« 【1/2】リニューアルされた10000系に出会う~東武 | トップページ | 【1/3】今年も登場、京急大師線ヘッドマーク付き電車を見る(笑) »

2009.01.05

【1/3】今年も登場、東武大師線ヘッドマーク付き電車を見る

 おととい3日の出来事について書いていきたいと思います。この日は朝の5時過ぎに自宅を出発しましたが、18きっぷで箱根まで行く予定だった上に、毎年恒例の東武と京急の干支のヘッドマーク付き電車を見たいということで、結構盛りだくさんな内容となってしまいました。そうなればなるべく早めの行動となるもので、どうしてもこんな時間から動くことになります。そんなわけでまずは、毎年恒例となった東武大師線のヘッドマーク付き電車を見に行きます。

 まだ薄暗い中、私は西日暮里駅にいました。なぜかと言えば、ここから日暮里・舎人ライナーに乗るためでしたが、途中に西新井大師西駅があるので、ここから歩いて大師前駅まで行こうと考えた次第です。

 初詣客で混んでいるかと思ったものの、やってきた電車には空席ばかりが目立っていました。おかげで座っていくことが出来ましたが、西新井大師西駅に着いた頃には朝日も昇りつつありました。駅を背にして住宅街を縫いながら歩くことおよそ15分、大きな屋根の西新井大師が見えてまいりました。そういえば去年はあまりの人の多さで、お参りを断念したんですよねcrying。しかしおとといはまだ朝早いこともあって、散歩ついでに来たという人くらいしかいませんでした。そんなわけで、この日の旅の安全を祈りつつ、のんびりとお参りをすることができました。

Nishiaraidaishinishista
日暮里・舎人ライナーの西新井大師西駅

Nishiaraishrine
今年はお参りできましたhappy01~西新井大師

 大師前駅にやってきました。ホームにはまだ電車が来ていなかったので、ホーム先端で電車を待つことにしました。しばらくすると、2両編成の8000系が近づいてきました。

Tobu8000_daishimae0901
大師前駅に入線

Tobudaishilinehm09
今年のヘッドマークですhappy01

 絵柄はもちろん、今年の干支にちなんで牛が描かれています。

 数カット撮影後、電車に乗り込みます。発車してわずか数分で終点西新井に到着。去年はあまりの混雑でのんびり撮ることが出来ませんでしたが、今年はそんなこともなく、思う存分撮影できました。一方2番線ホームには、8570Fが羽を休めていました。毎年三が日には西新井大師へお参りする乗客を運ぶため臨時ダイヤで運転していますが、まだこの時間では臨時を出すほどではなく、しばしの休息といったところでしょうか。さぞかし三が日は大活躍だったことでしょう。

Tobu8000_nishiarai0901
2番線で休憩中の8570F(西新井)

 最初のミッションを終え、この後は伊勢崎線の上りで北千住を目指しますが、まだ時間があったので、一つ手前の小菅で撮影をしてきました。ところがわずか十数分の滞在にもかかわらず、スペーシアやら “東武顔”8516F、そしてさらには日光アイスバックスのラッピング車両である20000系の21812Fがやってきたりと、なかなか賑やかでしたね。おかげで退屈することなく過ごすことが出来ました。

Tobu100_kosuge0901

Tobu8000_kosuge0901

Tobu20000_kosuge0901
(3枚とも)小菅で出会った車両達

# 去年のヘッドマークは、こちら

 関連記事
  ・melonpan様

|

« 【1/2】リニューアルされた10000系に出会う~東武 | トップページ | 【1/3】今年も登場、京急大師線ヘッドマーク付き電車を見る(笑) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/43648797

この記事へのトラックバック一覧です: 【1/3】今年も登場、東武大師線ヘッドマーク付き電車を見る:

« 【1/2】リニューアルされた10000系に出会う~東武 | トップページ | 【1/3】今年も登場、京急大師線ヘッドマーク付き電車を見る(笑) »