« 朝の宮原界隈(6/26)~平日ですが・・・ | トップページ | 【6/26】常磐緩行線の列車を撮影する »

2009.06.27

阪神なんば線&やまぎんレトロラインの旅その6~500系に乗る

 タイトルの旅の2日目。5月9日は北九州へ移動します。6時半過ぎにホテルをチェックアウト。7時30分発のこだま723号に乗るのでまだ早いですが、広島駅構内でネタ探しをしながら時間を潰すことにしました。在来線ホームには国鉄型の車両が行き来していましたが、前日の晩に遭えなかった103系がいました。車齢も相当なものですが、一体何時まで走り続けるのでしょうか???

Type103105_hiroshima0905

Type105115_hiroshima0905
(2枚とも)”国鉄型の聖地”広島らしい光景ですね

 そろそろ時間になったので、新幹線乗り場へと移動しました。7時20分、岡山方面から500系の車体がゆっくりと入線してきました。この時間だと小倉へ早く到着できるのは、7時25分発ののぞみ601号か7時39分発のひかり541号ですが、7時30分発のこだま723号には500系が使用されていて、これはJR時刻表にも明記されています。東海道筋ではすでに数えるくらいしか本数がないため、なかなか乗れる機会もなさそうなので、今回乗ってみることにしました。

 こだま723号はここ広島で10分間停車し、その間にのぞみ601号を先に通します。それにしても500系が他の列車に追い越されるということはちょっと前では考えられなかったことですね。これも時代の流れといえばそれまでですけど、新幹線車両の世代交代の早さを感じます。

Type500_hiroshima09052
こだま723号に使用される500系(広島:’09年5月9日)

 7時30分、こだま723号は広島駅を発車しました。次の新岩国では後続のひかり541号の通過待ちで停車。新岩国といえば、去年10月のときは0系でやってきた駅ですね。それから1ヶ月ほどで0系は多くの人に見送られて引退しました。

Type500_shiniwakuni0905
通過待ちの間、のんびり佇む500系(新岩国:’09年5月9日)

 ひかり号に道を譲り、再び500系こだま号は走り出しました。本当だったら小倉まで乗り通したいところでしたが、新下関で後続のひかり543号の通過待ちがあるとのことで、少しでも先を急ぐべく次の徳山で見送ることにしました。

 徳山も去年10月、0系に乗り込んだ駅ですね。このときは0系こだま号を待つ間、ホームで行き交う新幹線車両を撮影しましたが、ひかり号到着までしばらく時間があったので、暇つぶしがてら撮影しました。さすがに去年のようなドクターイエローの登場はありませんでしたが、N700系の他に去年10月のときに出会えなかった300系がやってきました。300系もデビューのときにはのぞみ号で乗ったんですよね。今は幅広く活躍していますが、廃車も進んでいるとのことで改めて新幹線車両の世代交代の早さに驚かされます。

Type500_tokuyama0905
500系をお見送り(徳山:’09年5月9日)

Type300_tokuyama0905
徳山駅に入る300系(徳山:’09年5月9日)

N700_tokuyama0905
N700系に道を譲りました(徳山:’09年5月9日)

Type700_tokuyama0905
レールスターに乗って小倉へ(徳山:’09年5月9日)

 こうしてひかり543号に乗り込み、新下関で先ほど乗った500系をあっという間に追い抜いて小倉駅へと到着しました。

|

« 朝の宮原界隈(6/26)~平日ですが・・・ | トップページ | 【6/26】常磐緩行線の列車を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/45469097

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神なんば線&やまぎんレトロラインの旅その6~500系に乗る:

« 朝の宮原界隈(6/26)~平日ですが・・・ | トップページ | 【6/26】常磐緩行線の列車を撮影する »