« 朝の宮原界隈(7/2)~茶ガマ帰還 | トップページ | 【6/28】ローマ字が入った20000系の方向幕~東武 »

2009.07.03

【6/27】緑のプレートを付けたパレオC58~秩父鉄道

 昨日の続きです。明戸から武川の方向へ線路に沿って進みます。その間、先ほど熊谷の側線で休んでいたつばさラッピングの7001Fや従来カラーの1000系を撮影いたしました。

Chichibu1000_aketo0906

Chichibu7000_aketo0906
明戸から武川までの区間であれこれ撮影(上:1000系、下:7000系)

 さらに武川駅近くまで進み踏切で線路の反対側へ渡ると、列車の通過時間でもないのに警報機が鳴り出したのでもしやと思い貨物線の方を見たら、単機がこちらに近づいてまいりました。ここは旅客ばかりでなく貨物列車も行き来しているので、なかなか楽しいところですよねhappy01

Chichibudeki507_takekawa
単機でやってきたデキ507

 その後もパレオが来るまでの間、本線を走る列車を撮影しながら時を過ごしました。特に貨物線に進む長大な貨物列車が撮影できたのは収穫でしたね。5月のときは貨物列車が動いていない日だったため、単機で行き来するところしか見ることが出来ませんでしたが、やはり秩父鉄道といえば貨物列車は外せないですよね。

Chichibudeki302_takekawa0906
長い貨物列車がこちらに近づいてまいりました

 こうして4時少し前、武川駅にパレオエクスプレスが到着。汽笛を鳴らした後、ゆっくりと発車しました。よく見ると正面のナンバープレートの下地が緑色になっていますが、これは363号機が製造されてから今年で66年目に当たるそうで、緑寿にちなみ緑色のプレートにしたそうです。実は5月の広瀬川原のイベントのときにすでにお目見えしていましたが、こうして走る姿を今回初めてご紹介することにしました。

C58363_takekawa0906
緑のプレートをつけたC58363「パレオエクスプレス」(武川~明戸間:’09年6月27日)

 これで無事SLも撮影でき、後は帰路につくだけでしたが、ひとつだけ心残りがありました。それは5月末に登場したばかりの秩鉄カラーの1002Fをまだ見ていなかったことですが、ここまで走っているところを見ないところ広瀬川原の車庫で寝ていると思い半ば諦めていました。ところが16時11分発の列車を待つため武川駅のホームで待っていたら、何と1002Fが入ってくるではないですか。いやはや最後の最後で出会えたのは何よりでしたが、臨時急行のときに付けていたヘッドマークをまだ付けていたんですね。

Chichibudeha1002_kumagaya0906
最後に遭えた秩鉄カラー1002F(熊谷:’09年6月27日)

 今回は俳句展示列車目当てで歩き回ったので、比較的手頃なところをブラブラいたしましたが、目的の列車ばかりでなくSLやリバイバルカラーにも出会うことができ、充実した1日となりました。

|

« 朝の宮原界隈(7/2)~茶ガマ帰還 | トップページ | 【6/28】ローマ字が入った20000系の方向幕~東武 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/45527025

この記事へのトラックバック一覧です: 【6/27】緑のプレートを付けたパレオC58~秩父鉄道:

« 朝の宮原界隈(7/2)~茶ガマ帰還 | トップページ | 【6/28】ローマ字が入った20000系の方向幕~東武 »