« 世田谷文学館「宮脇俊三と鉄道紀行展」を見学する | トップページ | 今日は »

2008.07.21

【7/19】京王・東急・京急・東武

 連休最終日も天気に恵まれ、絶好のおでかけ日和になりましたが、その分気温も上がり、暑い1日になりそうです。私も午後から”撮り”鉄しにこの後出かける予定ですが、暑さには十分気をつけたいところです。

 さて出かける前に、おとといの世田谷文学館訪問以外の出来事について報告しておこうと思います。新宿からはもちろん京王線に乗車、芦花公園には11時前後に到着する予定でしたが、新宿に少し早めに着いたので、桜上水と八幡山の両駅で降りてホームから上り列車を撮影しました。今回は6000系の姿を多く見ましたが、新しい車両が多くなりつつある中でまだまだ活躍しています。

Keio6000_sakurajyosui

Keio6000_hachimanyama
上:桜上水、下:八幡山

 世田谷文学館見学後、再び芦花公園から京王線に乗り、明大前で井の頭線に乗り換えて渋谷へとやってきました。沿線に大学が点在する同線ですが、おとといも渋谷へ向かう若者の姿を多く見かけました。

 そろそろランチの時間でしたが、久しぶりに祐天寺にあるナイアガラに行きたいと思い、東横線に乗って祐天寺で途中下車しました。土曜日のランチ時のせいか、店内はたいへんな賑わいでしたが、今回はハンバーグカレーをいただいてきました。相変わらずコクのあるカレーがうまかったですね(^^)。

 再び東横線に乗りこみ、次の学芸大学で降りて撮影タイムとしました。ここは島式のホームで渋谷寄りの先端から下り列車を撮ることが出来ますが、9000系と1000系がやってきました。

Tokyu9000_gakugeidaigaku

Tokyu1000_gakugeidaigaku
(上下とも)学芸大学で撮影した車両達

 その1000系に乗り込み、多摩川で多摩川線に乗り換えました。ちょうど蒲田からの電車が到着したところでしたが、やってきたのは古きよき東急の姿を留めている7700系でした。その姿を撮影しようと途中の鵜ノ木で途中下車、多摩川寄りに200メートルほど行った踏切付近で陣を構えました。

Tokyu7700_unoki
鵜ノ木ので一こま

 蒲田からは駅前の繁華街を歩いて京急蒲田まで移動、ここから京急線に乗り込みました。実は京急線沿線に行ったのには理由がありまして、今月始めに発売された創立110周年記念ラッピング電車のBトレを手に入れるためでしたが、京急蒲田では売店が閉まっていて買うことが出来ませんでした(T_T)。まあ、この後品川まで行く予定でしたし、品川だったらどこかしら確実に売店は開いていると思いましたので、品川までの間、大森海岸と新馬場で下車して撮影しました。今回も目当ては創立110周年のラッピング電車でしたが、如何せん1本しかないこともあって、今回も見事にフラレてしまいました(T_T)。

Keikyu2100_omorikaigan

Keisei3500_shinbanba
上:大森海岸、下:新馬場

 品川でようやく目当てのBトレを購入し、浅草線直通に乗って一気に押上まで向かいました。ここからは東武伊勢崎線に乗り換え、小菅や松原団地、そして新田で撮影してきました。ここでのお目当ては東急8500系の「伊豆のなつ号」でしたが、こちらもなかなかうまい具合には行きませんで、結局ノーマルな車両群を撮影するに留まりました。でも、バリエーションが多彩なこの路線、ホームにいるだけでもワクワクしますね。

Tokyu8500_kosuge

Tokyu5000_matsubaradanchi

Tobu50050_shinden
上:小菅、中:松原団地、下:新田

 この後は春日部から野田線に乗り換え帰路に着きました。

|

« 世田谷文学館「宮脇俊三と鉄道紀行展」を見学する | トップページ | 今日は »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/41922284

この記事へのトラックバック一覧です: 【7/19】京王・東急・京急・東武:

« 世田谷文学館「宮脇俊三と鉄道紀行展」を見学する | トップページ | 今日は »