« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008.05.31

西武ドーム

西武ドーム
交流戦です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.30

Bトレ開封品

 仕事の帰り、川口にあるポポンデッタという鉄道模型の店に行ってきました。ここは鉄道模型やBトレインショーティはもとより、中古品やブラインド商品の開封品を扱っている店ですが、Bトレのブラインドパッケージ商品を集めているうちにどうしても揃わない車両が出てしまうため、今日はそれを補うべく川口まで足を運びました。

 実はここ数日、これまで集めたBトレ車両のリストを作ったんですが、あと1両で編成が組めるという形式がいろいろと出てきました。その中では、JR九州のRED EXPRESS 485系や165系ムーンライトカラーといった欲しい車両もあるんですが、如何せん中古品ですので、あるかどうかはそのときの運でしかありません。で、結局は新パート1の115系広島色の先頭車とベストリピートパート6のきらめき色の先頭車を買ってきました。両方で1,000円弱というお値段でしたので、まずまず納得といったところでしょうか。実はお目当てのRED EXPRESSの中間車もあったんですが、こちらは少しお値段高めだったため、今日は諦めました。

 さすがに新パート1の中央線E233系は出てなかったですね。こちらは先頭車3両が手持ちにあるんですけど、なかなか中間車が出てこないんですよね(T_T)。仕方がないので、根気よく新品をシコシコ買って集めることとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.29

安いガソリン求めて

 今日はガソリンのお話であります。先月上がったばかりのガソリンの値段がまた来月から上がるようで、一気に170円台になりそうな勢いだそうですが、先月ほどではないにせよ、明日からの残り2日間、スタンドへ駆け込む人も多くなるかもしれません。

 そんなわけで、今日は仕事帰りにガソリンスタンドに寄って入れてきました。いつもだったら燃料切れランプが付いたところで入れているんですが、残すところあと一メモリ程度だったため、高くならないうちにと思いスタンドに立ち寄りました。スタンドに入る前に、安いガソリンスタンドを検索してくれるサイトを使ってさいたま市内のスタンドを探してみましたが、結局3月まで在籍していた職場にいたときに使っていたスタンドがほどほど安いことが判明しました。そのスタンド、16号バイパス沿いにあって、周辺のスタンドも概ね同じ値段設定なんですが、現在の全国平均である155円のところ、会員価格で151円とのことでした。しかもENEOSということで、JALカードだと会員価格で入れられる上にマイルも貯めることができます。

 こうしたクレジットカードやスタンド独自でやっているポイントカードを駆使し、少しでも割引やおまけをつけてもらうようにすることで、値上げに対し少しでも抵抗しておきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.28

今回は喧嘩両成敗でしょう

 大関琴欧洲の初優勝で幕を閉じた大相撲夏場所ですが、千秋楽結びの両横綱による一番は、それまでの熱戦が一気に冷めてしまうような内容となってしまいました。勝負は朝青龍の突き落としに白鵬がばったりと手をついてしまうというなんともあっけない結果でしたが、その際勢い余って白鵬の体を朝青龍が押したところ、白鵬が土俵上で睨み返すという前代未聞の事態となってしまいました。そのときは席を外していたので、後でVTRを見てみましたが、ここが土俵でなければ取っ組み合いの喧嘩になっていたことは明白で、横綱同士によるあまりの醜態には、正直言葉も出てきませんでした。

 場所後、当然ながら協会はこの一番に対してあれこれ協議をしましたが、北の湖理事長の当初の判断には耳を疑ってしまいました。何と非は白鵬のみにあるというものでした。もちろん横綱審議委員会からも苦言が呈されたことはいうまでなく、結局は両横綱を呼んで注意を促すことになったわけですが、朝青龍のダメ押しは今に始まったことではなく、再三それに対しては多くの識者から苦言が呈されていたので、今回の場合はたとえ流れの中であったとしても注意を促すのは当然のことでしょう。もちろん睨み返した白鵬に対しても注意をするのは当然ですが、今回の場合は両者とも横綱という頂点にいる力士なので、なおさら理事長の最初の見識には?と言わざるをえません。

