« 湘南色発見! | トップページ | 朝の宮原界隈(6/23)~眠い・・・ »

2009.06.23

展望型車両「四季彩」引退

 発表されてからだいぶ時間が経っていますがcoldsweats01、201系を改造した展望型電車「四季彩」が、このほど引退することになりました。7月には青梅線だけでなく中央線でもさよなら運転が行なわれますが、ツアー形式なので申込みが必要になります(詳細は、こちら)。

 四季彩のデビューは2001年で、初めて乗ったのはそれから2年後の2003年9月でした。登場時は4両それぞれに季節を代表する花がデザインされていましたが、2005年に現在のカラーに変更されました。

 当blogでも、四季彩に乗った記事を何度か書いていますので、以下にご紹介しますが、青梅線よりはGW中に大宮と奥多摩を結んだ「快速むさしの奥多摩号」や「四季彩河口湖号」に乗った記憶の方が強いですね。青梅線では一度だけ、しかも奥多摩までは一度も乗車していませんでした。

 そんなわけで、定期運用としては最終日になるこの週末に訪ねようと考えています。おそらくたくさんの人で賑わうとは思いますので、乗り鉄モードの方が強くなりそうですけど。

Kuha20034_0309
旧塗装の四季彩。手持ちには旧塗装ではこれ1枚だけweep

Type201_ome0905
青梅駅で発車を待つ四季彩(青梅:’09年5月5日)

関連記事
 ・快速むさしの奥多摩号に乗る
 ・「四季彩」201系、大宮に現る
 ・四季彩、富士急線内を走る

|

« 湘南色発見! | トップページ | 朝の宮原界隈(6/23)~眠い・・・ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/45434194

この記事へのトラックバック一覧です: 展望型車両「四季彩」引退:

« 湘南色発見! | トップページ | 朝の宮原界隈(6/23)~眠い・・・ »