« 飛べないスカイマーク | トップページ | プレイバック1998年その2~土佐くろしお鉄道と足摺岬 »

2008.06.04

歌う電車~京急

 今日の朝日新聞の夕刊に、京急の2100形や新1000形が今後5年から10年の間に姿を消すという記事がありました。これらの車両と言えば、駅を発車する際に聞こえてくる「ドレミ~」の音階のような音ということになりますが、「くるり」というロックバンドがこの音階を取り入れて曲を作るなど、最近では一般にも広く知られるようになりました。私も初めて2100形に乗ったときは、近くでブラスバンドの演奏でもやっているのかと真剣に思ったくらいでしたが(^_^;)、人によっては不快な騒音になりかねないモーター音を音階にするという発想は、頭が下がる思いです。

 で、その歌う電車ですが、モーターに使用されている半導体の寿命が残り少ない上に、交換部品も手に入りづらくなるとのことで、今後5年から10年の間に姿を消すことになるそうです。そうなれば、あの音階も聞けなくなってしまうわけですが、2100形でも登場してから10年くらいなので、モーター部分を交換して使用するのか、あるいはそのまま廃車になってしまうのか、記事からでは読み取ることが出来ませんね。でも、そのまま廃車となるとちょっともったいない気もしますが・・・。

Keikyu2100_keikyukurihama

Keikyu1000_tachiaigawa
京急の”歌う電車”たち(上:2100形、下:新1000形)

|

« 飛べないスカイマーク | トップページ | プレイバック1998年その2~土佐くろしお鉄道と足摺岬 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/41426815

この記事へのトラックバック一覧です: 歌う電車~京急:

« 飛べないスカイマーク | トップページ | プレイバック1998年その2~土佐くろしお鉄道と足摺岬 »