« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008.08.31

ナゴヤドーム

ナゴヤドーム
カープ戦です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パノラマカー

パノラマカー
今回初乗車です。鳴海にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足柄SA

足柄SA
10分間休憩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿

新宿
高速バスターミナルにきています。8時20分発静岡行きで出発します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.30

今日はいろいろとあったが・・・

 予告どおり、今日は南入曽と東横線沿線に出没していましたが、コロコロ変わる天気に正直参りました(^_^;)。晴れ間が出てきたと思ったら急に雲が出てきて雨が降り出したり、そうかと思えば突然太陽の日が差したりと何とも不安定な1日でした。明日も同じような天気だそうで、ある程度晴れ間が出てきてくれたらありがたいですが、果たして・・・。

 本当ならあれこれ書きたいところなんですが、先ほどようやく画像の整理がついたところなのと明日の準備をしなきゃいけないので、ダイジェスト版で画像だけのご報告といたします(^_^;)。詳しくは、名古屋からの帰宅後ということで・・・。

Seibu10130000_minamiriso08
南入曽車両基地のイベント会場での一こま。詳しくは後日(^_^;)。

Tokyu5000_musasikosugi0808
スタンプラリーに併せて運行されているヘッドマークつき電車。こちらはウルトラマンバージョン。

Tokyu5868_gakugeidaigaku0808
こちらはプリキュアバージョン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.29

週末の予定(8/30~9/1)

 待ちに待った週末ですが、明日は南入曽で行われるイベントを覗いてきます。今年はスマイルトレインが目玉になりそうですが、やはり気になるのは天気ですね。昨日のような豪雨とかにならなければいいんですが・・・。

 そして日曜日ですが、翌日の月曜日は1日休暇を取りました。今年の夏は極力泊りでの遠征を控えてきましたけど、やはりせっかくの夏休みにどこかへ行きたいもの。そんなわけで、1泊2日で名古屋へ遠征することになりました。もちろんパノラマカーも目当てなんですが、移転した豊橋鉄道の新豊橋駅の様子を見るのが一番の目的だったりします。こちらは現在のステンレスカーになってからはまだ行ったことがなく、ほぼ20年近くぶりです。ただ豊橋周辺も大変な災害に見舞われたそうなので、こちらも心配は天気ですね。

 いずれにせよ、大荒れにならないことを祈りたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.28

日本食堂がショッピングモールに出店

 Noriyuki様のblogにも書かれていますが、日本食堂のレストランがイオン浦和美園ショッピングセンター内に昨日オープンしたそうです。日本食堂といえば鉄道博物館にも入っている飲食スペースですが、ショッピングモール内のレストラン街に入るというのは正直驚きですね。

 やはり目玉商品はあの「ハチクマライス」でしょうか?実は今年の5月、件の病気を患い入院する直前に家内を連れて鉄博に行ってきましたが、そのときに遅い昼食を日本食堂で食べた際、長年の願いが叶って(?)食べることが出来ました。そのときのことをてっきり書いていると思っていましたが、これから手術をするというときだったので、それどころではなかったときでしたね。

 今の職場がイオンに近いので、一度覗いてみたいところですね。

 関連記事
  ・Noriyuki様
  ・melonpan様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.27

プレイバック1998年~アメリカ旅行その3・サクラメント日帰り旅

 ここんところイベントや出かけたときの話題などで書くことがそれなりにあったんですが、それもほとんど出し尽くしてしまい、只今ネタ切れ中であります(^_^;)。そんな時頼りになるのが、ここ数ヶ月間書き綴っているプレイバックネタですが、今日は久しぶりにアメリカ旅行のときのネタについて書いていこうと思います。

 アメリカ大陸上陸3日目、この日はサクラメントまで日帰りの旅を楽しみました。もちろん交通手段は列車。とはいっても、列車で日帰り旅が出来るところと思って探したわけですが、サクラメントには州立の鉄道博物館があることも大きな決め手になりました。

 アメリカ大陸の鉄道と言えばやはりアムトラックですね。第2次大戦以降、旅客機の発達とは反比例して鉄道の利用者は年々減っていき、長距離を走る列車はそれと共に廃止されていきましたが、現在も厳しい経営状態は変わらないようで、今後の行く末が心配されます。

 さてサンフランシスコには、「サンフランシスコ」という名前の駅がありません。しかも街中にはアムトラックの駅は存在せず、ベイブリッジを渡った対岸のオークランド地区までバスで行かなければなりません。このオークランドにあるエメリビル駅からサクラメント行きの列車に乗り込みます。

Emerivillesta
エメリビル駅

Capitolloco
サクラメント行きの列車

 写真などで見たアムトラックの車両は大柄な印象を受けましたが、実物を見るとやはり日本の車両に比べて大きいですね。このあたり、さすがはスケールの大きいアメリカだなと感心してしまいましたが、先頭に立つ機関車も大柄で無骨な印象を受けました。もっとも韓国にも同じようなスタイルの機関車がいますので、カルチャーショック的なものはありませんでしたけどね。

 車窓はほとんど記憶がありませんで(^_^;)、目的地のサクラメント駅に着いたときにはお昼を過ぎていた頃でした。さっそく歩いてすぐのところにある州立鉄道博物館へと向かいました。ここには鉄道が華やかな頃を偲ばせる展示品が数多く展示されていて、往年の頃に活躍した寝台車や食堂車など、実物の車両も展示されていました。しかしこのときはあまり写真を撮ってなかったようで、手元にはほとんど残っていません (T_T)。もっと撮っておけばといまだに後悔しきりです。

Californiarailroadmuseum
州立鉄道博物館

 また鉄道博物館周辺はオールド・サクラメントといって、1850年代の町の様子を再現した町並みがあります。こちらも周辺をうろうろしたくらいで、これといって買い物もしていませんでした。

 そしていよいよ帰りですが、レンガ造りのサクラメント駅から乗り込みます。ヨーロッパの駅を思わせるような雰囲気の駅舎で、構内には壁画もありました。ただお客さんが少なく閑散としていたのが今でも記憶に残っていて、やはり鉄道を利用する人が少ないんだなぁと改めて痛感させられてしまいました。

Sacramentsta
サクラメント駅

Picturesacramentsta
駅構内にあった壁画

 帰りもアムトラックでサンフランシスコまで乗ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.26

CS第1戦は大宮で開催~埼玉西武

 オリンピックでは散々だった野球ですが、昨日あたりからすでに自分のチームに戻ってプレーをしている選手もいて、熱いペナント争いが再開されました。そんな中、パ・リーグの首位を行くライオンズがリーグ制覇をした場合、CS(クライマックスシリーズ)第2ステージの初戦を県営大宮球場で開催すると発表されました。今年6月に行われた公式戦が好評だったことを受けてのものですが、これは正直驚きましたね。

 6月のゲームについては私も観に行ってきましたけど、予想以上の盛況ぶりで、来年以降はぜひとも数試合開催して欲しいと思っていました。実際に地元では来期以降の開催について要望をしているようですけど、まさかCSが行われるようになるとは、まさに夢のようですね。

 こうなればぜひとも観に行きたいところですが、如何せん球場のキャパが狭いこともあって、おそらくチケット発売と同時に完売になってしまいそうです。でも、観に行きたいですなぁ。もっとも、リーグ優勝したらの話ですが・・・(^_^;)。

 埼玉新聞の記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.25

【8/23】久々に見た

 おとといですが、東京総合車両センターを出て大井町から京浜東北線に乗り、浜松町で山手線に乗り換えて神田までやってきました。ちょうどお昼時だったので、立ち食いそば屋か近くで昼食と思っていましたが、お隣の中央線のホームに201系が入ってきました。

 中央線ではすでに少数派になってしまった201系ですが、やはりこれは乗りたいところ。東京行きだったため、折り返してくるのを待ちました。

 やってきたのは、中央特快大月行き。そのまま乗っていたいところでしたが、途中の飯田橋へ行く用事があったため、次の御茶ノ水で見送りました。

Kuha201107_kanda0808
久々に乗った中央線の201系(神田)

