« 副都心線訪問顛末記 | トップページ | 副都心線開業に合わせ改称した都電雑司が谷駅 »

2008.06.16

【訃報】岸由一郎氏

 今日はこれを書かずにはいられません。

 今朝の新聞でも報じられていますが、おととい発生した地震で犠牲となった方の中に、鉄道博物館の学芸員をされていた岸由一郎氏も含まれていました。昨日の朝、地震の被害を受けた駒の湯温泉で鉄道博物館の学芸員が宿泊していたという妻の言葉を聞きましたが、年齢が30代半ばとのことで、そのときは一抹の不安を感じてしまいました。結局その不安は現実のものとなってしまい、最悪の結果となってしまいました。

 直接面識はありませんでしたが、交通博物館が神田にあった頃から学芸員をされていたことを存じ上げていましたし、著書などでもお名前を聞いていたので、ぜひ一度お話を聞いてみたいと思っていただけに今回の訃報はあまりにもショックです。まだ30台半ばという年齢なので、これから多くの研究を世に出すことが出来たであろうことを考えると、あまりにも大きな犠牲と言えます。氏のご冥福をお祈りいたします。

|

« 副都心線訪問顛末記 | トップページ | 副都心線開業に合わせ改称した都電雑司が谷駅 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/41552738

この記事へのトラックバック一覧です: 【訃報】岸由一郎氏:

« 副都心線訪問顛末記 | トップページ | 副都心線開業に合わせ改称した都電雑司が谷駅 »