 そういえば去年だったか、大関千代大海と露鵬の対戦でも、勝負が決着した後に土俵下で言い合いになるという事態もありましたが、何か最近の相撲界の空気が以前とは異なっている気がしてならないのは、自分だけでしょうか?時津風部屋での暴行事件や去年の朝青龍問題も含め、何かすっきりとしない空気を感じざるを得ません。とはいうものの、来場所もおそらくは相撲を中継で見るであろうと思いますので、観ている側を裏切るようなことのない面白い相撲を期待したいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.05.27

久しぶりによこすか海軍カレーを食す

 おとといのことについて、もう一つ書きたいと思います。イベント会場から京急久里浜駅まで戻り、改札を出てJR久里浜駅へと移動しました。帰りは逗子か大船で湘南新宿ラインに乗り換えて一気に大宮まで乗り通す予定でしたが、この時点ではまだ昼食を食べていませんでした。そこで、横須賀名物となった海軍カレーが思いつきました。最後に食べたのは今から7年位前。そのときお店のマップをいただいてきましたが、今回そのマップを持参し、それを手がかりに探してみることにしました。

 横須賀駅で途中下車。さっそく店を探すことにしましたが、ここで大失敗したことに気付いてしまいました。というのも、海軍カレーの店が主に横須賀中央駅周辺に集中していて、これだったら、京急久里浜からそのまま上り電車乗っておけば、駅を降りてすぐに探せる上に多くの店から選ぶことができたわけですが、すでに時遅し。やむなく、横須賀駅からとぼとぼ歩いて市街地へと向かいました。

 汐入の駅前を通り過ぎ、タコスを始めとするエスニック系の店が並ぶ商店街へと入ってきました。この時点で目指したのは魚藍亭という店でしたが、前回最後に訪れた店で、新鮮な魚が水槽の中で泳いでいる姿を見ながら海軍カレーを食べたという何とも不思議なお店でした。その魚藍亭の店の前までやってくると、手前に地図には載っていない「よこすか海軍カレー館」という店があるのに気がつきました。おそらく手持ちの地図が発行された後に出来た店と思われますが、ここは違う店で食べたいと思い、今回はこちらに入りました。

 “カレー館”と名乗るだけあって、カレーのメニューは豊富でしたが、やはりここは海軍カレーということで、水兵さんという牛肉が入ったカレーをオーダーしました。お値段は950円。2時前に入店したということで、サラダの小鉢もサービスしてくれました。

Yokosukakaiguncurryhouse
7年前の地図にはなかった「よこすか海軍カレー館」

Yokosukacurry08
牛肉入りの海軍カレー

 さっそく味わってみましたが、コクのある昔懐かしい味わいが何とも魅力的ですね。チェーン店のカレーもそれなりにいけるんですけど、家庭で食べるカレーに近い味わいなので、どんどん食べてしまいますね。こちらの公式サイトには海軍カレーの定義も載っていて、当時の海軍の資料に残っているレシピに忠実に再現したものがよこすか海軍カレーを名乗ることが出来ます。それだけ、海軍カレーのブランドを守ろうとする意気込みが感じられますね。

 帰宅後に気付いたんですが、今回入店したよこすか海軍カレー館は魚藍亭と同系列の店だそうです。こちらも公式サイトがあるんですが、やはり活魚料理もやっているようで、新鮮なマグロのかまがサイトに出ていました。

 帰りは近くのバス停から京急バスに乗って横須賀駅へと戻ってきました。駅に入ろうとすると、入口のところに「スカレー」というカモメのキャラクター像が鎮座していました。こんなキャラがいるとは初めて知りましたが、これも地元グルメとして着実に定着しているということを改めて実感した次第です。

Sucurry
よこすか海軍カレーのキャラクター・スカレーがお出迎え(横須賀駅)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.26

琴欧洲悲願の初優勝!~大相撲夏場所

 大相撲夏場所は、大関琴欧洲が悲願の初優勝を成し遂げました。入幕から大関へと駆け上がっていた頃は勢いもあって、このまま行けば横綱もそう遠くはないと思っていましたが、その後は膝の怪我もあって不本意な場所が続き、今場所はカド番を迎えての場所でした。

