋:

« 今日は | トップページ | 0系に乗った~山陽新幹線 »