« E331系 | トップページ | クリスマスイブの晩餐 »

2008.12.24

【12/14】岳南鉄道創立60周年記念「電車・機関車まつり」訪問

 伊東駅であまぎ号と200系を見送った後、伊東線で再び熱海へ戻り、東海道本線に乗り換えて吉原までやってきました。この日、岳南鉄道では創立60周年のイベントが行われ、今回はその様子を見るのが目的でしたが、実は家を出るときはこちらへ行くかどうか決めていなかったんですよねcoldsweats01。どちらも捨てがたかったし、できることなら日をずらして欲しかったなぁpout

 さっそく静岡寄りにある乗換通路を通り抜けて岳南鉄道の乗り場へとやってきました。まずは窓口で1日乗り降り自由のフリーきっぷを手に入れましたが、出て来たのは横長の硬券でした。こうしたフリーきっぷは大判の軟券が多いんですが、表には岳南所有の電気機関車ED402型が、そして裏面には路線図がプリントされていて、なかなかいい記念になりました。

 これで準備万端、さっそく停車中の電車に乗り込みます。かつて京王井の頭線で活躍した3000系改造の8000系に乗り込みます。一頃、地方私鉄には東急から行った車両が多く見られましたが、現在は京王の3000系が主流のようで、先月乗車した上毛電鉄も3000系からの改造ですね。

Gakunan8101_yoshiwara0812
元京王3000系から改造した岳南8000系(吉原)

 電車は吉原を発車、駅間が短いせいか、発車してはすぐに駅に着いてしまいました。製紙工場の合間を縫うように走り続け、やがて比奈駅に到着すると、駅構内に2台の電気機関車が止まっているのが見えました。沿線の製紙工場からの貨物列車が1日4往復運行されていますが、これらを牽引する電気機関車がどれも個性的ないでたちをしています。これは間近で見たいところですので、もちろんここで下車いたしました。

 まずは、駅舎側の側線に止まっていた単機の機関車の前にやってきました。

Gakunaned501_hina0812
ED501電気機関車(比奈)

 この機関車、ED50形といいますが、製造されたのが1928年と大変古いものであります。製造直後は上田温泉軌道(現在の上田電鉄)で活躍、その後1940年に三河鉄道に転属し、戦後もしばらくの間は合併された名鉄で活躍していましたが、1970年に岳南鉄道にやってきてからは現在に至っています。形式を表す「501」の表記が名鉄で見られる独特の文字からも、かつて名鉄で活躍していたことが窺えますね。

 一方、ホームを挟んで反対側の側線には、赤とベージュに塗り分けられた何とも派手な電気機関車が貨物を繋げて佇んでいました。こちらはED40形電気機関車で、2台所有するうちの1台、ED403です。昭和40年に松本電鉄が沿線のダム開発工事の資材運搬用として購入、工事終了後に岳南鉄道が譲り受けて現在に至ります。

Gakunaned403_hina0812
塗装が派手な(笑)、ED403電気機関車(比奈)

 どちらも個性的な顔つきなので、見ているだけでも楽しいですね。身近なところでは、かつて東武が似たような機関車を所有していましたが、大手私鉄ではどこでもこうした機関車を持っていたんですよね。

 ところで比奈駅の近くには、ちょっと気になる廃車体がありました。いずれも岳南鉄道で活躍していた車両と思われますが、どれも倉庫代わりに使っていたせいか、外側がボロボロになってしまい、なんとも無残な姿でした。私が始めて岳南鉄道を訪れたときは、元東急の“カエル”こと5000系がいた頃で、それよりも前の車両と思われますが、現役の頃はどんな車両だったのか、一度乗ってみたかったですね。

Gakunan0ldcar_hina1

Gakunan0ldcar_hina2
比奈駅近くにあった廃車体(いずれも敷地外から撮影)

 再び比奈駅に戻り、後続の電車に乗り込みます。次にやってきたのは7000形。種車は8000系と同じ元京王の3000系ですが、こちらは両端に運転台を設置し1両での運行ができます。この日はイベントにあわせて特製のヘッドマークが取り付けられていました。

Gakunan7000_hina0812
イベントにあわせ特製のヘッドマークをつけた7000形(比奈)

 2台の電気機関車に見送られて、次の岳南富士岡にやってまいりました。イベントは駅のすぐ隣で行われていて、さっそく会場へとやってまいりました。まずは入ってすぐのところに留置されていた電気機関車に注目です。

Gakunaned291_gakunanfujioka0812
ED29-1電気機関車(岳南富士岡)

 こちらはED29形と呼ばれ、製造されたのが1927年と、先ほど比奈駅で見たED50よりも1年先輩です。製造時は豊川鉄道に配置され、国鉄に買収後引き続き飯田線で活躍していましたが、1959年にこの地にやってきました。今はここで休車扱いとして留置されています。

 もう一台、ED402という機関車が側線に留置されていましたが、こちらは先ほど比奈で見たのと同じED403と同じ形式で、車体の塗装が茶色です。

Gakunaned402_gakunanfujioka0812
ED402電気機関車(岳南富士岡)

 一通り見た後、駅のすぐ近くにある踏切で撮影したりしながら、午後2時前に岳南富士岡を後にしました。

|

« E331系 | トップページ | クリスマスイブの晩餐 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/43518356

この記事へのトラックバック一覧です: 【12/14】岳南鉄道創立60周年記念「電車・機関車まつり」訪問:

» 岳南富士岡駅の硬券入場券~岳南鉄道 [mattoh蒐集館]
 岳南鉄道の硬券入場券については、以前こちらでも書いたことがありますが、今回は岳南富士岡駅の入場券についてご紹介します。訪れたのは去年の12月。この日は岳南富士岡駅の構内で創立60周年を記念したイベントが開催され、普段なかなか間近で見ることができない機関車が展示されました。そのときの様子はこちらに書いていますので、もしよろしければ覗いてやってください。 ... [続きを読む]

受信: 2009.03.12 22:30

« E331系 | トップページ | クリスマスイブの晩餐 »