 幸か不幸か、今場所の前半は病院のベッドから毎日相撲をTV観戦することが出来ましたが、先場所までの消極的な取り口から一転、自分の体を生かした前へ出る相撲に変化したことがTVを通じてわかりました。そして圧巻は何といっても、朝青龍と白鵬の両横綱に勝利したことでしょう。それまでだったらプレッシャーに負けてしまい、簡単に両横綱に敗れていたところでしたが、生来の気の弱さがなくなり自身を持った相撲が功を奏した形となりました。

 こうなれば、来場所の名古屋場所は綱とりということになりますが、春場所が途中休場ということで、それ相応の成績を上げなければなかなか難しいところと思います。今日の新聞でも、来場所の綱とりについてはかなり厳しいとの横綱審議委員の声が載っていましたが、最低でも14勝での優勝、しかも今場所のように両横綱に勝利するなど好材料が欲しいところでしょうね。あるいは名古屋場所は綱とりへの足がかりと位置づけて、優勝争いを最後まで演じて次の秋場所が勝負という方が、本人にとってもモチベーションを維持して相撲に取り組めるかもしれませんね。

 いずれにせよ、琴欧洲の満面の笑みが目立った夏場所でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.25

赤い電車大集合~京急ファミリー鉄道フェスタ

 京急のイベントって、行ったのは何時以来だったのか???首都圏の鉄道関連のイベントも、昨日の大宮のイベントのように毎年必ず行くところもあれば、何か魅力のある出し物があるときにだけ訪ねるところもあるのですが、今年は京急創立110周年のラッピング電車が登場するとのことなので、久しぶりに久里浜まで足を運びました。

 天気がよければ、道中に写真を撮りながら久里浜まで行く予定でしたが、午前中のあいにくの天気ではそうも行かず、快特に乗って京急久里浜まで一気にやってきました。駅前から出ていたシャトルバスの存在を知らなかったもので、会場へ向かうバスが横を素通りしたのは、駅を後にしてしばらく経ってからでした。幸い雨も小降りになっていましたので、あまり濡れずに会場まで到着することが出来ました。

 先に物販コーナーを冷やかしてから、展示車両の方へと進みます。救援車や架線作業車といった特殊車両を見てから主工場内を横切ると、いよいよ車両撮影コーナーへとやってきました。勢ぞろいした京急の主力車両の中には、今回の目当てだった創立110周年ラッピング電車もおりましたが、本線仕様の編成はもとより大師線仕様の編成も仲良く顔を並べていました。

Keikyufamilyfesta08_train1

Keikyufamilifesta08_train2
(上下とも)京急の主力車両が勢ぞろい

Keikyu1000gallery1_keikyufamilifest

Keikyu1000gallery2_keikyufamilifest
(上下とも)京急創立110周年ラッピング電車も登場

 本線仕様の編成はまだ乗っていないので、一度は乗っておきたいところですが、まだしばらくは走るようなので、今の病気が完治してからになりますかね?

 京急ファインテックの敷地内には、かつて京急を走った旧型車両が展示されています。今日のようなイベント開催時には車内にも立ち入ることが出来、以前訪れたときにも車内の様子を見ることが出来ましたが、今回も一通り見物してきました。

De1_keikyufamilyfesta08
工場の敷地内で保存されているデ1型

De51innkeikyufamilifesta08
デ51型の車内の様子

 この後、もう1周してから、午後1時に出発する会場発の臨時列車に乗り込みました。使用されていたのは、ステンレス仕様の新1000系。臨時列車は会場を後にすると一旦横浜方向へ進み、工場の敷地を出たところで方向転換をしてから本線に入り、一気に京急久里浜へと辿りました。

Keikyunew1000_keikyufamilyfesta08
イベント会場と京急久里浜を結ぶ臨時列車には、新1000系が使用されました

 午前中はあいにくの天候でしたが、午後からは雨も上がり会場も賑わったのではないでしょうか?

