« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009.01.31

【1/25】新春記念ヘッドマーク付き電車再び~新京成

 今月4日に撮影した新京成の新春ヘッドマーク付き8508編成ですが、もう少しちゃんとした形で撮影したいと思い、先週日曜日に再び訪ねてまいりました。

 八柱で電車を待っていると、反対側の松戸行きに入ってきたのが目当ての8508編成でした。まさかいきなり出くわすとは思っても見ませんでしたが、さすがにカメラの準備をしていなかったので、まずは京成津田沼行きで先を目指します。

 八柱から一つ先の常盤平でさっそく下車しました。ここから五香までの区間は線路脇に通りが平行していて、線路脇から行き交う列車を撮影することが出来ますが、架線の並びやビル影の影響で思うような構図が得られませんでした。そこで五香駅まで行ってホームから撮影使用と思いましたが、気付いたときは松戸から戻ってくると思われる8508編成がやってくる時間で、慌てて五香駅までたどり着いたときには、到着する30秒ほどでしたcoldsweats01

 慌ててはいましたが、何とか撮影することができました。

Sinkeisei8000_goko0901
新春記念ヘッドマーク付き8508編成(五香)

 ひとまず8508編成に乗車、とりあえず目的は果たせましたが、まだ時間があるので、薬園台で下車して前回訪ねた踏切へ行くことにしました。歩くこと15分ほどで到着、ここでしばらくのんびりと撮影いたしました。

Sinkeisei8800_yakuendai0901
8800形

Sinkeisei8000_yakuendai09012
8000形

Sinkeisei8000_yakuendai09011
リバイバルカラー8501編成(3枚とも前原ー薬園台間で撮影)

 撮影できたのは8000形と8800形の2形式のみでした。そういえば新京成の車両は全て形式の頭に“8”が付いていますね。 これは京急や京成も同様で、各社で形式が重複しないよう調整しています。

 そんな帰り、前原で京成津田沼方面の電車を待っていたら、先ほど乗車した8508編成が千葉中央から戻ってきました。このヘッドマークも今日でおしまい。来年も果たして運転されるのか、楽しみにしたいところです。

Sinkeisei8000_maebara0901
千葉中央から戻ってきた8508編成(前原)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/24】名古屋からの帰り道つれづれ

 先週の名古屋への旅、おとといの記事で「最後」と書いてしまいましたが、もう一つ書いておきたいものがありましたので、上げておきますcoldsweats01

 名古屋からの帰路は14時27分発のこだま560号でした。帰りはなるべく安くと思い、時間は掛かるものの「ぷらっとこだま」で運賃を抑えることが出来るこだま号を選びました。しかも今回は初めてのグリーン車利用。ぷらっとこだまだと、普通車の料金に千円加えるだけでグリーン車に乗れるんですよね。3時間近くの旅なので、ゆったりとした座席でのんびりと過ごせました。ちなみにこの日は途中まで車内にいたのが自分ひとりという状況があり、このときは完全に貸しきり状態となりましたhappy01

32225
こだま560号は300系でした(名古屋)

Type300greencar
300系グリーン車の車内

 17時17分、こだま560号は東京駅に到着しました。この後はまっすぐ帰るだけですが、この時間の東京駅といえばやはり10番線ホームですね。せっかくなので、様子を見に行くことにしました。

 10番線ホームにやってきたときにはちょうど田町からの回送が到着したときでした。やはり大勢のギャラリーで賑わっていましたね。そんな中、何とか写真を撮ることができましたが、EF66が機回しのため客車から切り離された際、そのまま上野寄りの引込み線へ向かわずしばらく停車していました。機回し後客車の先頭に連結してしまうとホーム先端ぎりぎりな上に周囲にロープが張られていることもあって、どうしても機関車が撮影できなくなってしまいますが、おそらくそれを配慮したのでしょうか。いずれにせよありがたい心遣いですね。

Ef66_tokyo09011

Type14_tokyo09011

Type14_tokyo09012
(3枚とも)東京駅10番線ホームの様子

 廃止まで後一月あまり、10番線ホームはこれからますます大賑わいになることでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
渋谷にきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.30

鉄子の旅プロデュース日本縦断弁当 四国・九州編

 日本縦断弁当もいよいよ大詰め。四国・九州編が発売されたとのことで早く味わってみたいと思っていましたが、なかなか食べる機会に恵まれませんでした。しかしようやく先週の名古屋へ向かう新幹線の道中で食べる機会を得ることが出来ました。

Tetsukolunchbox1
四国・九州編のラベル

Tetsukolunchbox2
その中身

 ご飯が2種類というのがなかなか贅沢ですねhappy01。左側に北九州の駅弁を代表するかしわめし、そして右側には白いご飯の上に博多名物明太子と高知名物にちなんでかつおのふりかけがかかっていました。一方のおかずは九州ゆかりの素材がほとんどで、四国ゆかりのおかずが小豆島のオリーブや徳島県産のサツマイモ「鳴門金時」を使った大学芋くらいと、いささか偏りを感じてしまいましたcoldsweats01。こうしてみると、やはりそれぞれ単独ではちょっと厳しかったですね。

 なお、毎回恒例となっている“金矢”印のかまぼこ。今回も見事に外れてしまいましたcrying。一度ナマで見たかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩餐

今日の晩餐
大宮魚市場の花いちで今年最初の海の幸を味わいました。これで1500円はお値打ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.29

【1/24】雪の近鉄電車

 先週の土曜日の続きですが、最後に近鉄富田と近鉄八田の両駅で撮影したときの様子をご紹介します。

 まずは近鉄富田駅。四日市方面行きの1番線ホーム、名古屋寄りのホーム先端から狙ってみました。JR線との立体交差から緩やかに下る様子を見ることが出来ますが、どの列車も減速してやってくるので、比較的撮影しやすいポイントと言えそうですね。ここでは「アーバンライナー」21000系や「ACE」22000系といった特急車両や転換クロスシート車の5200系などを撮影することが出来ました。

Kinntetsu5200_kinntetsutomida0901
転換クロスシート車5200系(近鉄富田)

Kinntetsu21000_kinntetsutomida09012
「アーバンライナープラス」21000系(近鉄富田)

Kinntetsu22000_kinntetsutomida0901
「ACE」22000系(近鉄富田)

 続いては、名古屋への帰り道に立ち寄った近鉄八田駅での撮影の様子です。高架駅なのですっきりと撮れる反面、やや個性に欠けた絵になってしまいますが、ここでは「アーバンライナーnext」の21020系と会うことが出来ました。実は乗ったことがないばかりでなく、見たこともありませんでした。そもそもアーバンライナーには一度しか乗ったことがなく、その一度のときに乗ったのがプラスの方でしたので、いずれは乗ってみたい車両ですね。

Kinntetsu1000_kinntetsuhatta0901
普通車1000系(近鉄八田)

Kinntetsu21000_kinntetsuhatta0901
朝からあちこちで見かけたアーバンライナー(近鉄八田)

Kinntetsu21020_kinntetsuhatta0901
ようやく出会えた「アーバンライナーnext」(近鉄八田)

 どちらも雪が降る中での撮影となってしまい、いい状態ではありませんでしたが、次回こそは好条件の中撮影したいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本日のカマ@さいたま新都心(1/29)

本日のカマ@さいたま新都心(1/29)
本日のカマ@さいたま新都心(1/29)
今日は賑やかでした。EF65-1035その他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.28

【1/24】3年ぶりの三岐鉄道訪問

 今回の旅の目的だった富洲原駅訪問が無事に終了しましたが、さすがにこれで帰ってしまうのはあまりにももったいないところ。そこで、お隣の近鉄富田まで行って三岐鉄道にお邪魔することにいたしました。最後にやってきたのは今から3年前。丹生川駅のお隣にある貨物鉄道博物館を見学しに来たときでした(そのときの様子は、こちら)。

 近鉄富田駅の津方面行きホームで撮影をしていると、見慣れた黄色い車体の電車が近づいてきました。黄色と言ってもかつて活躍していた頃のカラーとは少し違っていて、オレンジも加わり2色に塗られていますが、昔よく見ていた西武の車両の姿をほぼそのままの形で留めています。

Sangikumoha851_kinntetsutomida0901
元西武の車両らしさを残す851系(近鉄富田)

 9時40分、西藤原行きは近鉄富田を後にしました。近鉄線と別れると、JR富田駅を結ぶ貨物線と合流しました。セメント輸送を行う会社だけあって、電気機関車による貨物列車も運行している三岐鉄道ですが、出来たらその様子をどこかで見てみたいところ。しかしダイヤなどが全くわからないので、こればかりは正直運試し的なところはありましたね。

 電車は保々に到着しました。私はここで下車しますが、ここで車両を交換するとのことで、隣のホームに電車が停車していました。停車していたのは101系。元西武の401系であります。

Sangi101_hobo0901
元西武401系が種車の101系(保々)

 保々は山城寄りに車庫があり、停車している車両を脇の通りから窺うことができますが、その中に去年9月に西武から転属してきた751系がいました。新101系を種車としているので、他の851系や801系とは明らかに異なる顔つきですね。運用はまだのようで、今回は乗車することは出来ませんでしたが、末永い活躍を願いたいものです。

Sangi751851_hobo0901
去年新たに投入された751系(保々)

 なお、そのすぐ近くでは、部品取り用として一緒にやってきた新101系が留置されていました。三岐カラーではなく西武で活躍していたときのカラーそのままなので、ここでは異彩を放っていましたね。先頭にはED455が連結されているので、気になる存在であります。

Seibu101_hobo0901
部品取り用としてやってきた新101系(保々)

Steckerseibu
西武時代のステッカーがそのままに・・・

Sangied455_hobo0901
その先頭にはED455号機が連結されていました

 ここからしばらく山城方向へ線路沿いに歩きながら行き交う列車を撮影しました。電車に交じってED45牽引のセメント列車もやってくるなど、なかなか楽しかったですねhappy01

