« 【10/5】国鉄カラーが見たくて・・・ | トップページ | 日比谷 »

2008.10.10

【10/5】再出発したひたちなか海浜鉄道を訪問する

 日曜日の続きです。水戸線と常磐線の普通列車を乗り継ぎ、ひたちなか海浜鉄道の乗換駅である勝田へやってきました。次の阿字ヶ浦行きが10分足らずで発車するとのことで、足早に乗り場へ向かいます。ホームにはすでに阿字ヶ浦行きが停車していましたが、乗り込む前にこれから使用する湊線1日フリーきっぷを中間改札で買いました。文字通り乗り降り自由なフリーきっぷですが、勝田から阿字ヶ浦まで片道570円なので、単純往復だけでも確実に元が取れます。

 すぐに停車中のキハ3710形に乗り込みます。車体には太陽が昇るイラストと新しい会社名のロゴが描かれていましたが、それ以外は特に大きな変わりはない様子でした。

Hitachinakarailwaylogo
ひたちなか海浜鉄道のロゴ

 10時ちょうど、1両の阿字ヶ浦行きは勝田を発車しました。地元客や旅行客、それに鉄道ファンを乗せながら、沿線の中心駅である那珂湊に到着しました。ここで勝田行きと行き違いのためしばらく停車しましたが、阿字ヶ浦方面からやってきたのは赤とベージュのツートンに塗り分けられたキハ205でした。

Hitachinakakiha200_nakaminato0810
勝田を目指すキハ205(那珂湊)

 週末運行される車両については、ひたちなか海浜鉄道の公式サイトで確認することができ、この日はキハ205が運転されるとのことでしたが、レールバスタイプのキハ3710形に比べるとやはりこちらの方に目が行ってしまいますね。

 キハ205についてはこの後乗ることにして、まずは阿字ヶ浦を目指します。那珂湊を出発し平磯を過ぎると、のんびりとした田園地帯が車窓に広がってきました。このあたりで下車したいところでしたが、その流行る気持ちを抑え、終点の阿字ヶ浦にやってきました。

Ajigaurasta0810
阿字ヶ浦駅

Kiha221_ajigaura0810
痛々しい姿~元羽幌炭礦鉄道キハ221(阿字ヶ浦)

 駅周辺の様子など、以前来た時とほとんど変わりがなく、国鉄時代に上野からの直通列車で賑わっていたことをうかがわせる長いホームが今も使われていました。また、以前来た時に留置されていた元羽幌炭礦鉄道からきたキハ221が相変わらずボロボロの状態で留置されていましたが、この車両にはかつて乗ったことがあるので、痛々しい姿を見るのは正直心が痛いですね(T_T)。

 そんな長いホームに見送られながら、行くときに乗ってきたディーゼルカーに乗って阿字ヶ浦を後にしました。再び平磯付近の田園風景を見ながら、今度は那珂湊で途中下車しました。この後は那珂湊駅構内に以前から留置されていた日本発のステンレス製気動車ケハ600形の一般公開を見学することにしていましたが、こちらについては別の記事で書きたいと思います。

 再び那珂湊駅に戻り、今度は先ほどそれ違ったキハ205に乗車します。ホームに入ると、阿字ヶ浦から戻ってきた赤とベージュのレトロなディーゼルカーがトコトコと近づいてきました。

Hitachinakakiha205_nakaminato08102
那珂湊駅に到着するキハ205

 茨交時代から何度も乗ったことがありますが、やはりこちらの方が何か落ち着く気がしますね。

 時刻はまだ午前中と帰るには早すぎるので、1月のときに撮影をした中根駅周辺へ行ってみることにしました。わずか一駅でキハ205を見送り、さっそく駅近くの田園地帯の一角に陣を構えます。前回は寒空の中、体が震えながらディーゼルカーが来るのを待っていましたが、今回は待っていても全く苦になりませんでした。

Hitachinakakiha200_nakane0810
勝田からの折り返し

Hitachinakakiha3710_nakane08101
先ほど乗ったキハ3710形

Hitachinakakiha3710_nakane08102
駅の側で1枚

 午後1時前、阿字ヶ浦から戻ってきたキハ205に乗って勝田に到着しました。

|

« 【10/5】国鉄カラーが見たくて・・・ | トップページ | 日比谷 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

私も冬に中根で撮影しましたが、まさに精神修行でした…
中根は沿線で1番季節を感じますね。

投稿: | 2008.10.10 21:32

お越しいただきありがとうございます。
新会社になり、いろいろとがんばっています。
これから少しづつ変わっていきますので、応援よろしくおねがいします。
(吉田)

投稿: ひたちなか海浜鉄道 | 2008.10.11 22:33

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 中根駅周辺は沿線随一の撮影スポットといっても過言ではないでしょうね。この場所で撮影された写真をあちこちで拝見していますが、田植えのときの水を張った田んぼにディーゼルカーが映し出されるという様子はまさに初夏を感じさせてくれますね。この時期に一度訪ねてみたいところです。それでは。

投稿: mattoh | 2008.10.15 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/42745486

この記事へのトラックバック一覧です: 【10/5】再出発したひたちなか海浜鉄道を訪問する:

« 【10/5】国鉄カラーが見たくて・・・ | トップページ | 日比谷 »