 関連記事
  ・Kaz-T様
  ・テームズ様

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日のランチ

今日のランチ
横須賀海軍カレーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急のイベント

京急のイベント
只今雨が上がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.24

2年ぶりの訪問~JRおおみや鉄道ふれあいフェスタ

 当blogでも書きましたが、今日は大宮総合車両センターで年1度のイベントが行われる日でした。今月に入ってから入院生活を余儀なくされ、一時は行けるかどうか危ぶまれましたけど、1週間程度で退院できたおかげで何とか行くことが出来ました。

 天気予報によれば、午前中は何とか持つものの午後から崩れてくるとのこと。それならば午前中が勝負と思い、自宅を9時半過ぎに出発しました。鉄道関連のイベントでは唯一徒歩だけで行ける会場なので気が楽ですね(^^)。それでも退院してから日が浅いこともあって、ちょっとの距離を歩いただけでもヘトヘトになってしまいました。少しづつ体力を戻そうと1週間リハビリがてら歩いていたんですが、まだまだですねぇ(^_^;)。

 こうして大宮駅の北側、旧16号線の大栄橋の袂にあるスクランブル交差点まで来ると、会場へ向かう人の列が見えてきました。ただ流れていたので、すぐに工場の前までたどり着きました。

 入口で会場の案内図が入ったクリアファイルを貰い、セレモニー会場前の機関車のカットモデルやJRバスのブースを適当に流してから、車両展示広場へやってきました。今年は、3月に引退したばかりのEF65535号機が“青大将”EF5893号機の横で仲良く並んでいました。この機関車については3月29日に武蔵野線まで追いかけて撮影しましたけど、そのとき取り付けられていた「惜別」のヘッドマークがお目見えしました。

Ef65535_omiyaworkshop1
3月末に引退したEF65535号機

Ef65ef58_omiyaworkshop1
青大将とのツーショット

Ef65ef58e233_omiyaworkshop
E233系も顔を出しました

 一方、反対側には、「さくら」のヘッドマークが取り付けられていました。昭和40年代から50年代にかけてブルトレの牽引機として活躍していたときの姿を思い出しますね。

Ef65ef58_omiyaworkshop2
反対側の様子。「さくら」と「つばめ」でした。

 その北側では、JR東日本を代表する特急車両、185系と255系、それにE257系が展示されていました。

Jreexp_omiyaworkshop
JR東日本の特急列車が勢ぞろい

 次は、JR貨物のブースへと進みます。こちらでは、 “金太郎”ことEH500系や普段身近で見ることができないED75といったJR貨物で活躍するさまざまな機関車が展示されていました。中でも、台枠を残してボディがバラバラになっていたDE10は、公開イベントさながらといったところですね。

Ed75_omiyaworkshop
交流用電気機関車・ED75

De10_omiyaworkshop1

De10_omiyaworkshop2
(上下とも)バラバラになったDE10

 建物の外では、ED62と「あけぼの」のヘッドマークをつけたEF651001機がいました。

Ef65ed62_omiyaworkshop
ED62とEF651001号機

 この後、セレモニー会場まで戻ってから、再び先ほど辿ったルートで会場を1周し、適当に撮影をしてから会場を後にしました。帰りは大宮へは向かわず、ニューシャトルの鉄道博物館駅まで歩いてみましたが、関東の駅フォトラリーの指定駅になっているものの、まだ駅舎を撮っていなかったため、立ち寄りました。今日は鉄道博物館とイベントを掛け持ちした人も多かったんじゃないかと思いますが、今日は特に行く予定もなかったため、駅舎を撮影後、そのままニューシャトルで後にしました。

 去年は台湾旅行と重なってしまい、初めての欠席となりましたが、去年の分も楽しんだ1日となりました。

 関連記事
  ・melonpan様
  ・Kaz-T様
  ・テームズ様
  ・TOMO様

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2008.05.23

退院後、初めての外来通院

 今日は退院後初めての外来通院の日。先日摘出した精巣の病理結果が出るということでしたが、当初の予想通り、セミノーマというタイプでした。精巣がんには大きく分けてセミノーマと非セミノーマという2つのタイプがありますが、割合としてはセミノーマの方が多く、こちらの方が放射線治療や化学療法といった治療方法の選択肢が多くあります。化学療法を行う際には、さらに細かく分けて、それに見合った抗がん剤を投与することになります。