 201系といえば、東京総合車両センターの会場でスカイブルーに塗られた京葉線用の編成が展示されていましたね。こちらも近々209系500番台に置き換えられるようですので、そろそろその姿を見ておいた方がよさそうですね。実は先々週の日曜日、京葉線沿線に来た際に撮影しているんですけど、この日はあいにくの雨模様だったため、全く納得のいく絵になりませんでした(T_T)。一応↓に載せておきますけど、やっぱ好天のときに行きたいですねぇ。

Type201_siomi0808
京葉線の201系も載せておきます(潮見)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.24

【8/23】東京総合車両センター公開

 昨日の画像の整理がつきましたので、さっそくご報告したいと思います。大井町へ行く前、東横線のラッピング電車に乗ろうと思い渋谷駅にやってきましたが、ホームページに記された運行予定の時刻になっても現れず、見事フラれてしまいました(T_T)。ポケモン新幹線同様、こうしたラッピング電車の運行予定をホームページで知らせてくれるのはありがたいところですが、急な変更なども発生することがあるので、このときはやむをえないですね。仕方なく、先行する急行で自由が丘まで行き、大井町線に乗り換えて大井町までやってきました。

 さっそくイベント会場へ向かいました。まずは真ん中あたりにあるグッズ販売のブースへ。以前のようにカード類のブースに長い列が出来るという光景はありませんで、比較的平和な空気が流れていましたね。ただ個人的にはこれといって目ぼしいものが見当たらず、今回はスルーしてしまいました。

 続いて奥のほうにある車両展示のコーナーへ。まずはオールドタイマーのクモハ12系とEF5861号機の姿をカメラに収めました。

Kumoha12_tokyoworkshop0808

Ef5861_tokyoworkshop0808

Kumoha12ef5861_tokyoworkshop0808
往年の古豪の雄姿

 ステンレスの車両を普段見慣れていると、こうしたこげ茶色の車体も新鮮さを感じてしまいますね。61号機については去年11月に尾久で行われたイベントで見て以来でしたけど、ピカピカの車体が印象的でした。

 そのお隣では、現在活躍している車両が勢ぞろいしていました。今年は京葉線用スカイブルーの201系と東海道線用E233系、そしてEF65501号機とイベント列車「せせらぎ」が展示されていました。

Type201_tokyoworkshop0808

Ef65501etc_tokyoworkshop0808
現在の主力車両たち

 最新の車両から国鉄型の車両まで、バラエティに富んだ顔ぶれが並んでいましたね。

 この後は敷地内をブラブラしながらあちこち見て回りましたが、工場内の一角で人だかりが出来ていたので近くまで行ってみると、奥のほうで京葉線カラーに塗り替え途中の京浜東北線用の209系500番台がいました。

Type209_tokyoworkshop08081

Type209_tokyoworkshop08082
(2枚とも)京葉線カラーに変更中の209系500番台

 現在京浜東北線で使用中の209系500番台が京葉線に転属される話は以前から聞いたことがありましたが、これを見るといよいよ現実味を浴びてきましたね。先ほど見たスカイブルーの201系を置き換えるとのことなので、こちらもそろそろ見納めになりそうです。

 最後の最後で“お宝”ネタが見つかった今年の公開。雨がぱらぱらし始めたところで会場を後にいたしました。

 去年の様子はこちら

 関連記事
  ・TOMO様
  ・Kaz-T様

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.08.23

【8/18】板荷駅に降りてみる

 今日は東京総合車両センターの公開日。午後から雨が降ってくるとのことだったので、午前11時前に現地に到着しましたが、今年もいろいろと見どころ満載で充実したイベントとなりました。このイベントの模様についてはまだ画像の整理がついていないので後日にしたいと思いますが、まずは先日の日光へ出かけたときの続きを書いておきたいと思います。

 この日一番の目的だった日光駅の貴賓室を見た後は、東武日光駅周辺で昼食を済ませ、散策がてら神橋まで歩いて見ました。せっかく日光に来たのに何も観光らしいことをしないで帰るのもどこか気が引けるものですが、一番の観光地である東照宮にしても昔行ったことがある上に特段見たいと思わなかったため、大谷川にかかる日光橋から神橋を見て東武日光駅へ戻ってきました。

Sinkyo0808
神橋だけでも見てきました(^_^;)

 改札に設置された電光掲示板を見ると、ちょうど13時59分発の区間快速浅草行きが出るところだったので、改札を抜けて乗り場へと向かいました。乗り込むと、区間快速浅草行きはすぐに発車しました。

 当初は3時過ぎに東武日光を出る区間快速に乗って帰る予定でしたが、まだ早かったのでどこか途中下車したいところでした。特に観光したいところはありませんでしたが、日光線の新栃木と下今市の区間はなかなか降りる機会もなく全く未知のエリアだったため、板荷駅に降りてみることにしました。事前に調べたところ、駅のすぐ近くに良好な撮影地があるとのことなので、時間つぶしにはもってこいですね。

 改札を出て、まずは16時48分に新鹿沼を出るきぬ128号の特急券を券売機で買いました。特急券が買える高機能な券売機がここ板荷駅にもあったのには驚きでしたが、実際に使ってみるとなかなか便利ですね。無事に特急券を手に入れ、さっそく目的地である撮影地へとやってきました。ここは板荷駅から下今市寄りに歩いて5分ほど行った踏切で、上りは直線区間を走る姿を、下りはホームを出てからカーブする様子を見ることが出来ます。ただこの日は雨こそ降らなかったものの晴れ間がほとんどなく、撮影にはあまりいい状態とは言えませんでしたね。それでも何とかスペーシアや区間快速の6000系の姿を撮ることが出来ました。

Tobu100_itaga08081

Tobu6000_itaga0808

Tobu100_itaga08082
(3枚とも)板荷駅近くで撮影

 午後4時過ぎに撤収し、再び板荷駅に戻ってきました。駅に着いたときにはじっくり観察することが出来ませんでしたが、ここ板荷駅の駅舎は昔ながらの木造平屋という造りで、なかなか風情が感じられますね。東武にもまだこうした駅舎が残っているんだと改めて思いました。

Itagasta
板荷駅の駅舎

 16時28分発の区間快速浅草行きで板荷を後にし、新鹿沼で後続のきぬ128号に乗り換えて帰路に付きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.22

【8/18】日光駅貴賓室内部公開

 今週月曜日の続きです。春日部からは9時45分発の快速に乗り込みました。以前だったら日光・鬼怒川方面へ安く行こうというときに必ずお世話になったのが東武の快速列車でしたが、おととし3月のダイヤ改正で日中以降の快速列車は区間快速となり、東武動物公園より先の日光線の区間は各駅停車となってしまいました。そのため所要時間がそれまでよりも多くかかるようになってしまい、使い勝手が悪くなってしまいましたが、これも特急列車に乗ってもらいたいという東武の思惑があるんでしょうかね?幸い、朝方の下り4本と上り2本が快速で残り、今回は下り4本のうちの最後の1本に乗りました。

 お盆を過ぎた最初の日とはいえ行楽地を抱える沿線を走る列車とあってそれなりの混雑が予想されましたが、幸いボックス席丸々空いているところを見つけることが出来、そこに座りました。列車は関東平野を北へと進み、やがて利根川を渡ると、群馬県を経て栃木県へと入ってきました。このあたりまで来るとすっかりローカルな沿線ムードが漂ってきますが、やがて快速列車は日光線と鬼怒川線の分岐駅である下今市に到着しました。

Tobumoha6152_simoimaichi0808
朝方だけ残る快速列車(下今市)

 私はここで下車、歩いて1キロほどのところにあるJR今市駅へ移動することにしました。この後はこの日のメインであるJR日光駅の貴賓室の内部を見ることにしていましたが、せっかくならJR日光線にも顔を出さないと申し訳ないと思いました。一旦、日光寄りの少し離れたところにある今市郵便局に立ち寄ってからJR駅へ到着。日中1時間に1本程度という区間なので、すぐ電車が来るかどうか不安でしたが、幸い15分ほどの待ち時間で日光行きが来るとのことでひとまずほっとしました。さっそく手持ちのSuicaをタッチして中へ。日光線も今年春にSuicaが利用できるようになったばかりの路線で、今回Suicaで乗車するのは初めてでした。

