« 和銅黒谷駅 | トップページ | さよなら、JRバス山ノ荘線 »

2008.04.07

スマイルトレイン30000系イベント~西武

 この週末も秩父鉄道のリバイバルトレインや花見などでいろいろと忙しい2日間となりました。本当ならばこれらのネタを書きたいところではありますが、先週出かけたときのネタがまだ書き上げておりません。しかもこれらのネタは書いておきたいものばかりだけに、これから徐々に記事にしていきたいと思います。

 で、今日のお題ですが、先週土曜日に行われた西武の新型車両30000系のイベントについてであります。前の記事にも書いたとおり、新秋津で535号機を無事に撮り終えた後、西武池袋線に乗って小手指へとやってきました。新都心駅で535号機と遭遇しなければ1時間前には到着していたわけで、予定よりも大幅に遅れての到着でしたが、さっそく会場となっている小手指車両基地へと急ぎました。

 会場へ入るのに多少待ったものの、列は流れていたのですぐに入口へと到着しました。さっそく社員から30000系のパンフと飴菓子受け取って場内へ。パンフの出来もさることながら、30000系の正面部分が描かれた金太郎飴風の飴がなかなか可愛らしいですね。果たして商品化があるのでしょうか?

 入ってすぐのところにある車庫の中に、お目当ての30000系が展示されていましたが、こちらは床下見学用とのことで、写真撮影用の展示会場へ移動しました。当日はたくさんの来場客で賑わっていたので、撮影会場までの間、人を掻き分けるように車両基地内を延々と歩き、ようやく撮影会場へとやってきました。待つこと20分ほど、ようやく撮影会場の中へ入ることが出来ました。

 会場には撮影用の38103Fが展示されていました。さっそくその雄姿をカメラに収めます。

Seibu30000_kotesashiworkshop1

Seibu30000_kotesashiworkshop2
(上下とも)初お目見えの30000系(3月29日小手指車両基地イベントにて)

 卵形の顔つきがこれまでの西武の車両にはない斬新なスタイルになっていますね。西武といえば長らく黄色の車体が使われていて、現在も101系を初め多くの車両でこのカラーが使われていますが、先に登場したシンボルマークと共に、新しい西武の”顔“としてこれから定着していくことでしょうね。

 30000系は今月26日から新宿線で営業運転が開始されるとの事で、早いうちに乗ってみたいところです。

 関連記事
  ・テームズ様
  ・Kaz-T様
  ・TOMO様

|

« 和銅黒谷駅 | トップページ | さよなら、JRバス山ノ荘線 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/40804295

この記事へのトラックバック一覧です: スマイルトレイン30000系イベント~西武:

» 西武30000系デビューイベント~その1 [鉄道の小箱 ]
配布品と車両撮影会場。 [続きを読む]

受信: 2008.04.07 21:42

» 西武30000系デビューイベント開催!でも会場へは・・・ [TOMOの鉄日誌]
第1編成の搬入から2ヵ月が経過し、日々試運転が繰り返されている西武30000系。 [続きを読む]

受信: 2008.04.15 13:12

« 和銅黒谷駅 | トップページ | さよなら、JRバス山ノ荘線 »