 一方、肝心の転移の有無についてですが、こちらも当初の診断通り、明らかに転移によるものかどうかはわからないものの、リンパ節の腫れが認められるとのことでした。より精度の高いPETという検査もあることを説明されましたが、こちらは保険が効かない上に精巣がんでは必ずしも高い精度で結果が出るとは限らないとのことで、今後の治療としては、緊急性はないものの、リンパ節の腫れが転移によるものか否かがわからない以上、化学療法による治療を医師から薦められました。

 結局、退院時に聞いていた説明の繰り返しになってしまいましたが、そのときは病理結果がまだ出ていなかったときで、より悪い結果が出るんじゃないかと心配していましたので、正式な現状を聞くことが出来たことを考えれば、決して今日は無駄ではなかったと思います。いずれにせよ、そのまま放置していいものではないので、来月早々の外来通院の時までに、化学療法を行うかどうか結論を出したいと思います。

 そんなわけで、明日は、大宮総合車両センターで行われるイベントに行けることになりました。去年は台湾旅行と重なってしまい、初めて欠席となってしまいましたが、近いうちに来るであろう長い入院生活に入る前に思う存分楽しんでこようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影タイム~上毛電鉄

 昨日の続きです。足利から両毛線に乗って桐生へ出ました。時間が合えば、わたらせ渓谷鉄道で大間々まで乗ろうと思ったんですけど、次の列車まで1時間ちかくも待たなければならなかったため(T_T)、断念して西桐生まで歩いて上毛電鉄に乗りました。

 上毛電鉄にやってきたのは、関東の駅フォトラリーの指定駅となっている粕川へ行くためでしたが、多少時間があったため、一つ手前の膳で下車し、粕川まで歩いて見ることにしました。途中には撮影に適したスポットがあり、そこで行き交うステンレス車を撮影していましたが、昨日はもやがかかっていて、バックに映るはずの赤城山を見ることが出来ませんでした。

Jyomo700_zen1
麦畑をバックにステンレス車が走ります

Jyomo700_zen2
西桐生へ向かうステンレス車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.22

「渡良瀬橋」の歌碑を訪ねる

 森高千里が歌った「渡良瀬橋」。その渡良瀬橋の歌詞が記された石碑を見ようとちょうど1年前に訪ねたものの、場所がわからず涙を呑みました。その後、石碑に関するパンフを手に入れることが出来たため、今回はそれを頼りに足利を訪ねてみました。

 東武伊勢崎線足利市駅の前を流れる渡良瀬川。すぐ目の前にかかる中橋を渡り、川沿いの道を左に折れます。すると、土手の反対側に小さな石碑が見えてきます。それが渡良瀬橋の石碑でした。

Monument_watarasebridge1
通り傍に佇む渡良瀬橋の歌碑。クルマだと見過ごしてしまいそう・・・。

Monument_watarasebridge2
渡良瀬橋を背景に

Watarasebridge
渡良瀬川に架かる渡良瀬橋

 クルマで行き来すると、見過ごしてしまいそうなくらい目立たない石碑でしたが、ボタンを押すと歌が流れるよう工夫がされていました。

 もっと時間があれば、歌詞に登場する八雲神社や床屋を訪ねてみたかったところでしたが、こちらは次回ゆっくり訪ねることとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上毛電鉄

上毛電鉄
今週はこの顔をよく見ますな(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡良瀬橋

渡良瀬橋
足利に寄り道

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.21

強い!琴欧洲~大相撲夏場所

 久しぶりに相撲ネタを書こうと思います。今場所初日が入院2日目ということもあって、ほぼ毎日リアルタイムでTV中継を観ていますけど(^_^;)、優勝戦線を引っ張るだろう二人の横綱の活躍ぶりはある程度予想はしていたものの、まさか大関琴欧洲が今日まで負けなしで優勝争いのトップを走るとは思いも寄りませんでした。大関昇進後、全くいいところのなかった琴欧洲。しかもカド番で迎えたこの夏場所でしたが、これまでの腰高で何とも弱弱しい取り口が影を潜め、彼の持ち味である低く当たって前へ出る取り口が功を奏しています。今日11日目は横綱朝青龍との取組みでしたが、低い当たりから相手のまわしを掴んだために朝青龍の上体が浮いてしまい、そのまま土俵の外へと寄り切りました。私もTV中継で観ていましたけど、今日の琴欧洲はまさに彼らしい万全の取組みだったと思います。