Sangi801_hobo0901

Sangied45_hobo0901

Sangi801_hobo09012
山城保々間での成果

 しかし一番下の写真を撮り終えた辺りから次第に雪が降り始めてきました。おまけに場所は原っぱのど真ん中。雪避けになるようなところは全くなく、やむなく保々駅まで足早に戻りました。

 このまま帰ろうと思い、窓口で乗車券を買って列車を待っていると、次第に雪は小康状態になったかと思うと晴れ間が出てまいりました。この日はかなり天気も気まぐれでしたがcoldsweats01、せっかくの晴れ間なので、再び撮影をしようと歩き始めました。

 今度は先程とは反対の西藤原方向へ歩いてみました。川に掛かる鉄橋付近の小さな道のあたりがほどほどによさそうでしたので、ここで列車を待つことにします。先ほど撮影したセメント列車がちょうど発車したところで、行き交う様子を撮影できたのはラッキーでしたねhappy01

Sangi101_hobo09012

Sangi801_hobo09013

Sangied45_hobo09012
保々北勢中央公園口間での様子

 結局、11時38分の電車で保々を後にいたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のカマ@さいたま新都心(1/28)

本日のカマ@さいたま新都心(1/28)
EF66-44
EF65-1101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.27

【1/24】富洲原駅訪問~近鉄

 先日の金曜と土曜の2日間、名古屋へ行っておりました。今回は昔の職場の同僚との交流が目的だったため、どちらかといえば鉄分が控えめになりそうでしたが、翌土曜日がフリーだったこともあり、半日ながら鉄分補給してまいりましたhappy01。で、どこを回ろうかとあれこれ考えてみたものの、これといったものがあまり思いつきませんでした。一月前だったらパノラマカーという目玉があったんですが、それもなくなった今、思いついたのが以下のものでした。

 ・豊橋鉄道の新車「ほっトラム」乗車
 ・近鉄名古屋線富洲原駅の訪問
 ・名鉄瀬戸線の吊り掛け車乗車

 考えてみると、全部1日で回ろうと思えば出来るんですよねcoldsweats01。しかし今回は14時27分発のこだま560号をぷらっとこだまで押さえてしまったことや、瀬戸線の吊り掛け車は以前乗っていることもあり、富洲原駅訪問を優先することにいたしました。

 富洲原駅は今年の3月20日のダイヤ改正で、「川越富洲原」と改称されることになっています。「富洲原」の地名は四日市市にありますが、実際の駅の位置は川越町なんですね。そこで川越町の玄関口としての位置づけをすべく交渉した結果、今回の改称となりました。

 朝7時過ぎに名古屋を出発。普通列車を乗り継ぎながら、8時過ぎに富洲原駅に到着しました。桑名を出たあたりで空から白いものが舞い始めていましたが、それが富洲原に着いたときには本格的に降ってまいりました。さっそく窓口へ向かい、目的の硬券入場券を手に入れました。近鉄線では今も有人駅では硬券入場券を買うことが出来ますが、駅名改称の前日である3月19日はかなりの需要がありそうですね。

富洲原の硬券入場券
目的のモノをゲットwink

 一旦駅を離れ、近鉄富田寄りにあった小さな踏切の脇でしばらく撮影タイムとしました。しかしあまりの雪で厳しい状況でしたね。時より晴れ間も覗いたんですけど、降り続く雪とあまりの寒さで、ほどほどに切り上げる有り様でしたweep

Kinntetsu1010_tomisuhara0901

Kinntetsu21000_tomisuhara0901
(2枚とも)駅近くの踏切で

 そんな富洲原駅ですが、駅周辺は小さな商店があるくらいでマンションや住宅が建ち並ぶなどごくありふれた風景でした。一方の駅舎ですが、平屋の小ぢんまりしたもので、なかなかいい雰囲気でした。どのくらい前に作られたものなのかはわかりませんが、コンクリ造りの無機質な駅舎が多い中、こうした駅舎を目にするとなんだかホッとします。

Tomisuharasta
富洲原駅は平屋の駅舎

 この後は三岐鉄道に乗車するため近鉄富田へと向かう予定でしたが、まだ時間があったのでしばらくホーム撮りをしました。相変わらず雪が降り続く中での撮影となってしまいましたが、当初の天気予報では雨や雪の心配はなさそうだったので、正直ハズレでしたねcrying

Kinntetsu1440_tomisuhara0901

Kinntetsu22000_tomisuhara0901
今度はホーム撮り

 こうして9時過ぎの普通列車に乗って富洲原を後にいたしました。ちなみにこのときやってきたのは、「名泗コンサルタント」のラッピング車両2446編成でした。

Kinntetsu2430_tomisuhara0901
かわいいラッピング車両が来ましたhappy01

 なお、帰路に近鉄名古屋駅の改札脇にあったコンビニ「K-PLAT」で、富洲原駅の駅名キーホルダーがあったので、一個買ってまいりました。こちらもこれから需要がありそうですが、今思えば両端の近鉄富田と伊勢朝日の両駅も買っておけばよかったと後悔していますweep。こちらにも駅名が入っていたんですよね。

富洲原キーホルダー
富洲原の駅名キーホルダー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のカマ@さいたま新都心(1/27)

本日のカマ@さいたま新都心(1/27)
EF66-109

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.26

【1/21】ロウバイ号今年も乗車~秩父鉄道

 といっても、乗車したのは先週水曜日だったりしますがcoldsweats01、この日は午後から野暮用があったので1日休暇を取っていましたが、せっかくの休みなので午前中だけでも有効に利用したいところ。そこで、今年も運転を開始した秩父鉄道のロウバイ号に乗車することにしました。しかし長瀞まで乗り続けたのでは午後の用事に間に合わないので、羽生から行田市までというわずか数分だけの乗車と相成りましたcoldsweats01

 東武伊勢崎線に乗って羽生にやってきたのは、朝の9時前。お隣の秩父鉄道のホームにいたウグイス色の1000系を横目で見ながら改札を抜け、秩父鉄道の乗り場へと向かいます。まずは窓口でイラスト入りの急行券を手に入れました。今年は蝋梅の花と宝登山ロープウェーのゴンドラとのツーショットの様子が描かれていましたが、宝登山山頂に咲き誇る蝋梅の様子をイメージすることが出来ますね。

Chichibu1000_hanyu0901
この日最初のリバイバルカラー(羽生)

急行券
今年も発売された特製の急行券(自宅で写す)

 改札脇にあった蝋梅の鉢植えに見送られてホームへとやってきました。すでに6000系が入線していて、両端の先頭部分には黄色地の大きなヘッドマークが付けられていました。

Robai_hanyu_2
羽生駅にあったロウバイの鉢植え

Chichibu6000_hanyu0901
発車を待つロウバイ号(羽生)

Robaihm
今年のヘッドマーク

 今年は両端とも同じデザインでしたね。去年は異なるデザインのヘッドマークで意表をつかれることが多かったですが、今回は正直拍子抜けでした。

 9時10分、急行ロウバイ号は羽生駅を発車、わずか10分ほどで次の停車駅である行田市に到着してしまいました。ほんと、あっけない乗車でしたねweep

 その後は市内をブラブラしながら一つ手前の東行田へと向かい、熊谷方面へ行く普通列車に乗り込みました。やってきたのはカナリア色の1000系。この電車に乗って3つ先の熊谷へとやってまいりました。側線に目をやると、スカイブルーの1000系の後ろに隠れて止まっていた6000系を見ることが出来ましたが、ロウバイ号の別のデザインのヘッドマークを見ることが出来ました。

Chichibu1212
カナリアカラー1012F(熊谷)

Chichibu10006000_kumagaya0901
スカイブルー塗装の陰に隠れ、ロウバイ号のヘッドマークを掲げて佇む6000系(熊谷)

 今年もシーズン中には一度長瀞まで行きたいですね。その際には1000系の走る姿を存分に楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.25

朝青龍復活!

おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.24

現在地

現在地
近鉄富田を発車しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
3月のダイヤ改正で駅名が変わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
東京駅で買った近鉄の桑名行き連絡きっぷでは、もう途中下車できないそうですorz。予定狂ったので、桑名へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.23

現在地

現在地
のぞみ149号の車内です。これから出発します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のカマ@さいたま新都心(1/23)

本日のカマ@さいたま新都心(1/23)
EF65-1036

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.22

相鉄5000系さよならイベント実施

 タイトルの通りですが、2月7日に相模大塚駅で撮影会が、そして11日に乗車会が行われるとのことです。11日の乗車会は事前申込が必要だそうなので、行くとしたら7日ですかね。

 ちなみにこの日は毎年恒例となった「ヨコハマ鉄道模型フェスタ」に顔を出す予定でしたので、それと絡めての訪問になりそうですが、この日は京王では冬そば号、そして東急ではみなとみらい線直通の臨時列車が走るなど、何かと盛りだくさんな1日なんですよね。うーん、どれかずらしてくれたらいいのにと思ってしまったりもしますけど、いずれにせよ、横浜界隈には顔を出すことになりそうです。

 で、5000系の画像が手持ちにないかと探して見ましたが、意外と言っていいのか、何と1枚しかありませんでしたcrying。もっと乗っているような気もしますけど、そんなもんなんでしょうかね。

Sotetsu5552_futamatagawa9404
在りし日の姿(二俣川?1994年4月)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

本日のカマ@さいたま新都心(1/22)

本日のカマ@さいたま新都心(1/22)
EF65-1116
EF66-19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.21

現在地

現在地
今日はヤボ用があって1日休み。もっとも午後からなので、羽生にやってきました。今年も恒例の蝋梅号に乗ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.20

“東武顔”の8516F北館林へ旅立つ

 いつもお世話になっているmelonpanさんのblogに衝撃的な記事がありました。東武の8000系のうち、いわゆる“東武顔”と呼ばれる編成の一つである8516Fが北館林へ回送されたとのことです。この8516Fといえばつい先日、大師線のヘッドマーク付編成を見た後に小菅で目撃したばかりでしたが、それから間もなく回送されたという話を聞いたときにはちょっと信じられないところですね。そうなるとこのとき就いていた運用は、最後のご奉公だったんでしょう。

