« 現在地 | トップページ | 朝の宮原界隈(7/19)~2日ぶり復帰 »

2009.07.19

【7/9】東京ディズニーシーはネタが豊富

 夕べ三陸から帰ってまいりました。先ほ画像の整理が終わったところですが、ネタの整理がまだ付かないので、ご報告まではもうちょっと時間が掛かりそうです。それよりも書いておかなければ行けないこともありますので、今日はまず9日に行った東京ディズニーシーについて書いておきます。

 この日は家内と東京ディズニーシーで1日滞在となるため、珍しく“非鉄”な1日を過ごすことになりました・・・、と書きたいところでしたが、実際に園内を回ってみるとこれが見逃せないネタがいろいろとあって、意外と退屈しませんでした。そんなわけで、今回の東京ディズニーシー体験記は鉄分が濃い内容であることをご了承くださいcoldsweats01

 さて武蔵野線の東京行きで舞浜駅に到着したのが午前10時前。さっそく駅の隣にあるディズニーリゾートラインのリゾートゲートウェイステーションへと向かいます。駅前にはミッキーマウス柄の窓枠をようした丸っこいモノレールが目の前を通り抜けていきました。

Disneyresortline_gatewaystation0907
モノレールに乗ってディズニーシーへ

 このディズニーリゾートラインが開業して早8年。開業して直後に乗りに行きましたが、このときはもちろん乗り潰し目的で、途中の駅を乗ったり降りたりしながら1周して帰ってしまいましたcoldsweats01。おそらくは周りの乗客たちはディズニーランドへ行くのが大多数と思われますので、何とも気まずい感じもしましたが、このときばかりは全線完乗という目標に「何で乗らなきゃならんの?」と自問自答してしまいましたcoldsweats01

 さてそのディズニーリゾートライン、ICカードの対応が遅かったことから自動改札機でパスネットが利用できましたが、今年の3月に導入が済み、PASMOやSuicaを利用できるようになりました。しかし今回はSuicaを使わず1日乗車券を購入しました。ディズニーシーへ行って帰ってくるだけだと元を取ることはできませんが、前日から期間限定デザインの絵柄が発売されるようになったため、記念がてら1枚求めることにしました。ミッキーマウスを始めとするディズニーのキャラクターが描かれていて、元が取れなくても十分いい記念になりそうですね。

Picture_gatewaystation
リゾートゲートウェイステーション構内にあった壁画

 さっそくホームへと上がります。ちょうど一本出てしまった後でしたが、数分待てば次のがやってくるという運転間隔なので、退屈することはないですね。こうしてすぐにやってきた列車に乗車すると、やはり窓枠のミッキーを形にした窓枠やミッキー柄のつり革がすぐ目につきました。これを見ると、ディズニーランドに来たんだという実感が湧きますね。

Tsurikawamickey
ミッキーマウスを模したつり革

 リゾートゲートウェイステーションを発車したモノレールは東京ディズニーランドの入口である東京ディズニーランド・ステーションを過ぎると、ディズニーランドを囲むように沿って走ります。次のベイサイド・ステーションは東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルがあるところで、ここで宿泊してディズニーランドを楽しむことが出来ます。そんなホテル群を見ながら海岸線を沿うように走ったモノレールは東京ディズニーシー・ステーションに到着。我々はここで下車となりました。

Disneyresortline_tokyodisneysea
これに乗って東京ディズニーシーステーションに到着

 さっそくディズニーシーへ入ります。まずは家内の希望でロストリバーデルタにあるインディージョーンズのアトラクションへと向かいますが、そこまではウォーターフロントパークに乗り場があるディズニーシー・エレクトリックレールウェイで行くことが出来るので、これに乗ることにします。文字通り高架を走る鉄道で、路面電車タイプの2両編成の電車が2編成走っています。すでに数十人ほど並んでいて、15分ほど待って乗り込むことが出来ました。

Electricrailway1
ディズニーシー内にある「エレクトリックレールウェイ」

 運行形態ですが、2本の列車がほぼ同時に両端の駅を発車し、ほぼ中間あたりと思われる鉄橋のあたりでそれ違うというもの。両端の駅構内は単線で、駅の先からは複線になります。一応先頭には運転手が立っていましたが、どうやって操作していたかはちょっと確認できませんでした。

 ちなみに乗車はこのとき1回だけでしたが、日中はこの列車を周りから何度も撮影したため、同行の家内も半ば呆れておりましたcoldsweats01

Electricrailway2
車内から見た様子

Electricrailwaystop
こんな車止めもありました

Electricrailway3
船とのツーショット

 さて、そのインディージョーンズのアトラクションを楽しんだ後、しばらくブラブラしていたら、こんな怪しいものを見つけてしまいました。

Torokko1
怪しいトロッコcoldsweats01

 現地からもぶろぐしたトロッコとそれが走る軌道ですが、やはりこんなところに目が行ってしまうのは性というものなんでしょうねcoldsweats01

 そんな軌道ですが、ウォーターフロントパーク周辺のあちこちに点在していて、特に水辺に近い広場周辺にはホームと思われるオブジェとトロッコが置いてありました。もちろん飾りなんでしょうけど、どこか横浜にある赤レンガ倉庫周辺の様子を思い出させてくれますね。

Americanwaterfront1
ウォーターフロントパーク近くのホーム

Torokko2
そこに停車中のトロッコ

 一応、東京ディズニーシーで気になったものをいくつかご紹介いたしましたが、さすがにそれだけじゃ何しに行ったのかわかりませんのでcoldsweats01、その他の風景もご紹介しておきます。

Disneyseaplaza
大きな地球儀が目印のディズニーシープラザ

Harbor
中心部の水辺の様子

Nightseen
夜のアトラクション

 結局、最後のアトラクションを見て舞浜駅へ戻ってきたのが午後9時前。行く時と同じく武蔵野線直通の列車で後にいたしました。

|

« 現在地 | トップページ | 朝の宮原界隈(7/19)~2日ぶり復帰 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/45675826

この記事へのトラックバック一覧です: 【7/9】東京ディズニーシーはネタが豊富:

« 現在地 | トップページ | 朝の宮原界隈(7/19)~2日ぶり復帰 »