« コメダ@橋本 | トップページ | たまには相撲のことを書いておかないと・・・ »

2008.09.24

王監督が辞任

 すでに報じられたとおり、ホークスの王貞治監督が辞任を発表しました。‘95年の監督就任からまる14年、この間ホークスを2度の日本一にのし上げるなど、常に優勝争いが出来る戦力に作り上げていったことはホークスにとって大きな功績と言えると思いますが、私自身ここまで長く監督をするとは、当初は思いもよりませんでしたね。

 そのホークスのチーム作りに忘れてはいけないのが、根本陸夫氏の存在ですね。ホークスに来る前はライオンズに在籍し、監督および管理部長として強いチームを作り上げていきましたが、特に管理部長として黒子に徹してからのチームは次第に強くなっていきましたね。最初の頃は田淵や東尾といった一癖も二癖もある選手ばかりでしたけど、秋山や清原、それに現ライオンズ監督の渡辺久信が入りだしたあたりから若くて生きのいい選手が続々登場し、これがライオンズの黄金期を作り上げていきました。そしてその手法はホークスに移ってからも同じように行われ、監督として基礎を作り上げていってから王監督にバトンタッチし、裏方へと移っていきました。

 その後のホークスですが、ライオンズの黄金期を髣髴とさせるような充実した選手が揃っていましたね。投手では斉藤和巳や杉内、和田、新垣という4本柱に抑えの馬原、打者では松中や小久保、それに城島や井口といったあたりは見ていて正直イヤでしたね。しかしここ数年は城島や井口がメジャーに挑戦したことで打線に凄みが薄れてしまいました。おまけに投手陣も相次ぐ故障者続出で、安定したローテーションが組めない状態でした。それが今年の順位にも現れているわけですが、正直ここまで落ちてしまうとは想像も付きませんでした。

 実は王監督になってから、ホークス戦は一度も観戦したことがありませんでした。こんなことだったら一度西武ドームでホークス戦を見ておけばよかったと今となっては後悔していますが、もっとも球場に行っても比較的安い席でしか観ることが出来ない身分なもんで、監督の様子とかはわかりませんけどね。

 次の監督は、現在チーフコーチの秋山氏が有力と伝えられていますね。秋山氏といえばどうしてもライオンズにいたときの清原選手との“AK砲”のイメージが強いので、やはり複雑です。元々ライオンズOBが多く在籍しているホークスだけに、どんな首脳陣になるのか興味がありますが、ここはいっそ伊東前監督あたりをヘッドに向かえ、ライオンズ黄金時代対決というのも見てみたいですね(^_^;)。元々両チームともライバル関係にあるだけに、来年こそは優勝争いを演じて欲しいものです。

|

« コメダ@橋本 | トップページ | たまには相撲のことを書いておかないと・・・ »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/42580158

この記事へのトラックバック一覧です: 王監督が辞任:

« コメダ@橋本 | トップページ | たまには相撲のことを書いておかないと・・・ »