 伊勢崎線および日光線で東武顔の8000系はこの8516Fが最後の一本でしたので、これでこの両線からは見ることが出来なくなってしまいました。野田線や東上線ではまだ何本かいますが、これらもいつまで走り続けるのかわかりませんので、そろそろ本格的に追いかけるときが来たようですね。

 去年はあちこちで8516Fをよく見かけました。ここで、手持ちにある画像をご紹介して在りし日の姿を偲びたいと思います。

Tobu8000_washinomiya0806

Tobu8000_kosuge0901
(2枚とも)ご苦労様でした・・・

 なお追記になりますが、昨日から「東武な顔」なるフォトアルバムを立ち上げました(こちらより)。要は“東武顔”の8000系を始め、かつての3000系や5000系の画像を並べようというものでありますが、もしお暇でしたら覗いていただけると幸いです。

 関連記事
  ・melonpan様

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本日のカマ@さいたま新都心(1/20)

本日のカマ@さいたま新都心(1/20)
今日は遅れているようで、北へ向かうカマの姿はありませんでした。代わりに、南へ向かうカマが乗った列車の中から見ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.19

東北急行バス「スイート号」、岩槻駅前停留所乗り入れ廃止

 東北急行バスの仙台行き「スイート号」と山形行き「レインボー号」の時刻改正が2月1日に行われ、停留所の見直しが行われることになりますが、スイート号の停留所のうち、岩槻駅前停留所が廃止されることになりました(詳細はこちら)。レインボー号については引き続き岩槻駅前に乗り入れてくるとのことですが、その代わりに草加停留所が廃止となります。

 子供の頃、岩槻駅前にあった「仙台」や「山形」と書かれたバス停があったのを記憶していますが、長いことスキーバスと勘違いしていました。まさかここから仙台や山形へ行けるとは思っても見ませんでしたし、家族を含め地元でも利用したというのは一度も聞きませんでした。そんな東北急行バスを初めて利用したのは、学生時代の'93年春。18きっぷで今はなき栗原電鉄に乗りに行った帰り、最終で福島に到着してからしばらく待って乗り込みました。しかし岩槻までは3時間程度の行程だったことやかなり朝早くに到着したため、運転手に起されようやく気がつくという有り様でしたcoldsweats01

 その後、しばらく使っていませんでしたが、2年前の’97年1月に廃止まであと2ヶ月ほどとなったくりはら田園鉄道に乗車するため利用しました。このときは逆に岩槻から乗車しましたが、深夜の0時半過ぎに発車することもあって、寒空の中、しかも終電が行った後のひっそりとした岩槻駅の前で待っているのは正直心細かったです。

Iwatsukibusstop
東北急行バスの岩槻駅前停留所

Tohokuexpressbus_shiroishi0701
早朝、白石駅前に到着した仙台行き東北急行バス

# '07年1月、仙台行きに乗ったときの様子は、こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のカマ@さいたま新都心(1/19)

本日のカマ@さいたま新都心(1/19)
家を1分ほど遅れて出たため、タッチの差でEF65に行かれてしまいました。ちなみに形式は1041号だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.18

【1/17】10月以来のしなの鉄道

 昨日は18きっぷの残り1日分を使いしなの鉄道に乗ってきました。朝早くに高崎線に乗り込み、高崎から信越本線で横川へとやってきましたが、昨日はEF55のさよなら運転が行われたこともあって、沿線には三脚を立てて待つ人の姿を列車の車内から見かけました。寒空の中、大変お疲れ様でしたhappy01。しかし私の方は先月6日の快速奥利根号で十分堪能してまいりましたので、この2日間は完全にスルーにいたしました。

 横川から碓氷峠越えのJRバスに揺られ、9時14分軽井沢駅に到着。ここから9時29分発のしなの鉄道小諸行きに乗り換えます。数日前に降った雪が地面に残っていましたが、峠を越えるとさらに寒さが増したように思えます。

 小諸9時53分着。5分後の59分発の長野行きに乗り換えました。さてどこで目的の169系を待つか、事前にいろいろと調べては見ましたが、169系が充当されている602Mとそれ違うのが坂城なので、その前で降りなければなりません。しかしこの区間は撮影の情報があまりないんですよね。そんなわけで、比較的民家がまばらな滋野で降りてみました。

 駅を出て周囲を探してみたところ、小諸寄りにある踏切で待つことにします。山頂に雪を被った浅間山を望むことができる場所でしたが、そんな様子を見ているうちに10時55分頃、いよいよ目当ての169系がやってきました。

Sinano169_sigeno0901
この日最初のご対面~滋野駅近くの踏切にて

Mtasama0901
雪を被った浅間山を望む

 10月のとき以来ですが、やはりいいですねぇ>湘南色。普段馴染みのE231系にも車体の帯が湘南色になってはいますが、やはり169系や115系のように車体全体を塗り分けているのがいいですね。

 再び滋野駅に戻り、この後はいよいよ先ほど見送った169系に乗車します。その前にホームの長野寄りで上り列車の撮影をして時間つぶし。実はここから撮影された写真が駅の待合室の中に飾ってありましたが、ホームに入ってくるところがカーブしていてなかなかいいアングルでした。169系通過時には先客がいたため、先の件の踏切で撮影しましたが、ここから狙ってみるのもよさそうですね。

Sinano115_sigeno0901
滋野駅に入線する115系

Sinanokumoha1696_sigeno0901
小諸から戻ってきた長野行きに乗り込みます

 11時39分着の長野行きに乗り込みました。車内は半分程度の乗車率といったところで、それほどギャラリーは多くはありませんでしたが、カメラを向ける人の姿を時々見かけるなど、注目度は高いですね。

 列車は上田を過ぎ、12時2分にテクノさかき駅に到着しました。

Sinano169_tekucosakaki09011
テクノさかき駅に到着

 テクノさかきで下車したのは、このあたりで撮影された画像をネットなどで見かけたためでしたが、如何せん初めて下車した駅なので、駅周辺がどんなところなのか全く見当が付きませんでした。その前にまずは昼食を食べるところを探すことにしました。しかしなかなかそれらしいものはなく、国道18号線沿いまで出てようやく小さな食堂を見つけました。地元の人くらいしか利用しないような食堂でしたが、注文したカツカレーの盛りの多さに最後は苦しくなってしまいましたcoldsweats01。ただカレーの味が昔なつかしいコクのある味で、おいしくいただけました。

 腹がパンパンになりながらいよいよ撮影場所へと向かいます。特にあてはないので線路沿いまでやってきましたが、駅から坂城の方向へ行ったあたりは直線区間になっていて、しかも周りには田園地帯が広がっていました。このあたりだったらどこでも撮影できる環境ですね。とりあえずは小さな踏切脇の線路際に陣を構えました。

 しばらく待つこと13時10分過ぎ、長野から戻ってきた169系が近づいてきました。

Sinano169_tekunosakaki09012
再びご対面(テクノさかきー坂城間)

 すっきりとした直線区間での撮影は気持ちがいいですねhappy01

 さてこれで一通り撮影は済み、後はしなの鉄道で来た道を戻りますが、先ほど見送った列車の折り返しをどこかで迎えることが出来そうです。で、どこで狙おうかと思ったところ、テクノさかき駅と同様にしなの鉄道開業後にできた信濃国分寺駅で下車しました。

 ここも初めて下車した駅なので全く当てはありませんでしたが、午後の光線具合に合ったところがあまりなかったため、結局駅のすぐ近くの小さな踏切に落ち着きました。しかし完全に逆光でしたねcrying。何とか駅で停車しているところは押さえられたので、まあよしとしましょうか。

Sinano169_sinanokokubunnji0901
信濃国分寺駅近くの踏切で三度ご対面。しかし光線具合が・・・weep

Sinano169_sinanokokubunnji09012
信濃国分寺駅に停車中の様子

 これで無事に終了。この後は列車を乗り継ぎ、軽井沢から再びJRバスで碓氷峠を越えました。

 夕方、横川から乗った高崎行きは115系でした。もちろん湘南カラーに塗装された列車ですが、合わせてご紹介したいと思います。

Kuha1151099_yokokawa0901
湘南色115系(横川)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.17

現在地

北本で抑止中ですorz。石打からの快速乗車中ですが、半分くらい先行列車に移動してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
碓氷峠を越えて横川へ戻ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しなの鉄道169系

しなの鉄道169系
乗って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅間山

浅間山
しばらく待ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
横川です。今日はEF55のさよなら運転がある日ですが、そちらは無視します蠐。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
高崎に到着しました。これから信越線に乗車します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.16

栃木の名物・レモン牛乳を手に入れる

 先日の真岡鉄道を訪ねた帰り道、小山駅で栃木名物のレモン牛乳をおみやげに買ってきました。以前から話は聞いていて、この日の朝も宇都宮駅構内の売店で売っているのを目撃しましたが、さすがにここで買っていくわけにもいかず、帰りに小山あたりでと思っていました。

 ところが改札付近にあるNEWDAYSにはなく、新幹線改札脇のNEWDAYSで見つけました。やはりお土産として買っていく人も多いのでしょうか?

