« 【10/19】鉄道の日フリーきっぷで山陽本線を旅する | トップページ | 只今 »

2008.11.20

【11/19】都会の中の小さな駅舎~西武池袋線東久留米駅

 突然ですが、昨日は1日休暇を取って西武沿線をブラブラしてきました。ライオンズのリーグ優勝記念1日乗車券を利用してきましたけど、西武沿線を乗り降りすることが出来るフリーきっぷの類があまりないので、貴重ですね。

 で、当初はいつもの通り、郵便局巡りをしながらぶらぶらする予定でいましたけど、直前になって池袋線東久留米駅の北口駅舎が解体されるというニュースを知りました。無機質な造りの駅舎が多い私鉄沿線の駅舎にあって、ここ東久留米駅北口は木造平屋の駅舎で、高橋留美子氏原作の漫画「めぞん一刻」に登場する「時計坂駅」のモデルにもなりました。高橋留美子氏といえば私的には「めぞん一刻」よりもむしろ「うる星やつら」の方のイメージが強いので、この駅のことについては全く判りませんでしたが、都心に近いところで残る味わいのある駅舎がなくなるとあれば解体前に見ておきたいところですので、まずは訪ねて見ました

 昨日から寒くなると言うことで、ライオンズ優勝セールを行っていたヨーカドーで手に入れたインナーを着て出発です。武蔵野線経由で東久留米駅にやってきたのは8時半過ぎ。すでにラッシュ時間帯が過ぎた頃で、多少人通りも少なくなっていましたが、さっそく北口へとやってきました。

Higashikurumenorthsta
こちらが東久留米駅北口駅舎。味わいがありますねぇhappy01

 橋上の駅舎ばかり見慣れてしまうと、こうした駅舎が返って新鮮味を覚えますね。解体されてしまうのがもったいないくらいです。

 また、現在は使用されていない木製の出札窓口も健在でした。

Bookingofficehigashikurume
現在は使用されていませんが、木製の窓口も健在です

 昭和30年代に撮影された私鉄の駅舎を見ると、こうした窓口がありますね。何だかタイムスリップしたかのように覚えました。

 南側に建っているマンションが何とも圧迫感を感じてしまいますが、これがあることで返って都会の中にぽつんと残った駅舎というイメージになりますね。
 
 北口は今年度中に閉鎖され、工事が完成すると東口から通じる商業施設が入った通路が出来るそうです。駅舎のほうは残念ながら解体されてしまうようですので、撮影は早い方がよさそうですね。

|

« 【10/19】鉄道の日フリーきっぷで山陽本線を旅する | トップページ | 只今 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/43173798

この記事へのトラックバック一覧です: 【11/19】都会の中の小さな駅舎~西武池袋線東久留米駅:

« 【10/19】鉄道の日フリーきっぷで山陽本線を旅する | トップページ | 只今 »