 これで明日は、もう一人の横綱白鵬との対戦です。連日の横綱戦とあってここ数日が優勝へ向けて大きなヤマ場となりそうですが、このヤマを乗り切って天皇賜杯の栄冠を掴んで欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.20

フォーエバー鶴丸~JAL

Jal767_hirosima02011

Jlb777200_haneda07031

747_haneda06011

 しばらく自分のことしか書いてこなかったんですが、心配していてもしょうがないし、とりあえずは回復への道も開けているので、次の休止までは普段どおり書いていこうと思います。

 タイトルの通り、長年日本航空のシンボルマークとして親しまれた鶴のマークを掲げた機材が、今月限りで姿を消すことになりました。JALの公式サイトでも特設のページが設けられていて、鶴丸の塗装機を使用した便のスケジュールも掲載されていますが、国際線は30日の厦門発成田行き608便、国内線は伊丹発羽田行きの138便がラストフライトとなります。

 で、手持ちの鶴丸グッズを集めてみました。ヘルパ製のモデルプレーン2機と去年の秋に発売された組み立てタイプのモデルプレーンのシークレット機、そして空港の売店などで売っているキーホルダーであります。本物の機材の塗装が変わるとそれに連動してモデルプレーンも新しいカラーが発売されますが、これら鶴丸の機材も貴重な存在になるかも(^^)。もっとも、復刻版とかで時々発売されるんでしょうけどね。

Jalb747400c

Jalb767200b
(上下とも)鶴丸塗装のモデルプレーン

Jalb747100b
こちらは組み立てタイプのもの。シークレットでした(^^)。

Keychainjal
空港の売店などで売っている尾翼のキーホルダー。もちろん鶴丸もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.19

自分の病気のこと(カミングアウト?)

 先週一週間、入院生活をしていましたが、体の一部を取り除きました。それは、股のところについている“キンタマ”の2つあるうちの一つですが、その一つが腫瘍に冒されているとあっては、摘出はやむをえない処置でした。

 異常に気付いたのは4月のはじめ。そのときは、なにやら大きいなぁという程度の意識しかなく、もう少し様子を見れば縮まるだろうというくらいでした。しかし左側のタマの腫れは一向に治まる気配なし。4月のおおさか東線完乗の旅に出た時にはすでに異常が認められたときでした。

 実は小学生の頃にそけいヘルニアの手術をしており、それと症状が似ていたため、また再発したのかと思いました。そこで今月はじめ、近所の病院を訪れることにしました。しかし診察した先生は、これはそけいヘルニアではなく、泌尿器の範疇とのこと。さっそく泌尿器科にかかるよう言われましたが、この病院は次の泌尿器科の診察が連休明けで、しかも10日くらい先とのことでした(――;)。さすがにそれでは不安なので、すぐさまネットで探した泌尿器科を訪ねました。そこで今回の病名が発覚したわけであります。

 その後の経過は、上記に書いたとおり。ただ、原発の病巣は取り出したものの、体内にはわずかながらその残骸のようなものがあるようで、それをやっつけるには、抗がん剤による化学療法を施す必要があるとのことでした。詳しい病理診断は、今度の金曜日の外来に行ったときに判明しますが、やはり抗がん剤治療というと、副作用を含めいろいろな不安がありますね。ただ、今回罹ってしまった精巣がんは、化学療法がよく効くタイプのものだそうで、化学療法を行えば高い確率で完治が出来るとのことでした。今は担当の先生の治療方針に従って、完治へ向けて治療に専念していくことにしたいと思います。