Lemonmilk
これがレモン牛乳

 さて味の方ですが、牛乳と言うよりはレモン風味の乳製品といった感じでどこか昔懐かしい味ですね。私は一気に飲むことが出来ましたが、家内は少し口をつけてから残してしまいました。人によっては好みが割れそうですね。

 ちなみにレモン牛乳のビスケットも買ってきましたが、こちらは特に普通のビスケットといったところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のカマ@さいたま新都心(1/16)

本日のカマ@さいたま新都心(1/16)
EF65-1127

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.15

【1/12】TX-2000系増備車に乗る~つくばエクスプレス

 去年の7月に訪問したものの、通り過ぎたところしか撮影できなかったつくばエクスプレスのTX-2000系増備車ですが、3連休最後の月曜日に久しぶりに訪ねた際、ようやく乗車することが出来ましたのでご報告します。

 成人式の式典が終わったさいたまスーパーアリーナを横目に京浜東北線と武蔵野線を乗り継いで南流山へとやってきました。この日はあちこちで成人式が行われていて、車内でも振袖姿やピカピカのスーツを着た新成人を多く見ましたね。そんな中、つくばエクスプレスのホームに入ると、さっそくこの日のお題目であるTX-2000系増備車がやってきました。もちろんこちらに乗車です。

 車内は特段変わりがないように思えましたが、細かいところで従来車とは異なる仕様があるようですね。それより一番大きいのが、やはり何といっても車体に入っている赤いラインですね。

Tx2169_2
ようやく乗れたTX-2000系増備車(八潮)

 八潮駅に到着。この後はしばらく撮影となりました。寒空の中、目当ての増備車はなかなか来ませんでしたねぇweep。従来車と合わせて20本いるうち増備車は4本なので、確率5分の1ですけど、時々TX- 1000系が中線に回送で入ってきたりして、ここにいても意外と退屈しませんでした。

Tx2000_yashio09011
八潮駅を通過するTX-2000系

Tx1000_yashio09011
引込線に入るTX-1000系

Tx1000_yashio09012
しばらくすると、再びこちらへ近づいてきました

 そろそろ切り上げようと思い次の区間快速に乗ろうとしたとき、南流山の方向から赤いラインの入った車両が近づいてきました。まさに待ち続けていたブツでしたが、半ば諦めかけていたときだったので、やってきた姿を見たときはラッキーな思いでしたね。

Tx2000_yashio09012
最後の最後で出会えましたhappy01

 結局、この区間快速に乗って秋葉原へと向かいました。

 さて最後に一つ。八潮駅の階段のところにあった看板をご紹介します。

Kamesin
”かめしん”こと亀有信用金庫の看板

 亀有信用金庫の広告看板ですが、なかなか萌えなキャラが描かれており気になっていました。さっそく帰宅してからサイトを覗いてみました。やはりイメキャラだったんですねぇ。女の子のほうは「夢叶ちゃん」、そしてカメの方は「TAMARUくん」という愛称もあって、なかなかかわいいものであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のカマ@さいたま新都心(1/15)

本日のカマ@さいたま新都心(1/15)
EF65-1095

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.14

【10/20】京阪中之島線を乗り歩く

 去年10月の旅もいよいよ大詰め。最後は京阪中之島線沿線を乗り歩いたときのことについて書こうと思います。

 滝井での撮影を終え、今朝方以来の京橋に戻ってきました。一旦改札を出てから駅事務室で、「水都・中之島1dayチケット」というきっぷを手に入れました。これは中之島線と淀屋橋京橋の区間が1日乗り放題になるきっぷですが、中之島線区間を乗り歩きする予定だったこともあり、好都合なきっぷでした。

 さっそく改札を通り抜けてホームへと上がります。やってきた電車に乗り込み、まずは一つ先の天満橋でさっそく途中下車しました。天満橋といえば、去年4月に造幣局の桜の通り抜けで来ましたね。このときはたくさんの人で賑わっていましたが、今回は観光客らしき姿がほとんど見られず、代わりにビジネススーツを着たサラリーマンの姿を多く見かけました。

Tenmabashista
天満橋駅

 再びホームに入り、5扉の5000系に乗って次のなにわ橋へとやってきました。終点の中之島を除いて駅名に必ず“橋”の文字が入っていますが、堂島川と土佐堀川に挟まれた中之島エリアを行く路線とあって、水都にふさわしい駅名と言えますね。ここなにわ橋はまさに難波橋のすぐ隣にある駅で、モダンな大阪市中央公会堂がすぐ裏手に見えます。またちょっと歩けば京阪の北浜駅があり、証券取引所を始め大阪の商業の中心エリアであります。

Kaisatunaniwabashi
吹き抜けになっているなにわ橋駅の改札付近

Naniwabashi
難波橋から中央公会堂方面を望む

Lionnaniwabashi
難波橋の袂に鎮座するライオン像

 再びホームへと入り先を目指します。ここでようやく新鋭の3000系に乗ることが出来ました。車体のカラーはこれまでの京阪にはなかった濃い青が使われ、車内には1プラス2というシートレイアウトが並ぶなど、どれも目新しいですね。

Keihan3002
京阪の新顔・3000系

 もっと時間があれば次の大江橋も降りてみたかったところでしたが、残念ながら時間の都合で飛ばし(^_^;)、渡辺橋までやってきました。ここも文字通り渡辺橋の袂にある駅で、橋を渡って梅田方向へ行けばすぐ堂島エリアというところです。

Watanabebashi
渡辺橋周辺の様子

 そしていよいよ終点の中之島へとやってきました。地上に上がって改めて驚きましたが、ちょうど1年前に結婚式で宿泊したリーガロイヤルホテルがすぐ目の前にあるんですね。開業が1年後だったらそのついでに来ることができましたし、このときは京阪で鞍馬山へ行っているので、まさに便利でしたね。

Nakanosimasta
中之島駅

 こうして中之島線の乗り歩きは無事に終了いたしました。この後はもう帰路につくのみで、伊丹空港からのJAL便を押さえてありました。前の日の晩と同様に玉江橋を渡り、今度はJR東西線の新福島駅へとやってきました。この後は伊丹までJR福知山線の普通列車に乗り、路線バスで伊丹空港へとやってきました。この間、完全な移動だけでありましたが、無事に空港に到着、午後3時半のJAL便で大阪を後にいたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のカマ@さいたま新都心(1/14)

赤羽で人身事故があったようで、来た電車に乗り込みました。よって、今日はありません粠。ただEF66は今日もいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.13

【1/11】SLの重連運転に乗る~真岡鉄道

 3連休中日の11日、朝の6時半過ぎに大宮を出発して宇都宮へと向かいました。宇都宮に来るのも久しぶりでしたが、朝早い時間ではさすがに名物の餃子を食べる気もせず、早々に東野交通の益子行き路線バスに乗り込みました。

 およそ1時間、終点の益子に到着しました。さて益子にやってきた目的ですが、この日は真岡鉄道で、C11とC12による重連運転が行われるとのことで、その様子を見るためでした。真岡鉄道のSL列車はもう10年近く前に一度乗って以来でしたが、普段は見ることのない重連運転とあって、楽しみにしていました。

 まずは駅のすぐ隣にある観光案内所で市内の地図を貰い、それを元に撮影場所のロケハンをしてみました。すると、北山の方向に500メートルほどいった小貝川の鉄橋付近のカーブがなかなかよさそうでしたので、ここに陣を構えました。

 やがて続々とギャラリーが増え始め、総勢15人ほどが陣を構えることとなりましたが、SL列車が来るまでの間、単行で行き来するモオカ14形のレールバスを試し撮りしながら時を過ごしました。

Mooka14_mashiko09011
真岡鉄道のレールバス・モオカ14形(北山ー益子間)

 いよいよ11時20分過ぎ、北山駅の方向からモクモクと立ち上がる煙とともに独特のドラフト音が次第に大きくなってまいりました。やがて黒い塊のようなSLが大きな音を立てながら目の前を通り過ぎていきました。

Mookac11c12_mashiko0901
C11とC12による重連運転(北山ー益子間)

 うーん、だいぶ露出オーバーになってしまいましたねcrying。普段は電車ばかり撮影しているので、こうしたSLはなかなか撮り慣れていませんが、せっかく煙が出ていただけに、失敗作となってしまいました。

 これでまずは一つ目的が完了。ちょうど昼時だったので、駅から5分ほどの裏手にある食堂で昼食を摂りました。定食メニューでそこそこ腹も満たされ、再び益子駅に戻って12時43分発の茂木行きに乗り込みました。

 1両のレールバスはのんびりと単線区間を走り続け、茂木の一つ手前、天矢場付近に陣を構えていたギャラリーを横目で見ながら、終点の茂木に到着しました。

 この後は14時28分発のSL列車まで時間が空いていましたが、まずは駅構内で休んでいたC11とC12の近くまで行ってみます。やはりSLは人気者ですね。機関車の近くでは記念写真に興じる人の姿が絶えず見られましたが、水上のようにスペースがあまりないこともあって、機関車全体を撮影することは出来ず、駅舎の屋上にある踊り場から何とか撮影することが出来ました。

Mookac1266_motegi0901
C12-66(茂木)

Mookac11c12_motegi0901
並んで羽を休めるC11とC12(茂木)

Mookac11_motegi0901
C11の後姿(茂木)

 やがて2時近くになって機関士が乗り込むと、SLはゆっくりと車止めの方向へ動き出しました。一旦停車し、今度はホームを一気に走り抜けて客車が停車している付近まで接近。客車に連結されました。こうして14時15分過ぎ、ゆっくりとSL列車は茂木駅のホームに入線してきました。

 乗客を乗せ、14時28分に茂木駅を発車しました。ゆっくりとしたスピードでSL列車は一路下館へと進んでいきましたが、機関車が小型のC11やC12なので、真岡鉄道のようなローカル線にはぴったりですね。また使用されている客車が元国鉄の50系で、こちらは学生時代に山陰本線や東北本線で何度も乗っていたので懐かしいです。その客車列車も今やJRではブルトレを残すのみとなり、そのブルトレも年々本数を減らしているだけに、今や貴重な存在であります。

 列車は15時20分、真岡に到着しました。ここで先頭のC12が切り離され、代わりにDE10ディーゼル機関車が最後尾に連結されました。

Mookac11325_mooka0901
真岡からC11の単独運転に

Mookaoha5011_mooka0901
今も真岡鉄道で活躍している50系客車(真岡)

 こうして15時57分、終点の下館に到着しました。

Mookade101535_simodate0901
真岡への送り込み運用に備える(下館)

 なおSL列車は下館に到着後、16時6分発の真岡行きとして運転されますが、おそらく今や貴重な乗車券のみで乗れる唯一の客車列車でしょう。こちらも一度乗ってみたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

本日のカマ@さいたま新都心(1/13)

本日のカマ@さいたま新都心(1/13)
EF66-36
EF65-1037

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.12

【1/10】横浜都市発展記念館と駅弁大会

 3連休の初日、この日は自宅を少しゆっくり目に出ました。列車を乗り継ぎ渋谷駅へ。ここからは東横線に乗り換えです。

 まずはおしゃれな町で有名な代官山で下車。ホーム渋谷寄りで横浜方面行きの列車を撮影しようとしましたが、建物の影が出ていて撮影しにくい状態でした。影がなければなかなかいい撮影地でしたが、一本だけ撮影し退散となりました。

Tokyu5050_daikanyama0901
代官山での一こま

 続いてやってきたのは学芸大学。これまで何度か当blogで紹介したことのある撮影地ですが、やはりここも冬場の長い影が伸びていて撮影するにはちょっと厳しかったです。結局何本か撮影してから切り上げることにしました。

Tokyu5050_gakugeidaigaku0901
定番の撮影地・学芸大学

 この後は一気に横浜へと向かいました。終点の元町・中華街駅で下車。昼食がまだだったので、ここはもちろん中華街でランチとなりました。以前は一人では行きにくいイメージが強かった中華街ですが、小さい店を中心にランチメニューを置いているところが多くあるのに気付いてからは足が向くようになりましたね。今回は天長門から歩いてすぐの細い路地の一角にある小さい店に入りました。数種類あるランチメニューの中からホイコーローのセットを注文。ホイコーローとザーサイ類、それにサラダとライスという組み合わせの上に杏仁豆腐のデザートも付いて680円はお値打ちと言えそうですねhappy01

Tenchomon2
天長門

 横浜大世界のおみやげやを物色後、再び元町・中華街駅から電車に乗り込みます。一つ先の日本大通り駅で下車。この後は目的の横浜都市発展資料館を訪ねました。12日まで開催の企画展「横浜ステーション物語」を見学しますが、去年10月に一度見学しているものの、その際に後期展示分の割引券を貰っていたため、再度訪ねた次第でした。

 展示物ですが、一部新たに加わった資料があったものの、基本的な流れとかはほぼ同じでしたので、前回のおさらいになってしまいましたね。もうちょっと展示換えとかがあるのかと思っていましたが、ここの企画展は何時来ても充実度が高いので勉強になりますね。

Yokohamacitymuseum
横浜都市発展資料館の入口。企画展を意識してるのか、湘南カラーになっていますhappy01

 これで横浜での目的は終了。少し早めではありましたが、横浜を後にして再び渋谷へと向かいます。もちろん撮影しながらでありますが、まずは白楽で下車し渋谷寄りのホーム先端で撮影しました。しかしここではなぜか9000系ばかりでしたね。来るときは5050系ばかりでしたが、こういうこともあるんですねぇ。

Tokyu9000_hakuraku09011

Tokyu9000_hakuraku09012
(2枚とも)なぜか9000系ばかり・・・(白楽)

 あまりに車両のバリエーションが乏しいので、今度は武蔵小杉でやってみました。ここは東横線に加えて目黒線の列車も来るので、撮影していても楽しいところですね。ただ、ちょうど日が陰りだした頃だったため、全体的に暗い絵となってしまいましたweep

Tokyu5050_musasikosugi0901

Yokohamakosokuy500_musasikosugi0901

Tokyometro9000_musasikosugi0901
(3枚とも)武蔵小杉での成果

 そこでもう一ヶ所、お隣の新丸子でも撮影してみました。しかしここも太陽が雲に覆われてしまい、撮影しにくくなってしまいました。撮影地としてはメジャーなところなので、晴れ間が出ていればもうちょっといい絵が撮れましたけど、これは次回の宿題ですね。

Sr2000toei6300_sinmaruko0901

Tokyu1000_sinmaruko0901

Toei6300_sinmaruko0901
(3枚とも)新丸子での成果

 こうしてだいぶ日も傾いてしまった頃、渋谷に到着しました。この後、山手線に乗って新宿へとやってきましたが、今の時期で新宿といえばやはり京王百貨店の駅弁大会ですね。この日も7回の催事場は大変な人出で歩くのにも一苦労でしたが、比較的手に入りやすいものを入手して早々に退散しました。で、今回の収穫ですが、一つは長崎駅で売っている「ながさき鯨カツ弁当」、そしてもう一つは伊豆急下田駅の「とろ金目の塩焼き弁当」でした。自分は前者を、家内は後者を食べ、それぞれ一口ずつ分けましたが、どちらもなかなかのお味でした。

Keioekibenpackage09
今年の収穫物happy01

Whalekatsuekiben
長崎駅で発売されている「ながさき鯨カツ弁当」

Kinmeekiben
こちらは伊豆急下田駅の駅弁「とろ金目の塩焼き弁当」

 その駅弁大会ですが、画家の山下清が描いたと思われる絵のラベルが掛かった復刻幕の内弁当が、他のブースが大賑わいなのとは対照的に閑散としていたのが気になりました。やはり幕の内弁当というのがちょっとインパクトに欠けるんでしょうかねぇ。個人的には幕の内弁当こそが駅弁の王道と思うんですけど、かにめしやら釜めしやらが幅を利かせる駅弁大会にあっては、もう少し見直されてもいいんじゃないかと思った次第であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/4】新春記念ヘッドマーク付き電車に乗る~新京成

 3連休も今日でおしまい。いろいろなことがありましたが、それについてはおいおい書くことにして、今回は新京成で運転中のヘッドマーク付き電車に乗ったネタをご報告します。1週間前とやや古いネタではありますがご容赦を・・・coldsweats01

 正月休み最後の1月4日、午後から自宅を出発しました。途中、都電荒川線を経由して町屋へ。ここから京成に乗り換えて京成津田沼へとやってまいりました。ここからはいよいよお目当ての新京成ですが、何分ヘッドマーク付き電車は8000系1編成のみ。例によって運用などはないので、適当に乗りながら探してみることにしました。

 松戸行き電車に乗り、次の新津田沼駅に到着した時のこと。反対側の京成津田沼方面のホームに同時に入線して来た電車を車内から見たところ、先頭車に大きなヘッドマークが付いていました。まさにこれがお目当てのブツだったわけですが、大慌てで電車から降り、後追いで撮影いたしました。

Sinkeisei8000_sintsudanuma0901
いきなり新津田沼駅で出会ったものの・・・

 うーん、ブレた上に運転台が影にかかってしまいましたねぇcrying

 さて、先ほどの電車は千葉中央行きとのことなので、松戸行きとして戻ってくるにはしばらく時間がかかりそうです。そこで、あちこち撮影しながら捕まえることにしました。

 まずは、撮影地として事前にリサーチしておいた前原と薬園台の間の区間で撮影することにしました。ここは前原駅から住宅街を線路沿いに歩いて10分ほどのところにある線路傍で、京成津田沼方面の電車を撮影することが出来ます。

Sinkeisei8000_maebara0901

Sinkeisei8800_maebara0901
新京成の車両達(前原ー薬園台間)

 こうしてみると、新京成は意外と車両のバリエーションが豊富なことに気付きますね。年に数回乗るかどうかの新京成ですけど、じっくりと回ってみるとなかなか面白そうです。

 ほどほどにして再び前原駅へ戻って先を目指しますが、まだヘッドマーク付き電車は戻ってこない様子。もう少し撮影できるところはないか探して見ましたが、すでに時刻は3時を過ぎ、冬の太陽が西に傾きつつあった頃なので、だいぶ影が出ていました。

 こうして、いよいよお目当てのヘッドマーク付き電車がやってまいりました。「謹賀新年」の大きな文字の下に、今年の干支の丑と新京成のキャラクターであるしんちゃんとけいちゃんが仲良く並んでいるというものですが、なかなかかわいいものですねhappy01

Sinkeisei8507_goko0901
新春のヘッドマークをつけた8000形8508編成(五香)

Anewyearhm_sinkeisei
ヘッドマークを拡大したところ

 この電車は今月一杯まで運行されるとのことですが、もう一回くらい見に行きたいところですね。今回は午後から出発したものであまりよく撮影できなかっただけに、1日くらいかけて回るのもよさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.11

現在地

現在地
現在地
茂木に来ています。今日はC11とC12による重連運転の日。14時28分発の下館行きに乗車します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
益子焼のふるさとに来ています。このあと、12時43分発茂木行きに乗車します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
ギョーザの町に来ました。これから益子までバスに揺られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.10

【10/20】京阪電車撮り歩き

 去年10月の旅、出来るうちにどんどん書いてまいります。通勤快急おりひめを見送り、枚方市からは本線に乗り換え、大阪方面を目指します。しかし、そのまままっすぐ行ってしまうのはちょっともったいないので、途中の駅で京阪電車を撮影することにしました。

 京阪電車の撮影については、出発前にいろいろと撮影地などを調べてきましたが、有名所では大和田駅の淀屋橋寄りなどがありますね。しかしここはすでに先客が数人いたので、今回は一つ先の古川橋でやってみました。


京阪5000系&7000系@古川橋'08.10
古川橋での成果

 通勤型車両だけでもいろいろな形式の車両がやってくるので、なかなか楽しいですね。このあたりは東武にも通じるところがありそうですが、そんな中、5000系という車両はなかなか異彩を放っていますね。何といっても5つの扉を持っているところが一番の特徴ですけど、今では珍しくなくなった5扉車ですけど、ラッシュ時には一部のドアを閉鎖して座席を設置するところは、他では見かけない特徴になっています。

 しばらく撮影していると、「きかんしゃトーマス」のラッピングを施した7200系が通り過ぎました。後追いで撮影したのでブレブレになってしまいましたが、今回初めて見ることが出来ました。なお、このラッピング電車も今月の25日を持って運転を終了するとのことです。

京阪7200系@古川橋'08.10
「きかんしゃトーマス」のラッピング車両・7203F(古川橋)

 そして京阪といえば、やはり何といっても鳩のマークを掲げた特急車両ですね。しかしここで出会えたのはわずか一本だけでしたcrying

京阪8000系@古川橋'08.10
京阪といえばやはりこの特急車両ですねhappy01

 ほどほどに切り上げて先を目指します。続いてやってきたのは滝井駅。こちらは駅の前後が直線区間になっていてすっきりと撮影できますが、前の日に京橋で見た新鋭の3000系や、先ほど古川橋で通り過ぎたトーマスのラッピング車両などを撮影することが出来ました。

京阪3000系@滝井'08.10

京阪7200系@滝井'08.10
(2枚とも)滝井駅での成果

 こんなところでそろそろ撮影を切り上げ、いよいよ中之島線沿線の乗り歩きをすることにします。

# 画像を一部削除しました(2016.9.19)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
横浜中華街に来てます。この後、日本大通り駅に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.09

【10/20】交野線直通の通勤快急おりひめに乗る~京阪

 昨日に続き、今日も10月の旅での出来事について書きます。20日早朝、宿泊していたホテルをチェックインし、この日のスタートである東淀川駅へとやってきました。今回初めて下車した駅ですが、ホームから隣の新大阪駅が見えるんですね。それとは対照的に駅舎は大都会にもかかわらず小ぢんまりとしています。

Higashiyodogawasta
東淀川駅。この日はここからスタートでした。

 さっそく大阪方面行きの電車に乗り込みます。まずは大阪駅まで向かい、前日の晩と同様、大阪環状線に乗り換えました。やってきたのはオレンジ色の103系。今や首都圏では過去のものとなってしまいましたが、ここ大阪では今も現役です。

Kuha103842_kyobashi0810
元気に活躍する103系(京橋)

 前日と同じく京橋で下車し、今度は片町線に乗り換えます。こちらは使用されている電車が大阪環状線とは対照的にJR化後登場した207系ですね。103系に比べるとどうしても軽い印象が否めませんが、今やアーバンネットワークでは主力の車両となっています。

 途中、4月に乗ったおおさか東線の始発駅である放出を通り過ぎ、目的地の河内磐船駅にやってきました。

Kuha2061072_kawachiiwafune0810
JR西日本主力車両の一つである207系(河内磐船)

 さて、今回河内磐船駅へやってきたのは、京阪交野線で平日の朝に運行される大阪までの直通列車に乗るためでした。ここから歩いて5分ほどで、交野線の河内森駅に到着。目的のおりひめ号の発車は8時ちょうど。しかしまだ時間があったので、先行して待つことにしました。

 特にどこで降りるという目的はなく、星ヶ丘までやってきました。ここで下車し、おりひめ号を待つことに。やがて小ぢんまりとしたヘッドマークをつけたおりひめ号が近づいてきました。

Keihan2600_miyanosaka0810
宮之阪駅に入線する「おりひめ」

Orihimehm
こちらがヘッドマークです

 なお、中之島線開業に伴うダイヤ改正で、行先がそれまでの淀屋橋から中之島に変わりました。そのまま中之島まで乗り通したいところでしたが、この後は本線内で行き交う京阪電車を撮影する予定でしたので、次の宮之阪でお見送りとなりました。

 交野線への直通列車ですが、夜には「ひこぼし」の愛称で中之島と私市を結ぶ運用もあります。機会があればこちらにも乗ってみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のカマ@さいたま新都心(1/9)

本日のカマ@さいたま新都心(1/9)
EF66-117

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.08

【10/19】中之島線初乗車~京阪

 すっかり忘れ去られた感のある去年10月の旅。もちろんそのままにしておこうという気はありませんで、何とか書きたいと思ってはいましたが、如何せん年末にかけてあれこれネタがてんこ盛り状態だったもので、どうしても書けずにいました。そろそろ記憶が薄れつつある中ようやく一段落いたしましたので、今日はいよいよ10月19日に開業した中之島線に乗ったときのことを書きたいと思います。

 午後7時過ぎ、この日予約しておいた東淀川駅近くのホテルにチェックインし、部屋でしばらく休憩をした後外出いたしました。大阪駅近くで夕食を済ませ、京阪の乗換駅である京橋へ行くため、大阪環状線に乗り込みます。ホームで待っていると、オレンジ色の201系が入ってきました。元々は東海道本線で使用されていたスカイブルーの車両ですが、今はオレンジ色に塗装され大阪環状線で活躍しています。関東の人間にとってはやはり中央線のイメージが強いですねhappy01。ただ中央線では、見る機会もだいぶ少なくなってしまいましたが、ここ大阪ではまだ見ることはできそうです。

Kuha20065_kyoubashi0810
大阪環状線では今だ健在の201系(京橋)

 こうして京橋に到着し、さっそく京阪電車の乗り場へ向かいます。開業を祝う旗やポスターを見ているうち、隣の出町柳方面のホームに濃い青と白の目新しい車両が入ってきました。

Nakanoshimalineflag
中之島線開業を伝える旗(京橋)

Keihan3000_kyobashi0810
快速急行用に登場した3000系(京橋)

 快速急行用としてこの日から運行を開始した3000系です。鉄道誌などでは何度か見ていましたが、実物を見るとそれまでの京阪のイメージとは全く違う印象なので、正直驚いてしまいましたね。

 こうなれば、その3000系に乗って中之島を目指したいところ。やってくるまで待ってみてもよかったところでしたが、どの道次の日に駅周辺の散策も含めて歩き回るつもりでしたので、次の電車に乗ることにします。やってきたのは2200系。こちらは以前から知っている京阪の車両ですね。

 これで、いよいよ中之島を目指します。天満橋を過ぎて新線区間へと入ってきましたが、如何せん地下区間ですからねぇcoldsweats01。車窓を楽しむというわけには行きませんが、どの駅もまだ開業初日とあって、ホームや看板などが綺麗でしたね。

 2200系電車は渡辺橋を過ぎ、終点の中之島へと到着しました。

Nakanoshimaekimei
終点中之島に到着

Keihan2200_nakanoshima0810
これに乗ってやってきました(中之島)

Nakanoshimalinestecker
中之島線開業のステッカー

 一方、隣のホームでは3000系が次の発車を待っていました。先ほど京橋で見たときは先頭車に小さなヘッドマークが付いていたのに気付きましたが、ここでじっくりと見ることが出来ました。

Nakanoshimalinehm
3000系に付いていた小さなヘッドマーク

 これで無事完乗happy01。この後はホテルへ帰りますが、特に目的はありませんでしたので、福島駅から阪神に乗ることにしました。梅田までわずか一区間なんですけど、地下ホームで待っていてやってきたのは、“青胴”こと5000系でした。

Hanshin5138_umeda0810
”青胴”こと、阪神5000系(梅田)

 阪神も3月にはなんば線が開業し、沿線の様子も大きく変わることでしょうね。

 こうして無事にミッションを済ませた私は、大阪駅から東海道本線に乗って東淀川へと戻ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のカマ@さいたま新都心(1/8)

本日のカマ@さいたま新都心(1/8)
EF66-16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.07

【1/3】“金太郎”モハ108に出会えず~箱根登山

 この日最後のミッションについて、今日は書きたいと思います。京急川崎駅からJR川崎駅へとやってきてすぐ、10時10分発の熱海行き775Mに乗り込みました。何しろ18きっぷ利用でしたから、少しでも遠くへ行きたいところ。この後は小田原へ行って箱根登山鉄道に乗ってきます。

 途中の大船駅では、後続の踊り子号の通過待ちがありました。最後尾に乗っていたので、ホームに入ってくる様子を1枚押さえました。

Type185_ofuna0901
185系特急踊り子号(大船)

 小田原には11時14分に到着しました。改札付近には多くの人で賑わっていましたが、この日は何といっても正月恒例の箱根駅伝が行われた日でしたね。おそらく応援のために観戦していた人の群れだったようです。

 この後はいよいよ箱根登山鉄道に乗り換えますが、まずは駅ビルの中の食事処で昼食を済ませてから小田急線の改札へとやってきました。'06年春までは登山電車が小田原まで乗り入れていて、直通で強羅まで行くことが出来ましたが、今は小田急の20メートル車に乗って途中の箱根湯本で乗り換えないと行けなくなってしまいました。しかし乗り場は以前と同じ11番線で、今一番小田急らしい顔つきの車両である5000形が待っていました。

Odakyu5255_odawara0901
箱根湯本行き5000形(小田原)

 箱根へ行く観光客で徐々に車内が混みあってきたところで、電車は小田原を発車しました。およそ15分、電車は箱根湯本に到着、ここから登山電車へ乗り換えます。

 さて、今回箱根登山鉄道に乗りに来た理由ですが、モハ2形のモハ108が会社創業120周年を記念して、かつて走っていた小田急のロマンスカーであるSE車の塗装を模したカラーにリバイバルするということで、これを見るためでした。やはり1両しかいない上に運用が特に決められていないので、行き当たりばったりしながら捕まえることにしました。

 乗車する人の列に並んでいると、強羅方面から登山電車が入ってきました。しかしやってきたのは、“ベルニナ号”こと1000形。とりあえずはこれに乗って大平台まで向かいます。

 運よく席にありつくことが出来たところで、電車はゆっくりと箱根湯本を発車しました。塔ノ沢を過ぎ、出山信号所でスイッチバックをした後、目的地の大平台に到着しました。

Hakonetozan10002000_ohiradai0901
大平台駅に到着した"ベルニナ号”1000形

 この後は、共同浴場「姫之湯」近くの踏切に陣を構えて金太郎を待ちました。

Hakonetozan1000_ohiradai09011

Hakonetozanmoha2_ohiradai0901

Hakonetozan1000_ohiradai09012
(3枚とも)箱根登山鉄道の電車たち(大平台ー宮ノ下間)

 待っている間、去年乗った旧塗装の1000形や旧型の車両などが次々とやってきました。意外にも運行本数が多く退屈はしませんでしたね。しかし肝心の金太郎は来ませんでしたがcrying、あまり待っていてもきりがなかったので、断念して姫之湯へ向かいました。徐々に体を慣らしていかないと肩まで浸かれないほど相変わらず熱いお湯でしたが、これもここの特徴の一つといえそうですね。

Himenoyu
玄関に松飾りhappy01

 大平台駅に戻り、箱根湯本行き電車に乗って戻ってきました。まだ帰りの電車まで時間があったので、改札を出て去年3月に撮影した入生田との間の警報機のない踏切で少し撮影しました。VSEあたり撮影したいところでしたが、やってきたのは5000形とEXEでした。去年の末からやたらに会いますねぇ>EXE。

Odakyu5000_hakoneyumoto0901

Odakyu30000_hakoneyumoto0901
(2枚とも)小さな踏切の脇で(入生田ー箱根湯本間)

 この踏切の坂を下ったところに小田原方面行きのバス停があるんですけど、駅まで戻るのが面倒くさいので、バスを捕まえようとしました。しかし例によって定時性が崩れてしまっている状態で、待てどもバスはやってきませんでした。やむなく駅まで戻り、電車で行くことになりました。

 その車内でのこと。次の入生田駅に到着すると、車庫の中にこの日のお目当てだったモハ108が止まっているではないですかcrying。うーん、薄々運用には就いていないんじゃないかと思いつつありましたけど、やはりそうでしたね。まあこれも仕方がないところ。また再訪するとしましょうcoldsweats01

 小田原駅では乗車予定の湘南新宿ラインまでの間、新幹線ホームで撮影をしました。だいぶ日が傾いてしまっていたので光線具合がよくありませんでしたが、高速で通過するN700系などを撮影することが出来ました。

N700_odawara0901
猛スピードで通過するN700系(小田原)

Type300_odawara0901
300系を後追いで(小田原)

 こうして16時6分の高崎行きに乗って大宮へと帰ってまいりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.06

【1/3】今年も登場、京急大師線ヘッドマーク付き電車を見る(笑)

 昨日の続きです。北千住から電車を乗り継ぎ、川崎へとやってきました。この後は2番目のミッションだった京急大師線のヘッドマーク付き電車に乗り込みます。なおタイトルですが、昨日の記事のタイトルをパクらせていただきました(笑)。どちらも大師線ですしねcoldsweats01

 まずは京急川崎駅で電車を待ちます。すると、小島新田からやってきた本線上を走る1000形と並んで、引込線で待機していた1500形が入線してきました。

Keikyu1500_keikyukawasaki09011
引込線からやってきた1500形(京急川崎)

 本線からやってきた1000形がホームに到着すると、川崎大師からの帰りの客がドッとホームに吐き出されてきました。こちらはこの後しばらく休憩に入るようでしたので、次の発車は回送されてきた1500形のようです。こちらには、五重塔を背にした干支の牛が描かれていましたが、東武のものよりもだいぶ凝ったデザインですね。

Keikyudaishilinehm091
五重塔と牛のツーショットが描かれたヘッドマーク

 車内で発車を待っていると、次々と川崎大師へ参拝すると思われる乗客が乗り込んできました。やがて電車は京急川崎を発車しました。

 途中の川崎大師で一気に乗客が下車、終点の小島新田に到着する頃にはすっかり閑散としてしまいました。それにしても、ここへ来るのはずいぶんと久しぶりですね。もう15年以上も前になりますが、当時は到着するや硬券入場券を買ってすぐに折り返してしまったため、駅前の様子とかのイメージが残っていませんでした。ここはどうしても鶴見線の浜川崎あたりとダブってしまいますね。もっとも、すぐ目の前を貨物線が走っているあたりは、どちらも共通していますけどね。

Kojimasindensta
大師線の終点・小島新田駅

 先ほど乗ってきた電車を見送り、一本後に乗車します。やはり次も1500形でしたが、こちらは先ほどとは違うデザインのヘッドマークが付いていました。

Keikyu1516_kojimasinden0901
別バージョンのヘッドマークをつけた1500形(小島新田)

Keikyudaishilinehm092
こちらは赤べこが描かれています

 今度は赤地に赤べこと扇子の絵が描かれていました。こちらは赤べこが可愛らしいですね。

 さてこの後ですが、京急川崎まで戻らずに一つ手前の港町で下車しました。ここは去年、駅のすぐ近くの通り沿いで撮影をしたところですが、今年も走行する列車の写真を撮ろうと思いました。先ほど乗った1500形を始め、旧1000形もヘッドマークを付けて運用についていました。

Keikyu1000_minatocho09011

Keikyu1000_minatocho09012

Keikyu1500_minatocho09011

Keikyu1500_minatocho09012
(4枚とも)港町での成果

 一通り撮影後、再び港町駅から電車に乗り込み、京急川崎へと戻ってきました。

# 去年の様子はこちら

 関連記事
  ・Kaz-T様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.05

【1/3】今年も登場、東武大師線ヘッドマーク付き電車を見る

 おととい3日の出来事について書いていきたいと思います。この日は朝の5時過ぎに自宅を出発しましたが、18きっぷで箱根まで行く予定だった上に、毎年恒例の東武と京急の干支のヘッドマーク付き電車を見たいということで、結構盛りだくさんな内容となってしまいました。そうなればなるべく早めの行動となるもので、どうしてもこんな時間から動くことになります。そんなわけでまずは、毎年恒例となった東武大師線のヘッドマーク付き電車を見に行きます。

 まだ薄暗い中、私は西日暮里駅にいました。なぜかと言えば、ここから日暮里・舎人ライナーに乗るためでしたが、途中に西新井大師西駅があるので、ここから歩いて大師前駅まで行こうと考えた次第です。

 初詣客で混んでいるかと思ったものの、やってきた電車には空席ばかりが目立っていました。おかげで座っていくことが出来ましたが、西新井大師西駅に着いた頃には朝日も昇りつつありました。駅を背にして住宅街を縫いながら歩くことおよそ15分、大きな屋根の西新井大師が見えてまいりました。そういえば去年はあまりの人の多さで、お参りを断念したんですよねcrying。しかしおとといはまだ朝早いこともあって、散歩ついでに来たという人くらいしかいませんでした。そんなわけで、この日の旅の安全を祈りつつ、のんびりとお参りをすることができました。

Nishiaraidaishinishista
日暮里・舎人ライナーの西新井大師西駅

Nishiaraishrine
今年はお参りできましたhappy01~西新井大師

 大師前駅にやってきました。ホームにはまだ電車が来ていなかったので、ホーム先端で電車を待つことにしました。しばらくすると、2両編成の8000系が近づいてきました。

Tobu8000_daishimae0901
大師前駅に入線

Tobudaishilinehm09
今年のヘッドマークですhappy01

 絵柄はもちろん、今年の干支にちなんで牛が描かれています。

 数カット撮影後、電車に乗り込みます。発車してわずか数分で終点西新井に到着。去年はあまりの混雑でのんびり撮ることが出来ませんでしたが、今年はそんなこともなく、思う存分撮影できました。一方2番線ホームには、8570Fが羽を休めていました。毎年三が日には西新井大師へお参りする乗客を運ぶため臨時ダイヤで運転していますが、まだこの時間では臨時を出すほどではなく、しばしの休息といったところでしょうか。さぞかし三が日は大活躍だったことでしょう。

Tobu8000_nishiarai0901
2番線で休憩中の8570F(西新井)

 最初のミッションを終え、この後は伊勢崎線の上りで北千住を目指しますが、まだ時間があったので、一つ手前の小菅で撮影をしてきました。ところがわずか十数分の滞在にもかかわらず、スペーシアやら “東武顔”8516F、そしてさらには日光アイスバックスのラッピング車両である20000系の21812Fがやってきたりと、なかなか賑やかでしたね。おかげで退屈することなく過ごすことが出来ました。

Tobu100_kosuge0901

Tobu8000_kosuge0901

Tobu20000_kosuge0901
(3枚とも)小菅で出会った車両達

# 去年のヘッドマークは、こちら

 関連記事
  ・melonpan様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.04

【1/2】リニューアルされた10000系に出会う~東武

 急行開運号に乗った帰り、武川から折り返して羽生経由で帰ってきましたが、その途中、去年後半に登場した10000系のリニューアル車両に乗ることが出来ました。行先表示機がLED化されていること、それにパンタグラフがシングルアーム化されていること、そして何よりも運転台下のスカートが大きな特徴ですね。

Tobu16602_kuki0901
リニューアルされた10000系・11602F(久喜)

<おまけ>
Tobu10000_minamikurihashiworkshop07
リニューアル化前の11604F。これは2年前の東武ファンフェスタで展示されていたときの姿。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/2】急行開運号で'09年の“鉄”始め~秩父鉄道

 今年最初の“鉄”始めですが、毎年恒例となった秩父鉄道の急行開運号に乗車してきました。去年に続いて2年連続の乗車となりましたが、その年の干支がデザインされたヘッドマークが取り付けられるとあって、沿線の正月三が日の風物詩ですね。

 さておとといの2日、午前9時半前に熊谷駅へとやってきました。まずは窓口で急行券を買いますが、今年も特製の硬券きっぷを発売していました。台紙の方は残念ながら全て出てしまったようですが、こちらもきっぷを集めている身にとっては楽しみの一つですね。

 ホームでしばらく待っているうちに、いよいよ羽生方面からお目当ての開運号が入線してきました。

Kaiun09hm
今年も運転された急行開運号

 今年は「開運」と大きく書かれて文字の下に、今年の干支である牛が描かれていました。

 9時51分、急行開運号は熊谷駅を発車しました。車内は空席が目立つほどで、余裕で座ることが出来ましたが、去年と同様に今年も次の武川で降りてしまうので、あまり意味はないですね。

 そんな中、広瀬川原車両基地に差し掛かったとき、車庫の中で先頃入線した元東急の8500系がいました。去年の年末に回送された様子があちこちのblogで紹介されていましたが、現在活躍する1000系の動向が気になるところです。今年は1000系を含め、秩父鉄道沿線に出向くことが増えそうですね。

 こうしてわずか10分ほどで武川に到着しました。

Chichibu6000_takekawa0901
武川に到着

 その後、武川駅から永田駅方向へ歩いて10分ほど言った線路際で1時間ほど撮影してきましたが、思うように撮影できず、失敗作ばかりになってしまいましたcrying

Chichibu1000_takekawa09011

Chichibu5000_takekawa0901

Chichibu1000_takekawa09012
今回の成果~リバイバルカラーはカナリアのみでした

# 去年の様子は、こちら

 関連記事
  ・TOMO様

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009.01.03

【12/29】‘08年のトリは西武乗り歩き

 2008年最後の“鉄”ネタは、埼玉西武ライオンズ日本一記念1日乗車券を使って西武沿線の乗り歩きをしてきました。前回のリーグ優勝記念のときは池袋線を中心に回ってきましたけど、今回は新宿線沿線を中心に回りたいと思い、出発は高田馬場といたしました。

 高田馬場駅から下落合駅まで歩いて移動することにしましたが、まずは山手線のガード下にある故・手塚治虫の漫画に登場するキャラクターの壁画に注目です。鉄腕アトムの主題歌が発車メロディになっている通り、高田馬場は手塚治虫にゆかりの土地でありますが、壁画にはアトムやブラックジャック、それにリボンの騎士など、手塚作品に登場するキャラクターが勢ぞろいしており、見ていて楽しいですね。朝の光線具合のために壁が光ってしまい、あまりうまく撮影することは出来ませんでしたが、これはもう一度ゆっくりと見に行きたいところです。

Tezukacharactorpicture
高田馬場駅ガード下にあった、手塚作品キャラクターの壁画

 歩いて10分ほどで下落合駅へ到着しました。本当は途中の踏切で撮影をしたかったんですけど、朝の早い時間だとビル影が出てしまい無理でした。仕方がないので、電車に乗ってまずは東伏見へとやってきました。

 東伏見といえば、駅前にあるアイスアリーナが思い浮かびますね。ここを本拠地とするのが、アイスホッケーチームであるSEIBUプリンスラビッツですが、ご承知の通り、親会社の業績不振により休部することが決まってしまいました。駅周辺にはチームのマスコットがデザインされたフラッグが道に並んでいましたが、前社長のときから盛んに行われていたアイスホッケーだけに、時代の流れを感じてしまいます。

Princerabbitsflag
東伏見駅周辺にたなびくSEIBUプリンスラビッツの旗

 そんな東伏見駅では、駅周辺のあちこちで撮影して来ました。特にこれといって特筆するものはありませんでしたが、“スマイルトレイン”30000系がうまく撮れず、失敗してしまいましたweep

Seibu30000_higashifusimi0812

Seibu2000_higashifusimi0812
(2枚とも)東伏見駅周辺での成果。しかし失敗してしまったため、トリミングいたしましたcoldsweats01

 一通り撮影をした後、再び電車に乗り込んで、今度は小平へとやってきました。ここでは新宿方向へ歩いて10分ほど行った線路際の通り沿いで撮影しました。レッドアローを始めスマイルトレインなどいろいろな車両がやってきて、撮影の最中は楽しかったですねhappy01

Seibu2000_kodaira0812

Seibu30000_kodaira0812

Seibu10000_kodaira0812
新宿線を行く列車たち(花小金井ー小平間)

 1時間ほどの滞在後、駅前で昼食を摂ってから再び小平駅へ戻り、拝島線の電車に乗り込みました。この後は小川で国分寺線に乗り換えます。やってきたのは、新宿線直通の本川越行きで、新101系が使われていました。今では一番西武らしい車両といえそうですけど、最近は廃車が進み、徐々に数を減らしつつあるようですね。

Seibu1250
西武らしい顔の新101系(所沢)

 所沢で池袋線に乗り換え、最近撮影地として度々訪れるようになった西所沢駅に今回も下車しました。例によって小手指寄りにある踏切の先に陣を構えましたが、しばらくすると、飯能方面行きのホームに30000系が到着しました。で、よく見ると、先頭車の屋根にシングルアームのパンタが乗っているのが見えました。これが最近運用を開始した2両編成の車両で、それまでの8連と繋いで10連として運用に就いています。

Seibu10000_nishitokorozawa0812
すっかりお馴染みになった西所沢駅飯能寄り踏切の撮影地

Seibu30000_nishitokorozawa08121
運用を開始した30000系2両編成(西所沢)

Seibu30000_nishitokorozawa0812
小手指からの折り返しを撮影したところ

 前回撮影できなかった30000系も撮影することができ、14時半過ぎに西所沢を後にしてこの日最後の目的地である元加治へとやってきました。ここでは、以前紹介した入間川の橋梁で撮影することにしました。ただ今回は先約がいらっしゃったこともあって、平行して走る通り沿いからの撮影となりました。

 徐々に日が傾きつつあるときだったので、うまく撮影できるかどうかわかりませんでしたが、夕日に光る列車を撮影することができました。そんな中、先ほど見た30000系の2両編成をここでも見ることが出来ました。

Seibu101_motokaji0812
入間川の鉄橋を渡る101系(仏子ー元加治間)

Seibu30000_motokaji0812
30000系もやってきました

 こうして午後4時過ぎ、日もすっかり傾いてしまったため、終了となりました。これで2008年の鉄活動も終了でありますが、その帰路、新秋津から乗ったのは、115系使用の快速むさしの号でありました。

Type115_omiya0812
仕上げは115系でした(大宮)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
箱根登山鉄道大平台駅近くの姫之湯に浸かってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
小島新田を発車しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東武大師線

東武大師線
西新井を発車しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

現在地

現在地
朝早くから動いております胊。これから西新井大師西まで行って来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.02

現在地

現在地
今年最初の活動であります。只今武川駅近くの線路傍にいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.01

【12/28】2日続けて近場散策

 28日も前日に続き、午前中に家の掃除を済ませてからおでかけとなりました。やはり近場をブラブラすることになりましたが、まずは大宮駅から東北本線に乗って白岡へやってきました。

 駅から歩いて10分ほど、東北本線と交差する陸橋の上から撮影します。ここは朝方のブルトレなどの撮影地としてはお馴染みのところですが、実はまだ行ったことがありませんでした。これまで何度か行きたいと思いつつも、結局手前の蓮田で降りてしまっていたんですね。で、陸橋の上でカメラを構えようとしましたが、久喜方面からEF210牽引の貨物列車が近づいてくるではないですかcoldsweats02。慌てて準備をし、何とか抑えることが出来ました。

Ef210152_shiraoka0812
慌てて撮ったEF210牽引の貨物列車

 その後は下りの特急きぬがわ5号がやってきたくらいで、他はE231系のオンパレードでした。この日も前日同様、強い北風が常に吹き荒れていて、体を震わせながら陸橋の上で1時間ほど粘っておりましたwobbly

E231_shiraoka0812

Type211_shiraoka0812
(2枚とも)東北本線の普通列車

Type481_shiraoka0812
特急きぬがわ5号。台車がピカピカでしたhappy01

 午後2時過ぎに退散し、再び白岡から普通列車に乗り込んで久喜までやってきました。ここで東武伊勢崎線に、そして東武動物公園ではさらに日比谷線直通に乗り換えて北春日部駅へとやってきました。ここから春日部方面へ歩いて、11月の東武ファンフェスタの帰りに撮影した踏切を目指します。途中川があるので、少し遠回りをして10分ほどで到着しました。午後3時近くだったこともあり光線具合が気になっていましたが、何とか撮影することができました。

Tobu50000_kitakasukabe0812

Tobu200_kitakasukabe0812

Tobu100_kitakasukabe0812
(3枚とも)春日部と北春日部の間にある踏切の傍で・・・

 15時40分前後に通過するスペーシアあたりで光線具合が厳しくなってきたので、退散して帰路につきました。帰りは春日部駅に出て野田線の客となりましたが、よくよく見たら、前日春日部で乗ったときと同じ時刻だったことに車内で気付きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初詣

初詣
近くの神社にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【12/27】武蔵野線の貨物列車を撮影する

 改めまして、新年あけましておめでとうございます。本年も当blogをよろしくお願いいたします。さて今年最初の記事ですが、年も押し迫った27日の出来事について書きたいと思います。年末年始の長い休みに入ったこの日、午前中は自宅で掃除をし、午後からおでかけとなりました。特にあてもなく、近場をさくっと歩く程度でしたが、まずは電車を乗り継いで武蔵野線の東浦和駅にやってきました。ここは駅から東川口方面へ歩いて10分ほど、見沼田んぼの傍にある高校のグランドの前が武蔵野線の撮影地として紹介されているのをネットで見かけました。

Type205_higashiurawa08121
まずは手始めに1枚happy01

 やがてお一方、撮影をされるという方がお見えになりましたが、この後貨物列車が何本か通過するので、それを撮影するとのこと。この後は特にあてがあるわけでもなく、ここでしばらく撮影をしていくことにしました。

 しばらくすると、続々ギャラリーが集まりだし、総勢で10人ほどとなりましたが、14時過ぎから15時にかけて、3本の貨物列車を撮影することが出来ました。うち1本、14時40分頃通過した貨物列車はEF64の重連によるものでした。以前から武蔵野線や東北・高崎線で貨物列車を撮影したことがありますが、元々貨物線として造られた武蔵野線の面目躍如といったところですね。

Ef6625_higashiurawa0812

Ef641009_higashiurawa0812

Ef65_higashiurawa0812
(3枚とも)武蔵野線を行く貨物列車

 しかしこの日は風が強かったですねsad。撮影中、体を震わせながら待ち続けていたので、手足が凍り付いてしまうほどでした。

 結局午後3時過ぎに退散、その後は南越谷を経由して東武線で春日部を回り大宮まで帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

謹賀新年
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。晸それではいただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »