« 【4/5】改称された和銅黒谷駅を訪問~秩父鉄道 | トップページ | 京阪中之島新線開業日決まる »

2008.04.15

【4/5】桜並木と急行さくら号

 4月5日最後のお題目は、荒川土手の桜並木を見ながらの列車見物であります。3月28日から4月6日までの間、「さくら号」として臨時急行やSL列車が運転されましたが、1月の開運号や2月の蝋梅号同様、今回もヘッドマークを掲げての運転とのことで、その姿を見たいと思いました。当初の予定では帰りに乗って帰ろうと思いましたが、来るときの臨時急行から見えた荒川土手沿いの桜並木を近くで見たくなりました。そこで急遽予定を変更し、大麻生駅へ行くことにしました。

 和銅黒谷駅で待っていると、やってきたのはオレンジ色の1011Fでした。この日2本目のリバイバルカラーで、和銅黒谷駅では3色の並びを演出してくれました。この電車でのんびりと揺られ、目的地の大麻生に到着しました。

Chichibu1000orangewadokuroya0804
和銅黒谷駅に入線する1011F

Ooasosta
大麻生駅

 実はこの駅に降りるのは今回が初めてでしたが、ローカル線の雰囲気たっぷりの小さな駅舎でした。もちろんまだ未購入だった硬券入場券を買い、さっそく桜並木がある荒川の土手へと向かいました。熊谷寄りに歩き、踏切を渡った先に桜並木がありました。間近で見ると、やはり車窓で見るのとは違ってきれいでしたね。ちょうど満開を迎えたところのようでしたが、すでに夕方近くだったこともあって、周りには人もまばらでした。

 そんな桜並木をバックに急行さくら号を待つことにします。しばらくすると、熊谷寄りから三峰口行き普通列車がやってきましたが、何とこの日の主役だったウグイス色の1009Fでした。影森発の上り臨時急行で熊谷に到着後、定期の各停運用に就いたようですね。思わぬ来訪者でしたが、桜並木とのツーショットを撮ることが出来ました。

Chichibu1000uguisuoaso
この日の主役であるウグイス色1009Fとさくらのツーショット

 その後は桜の様子を見ながら待っていましたが、いよいよ寄居方面からお目当てのさくら号がやってきました。

Chichibu6000sakura
「さくら」と書かれたヘッドマークをつけて走り抜ける急行さくら号

 ピンク色の下地に桜の花が添えられた春らしいヘッドマークでしたね。わずかながら桜並木とのツーショットで撮ることが出来ましたけど、いかがなものでしょうか(^_^;)?

 こうしてすっかり日も暮れ、この後は帰路につくのみとなりました。大麻生駅から熊谷行きの電車を待っていると、寄居方面からやってきた上り普通列車は、この日3本目となるリバイバルカラーのカナリア色1012Fでした。スカイブルー1001Fは熊谷駅で見かけるのみだったので、4編成乗り倒すことは出来ませんでしたが、最後まで楽しませてくれましたね。

Chichibudeha1012
最終ランナーはカナリア色1012F(大麻生)

 こうして充実した1日はあっという間に終了いたしました。

 関連記事
  ・TOMO様

|

« 【4/5】改称された和銅黒谷駅を訪問~秩父鉄道 | トップページ | 京阪中之島新線開業日決まる »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/40888612

この記事へのトラックバック一覧です: 【4/5】桜並木と急行さくら号:

» 秩父鉄道 急行「さくら号」を撮影する [TOMOの鉄日誌]
では、再び秩父鉄道の話題。 秩父鉄道では、今年も桜の開花に合わせて、3月28日か [続きを読む]

受信: 2008.04.21 01:58

« 【4/5】改称された和銅黒谷駅を訪問~秩父鉄道 | トップページ | 京阪中之島新線開業日決まる »