« スマイルトレイン | トップページ | 【訃報】岸由一郎氏 »

2008.06.15

副都心線訪問顛末記

 今日も午後から西武線を中心に乗り歩いてきましたが、昨日に続き副都心線は大賑わいだったようですね。秋津駅で撮影している最中、副都心線から来る電車が軒並み遅れているとの構内アナウンスが頻繁に流れていましたが、夕べも副都心線沿線を特集したTVの情報番組を放映していたので、それを見て出かけようと言う人も多かったことでしょうね。まあ、週末だったせいもあるんでしょうけど、この2日間沿線にあるデパートや商店はさぞかし大繁盛だったでしょうね。

 そんな昨日の開業日ですが、すでにお知らせしたとおりさっそく乗ってきました。出掛け、東北地方で震度6強の地震が発生したため、TVで動向を見てから自宅を出ました。電車を乗り継いで朝霞台に到着したのは午前10時半前。まずは券売機で東上東京メトロパスを購入しました。数日前に書いた「乗った証をどうする?」で乗った証として候補に挙がったきっぷですが、券売機による発行ではあるもののJRのマルス券タイプで日付もしっかりと入っているとのことなので、結局これを買うことにしました。

 これで準備万端、さっそく改札を抜けて池袋方面のホームへと向かいます。特に何時の電車に乗るといった具体的な行程は考えておらず、まずは開業した区間を乗ってしまおうと思い、ここから一気に渋谷まで乗りとおすことにしました。しかし川越寄りのホームの先端は手前に構築物があり、列車を撮影するにはちょっと難しい状況だったため、一つ先の朝霞まで移動することにしました。朝霞駅は下車したことがなくどんな状況かわかりませんでしたが、こちらは手前に歩道橋があるものの、何とか写真が撮れる状況にありました。

 しばらく行き来する列車を眺めているうちに、朝霞台方面から副都心線直通の急行渋谷行きがやってきました。

Tobu50070_asaka
朝霞駅に滑り込んできた急行渋谷行き

 使用車両は、東武の50070系。混雑を予想していましたが、車内は一段落したのか空席も見受けられたので、空いていた席に座らせてもらいました。これで一安心、電車は和光市を過ぎ、地下区間へ入ってきました。次の停車駅である小竹向原までの間の途中駅を通過しますが、今回の副都心線の開業と有楽町線内のダイヤ改正により和光市と池袋の区間の駅を通過する列車が設定されるようになりました。急行は和光市を出ると渋谷までの間、小竹向原、池袋、新宿三丁目の3駅に停車します。

 小竹向原を過ぎ、いよいよ副都心線区間へと入ります。といっても、前日までは新線池袋行きとして走行していた区間ですが、1週間ほど前にこの区間を通過した際に車内から見えた千川と要町の両駅も昨日からは営業を始めました。そして池袋を過ぎ、ここからは正真正銘の新線区間となります。

 途中、東新宿で先行していた各駅停車を追い抜きました。急行列車はホームの外側に設けられた待避線を通過していきますが、目隠しされた壁でホームの様子を窺うことができませんでした。

 新宿三丁目を過ぎ、電車は終点の渋谷に到着しました。

Tobu50074_shibuya0806

Shibuyaekimei
(上下とも)無事、渋谷に到着

 電車を降り、渋谷駅の構内を見て回りました。一見すると幅広い一面のホームを持つ駅に見えますが、至るところにホームの真ん中に空いている箇所があり、そこを覗くと線路が2本敷かれていました。現在は副都心線の終着駅となっている渋谷駅ですが、2012年には現在の東急東横線が乗り入れ、直通運転が行われます。

Shibuyacenterline
2012年の直通運転に向けてホームの真ん中に敷設された2本の線路

 さらに先へ進み、車止め付近にやってきました。ここには駅の構造が詳細に造られた模型が展示されていて、見上げると吹き抜けになっていました。以前TVで建設中の副都心線を特集した番組を観たことがあり、その中でこの卵形の駅の構造について紹介されていましたが、こうした構造にすることで風の通りがよくなり、冷暖房費の節約につながるそうです。他にもユニバーサルデザインを導入するなど、誰にでも使いやすい構造になっているとのことです。

Modelshibuya
渋谷駅の構内模型

Fukinukeshibuya
風を通りやすくする吹き抜け

 一旦改札を抜け、しばらく駅周辺をぶらぶらした後、再び副都心線の乗り場へ戻ってきました。今度は各駅停車に乗り、都電荒川線の乗換駅である雑司が谷を目指します。ホームに降りると急行が停車中でしたが、各駅停車はダイヤが乱れているとかでまだ到着していませんでした。しばらく乗り場で待ち、ようやく電車がやってきました。

Tokyometro7120_shibuya
副都心線用7000系で雑司が谷へ

 今度は東京メトロの7000系。元々有楽町線で使用された車両ですが、副都心線用として車体の帯の色を変更しています。実はこの車両を見るのは昨日が始めてでした。

 電車に乗り込むとすぐに発車しました。途中で目の前の座席が空き、せっかくなので座っていくことが出来ました。おかげで楽にはなりましたが、それもつかの間、電車は目的地の雑司が谷に到着しました。

Zoshigayaekimei
雑司ヶ谷駅に下車

Steckerfukutoshinline
副都心線開業ステッカー

 都電荒川線の乗換駅となっている雑司が谷駅ですが、周辺ではイベントが行われていたようで、駅の周辺はたくさんの人で賑わっていました。私はこの後、都電に乗り換えることにしましたが、この後については記事が長くなってきましたので、改めて書こうと思います。

 関連記事
  ・Kaz-T様
  ・melonpan様
  ・テームズ様
  ・まさつぐ様

|

« スマイルトレイン | トップページ | 【訃報】岸由一郎氏 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

TB、ありがとうございました。私のブログネタの折り込みチラシ、私としては結構サプライズでした。

 私が所沢に越してきた10年前、練馬駅高架化工事完了に伴う西武線~営団(当時)の完全乗り入れ(それまでは、西武有楽町線だけの乗り入れ)が始まりましたが、そのときはさすがに新聞折り込みは入らなかったと思います。

 それだけ、注目度が高いと言うことでしょうね。

投稿: まさつぐ | 2008.06.17 00:24

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 2001年のSR開業のときは新聞の折込が入っていたかどうか、ちょっと記憶に残っていませんが、いずれにしても今回の開業はかなり注目度が高いと言えます。また2012年には東急東横線と接続し、横浜まで乗り換えなしで行くことが出来るようになりますので、そのときにはまた大きく取り扱われることでしょうね。

投稿: mattoh | 2008.06.18 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/41543529

この記事へのトラックバック一覧です: 副都心線訪問顛末記:

» 東京メトロ副都心線を撮る [鉄道の小箱 ]
和光市駅で撮影。 [続きを読む]

受信: 2008.06.16 22:38

« スマイルトレイン | トップページ | 【訃報】岸由一郎氏 »