P.S
 ビールが飲みたいよ~(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.18

【おしらせ】ひとまず再開します

 普段より、当blogをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 先日来、blogの更新をお休みする旨告知いたしましたが、体調の方がひとまず落ち着いたため、本日より再開することにいたします。しかしながら、近いうちに再び休止することになりそうですので、その際にはまたお知らせしたいと思います。

 皆様の引き続きのごひいき、どうかよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.09

【おしらせ】しばらくお休みします

 普段より、当blogをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 勝手ながら諸般の事情により、blogの更新をしばらくお休みいたします。体調が戻り次第再開したいと思いますので、今後ともどうかよろしくお願いいたします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.05.04

造幣局の桜

 先日の旅もこれが最後の書き込みになります。おおさか東線の完乗を済ませた後、再び大阪市内へ戻り、造幣局の最寄駅である東西線の大阪城北詰駅へやってきました。4月といえば造幣局では桜並木の通り抜けがありますが、去年もちょうど同じ時期に大阪に来たものの、時間の都合で見ることが出来ませんでした。今回は帰りのフライトまで時間があったため、初めて桜並木を見ることができました。

Cherry_zoheikyoku
造幣局の桜

Zouheikyoku1
通り抜けは初めてでした

 のんびりと歩いても20分ほどで通り抜けることが出来ますが、4月下旬に入ろうとしていた頃でも何とか見ることが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.03

おおさか東線に乗ってタイトル奪還!

 くいだおれでのお名残ランチを済ませた後、なんばから再び地下鉄に乗り込み南森町にやってきました。ここはJR東西線大阪天満宮駅に近いため、ここから東西線に乗り換えて放出へやってきました。この後は、いよいよこの旅最大のミッションであるおおさか東線に乗車します。

 DD51の単機や学研都市線の207系を見ながらホームで電車を待っていると、隣のホームに久宝寺からの103系電車が到着しました。ウグイスカラーは先月、秩父鉄道の元101系がリバイバルカラーとして運行を開始しましたが、関西圏では関西本線で現在も使用されているカラーで、ここおおさか東線の車両も関西本線と同じカラーでの運転です。

Dd51837_hanaten

Type207_hanaten
(上下とも)電車待ちの間にやってきた車両達(放出)

 そんな様子を眺めているうちに、京橋寄りの側線から201系電車が入線して来ました。

Kuha201142_hanaten
ウグイスカラーの201系(放出)

Type103201_hanaten
103系とのツーショット

 ウグイスカラーの201系というのは、首都圏に住む人間にとっては違和感がありますね。205系が入る前、Nゲージの201系に当時実車ではなかったウグイスやスカイブルー、そしてエメラルドグリーンといったカラーが製品化されていたのを覚えていますが、こうして時を経て実現するとは思いも寄りませんでした。

 14時12分、京橋からの学研都市線電車の乗り換え客を乗せ、電車は放出を発車しました。

 放出を出ると、大きくカーブして複線の高架線をひた走ります。景色ですが、何分住宅街の中なだけに旅情たっぷりというわけにはいきませんね(^_^;)。わずかな区間なので、一気に乗ってしまえばすぐに終わってしまうところですが、さすがにそれではつまらないので、一ヶ所だけ、JR河内永和駅で途中下車してみることにしました。

Jrkawachieiwasta
近鉄との乗換駅であるJR河内永和駅

 この駅、近鉄の河内永和駅に隣接して位置する駅ですが、駅前には近鉄線の高架が聳え立ち、ちょっと圧迫感を感じました。しかも周りには布施郵便局や東大阪市の市民会館などがあるくらいで、至って普通の町といった風情でした。そんなわけで、布施郵便局に立ち寄ってからすぐにホームに入りました。

 次にやってきた電車も201系ということで、結局おおさか東線内では103系に乗ることは出来ませんでした。こうして終点の久宝寺に到着。これで全線完乗のタイトル奪還です。

Kyuhoujista
久宝寺駅に到着。これでタイトル奪還です(^^)。

 久宝寺駅、15年位前に一度夜遅くに途中下車したことがありますが、上下線でホームがエライ離れていたのを記憶しています。関東で言えば、一頃の武蔵野線の新三郷駅のような雰囲気ですが、現在は操車場も整備され、ホーム2面の橋上駅舎に変わりました。

 こうして駅の周りをぶらぶらしてから、関西本線の電車で天王寺へと向かいました。

 おおさか東線は2012年には新大阪まで延伸されるとのことなので、再び訪れることになりますね。その頃にはどんなダイヤ形態になるのか、今からが楽しみです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008.05.02

道頓堀くいだおれでランチを食べる

 先月の旅の続きです。相生からは山陽本線の新快速に乗り換え、一路大阪を目指します。しかしそのまま一気に大阪に向かうと時間を持て余してしまうため、いろいろな駅で途中下車をしては郵便局巡りを楽しみました。

 尼崎からは東西線に乗り換え、そのままおおさか東線の乗換駅である放出へと行きたいところですが、ちょうどお昼時ということで、大阪市内で昼食を食べようと思いました。旅に出る前、テレビやネットのニュースで道頓堀のくいだおれが今年7月で閉店してしまうというのを聞きつけましたが、一度10年以上前に食べに行ったことがあったものの、当時何を食べたのか全く記憶に残っていない上に店の様子などもすっかり忘れてしまいました(^_^;)。そんなわけで、この日の昼食はここくいだおれで食べることにいたしました。

 海老江から地下鉄千日前線に乗り換えてなんばへ。平日でも大賑わいのなんば界隈を歩きながら、くいだおれの店の前までやってきました。さっそく店に入りますが、ここくいだおれはビル全体が店舗になっていて、洋食から和食、居酒屋と何でも揃っています。特にこれというものはありませんし、おそらく自分のようにお名残目的のお客さんで賑わっていると思い、一番回転の早そうな1階の洋食レストランで食べることにいたしました。

 ここも行列が出来ていましたが、5分くらいの待ち時間で中に通してもらいました。ところが店員に案内されたのは、さらに奥の「うらくいだおれ」というハワイアン風の店内でした。まさか裏側にも店舗があるとは思いも寄りませんでしたが、まあくいだおれには変わりはありませんし、窓際のテーブルに腰掛けました。

 するとすぐ隣には、ハワイアンスタイルのくいだおれ人形が、リラックスした姿で佇んでいました。ある意味、間近でくいだおれ人形を眺めながら食事するという点では、こちらに通されたのは貴重かもしれませんね。そのうらくいだおれですが、くいだおれの店舗拡大に伴い、先月26日で閉店してしまったそうです。

 くいだおれの名物は?と聞くのもヤボと思い、メニューの中からオムライスを注文しました。中にはくいだおれ人形を模したパフェというのもありましたが、ちょっと食べ過ぎになってしまいそうでしたので、それはパスいたしました。

Kuidaorehawaiian
「うらくいだおれ」にもあの人形が(^^)

Omurice_kuidaore
食べたのは、オムライスでした

 食事を済ませ、最後に店の前にあるくいだおれ人形にあいさつをしてきました。しかし、観光客が引っ切り無しに記念撮影をするため、なかなか人形だけという時が出来ず、ようやくタイミングを見計らって撮影に成功しました。

Kuidaoredoll
名物のくいだおれ人形

 くいだおれ人形の誘致にあちこち名乗りを上げているようですが、何らかの形で大阪のシンボルとして残して欲しいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008.05.01

今日で

 まる3年が経ちました。ほんと、あっという間に過ぎたというのが実感ですが、今のところ大きなトラブルがないのが一番ですね。もちろんあれこれ小さな不満はあるにはありますけど、それは体制に影響がないところなので、これはこれでよしとしないといけませんね。

 さて、実は過去3年間、結婚記念日には特別なにもしていませんでした。が、さすがにそれじゃつまらないので、今日は仕事から帰宅後、外食しに行ってきました。フルコースメニューでおいしくいただきましたが、何分運転手だったもんで、アルコールはパスでした(^_^;)。まあ、これは致し方ないですね。そんなわけで、これから一杯飲むことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »