« 【7/29】ポケモン尽くし | トップページ | 長津田 »

2008.08.02

【8/2】東上線で玉淀を目指す

 ここ2,3日は比較的しのぎやすい気候でしたが、週末の今日は再び夏らしい日差しが戻ってきました(^_^;)。そんな中、今日も朝早くから“鉄”活動をしてまいりましたが、今回のお題目は秩父鉄道のリバイバルカラー1000系に沿線で開催されるお祭にちなんだヘッドマークが取り付けられているとのことで、これを見にいくことでした。

 秩父鉄道は2週間前にうちわ祭関連のヘッドマーク列車を撮影したばかりで、このときは熊谷経由で沿線に向かいました。そこで今日は東武東上線回りで行くことにしました。

 朝の7時前、武蔵野線の北朝霞に到着しました。予定より少し早めに家を出たので、ホーム先端の新座寄りで少し撮影することにしました。すると、EF66の100番台が牽引する貨物列車がちょうどやってくるところでしたので、今日最初はこれを撮影しました。

Ef66132_kitaasaka0808
武蔵野線を走行する貨物列車(北朝霞)

 駅前にあったファストフード店で朝食を済ませてから東武東上線の朝霞台駅へ向かいましたが、川越を8時27分に発車する快速急行小川町行きがあることがわかったので、まだ時間に余裕がありました。そこでいくつかの駅で降りて撮影しながら川越へ行くことにしました。その前に下りホームの川越寄りでカメラを構えました。特に期待はしていませんでしたが、ここでは8000系や有楽町線の7000系が来ました。

Tokyometro7000_asakadai0808

Tobu8000_asakadai0808
(2枚とも)朝霞台で見かけた車両達

 ちょうどやってきた各停の志木行きに乗って、一旦志木まで行ってからその先を目指します。この後は新河岸駅の川越寄りが午前中撮影に適しているということなので、ここで構えてみることにしました。10000系の各停が行った後に準急池袋行きが来ましたが、TJライナー用の50090系が充当されていました。

Tobu50090_singasi0808
準急運用に就く50090系(新河岸)

 TJライナーや快速急行で運用に就いているときは座席をクロスシートにしていますが、準急運用のときはロングにしていました。運用によって座席の向きを変えることが出来る“デュアルシート”は近鉄の5800系が知られていますが、関東ではほとんど聞いたことがありませんね(もしかすると、これまでなかったかもしれませんが・・・)。

 この後、各停で川越へ行き、後続の快速急行を待ちましたが、やってきたのは何と10000系でした。てっきり50090系が充当されているものと思っていたので、これはちょっとがっかりでしたね(T_T)。出来ればクロスシートで小川町まで行きたかったところでしたが、朝早くで缶ビールなどを買ってなかったので(缶コーヒーは買いましたけど)、これもネタの一つといたしました。

 川越で乗ったときは学生さんが多く乗っていましたが、坂戸でほとんど降りてしまいました。坂戸から伸びる越生線沿線に大学があるので、そこへ通学する学生さんでしょうか?ガラガラとなった車内のまま、終点の小川町に到着しました。

Tobukuha11642_ogawamachi0808
10000系が充当された快速急行(幕が変わってしまいました(^_^;))

 ここからは寄居行きに乗り換えです。ここから先は車両数も減少し、すっかりローカルカラーが強くなりますが、私は終点寄居の一つ手前、玉淀で下車しました。

Tobukuha81119_tamayodo0808
玉淀駅を発車する寄居行き各停

Tamayodosta
玉淀駅

 以前、電車の中からこの駅の様子を見ていて、一度は降りてみたいと思っていました。ホームが一面しかなく、駅舎も他の東上線の駅にはないのんびりした雰囲気が感じられましたね。

 ここから歩いて秩父鉄道の撮影地を目指しますが、少し長くなってしまいましたので、一旦ここで切ることにします。

|

« 【7/29】ポケモン尽くし | トップページ | 長津田 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/42040477

この記事へのトラックバック一覧です: 【8/2】東上線で玉淀を目指す:

« 【7/29】ポケモン尽くし | トップページ | 長津田 »