« 【9/1】久しぶりの豊橋鉄道 | トップページ | 【9/6】ラッピング車両を撮るのは難しい(笑) »

2008.09.10

【9/6】赤べぇ逢いに蓮田へ

 6月に望遠レンズを購入したおかげで、この夏はあちこち “撮り鉄”のために出かけていましたが、特に私の地元には数多くの撮影スポットが点在していることを改めて認識いたしました。これまでは乗る方がメインだったため、そういった撮影スポットについてはほとんどといっていいほど意識してきませんでしたが、おかげで自分の趣味の範囲が以前に比べると広がったような気がします。

 さて先週の土曜日ですが、今月末で今年の運転が終了する臨時特急あいづ号をもう一度見たくなりました。何といっても全体が赤い車体と運転台脇に描かれた赤べぇは何とも強烈なインパクトを感じてしまいますが、その姿を撮影したいと思い、早起きして蓮田駅へとやってきました。

 雨は降らなかったものの、天気は薄曇りではっきりとせず、この後が心配でした。今回はいつものところではなく、蓮田駅寄りにある小さい踏切に陣を構えました。ここは以前から気になっていましたけど、大宮寄りにすっきりとした直線が続いている上、架線もそれほど気にならずに撮影できそうなところでした。朝の時間帯なので多少人通りはあるものの、手前にちょっとした空間があるため、列車が来るまではここで待機していることが出来ました。

 あいづ号までは1時間近くあったため、例によってE231系をたたき台に撮影の練習をしながら過ごしました。この夏、頻繁にこの界隈に出没していたため、朝の7時から8時にかけてどんな列車がやってくるのかが概ね把握できるようになりましたが、この日もあいづ号の前にやってくる貨物列車を撮影することが出来ました。

Ef651046_hasuda0809

Ef66125_hasuda0809
下りの貨物列車(東大宮ー蓮田間)

 一向に天気が回復してこない中、7時53分頃、待ちに待った特急あいづ号がやってきました。

Type485_hasuda08091
赤い車体が印象深い、485系臨時特急あいづ号(東大宮ー蓮田間)

 前回よりはだいぶ寄せて撮ることが出来たと思いますが、いつ見ても赤い車体はインパクトが強いですね。

 これで赤べぇに逢うのは、今年は最後になってしまうかもしれません。去年は一区間だけしか乗れなかっただけに、一度これで会津若松まで行ってみたいところですね。

|

« 【9/1】久しぶりの豊橋鉄道 | トップページ | 【9/6】ラッピング車両を撮るのは難しい(笑) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/42436062

この記事へのトラックバック一覧です: 【9/6】赤べぇ逢いに蓮田へ:

« 【9/1】久しぶりの豊橋鉄道 | トップページ | 【9/6】ラッピング車両を撮るのは難しい(笑) »