 今市駅のホームでは、レトロ調の駅名標があちこちで見られました。今年3月に日光線を訪れた際、レトロ調のヘッドマークをつけた107系について紹介していますが(こちら参照)、車両だけでなく駅の設備にもこうしたレトロチックなイメージを取り入れているんですね。

Imaichiekimei1

Imaichiekimei2
(2枚とも)今市駅のレトロな駅名標

 やがて12時10分過ぎ、107系の日光行きが入ってきました。車内には観光客が多く見られましたが、やはり外国人の旅行者の姿が目立ちましたね。都心からだと真っ先に頭に浮かぶのは東武ですが、ちょうど18きっぷ適用の期間ということもあって、JRを利用する乗客も多いんでしょうね。

 わずか一区間とはいえ、5分ほど掛かって終点の日光駅に到着しました。

Kumoha1077_nikkou0808
日光駅に到着した107系電車

 一緒に乗ってきた乗客はすぐに改札を抜けてバス乗り場へと向かいましたが、私は改札の隣にある貴賓室へとやってきました。日光を訪れた皇族の休憩のために設けられたスペースで、室内はゆったりとした椅子や大理石の暖炉、それに年代モノのストーブなどが展示されていました。広さの方ですが、思ったほど狭かったですね。もっとも列車を待つ間の一時的なスペースでしょうからこの程度で十分なんでしょうけど、大正期につくられたとあって、その頃の香りが伝わってくる作りでした。

Kihinroomnikkou1
こちらから入ります

Kihinroomnikkou2

Kihinroomnikkou3
(2枚とも)貴賓室の内部。思ったよりも狭かった・・・。

Nikkousta0808
この駅舎も忘れてはいけませんね

 なお、窓口では、今回の公開を記念して記念入場券を発売していました。横長のD型硬券で140円でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.08.21

【8/18】野田線で出会った8000系初期修繕車

 今週の月曜日、この日は休暇を取って日光方面へ出かけてきました。目的は、JR日光駅で公開中の貴賓室見学だったんですが、実は前日までは他のところへ行く予定だったものの、夜遅くになって日光駅の貴賓室公開の情報を知り、急遽予定を変更した次第です。本来だったら行きか帰りかにJR日光線を利用するところでしょうが、うちからだと東武の方が断然安いので、今回は往復とも東武を利用しました。

 まずは大宮から東武野田線に乗って春日部を目指しますが、予定よりも少し早めに家を出てきたので、途中の東岩槻で降りてホーム撮りをすることにしました。線内を走るのが全て8000系ということもあって、車両のバラエティと言う点では魅力に欠けてしまう野田線ですが、その8000系の中でも異彩を放つのが初期修繕車の8104Fであります。私も何度かその姿を見たことはありますし、実際に乗ったこともあるんですが、撮影となると実はこれまで一枚もありません(^_^;)。いつかは撮ってやろうと思っていたので、今回うまいこと当たってくれたらという思いもありましたが、如何せん1編成しかないですからねぇ。こればかりは運まかせしかありませんでした。

 東岩槻に到着し、後続の下り列車を待ちます。やってくるのはいずれもオーソドックスな顔ばかりで、やはりうまいこと当たりませんねぇ。

Tobu8000_higasiiwatsuki08081

Tobu8000_higasiiwatsuki08082
野田線を走る8000系(東岩槻)

 そしていよいよ最後の一本となりました。この電車が来るまではさすがに今日はダメだろうと半ば諦めモードでしたが、岩槻方面から近づいてきたのは、これまでの2本とは明らかに顔つきが異なる車両でした。そう、一番待っていた8104Fだったんです!

Tobu8000_higasiiwatsuki08083
まさか出会えるとは・・・。待望の初期修繕車8104F(東岩槻)。

 いやぁ、まさかここで来るとは思っても見ませんでしたね。実は2週間前の土曜日、静岡へ行くために大宮で湘南新宿ラインを待っていたときに見かけているんですけど、このときは6番線ホームにいたため、撮影することは出来ませんでした。

 そんなわけで、この8104Fに乗って春日部へとやってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.20

第56代横綱若乃花

 「若乃花」というと、年配の方でしたら昭和30年代に活躍した、“相撲の鬼”と呼ばれた初代若乃花を思い出すでしょうし、最近では“若貴兄弟”のお兄ちゃんということになるでしょう。お兄ちゃんの方は若乃花としては3代目に当たりますが、私の場合は2代目の若乃花の印象が今でも強く残っています。2代目は昭和50年代半ばに活躍した、第56代横綱です。

 この人、私が相撲を観出したときに初めてファンになった力士だったりします。昭和53年といえば大横綱北の湖(現在の理事長ですね)が5連覇を成し遂げた年ですが、その年の夏場所後に横綱に昇進し、北の湖のライバルとして台頭してくるんじゃないかと期待されていました。実際、その年の九州場所では全勝優勝を成し遂げましたし、北の湖と同い年ということもあって、それまでの輪島に変わる新たなライバルになりえる存在でした。

 ところがその後怪我や成績不振があってあまり優勝回数も伸びず、北の湖より先に引退してしまいました。特に“大ちゃん”こと朝潮(こちらは高砂親方ですね)や富士桜といった押し相撲を得意とする力士にはよくやられていましたね。同じ高砂部屋の高見山には分がよかったんですけど、横綱でも取り口の悪い相手というのはいるようで、その後では大乃国と板井というのがありましたね。そんなわけで、北の湖と力を二分するところまでは行きませんでした。

 引退後は間垣親方として部屋を独立、間垣部屋を開き、関取を何人か育てていますが、今年に入り入ってから弟子に対する体罰の事件が発覚したあたりから雲行きが怪しくなってきました。そして今回の若ノ鵬の不祥事ですが、親方も脳梗塞を患うなど、最近報道の前に出てくるときの姿を見ると、あまりの痛々しい姿に正直つらいものがあります。現役時代は颯爽とした取り口で北の湖に勝った姿を見ているだけに、師匠および部屋の今後が大変気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.19

【8/17】大宮で快速東神奈川行きを見る

 おとといの出来事について、もう一つネタがありましたので書いておきます。それは蓮田でカシオペアや北斗星を撮影した後、東北線で大宮に戻ってきたときのことでしたが、京浜東北線に乗り換えようと1,2番線ホームへ向かったところ、9時44分発の快速磯子行きが2番線ホームで待っていました。もちろんそれに乗ってもよかったんですが、行先表示の掲示板を見ると次が54分発の快速東神奈川行きでした。

 実はこれ、1日1本だけ見ることが出来る “レア”な行先なんですよね。以前から気になる存在でしたが、今回うまい具合に当たったので、方向幕を押さえておきました。

Rapidhigashikanagawa
貴重な快速東神奈川行きの方向幕

 このときばかりはE233系でなくてよかったです。こちらだとLEDになってしまうので、やはり209系のほうがいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.18

日光線

日光線
これから日光まで乗車します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8104F

8104F
今日は1日休暇です。先ほど乗った東武野田線は8000系の原型顔でした。

なお、只今日光線で北上中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.17

【8/17】小雨の中、ブルトレを待つ

 昨日は自宅で大人しくしていましたので、今日はその分出かけてまいりました。まずは最近すっかりお馴染みになった蓮田の線路脇へ。あいづ号はお盆中運休なので、オーソドックスにブルトレを撮ることにしました。

 E231系で練習しながら、カシオペアの前に来たEF65牽引の貨物列車を一枚。国鉄時代からの青い塗装の方がしっくり来ますね>EF65。

Ef651064_hasuda0808
EF65牽引の貨物列車

 続いて今回のお目当てだったカシオペアがやってきました。定時で来るか心配でしたが、今日はしっかり定時で来てくれました。

Ef8199_hasuda0808
定時でやってきたカシオペア

 もちろんこの後は北斗星を狙いますが、待っていると下り線にEH500牽引の貨物が近づいてきました。しかも徐行で近づいてきたかと思うと、目の前で停車してしまいました。一体何があったのかわかりませんが、これは思わぬものを見ることが出来ました。

Eh50023_hasuda0808
目の前で停まったEH500

 いよいよ次は北斗星ですが、前回“ヒガハス”で撃沈した因縁(?)の列車だけに、待っている間は何とも緊張してしまいました。思ったより高速でやってきたのでブレることが一番心配でしたが、後で整理をしたらまずまず撮れていました。

Ef8182_hasuda0808
リベンジ達成~北斗星

 今日は雲が多いものの日中は何とか天気は持ちそうという予報でしたが、1日通して小雨交じりの雨が降るなど、総じてあいにくの天気でした。本来でしたら夕方に東十条で下りのカシオペアでもと思ったんですけど、東十条に到着した15時半頃になると雨脚も強くなってしまったので、本日は断念しました (T_T)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.16

ひかりレールスター廃止へ~JR西日本

 今日は珍しく自宅でのんびり過ごしていました。ここんところ週末の度に撮影で出かけていたので、日中は身の回りの整理整頓とかをやりましたけど、あまり片付きませんでしたねぇ(^_^;)。夕方近くになるとだいぶ草臥れたもんですから、結局中途半端な状態で終わってしまいました。

 そんなわけで今日のお題目ですが、すでに今週中頃には発表されたネタであります。こちらの記事によりますと、山陽新幹線で運転されているひかりレールスターが九州新幹線の開業する平成23年春を目処に廃止されることになりました。新大阪と鹿児島中央を結ぶ直通列車には、現行のN700系をベースとした車両が新たに製造されるとのことで、現在のひかりレールスターの車両はこだまに転用されることになります。

 ひかりレールスター、2,3回くらいしか乗ったことがないんですよね。いずれも短区間で乗っただけなんですが、廃止まであと2年ちょっとあるので、まだ余裕はありますね。幸い来年春に北九州の方で新線開業があるみたいなので、そのときにでも乗ってみたいところです。

 MSN産経ニュースの記事

7237012
平成23年春にこだまへ転進するひかりレールスター('04年7月・小倉)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.15

湘南色が復活!~しなの鉄道

 先月長野に行った際に乗ったしなの鉄道の169系ですが、何と9月13日から急行列車として活躍していた当時の湘南色に塗り替えられることになりました。これは信越本線の関山と軽井沢間が開業して今年で120年になることから、これを記念してのもので、来年の春くらいまで運転されるとのことです。

 先月乗ったとき、湘南色に塗りかえて往年の「リバイバル信州号」とか運転してくれたらなぁと思っていただけに、まさか実現されるとは思いもよりませんでしたね。ただ私が汽車旅を始めた頃は、すでに急行列車は全国的に減少の傾向にあり、わずかに残っていたのは東海道本線で運転されていた東海号くらいでした。おまけに湘南色の165系や169系の写真は手元にあまり残っていないので、これはぜひとも現地へ行ってその姿を拝みたいところです。

Kumoha16926_okaya9004
中央線で普通列車として活躍していた頃の169系(岡谷・1990年4月)

 信毎おでかけガイドの記事

 関連記事
  ・ひろっぴ様

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.08.14

プレイバック1998年~アメリカ旅行その2・初めてのMLB観戦

 北京オリンピック真っ盛りの今日この頃ですが、昨日から始まった野球はキューバに破れてしまい、早くも暗雲が立ち込めつつあるという状況になってきました。日本代表に置かれましては、昨日の敗戦にめげずに、新たな気持ちで戦っていってもらいたいものであります。

 さて今日のお題目ですが、1週間ぶりに10年前のアメリカの旅について書こうと思います。サンフランシスコの市内観光を楽しんだ翌日は、大リーグの試合を観戦しました。この旅の目的の一つでしたが、当時本場アメリカから衛星中継で流れる野球中継を観て、ぜひとも一度はナマで体験したいと思っていました。このときはジャイアンツの試合が地元で行われるとのことで、試合の前日に市内でチケットを手に入れておきました。

 当時のジャイアンツといえば、何といってもバリー・ボンズですね。この3年後に73ホーマーで大リーグ記録を達成することになるわけですが、もちろんこのときの一番の楽しみは、やはりボンズ選手のホームランでした。

 ジャイアンツの当時の本拠地である3コムパークに到着すると、ちょうどアトラクションが行われていて、球場内ではさまざまな衣装を身にまとった犬が飼い主に連れられて球場内を回っていました。当時日本ではこうしたアトラクションはまだあまり見られなかったので、何とも新鮮でしたね。

 この日の相手は、東部地区に属するフィラデルフィア・フィリーズ。カート・シリングがエースとして活躍していた頃で、ぜひともこのシリング投手のピッチングを見たいと思っていましたが、先発投手が彼であることを知ったときには、正直得した気分になりました。

 そのシリングとジャイアンツの先発オルティスの投げ合いで始まりました。ジャイアンツのオルティスはこの年がルーキーのシーズンでしたが、後にジャイアンツのエースとして活躍することになります。3回まで両チーム無得点でしたが、4回裏にボンズのソロアーチで均衡が破れました。このときの地元ファンの歓声が今も忘れられないですね。何しろ地元チームの主砲が先制のホームランを放ったわけですから、盛り上がらないわけがないですけど、しかも打ったのが球界を代表する投手からですから、その歓声もなおさらでしょうね。

 その後、6回表にフィリーズが一気に若い投手に襲い掛かり、一挙4点を取って逆転しました。7回にも1点を取られ、フィリーズ優勢で迎えた7回裏、攻撃が始まる前に地元のファンが一斉に立ち上がりました。「セブン・ストレッチ」と呼ばれ、MLBの試合では必ず歌われる「Take Me Out To The Ballgame」が球場全体に流れました。このときはオルガンなどの演奏ではなく、地元のコーラスクラブかなにかによるアカペラで歌われました。

 その7回裏、ジャイアンツが反撃に転じます。ここで登場したのが、先ほどホームランを放ったボンズ。何とここでこの日2本目となるホームランを放ちました。このときは、先ほど以上に大歓声が沸きましたね。

 その後、1点差まで詰め寄ったものの、シリングの粘投で地元ジャイアンツは敗れてしまいました。

 当時は’95年にデビューした野茂選手が3年目のシーズンで、まだ日本人選手が少ない頃でしたが、試合前のアトラクションありブーイングありと、MLBの見どころ満載といった試合となりました。

 なお蛇足ですが、この試合のスコアをネットで検索出来るかどうか調べてみましたが、何と探し当てることができました。日にちすらすっかり忘れていましたけど、かなり古いデータでも検索することが出来るんですね。日本のプロ野球でも検索が出来るのかどうかわかりませんが、普段は球場に行ってスコアをつけることをしないので、こうしたサイトがあると助かります(検索したサイトはこちら)。

3compark98
ジャイアンツの当時の本拠地だった3コムパーク

Sfgiantsplayersign
試合前の一こま。選手がスタンドでサイン会を行っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.13

【訃報】元関脇・荒瀬氏

 少し遅くなってしまいましたが、昭和40年代後半から50年代にかけて幕内で活躍していた元関脇の荒瀬氏が11日に亡くなられたそうです。荒瀬の現役時代は今も印象に残っていまして、相撲を見だした昭和53年当時は幕内上位で活躍していました。独特のもみ上げにあわせ、相手をがぶって寄る相撲はなかなか迫力がありましたが、全盛期を過ぎていたこともあって横綱や大関にはあまり勝てなかった記憶があります。特に当時圧倒的な強さを誇った横綱北の湖との対戦では、元から勝てる望みもなかったことから、対戦を見る前から諦めかけていましたね(^_^;)。

 ただ豪快ながぶり寄りは今も忘れることが出来ないですし、同部屋の横綱輪島が土俵入りをするときは、太刀持ちや露払いとして登場する姿が今も印象に残っていますね。

 59歳という年齢はあまりにも若い逝去でした。氏のご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.12

【8/10】臨時特急新宿あがつま草津号を地元で撮る

 土曜が少し遠方へ出かけたこともあって、次の日は午前中まで自宅でのんびりと過ごしました。若い頃だったら週末まるまるどこかへ出かけるなんてことは何でもなかったんですが、さすがに年を追うごとに感じる体力の衰えは何ともしがたいものがあります。ただおとといはここ最近には珍しく比較的涼しい1日で、どこかへ出かけたくなるような気分でした。そんなわけで、あまり遠方へは行けないため、地元でのんびりと撮り鉄することにいたしました。

 で、何を狙おうかと考えたところ、前の週に流鉄に乗りに行った帰り、南浦和から乗った京浜東北線の車内で見かけた臨時特急の新宿あがつま草津号を思い出しました。この列車については多くの方がblogなどで紹介していますが、目的地に近い草津温泉の様子をあしらった特製のヘッドマークを装備しているとのことで、ぜひともその姿を自分のカメラに収めておきたいと思いました。

 午後2時過ぎ、高崎線の下り電車で宮原にやってきました。新宿あがつま草津号が来るのは1時間後。まだたっぷり余裕がありましたが、この列車を狙うファンの方も多いとのことで、少し早めにやってきた次第でした。この時点では上りホームの上尾寄りの端はまだ誰もいませんでしたが、次第にカメラを持ったファンが数人集まってきました。

 しばらくの間、E231系や211系を練習台にして撮影に興じていましたが、午後3時15分過ぎ、いよいよ目当ての列車がやってきました。

Type185_miyahara08083
温泉地草津らしいヘッドマークを装備した特急新宿あがつま草津号(宮原)

 特製のヘッドマークは、種別幕のところにステッカーを貼っているんですね。改めて見ると、なかなか細かいイラストで、温泉地草津らしさが感じられます。

 これで目的は達成しましたが、まだ時間があったので、一旦改札を出て大宮寄りの線路傍で撮り鉄をしました。

Type185_miyahara08082
こちらは後続の上野行き特急草津32号(大宮ー宮原間)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.11

【8/9】しずてつ電車まつり in 長沼工場

 おとといの続きです。清水駅到着後、静岡鉄道に乗り換えるため新清水駅へ移動します。新清水駅は学生時代に乗り潰し目的で来て以来でしたが、このときは新清水駅に到着したのが日も暮れてからだったため、駅周辺の様子や清水駅までのアクセスが全く記憶に残っていませんでした。最悪バスに乗ってしまうことも考えましたが、改札前にあった周辺地図を見て比較的わかりやすい道のりであることがわかりほっとしました。まずはちょうど昼時ということもあり、駅周辺でランチタイムにすることに。アーケード街の一角にあった「ランチ700円」と書かれた寿司屋の看板に引かれ、ここで昼食を食べました。清水といえば日本でも有数の港町。出来れば新鮮な魚介類でもと思っていましたが、マグロや海老が入った海鮮丼は量も程ほどで、しかも味噌汁が付いていました。

Kaisendon_simizu0808
この日のランチ

 腹も満たされたところで再び新清水駅へと目指します。アーケード街を抜け、東海道本線の線路を渡ってすぐのところに新清水駅がありました。一度来たはずなんですけど、前回は夕暮れ時だったので全く記憶がありませんね(^_^;)。ただ、窓口で当時はまだ売っていた硬券入場券を買ったのだけは覚えているんですが・・・。

 さてこの後ですが、すぐに電車には乗らず、すぐ近くを流れる巴川のほとりでしばらく撮影をすることにしました。新清水駅を出た電車はすぐに巴川にかかる橋を渡るんですが、この橋を渡る様子を川のほとりから撮影することが出来ました。

Shinsimizusta
新清水駅

Sizutetsu1000_sinsimizu0808
巴川を渡る静鉄1000系

 如何せんこの日は30度はゆうに越えていて、とても長い時間立っていられない程でしたので、ほどほどで止めて新清水駅へ戻りました。長沼までの乗車券を券売機で買ったあと、窓口にあったJoycaのラッピング電車をあしらった1000系のBトレインショーティを一箱買ってからホームに入りました。ちょうど電車が入ってきたところで、運転台には電車まつりを告知するヘッドマークが取り付けられていました。

Sizutetsu1000_shinsimizu08082
「電車まつり」ヘッドマークを付けた1000系(新清水)

 そこそこ撮影しているうちに発車時刻となったため、慌てて乗り込むと電車は新清水を発車しました。先ほど被写体となった巴川の鉄橋を渡り、すぐに東海道本線の線路が近づいてきたと思うと、しばらくの間その横を平行して走ります。東海道本線の電車でこのあたりに差し掛かるとお馴染みの車窓ですが、追い抜いたり追い越されたりする様子を車内から見るのはなかなか迫力がありますね。その平行区間も狐ヶ崎を過ぎたあたりで一度離れ、県総合運動場駅を過ぎたあたりで再び近づいてきたかと思うと、その上をオーバークロスしていきました。

 住宅街の中を行き来するため、総じて単調な景色でしたが、電車は目的地の長沼に到着しました。さっそく会場となっている長沼工場へ向かいます。最初に受付で名前を書き、傷害保険料100円を支払ってから中へ入ります。鉄道系のイベントで料金を徴収したのは実は今回が初めてで、多少の違和感がありましたが、万一のときに備えてのことと思いますので、ある意味丁寧な対応といえるかもしれませんね。

 会場内ではミニ汽車や飲食物のコーナーに多くの人が集まっていましたが、私は人が集まっていたこれらのテントを横目に車庫の手前にひっそりと置かれていた古めかしい木造車両の前にやってきました。この電車はデワ1号といい、車両の中心に荷物が積めるスペースを持った電動貨車です。大正15年に製造され、現役時代は特産品のお茶などを清水港へ運搬していたそうですが、貨車といえば機関車に引かれていく車両がまず頭に思い浮かべるので、自走できる貨車というのはなかなか貴重な存在です。

Naganumaworkshop
長沼工場の様子

Sizutetsudewa1_naganumaws0808
電動貨車・デワ1号

Dewa1handle
デワ1号の運転台

Washing_naganuma0808
洗車体験中の電車

 その後、事務所内の写真コーナーを見てから会場を後にしました。30分もいたかどうか怪しいですが、貴重な車両を見ることが出来、有意義なときを過ごせました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.08.10

【8/9】東海道本線駅撮り巡り

 現地からもぶろぐを送りましたが、昨日は静鉄の長沼工場で開催されていたイベントに行ってきました。5時半に自宅を出発、大宮発6時11分発の湘南新宿ラインに乗って平塚までやってきました。大宮ではホリデーパスを買ったため、フリー区間の切れるここより先の乗車券を買うため、ここで一旦途中下車しました。

 その平塚駅ですが、駅構内では警察官が数人巡回していました。多分7月に発生した通り魔事件を受けてのことだと思いますけど、何とも物騒な世の中になったものです。

 その後、後続の列車に乗り込みましたが、そろそろ上りの富士・はやぶさが通過する時刻が近くなってきたので、どこかで降りて撮影しようと思っていました。東京口のブルトレは年々本数を減らしてしまい、現在は富士・はやぶさの一本だけとなってしまいましたが、食堂車が営業していた頃の姿を知っている身にとっては、供食設備がないに等しい現在のブルトレには魅力を感じないですね。夜遅く出て朝早くに到着するのであれば別ですけど、航空運賃が廉価になった今となっては廃止もやむなしといったところでしょうか。

 さて、その富士・はやぶさを撮影しようと思いましたが、やはり考えることは誰も一緒のようで、各駅とも熱海寄りのホームにはカメラを抱えた人の姿を見かけました。結局根府川で下車し、改札へ通じる跨線橋に陣を構えることにしました。

 8時40分過ぎ、EF66に牽引された富士・はやぶさがやってきました。

Ef6653_nebukawa0808
根府川駅を通過する富士・はやぶさ号

 絵的にはイマイチですが、一応ヘッドマークが入っているので、よしといたしましょう(^^)。

 再び東海道線の旅を続けます。根府川9時4分発の伊東行きを待っていると、やってきたのは185系でした。以前から朝方の下りに185系使用の普通列車があることは知っていましたが、何か得した気分になりますね(^^)。

Type185_nebukawa0808
185系使用の普通列車(根府川)

 熱海で9時37分発島田行きを待ちますが、ホームには通勤ラッシュよろしく列車を待つ人の列が伸びていました。昨日は盆休みの初日ということもあって、東海道線内の列車はどれも通勤電車並みの混雑でしたね。特にJR東海エリアに入ると短い編成になってしまうので座席の争奪戦が激しいものになりますが、中にはトイレがないこともあるので、あまりギチギチな行程は避けておきたいものです。

 そんな混雑した車内でしたが、元々次の函南で下車する予定でしたので、少し我慢するだけで済みました。この後、富士、蒲原と下車し駅撮りを楽しみました。富士では189系の回送、蒲原ではEF210の貨物がやってきました。

Type313_kannami0808

Type189_fuji0808

Ef2105_kanbara0808
(上:函南、中:富士、下:蒲原)

 こうして11時半過ぎ、目的地の清水に到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.09

しずてつ

しずてつ
長沼に来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.08

プレイバック1998年~アメリカ旅行その1・サンフランシスコ散策

 ここ最近は、週末に出かけたときのネタが豊富だったこともあって、あれこれ書きやすい日々が続いていましたけど、今日はとうとう尽きてしまいました(^_^;)。それでも何か書いておきたい性分なこともあり、今日は久しぶりに1998年ネタを行こうと思います。

 タイトルにあるとおり、1998年の8月から9月にかけてアメリカへ旅しました。サンフランシスコとシアトルを中心とした西海岸の旅で、もちろん両方の都市間の移動にはアムトラックを利用しました。この両方の都市間には、「コースト・スターライト号」という列車がありますけど、現地に行って取れないと洒落にならないので、事前に国内の旅行会社で乗車券の手配をしてもらいました。今だったらネットの予約で出来そうなんですけど、当時はまだ鉄道のきっぷをネットで購入すること自体慣れていない時期でしたので、多少手数料が高くてもこの方法を取らざるを得ませんでした。

 そんな汽車旅も楽しみの一つでしたが、もちろん合間にはそれなりに観光もしてきました。今日はその最初の滞在地であるサンフランシスコで観光したときの模様をご紹介します。市内の移動は何といっても名物のケーブルカー。サンフランシスコに来たからには絶対に外せない乗り物ですね。このケーブルカーは海岸沿いにあるフィッシャーマンズワーフへ行く際に利用しましたけど、坂の多い街を縫うように走る姿は、むしろ路面電車といった風情でした。

Cablecarsf1
サンフランシスコ名物のケーブルカー

Cablecarsf2
ケーブルカーからの車窓

 フィッシャーマンズワーフからは湾内一周のフェリーに乗り、巨大な金門橋やかつての監獄があったアルカトラズ島のすぐ側まで近づくことが出来ました。

Goldengatebridge
霧に隠れた金門橋

Alcatrazisland
かつての監獄・アルカトラズ島

 そしてサンフランシスコといえばチャイナタウン。世界で一番大きな中華街ですが、夜は別のところで食事をしたため、ここで食べられなかったのが残念ですね。

Chinatownsf
サンフランシスコのチャイナタウン

 またサンフランシスコにはFラインと呼ばれる路面電車があり、PCCカーと呼ばれる都電で活躍したのと同じタイプの車両がいました。しかし、どちらかというと観光地から離れたところを走る路線なので、結局一区間くらいしか乗ることが出来ませんでしたね。車両が個性的なので、時間があればこれをメインに乗ってみたかったところでした。

Streetcarsf
レトロな雰囲気のストリートカー

 他にも“バート”と呼ばれる都市鉄道もあり、こちらにも乗ってきました。現在は空港を結ぶ路線があるようですね。もちろん当時は空港から市内まではバスで移動しましたが、やはり渋滞知らずで行ける鉄道があると便利ですね。

Bartsf
サンフランシスコ周辺の都市を結ぶバート

 上陸初日はいろいろとてんこ盛りな1日でしたが、翌日は念願のMLB観戦でした。こちらについては次の機会にでも書こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.07

あれから63年・・・

 1日遅れですが、昨日8月6日は広島に原爆が投下されて63年目に当たる日でありました。毎年この日と8月9日が来る度に、つくづく現在の平和な世の中がいかにありがたいものか、考えさせられることになりますけど、現在も被爆の後遺症に苦しむ多くの方がいらっしゃることを考えれば、絶対に忘れてはならないと思います。

 さて、今日は広電の“被爆電車“について取り上げたいと思います。文字通り、8月6日の原爆投下の際に被爆した車両のことで、近年まで4両の被爆電車が現役で活躍していましたが、その後、653号と654号は廃止となり、654号は広島市内の博物館に寄贈されたそうです。その654号は今から2年前の1月にオフ会で乗車しました。

 一見すれば、被災した車両とはわからないですが、貴重な歴史の証人として、後世に伝えていって欲しいものです。

Hiroden654_hakushima1

Hiroden654_hakushima2
(2枚とも)在りし日の”被爆電車”654号(白島)

 蛇足になりますが、昨日は被爆電車について、こんな事件もあったようです。ほんと、許しがたい行為で憤りを感じる次第であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.06

【8/3】これまでと変わらず~流鉄流山線

 日曜日のネタもこれが最後となります。上野から常磐線に乗り、途中松戸で各駅停車に乗り換えて馬橋までやってきました。馬橋といえばもう目的は何かわかってしまいますが(^_^;)、8月に社名変更した流鉄流山線の様子を見にやってきました。

 さっそく西側の流鉄線乗り場へと向かい、改札の前に設置された券売機で乗車券を買いました。車両や設備などには大きな変化はないようなので、一番の関心はやはり社名が入っているきっぷ類がどうなるかでしたが、券売機発行のきっぷは「流鉄線」と記されていて、社名変更に対応していました。続いて窓口で硬券入場券を買って見ましたが、こちらは新券の印刷がまだなのか、旧社名のままでした。窓口の近くに、一部のきっぷ類は当面旧社名入りで対応する旨の貼紙が告知されていましたので、切り替えにはまだ時間がかかるようですね。

 しばらくホームで待っていると、流山方面から電車が入ってきましたが、やってきたのは2週間前に乗った「明星号」2003Fでした。

Ryutetsukuha21_mabashi0808
社名変更後、初めて乗車した「明星号」(馬橋)

 明星号は馬橋駅を発車しました。2週間前のときと同様、週末の日中ののんびりとした雰囲気が車内に漂っていましたが、何だか2週間前のビデオ映像を見ているような気分でしたね。ただ今回は平和台では降りず、終点の流山まで乗り通しました。

Nagareyamasta0808
流山駅に大きな変化はなし

Ryutetsu2000_nagareyama0808
流山駅の構内でのんびり佇む「なの花号」

 ここも特に変化はなく、構内には「なの花」2005Fが停車していました。一応駅前で駅舎を撮影しておきましたが、ここも硬券入場券に変化はないと考え、券売機で乗車券を買ってすぐに折り返しの馬橋行きに乗り込みました。

 そのまま帰るのもつまらないと思い、小金城址で途中下車。すぐ近くの線路傍で撮影タイムといたしました。しかし時刻は午後2時を回った頃。電車を待っている間、夏の日差しが容赦なく体に照り付けていました(+o+)。

Ryutetsu3000_koganejyoshi0808

Ryutetsu2000_koganejyoshi0808
(2枚とも)小金城址駅近くでの一こま

 さて帰りですが、ここから南流山駅まで歩いていってみることにしました。地図で見ると、鰭ヶ崎駅と南流山駅では2キロ弱といったところで、実際に歩いても20分かからないくらいで到着しました。恥ずかしながらこれは今まで知りませんでしたね(^_^;)。これまでは新松戸と幸谷の乗り換えがメインでしたが、次回以降このコースも考慮したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.05

【8/3】ポケモンラッピング新幹線&山手線

 おとといの続きなんですが、話をホリデー快速河口湖号に乗る前まで戻します(^_^;)。大宮駅には朝の7時過ぎに到着しました。これから乗車するホリデー快速河口湖号の発車は8時18分なのでまだまだ時間がたっぷりありましたが、1時間近く早く到着したのには訳がありました。それは、この日7時台にやってくる上りの新幹線にポケモンのラッピング編成が充当されているとのことで、それを撮影するためでした。実は秩父鉄道沿線に出向いた前の日も、大宮に戻ってきてから入場券を買ってホームで撮影していました。

 カメラを持ったギャラリーが前日は何人かいらっしゃっていましたが、この日はまだ時間が早いせいか誰もいませんでした。おかげで心置きなく撮影できましたが、一本はE4系重連の後方にいたこと、もう一本はやや正面寄りに構えてしまったため、あまりいい出来栄えではありませんでした。そんな状況でしたが、前日撮影した分と合わせて載せておきます。

E4_omiya08081
2日のMaxやまびこ112号に充当されたE4系のラッピング編成(大宮)

E4_omiya08082
こちらは翌3日、Maxたにがわ472号に充当されたE4系(大宮)

Pokemonwrappinge4
E4系にラッピングされたポケモンのキャラクター

E2_omiya0808
なすの264号に充当されたE2系1000番台(大宮)

 そして話は一気に東神奈川まで飛びます(^_^;)(^_^;)。東神奈川からは京浜東北線に乗り換えて都心方面へと向かいましたが、特に細かな時間などは決めていませんでしたので、次の新子安で下車しました。ここは東海道本線を行き交う列車の撮影のために降りたところでしたが、今回は横浜寄りで構えてみました。

Type209_sinkoyasu0808

Type211_sinkoyasu0808

Type251_sinkoyasu
(3枚とも)新子安滞在中、やってきた車両達

 余計な話ですが(^_^;)、どういうわけかおとといは京浜東北線の209系500番台姿をあちこちで見かけましたね。たまたまだったのかはわかりませんけど、大宮駅でホリデー快速河口湖号を待っているときに見かけたのから始まって、次はここ新子安で、そして帰路に付くべく南浦和からさいたま新都心まで乗っている途中と頻繁に見かけました。ただ、その割には一度も乗ることは出来ませんでしたね(T_T)。

 一通り撮影した後は一気に都心方面へとやってきましたが、東京駅の山手線ホームをふと見ると、ポケモンがラッピングされたE231系が停車していました。現在開催中のスタンプラリーに合わせ今月に入ってから運行を開始したそうで、私も秋葉原でこれに乗り換えました。

 車内はポケモン関連の広告一色で、ポケモン尽くしといったところでしたが、上野駅で下車した際、光の関係からあまりよく撮影できていなかったのはちょっと残念でしたね(T_T)。また週末あたり、再チャレンジしてみようかしら?

Kuhae230548_ueno0808

Pokemonwrappinge231hm

Yamanotelinepokemonstamprallylogo
(3枚とも)スタンプラリーに併せて登場した山手線ラッピング編成(上野)

 この後は上野駅のコンコースにある回転寿司屋で昼食を撮り、常磐線快速で後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.04

【8/3】横浜線開業100周年ヘッドマークを見た

 おとといに続き、昨日もカメラ片手に方々をうろついてまいりました。大宮駅8時18分発のホリデー快速河口湖3号でスタート。使用されている189系は元特急型の車両とあって快適ですね (^^)。そのまま乗り続けていたいところでしたが、私は八王子でこの列車を見送らなければなりませんでした。

Kuha1898_omiya0808
昨日のスタートは、この列車から(大宮)

 ここから横浜線に乗り換えます。横浜線といえば今年開業100周年を迎えましたが、それに併せたイベントもいろいろと開催されます。そんな中、今月から記念のヘッドマークを装着することになりました。ヘッドマークは2種類で、6編成に取り付けられるそうですが、すでに装着された編成が運用についているというネットの情報が見つかりましたので、それを見るために横浜線沿線にやってきた次第であります。

 とりあえず横浜線乗り場へとやってきましたが、ホームに停車していた205系にはヘッドマークはありませんでした。どれくらいの確率で遭遇できるのかは全く見当が付かないため、まずはこの列車に乗って先を目指すことにしました。

 事前に横浜線の撮影地について調べていましたが、そのうちの一つである成瀬は八王子寄りに構造物が出来てしまい、うまい具合に撮影が出来そうにありませんでした。続いて紹介されていた長津田で構えてみることにしましたが、ここでは開業100周年の横断幕がお出迎えしてくれました。

Yokohamaline100yearoudanmaku
記念の横断幕(長津田)

 横断幕には横浜線で代々使用された車両のイラストが描かれていて、欲しくなってしまうほどの出来でした。このイラストですが、3月に開業したグリーンライン乗り潰しの帰りに中山駅でこれと同じイラストのフラッグがあったのを思い出しました。9月に小机駅で関連のイベントが行われるそうですが、このイラストが描かれたグッズとかあれば欲しくなりますね。

 ここで先にいらした方から、ヘッドマークつきの編成が30分ほど前に桜木町方面に行ってしまいしばらく来ないという耳寄りな情報をいただきました。さすがに暑い中待っているのもしんどかったので、先まで行って桜木町から折り返してくる列車を狙うことにしました。

 出来れば対面式のホームがある駅と思っていましたが、そうこうするうちに小机駅まで来てしまったため、ここで待ち構えてみました。巨大な横浜アリーナを見ているうちに新横浜方向からヘッドマークを掲げた205系が近づいてきました。

Type205_kodukue0808
開業100周年のヘッドマークをつけた横浜線用205系(小机)

Yokohamaline100yearhm_2
ヘッドマークを拡大したところ

 決して派手なデザインではありませんが、かつてウグイス色の103系が「横浜線」と記されたヘッドマークを運転台の下につけて走っていた姿を思い出しますね(^^)。

 結局横浜線内で昨日見たのはこの1編成のみでした。今後さらに編成が増えるものと思いますので、もう一つのヘッドマークも見に再訪したいですね。

 関連記事
  ・Kaz-T様

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.08.03

【8/2】祭りヘッドマーク~秩父鉄道

 今日も朝早くから活動していましたが、日中のあまりの暑さで帰る途中に少し吐き気をもよおすようになりました(^_^;)。幸い我慢できたので事なきを得ましたけど、厳しい暑さがこれからも続くだけに、体調管理には十分注意しないといけませんね。

 そして昨日は漫画家の赤塚不二夫氏が亡くなるというニュースが飛び込んできました。子供の頃、氏の代表作である「天才バカボン」や「ひみつのアッコちゃん」をTVアニメで観ていましたが、当時の時代背景が至るところに表現されているものの、ギャグやストーリーは決して古臭くなく、今観ても楽しめると思いますね。この2つのTVアニメは後にリメイクされていますが、その点からも古さを感じさせない斬新さを感じさせてくれます。

 氏の冥福をお祈りすると共に、3年前の11月に訪問した青梅の赤塚不二夫会館の様子について書いた当blogの記事もご紹介したいと思います。

 さて、この後は昨日の続きを書いていきたいと思います。昨日の大きなミッションは秩父鉄道のリバイバルカラー編成についているヘッドマークの撮影でしたが、今回は桜沢と寄居の区間に適当な撮影地があるというネットの情報を基に、撮影地の新規開拓と相成りました。その撮影地ですが、玉淀駅から歩いていける距離にあるとのことで、さっそく寄居寄りの踏切を渡り目的地を目指します。ところがここで、尿意をもよおすようになってしまいました。玉淀駅ではさほどでもありませんでしたが、歩いているうちに次第に我慢ならない状況になりつつありました。さすがに路上でというわけにはいかず、仕方なく桜沢駅まで行って用を足すことにしました。さすがにここだったらトイレはあるだろうと思ったわけですが、この駅は改札がホームの先端にある上に歩道橋のような階段を昇り降りして行かないとたどり着けない構造になっているため、駅員さんに聞くためその階段を上がったり下がったりして出札口へとやってきました。その駅員さんによれば、トイレは構内ではなく駅前の駐車場の一角にあるとのこと。確かにコンクリのブロックで造ったトイレがそこにありましたが、これといって表示もなくちょっと不親切でしたね(T_T)。

 無事トイレを済ませ、この後はいよいよ撮影タイムです。当初目指したのは桜沢と寄居のちょうど中間くらいのところにある小さい踏切の近くでしたが、その先に線路と国道140号線が交差する陸橋があり、そこから撮影できそうな感じでしたので、今回はここに陣を構えることにしました。

 その陸橋へ行く途中、踏切の警報機が鳴り出しました。熊谷方面の電車が来るようで、先を見るとカナリアカラーのリバイバル編成でした。ここから陸橋までは少し距離があったため、急遽カメラを取り出し、すぐ近くの線路傍で捕まえました。

Chichibu1000_sakurazawa0808
長瀞船玉まつりのヘッドマークをつけたカナリアカラーの1000系(桜沢ー寄居間)

 カナリアカラーに取り付けられていたのは、長瀞船玉まつりのヘッドマーク。秩父鉄道のサイトには4種類のヘッドマークが載っていましたが、どの編成にどのヘッドマークが取り付けられているのかは記されていません。

 この後、目指す陸橋の上で行き交う列車を撮影しました。ここは秩父鉄道の隣にJR八高線の線路も並んでいて、状況次第では両者が併走するシーンも見られるようですが、私がいた午前10時台は上下とも列車はありませんでした。

 それにしても、日陰もない陸橋の上からの撮影は、この時期はツライものがありますね(^_^;)。待っている間、夏の日差しが容赦なく照り返してくるため、すっかり汗だくだくになってしまいましたが、すぐ近くにある飲み物の自販機がこのときばかりは輝いて見えたものでした。

 11時10分前にパレオが通過したところで撮影終了となりましたが、残念ながらリバイバルカラー編成は来ませんでした(T_T)。

Chichibu302_sakurazawa0808

Chichibu5000_sakurazawa0808

C58363_sakurazawa0808
やってきた車両達(桜沢ー寄居間)

 この後、先ほどから見えていた自販機に直行し、冷たい飲み物で咽を潤してから、帰路につくべく桜沢駅へと向かいました。この後は熊谷へ経由して帰路につくことになりましたが、やってきたのは元都営の5000系。これが最後の砦だっただけに残念でしたね(T_T)。そんなわけで、結局昨日見ることが出来たリバイバルカラーはカナリア色の一編成のみでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長津田

長津田
横浜線乗車中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.02

【8/2】東上線で玉淀を目指す

 ここ2,3日は比較的しのぎやすい気候でしたが、週末の今日は再び夏らしい日差しが戻ってきました(^_^;)。そんな中、今日も朝早くから“鉄”活動をしてまいりましたが、今回のお題目は秩父鉄道のリバイバルカラー1000系に沿線で開催されるお祭にちなんだヘッドマークが取り付けられているとのことで、これを見にいくことでした。

 秩父鉄道は2週間前にうちわ祭関連のヘッドマーク列車を撮影したばかりで、このときは熊谷経由で沿線に向かいました。そこで今日は東武東上線回りで行くことにしました。

 朝の7時前、武蔵野線の北朝霞に到着しました。予定より少し早めに家を出たので、ホーム先端の新座寄りで少し撮影することにしました。すると、EF66の100番台が牽引する貨物列車がちょうどやってくるところでしたので、今日最初はこれを撮影しました。

Ef66132_kitaasaka0808
武蔵野線を走行する貨物列車(北朝霞)

 駅前にあったファストフード店で朝食を済ませてから東武東上線の朝霞台駅へ向かいましたが、川越を8時27分に発車する快速急行小川町行きがあることがわかったので、まだ時間に余裕がありました。そこでいくつかの駅で降りて撮影しながら川越へ行くことにしました。その前に下りホームの川越寄りでカメラを構えました。特に期待はしていませんでしたが、ここでは8000系や有楽町線の7000系が来ました。

Tokyometro7000_asakadai0808

Tobu8000_asakadai0808
(2枚とも)朝霞台で見かけた車両達

 ちょうどやってきた各停の志木行きに乗って、一旦志木まで行ってからその先を目指します。この後は新河岸駅の川越寄りが午前中撮影に適しているということなので、ここで構えてみることにしました。10000系の各停が行った後に準急池袋行きが来ましたが、TJライナー用の50090系が充当されていました。

Tobu50090_singasi0808
準急運用に就く50090系(新河岸)

 TJライナーや快速急行で運用に就いているときは座席をクロスシートにしていますが、準急運用のときはロングにしていました。運用によって座席の向きを変えることが出来る“デュアルシート”は近鉄の5800系が知られていますが、関東ではほとんど聞いたことがありませんね(もしかすると、これまでなかったかもしれませんが・・・)。

 この後、各停で川越へ行き、後続の快速急行を待ちましたが、やってきたのは何と10000系でした。てっきり50090系が充当されているものと思っていたので、これはちょっとがっかりでしたね(T_T)。出来ればクロスシートで小川町まで行きたかったところでしたが、朝早くで缶ビールなどを買ってなかったので(缶コーヒーは買いましたけど)、これもネタの一つといたしました。

 川越で乗ったときは学生さんが多く乗っていましたが、坂戸でほとんど降りてしまいました。坂戸から伸びる越生線沿線に大学があるので、そこへ通学する学生さんでしょうか?ガラガラとなった車内のまま、終点の小川町に到着しました。

Tobukuha11642_ogawamachi0808
10000系が充当された快速急行(幕が変わってしまいました(^_^;))

 ここからは寄居行きに乗り換えです。ここから先は車両数も減少し、すっかりローカルカラーが強くなりますが、私は終点寄居の一つ手前、玉淀で下車しました。

Tobukuha81119_tamayodo0808
玉淀駅を発車する寄居行き各停

Tamayodosta
玉淀駅

 以前、電車の中からこの駅の様子を見ていて、一度は降りてみたいと思っていました。ホームが一面しかなく、駅舎も他の東上線の駅にはないのんびりした雰囲気が感じられましたね。

 ここから歩いて秩父鉄道の撮影地を目指しますが、少し長くなってしまいましたので、一旦ここで切ることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.01

【7/29】ポケモン尽くし

 この前の火曜日に訪れた国立歴史民俗博物館の帰り、総武線の下総中山と本八幡で撮影をしましたが、ちょうど3時前後だったので、現在開催中のポケモンスタンプラリーを完集することにしました。すでに先週の日曜日に4つの駅で押印していましたので、残りは2駅となっていましたが、総武線内で設置駅となっている船橋と市川で押印しました。やはり平日とあって、週末よりかは空いていましたね。

 これで6個のスタンプが揃ったので、総武快速線に乗って景品交換駅となっている東京駅へと向かいました。東京駅に着いたのが午後4時過ぎ。スタンプラリーは午後4時までですが、景品の交換は午後5時までやっているので、難なく景品交換をすることができました。で、今年の景品ですが、ポケモンのキャラクターが描かれたネックストラップでした。毎年スタンプラリーの景品は欠かさず貰っていたりしますが(^_^;)、結局はどこかに仕舞いこんでそのままになってしまうんですよねぇ。これも同じ運命を辿るのでしょうか???

 この後は秋葉原へ行って、駅前のヨドバシをブラブラしてから午後5時前に再び東京駅にやってきました。この後は帰るだけなんですが、現在東北・上越の各新幹線でポケモンのキャラクターがラッピングされた新幹線が走っているとのことで、これに乗ろうと考えた次第です。JR東日本のサイトにポケモン新幹線の当日の運転計画が掲載されているのでどの列車に充当されるのかがわかりますが、この日は17時44分発のあさま539号に充当されることがわかっていました。

 しかしながら、到着までまだ時間がたっぷりある状況でしたので、しばらくホームであれこれカメラをいじくりまわしていました(^_^;)。

Type700_tokyo0807

E2_tokyo0807

Type200e2_tokyo0807

E4e2_tokyo0807
(4枚とも)東京駅の様子

 やがて5時半過ぎ、20番線にポケモンのキャラクターがラッピングされた長野新幹線用のE2系が入線してきました。到着すると、家族連れを中心に多くの人がカメラを構えていましたが、やはりポケモンは人気があるんですねぇ(^^)。

E22312_tokyo0807

Pokemonshinkansen1_tokyo0807

Pokemonshinkansen2_tokyo0807
(3枚とも)ポケモンのキャラクターが描かれたラッピング新幹線

 発車数分前、車内の清掃が完了していよいよ乗り込みましたが、座席につくと、背もたれにかかっていた座席カバーにポケモンのキャラクターが描かれているのを見つけました。決して目立つところではありませんけど、車内にこうして工夫がされていると、子供達にとっても大喜びでしょうね。

Seatcoverpokemon
シートカバーにもポケモンが描かれています(^^)

 こうして、あさま539号は定刻通り東京駅を発車、わずか30分足らずで大宮に到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »