« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009.07.31

朝の宮原界隈(7/31)~7月も今日でおしまい

Ef641052_miyahara090731

 昨日中止になったさいたま市の花火大会ですが、先ほど無事終了しました。うちのベランダからも何とか見ることが出来ましたが、ちょうどやっている方向にマンションがあるため、完全には見えませんでしたweep。でも、自宅から花火を見るのは、おそらく初めてですね。どんな形であれ、家でのんびり見えるのはありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/25】横浜ぶらぶら散策

 みなとみらい線の元町・中華街駅に着いたのが午後2時近く。みなとみらいリレー号で浦和美園駅を出発したのが正午過ぎでしたので、まだ昼を食べていませんでした。さっそくランチをすべく目指したのは、もちろん中華街でした。

 例によって特に目指す店はなかったので、適当によさげな店を探しながら、「順海閣本店」という店に入ることに。昼時を過ぎていたせいか店内は空いていましたが、いくつかあるランチメニューの中から、えびといかのチリソースにしました。

Chinatownlunch_jyunkaikaku
ランチはもちろん中華街restaurant

 これでお値段は700円。中華というと大人数でわいわいやりながらというイメージがありますけど、700円前後のランチメニューを置いた店も多くあるので、一人で来ても十分楽しめますね。

 腹も満たされ、この後は食後の運動がてら山手イタリア山庭園へ行ってみました。ここは5年くらい前に一度来たことがありますが、ここからマリンタワーやベイブリッジを始め横浜の町並みを見渡すことが出来ます。またすぐ下を根岸線が走っているので、横浜の町並みとのツーショット狙いをすることにしました。

 とんがり屋根の外交官の家や現在改修中で中には入れないブラフ18番館を見ながら、根岸線が見えるところを探しましたが、柵の手前にある植え込みが思った以上に幅があり、いささか見づらかったですね。何とか根岸線の線路と横浜の町並みが見えるところを探し、いろいろと撮影してみました。

Italygarden
おしゃれな洋館が建つ山手イタリア山庭園

Type209_ishikawacho09071

Type209_ishikawacho09072
(いずれも)横浜の町を一望しながら根岸線を撮る

 最初はE233系ばかりでしたが、最後の方で209系や“ウラ80”こと209系500番台、それに桃太郎牽引の貨物も来たりして、バラエティ豊富でしたね。

 この後、再び中華街へ戻って自宅用の土産を物色してから石川町駅へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.30

朝の宮原界隈(7/30)~花火が中止・・・

Ef6437_miyahara090730

 ご覧のように、朝は晴れ間が覗かせていました。この分だったら花火大会も出来そう、そう思っていたら、何と今日は中止で明日に順延でしたcrying

 うーん、明日もすっきりしない天気のようですが、無事開催できるのでしょうか・・・>花火大会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/25】臨時直通列車みなとみらい号で横浜へ

 大宮駅東口を10時36分に発車する国際興業バス大01系統に揺られ、SRの浦和美園駅へとやってまいりました。この後は12時7分発のみなとみらいリレー号に乗り込みますが、まだ発車まで1時間弱あったため、駅北側の車両基地を見学することに。地上からだと線路脇に高いフェンスがあるので歩道橋から見ることになりますが、9000系の5次車が停まっていました。如何せん線路脇の高いフェンスや架線柱のおかげであまりうまく撮れませんでしたがcoldsweats01、実車を見たのはこれが始めてでしたし、何より自分の目で見ることが出来たのはここでの収穫でした。

Tokyometro9000_urawamisono0907
車両基地でひっそり休んでいた東京メトロ9000系第5次車

 長居するにはあまり適さないことからやむなく駅に戻り、ホームでしばらく待つことにしました。すでに車両基地寄りのホーム先端にはみなとみらいリレー号を待ち構えるギャラリーが集まってきていましたが、先ほど車両基地で見た限りヘッドマークをつけた車両がなかったので、果たしてこれから取り付けるのかと思っていましたが、やがて発車ホームに折り返しの列車が到着。すると近くにいた社員がなにやら丸いシールを持ってきて、運転台に入るとそれを窓に貼り付けました。

Tokyu5080_urawamisono0907

Minatomirairelayhm
みなとみらいリレー号のヘッドマーク

 ところで、みなとみらい号はこれまで何度も運転されていますが、今回はリレー号として運転され、三田線からやってくるみなとみらい号が白金高輪駅で接続するというダイヤを組んでいます。ここへ来るまでは「今回だけどうして?」と疑問に思っていましたが、たまたま後ろで社員と話していた人によれば、この日は浦和レッズの試合がさいたまスタジアムであり、臨時列車を動かす関係で予備の列車が足らなくなることから、今回のようなダイヤになったそうです。そういえば到着した列車からレッズのユニフォームを着た乗客が降りてくるのを見かけましたが、なるほど試合だったんですね。

 今回使用された車両は東急持ちの5080系5185F。一通り撮影してから列車に乗り込み、12時7分に浦和美園駅を発車しました。

 途中で居眠りをしていたりして回りの乗客も少しずつ変わっていきましたが、13時1分に終点の白金高輪に到着。ここで隣に停車中の三田線からやってきたみなとみらい号へ乗り換えます。幸い席があったので座ると、白金高輪を発車しました。

 目黒から東急目黒線に入り、田園調布で東横線へと入ってきました。さてこれに乗り続けていけば終着の元町・中華街まで乗り換えなしで行くことができましたが、元住吉で後続の特急に追い越される旨アナウンスがありました。急いでいるわけではありませんでしたが、武蔵小杉で乗り換えることにいたしました。

Toei63341_musashikosugi0907
みなとみらい号に使用された6300形6334F(武蔵小杉:'09年7月25日)

Minatomiraihm
みなとみらい号のヘッドマーク

 なおみなとみらい号に使用されていたのは、都営6300形6334F。取り付けられていたヘッドマークも、先ほどのみなとみらいリレー号とほぼ同じデザインでした。

 菊名でみなとみらい号を待とうかとも考えましたが、ここは結構ギャラリーも多かったので、そのまま元町・中華街まで直行しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.29

朝の宮原界隈(7/29)~傘いらず

Ef641052_miyahara090729

 今朝の予報では雨がぱらつくかも知れないとのことで折りたたみの傘を持っていきましたが、午後から晴れ間が出てきたため、結局傘の出番はありませんでした。

 週末も秩父鉄道沿線へ出かける予定ですが、予報では傘マークが出ていましたsprinkle。せめて曇りぐらいになってくれれば・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/25】今年もこの季節がやってきた・その2~ポケモン新幹線

 先日の土曜日の続きです。蓮田から上野行きに乗って大宮に戻ってまいりました。この後1時間ほど、新幹線ホームでポケモン新幹線を撮影します。去年はここでずいぶんポケモン新幹線を撮影したものでしたが、納得できるような絵があまり撮れず悔しい思いをしました。何分編成が入ればいいというのとは違うので、別の意味でいろいろと勉強させられますね。

 それにしても、到着してすぐの頃は200系がずいぶん来ましたね。こちらもそろそろ撮影して行きたいところですし、乗ってもおきたいところです。

Type200_omiya09071

Type200_omiya09072
(いずれも)今なお現役の200系

 さて肝心のポケモン新幹線ですが、各種形式が撮れたことが収穫でしょうかね。ただ思ったような絵がなかなか撮れず、こちらは引き続き勉強をしないといけませんが・・・。

E2_omiya0907

E2omiya09072

E3_omiya0907

Type200_omiya09073
(いずれも)ポケモンラッピングいろいろ

 こうして10時20分頃に切り上げ、東口のバス乗り場へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.28

朝の宮原界隈(7/28)~何もなし

Ef6437_miyahara090728

 今日もこれといって何もない平穏な日でした。そんなわけで、以上ですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も行った鉄道模型ショウ

 毎年7月下旬に開催される鉄道模型ショウが今年も行なわれ、先週木曜日に行ってまいりました。

 仕事を1時間ほど早く切り上げ北浦和で京浜東北線を待っていたら、大宮行きにウラ80編成こと209系500番台が入ってきました。ちょうど209系の南行がやってきたので乗ろうと思った矢先でしたが、ここはわずか1本しかいないレアモノとあって一本落として撮影してきました。

Type209_kitaurawa090723
わずか1編成となった209系500番台(北浦和:'09年7月23日)

 もうちょっと時間があれば大宮で折り返してくるウラ80編成を待っていたんですが、少しでも先を急ぎたいところだったため、後続のE233系に乗って有楽町駅へとやってきました。駅から銀座方面へ歩くこと10分ほど、会場となっている銀座松屋に到着です。

 8階の催事場へと上がり、入口で入場料500円を支払って中へ。そういえばここの入場券は前売りだと100円引きになるんですよね。NEWDAYSで前売券を売っていたのは知っていましたが、すっかり忘れていました(^_^;)。でも去年も同じようなことを思っていたような気もしますが、1年も経つと忘れてしまいますね。

 さて会場内ですが、鉄道模型よりは鉄道むすめ関連が気になるところですので、トミーテックのブースを中心に見てきました。鉄むす関連では8月に発売予定の第8弾の塗装済み実物をまずチェック。回を重ねるごとに完成度が高くなっていますね。

Tetsumusu091
鉄道むすめ第8弾の実物展示

Nanao
今年はななおさんでしたhappy01

 そして、5月の静岡ホビーショーで紹介された「鉄道むすめコンテナコレクション」の実物も展示されていました。こちらはネットで何度か見ていますけど、うーん、買おうかどうか迷いますね。でも買ってしまうことにはなりそうですけど・・・。

Tetsumusukontena
9月に発売される「鉄道むすめコンテナコレクション」

 あと、早くも第9弾のシルエット絵も展示されていました。こちらは若干2名ほど(特に右の2名)、予想がつく方がいらっしゃいますが、こちらも今からが楽しみであります。

Tetsumusuvol9shiruette
早くも登場した第9弾のシルエット

 鉄むす以外では、サボコレクション関連の展示が目に留まりました。実はこれまで2箱ほど買ってはいますが、本格的にはコレクションしていませんね。でもラインナップも豊富なようですし、今後の展開に期待したいところです。それにキャラクターの佐保さんは要チェックですね。何でも9月にはフィギュアも発売されるそうで、その実物が展示されていました。

Sabofigure
佐保さんのフィギュアが登場しましたhappy01

 その他、8月に発売される鉄コレの第10弾の展示がありました。こちらは東武熊谷線で活躍したキハ2000系があるのでぜひゲットしたいですね。第9弾の7300系がなかなか手に入らなかっただけに、こちらはチェックしたいところです。

Tetsucolle10
鉄コレ第10弾に登場する東武2000系

Tetsucollelrt
富山ライトレールの車両も発売

 結局トミーテックブースだけを見に来たという感もありましたが、この後新宿へ行って 買う予定だった小田急EXEのBトレを買ってから会場を後にしました。

 さて時刻は5時半を少し過ぎたところ。予定では新宿へ行く予定でしたが、会場で用事を済ませてしまったので、後は帰るのみとなってしまいました。さすがに早々に退散するのもつまらなかったので、東銀座にある矢場とんで久しぶりに味噌カツを食べてから、日比谷線の客となりました。

Yabaton0907
この日の夕食は矢場とんでしたrestaurant

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.27

今日の宮原界隈(7/27)~空にかかる虹

Ef641052_miyahara090727

 今朝は昨日の続きのような晴れ間でしたが、あけぼのが通過するときに太陽が雲に隠れてしまい、↑のような絵になってしまいましたweep

 午後から雨が降り出してきましたが、宮原の駅に着いた頃にはだいぶ収まって晴れ間も出てきました。駅から家に帰る途中、空を見上げたら虹が出ていて、それを見ながら歩いていましたが、これほどはっきりした虹を見るのはおそらく初めてではないかと思います。

Type185_miyahara090727
虹をバックに・・・

 次第に暗くなってきていたので、家に帰るころには消えてしまうかなと思いましたが、帰宅後もわずかでしたが残っていました。遠く大宮駅方向を見ながらの絵をご紹介します。

Rainbow0907
新都心とのツーショット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/25】今年もこの季節がやってきた~“赤べぇ”あいづ号

 おとといの朝、宮原でいつもの“お仕事”をしてから蓮田に向かいました。目当ては赤べぇ塗装のあいづ号。この時期すっかり恒例となりましたね。あの赤べぇのキャラを付けた赤い車体の485系が首都圏にやってくると、「いよいよ夏本番!」という気分になりますが、いつもの小さな踏切で待っていると、あいづ号の前を走る貨物列車が2本やってまいりました。

Ef651091_hasuda0907

Ef66116_hasuda0907
(いずれも)あいづの前を行く貨物列車で試し撮り

 8時5分前、踏切の警報音がなると同時に大宮の方向を見ると、赤い車体がこちらに近づいてまいりました。

Type485_hasuda09072
今年も赤べぇに会えましたhappy01

 うーん、ちょっと露出オーバーになってしまいましたかね?

 この後すぐにやってきた特急日光1号を撮影した後、朝食を摂るため一旦その場を離れました。

Type485_hasuda09073
こちらも忘れずに1枚

 食事を済ませ、今度は北斗星を撮影するため、こちらもいつもの場所である線路脇へと向かいました。北斗星が来るまでの間、金太郎牽引の貨物列車やジョイフルトレインのやまなみといった面々が通過するなど、なかなか飽きることがありませんでしたが、この日の北斗星のカマは78号機でした。

Type485_hasuda09074

Eh50058_hasuda0907

Ef8178_hasuda0907
(いずれも)北斗星とその前にやってきた列車達

 この後も待てばスペーシアなどが来ましたが、予定が詰まっているため、これで蓮田を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.26

今日の宮原界隈(7/26)~朝からピーカン

 朝から暑かったですねーsun。朝の6時前後はそれほどでもなかったんですが、ポートトレイン横濱号が通過した8時半過ぎにはすでに真夏の暑さでした。幸い今日は自宅近辺にしか用事がありませんでしたので、半分以上自宅で過ごしましたが、これからの季節、熱中症に用心です。

Ef651094_miyahara090726
このときはまだそれほど暑くありませんでした

Type489_miyahara090726
朝日を浴びたボンネットを見るのも久しぶりのような気が・・・

Type183_miyahara090726
くじらなみの送り込みは週末のみ

Ef641051_miyahara090726
今日は1051号機が担当でした

Ef6437_miyahara090726
お馴染み茶ガマ

 これで一旦切り上げ、再度8時半前後にやってきました。目当ては昨日今日と運転されたポートトレイン横濱ですが、すぐ前に183系の団臨が通過していきました。そちらも併せてご紹介します。

Type183_miyahara0907262
本日2本目の183系happy01

Type485_miyahara0907261
お目当てのポートトレイン横濱号

 話は一気に夕方へと進み、17時50分前後に通過するポートトレイン横濱を再び待ちます。その前に小山車両センターの宴がやってきました。まさかここで出会うとは思っても見ませんでしたが、もう少し大宮寄りだったらせせらぎとのツーショットも見られたんですね。ただポートトレイン横濱号の方がちょうど太陽が雲に隠れてしまったときに接近してきたので、こちらは満足のいく絵が撮れませんでしたweep

Type485utage_miyahara090726
大宮方面へ走り去った宴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キハ223引退~ひたちなか海浜鉄道

 ひたちなか海浜鉄道で今日はキハ223のさよなら運転が行なわれたんですね。別にノーマークだったわけではなく、昨日お出かけしていたことから今日はお休みとしていましたので、こちらはパスとさせていただきました。

 さて、キハ223の画像がないか、手持ちの画像をいろいろと調べてみましたが、これが意外となくて、初乗車した’90年3月のときに撮影した1枚しかありませんでしたcoldsweats01。もっと撮っていると思っていただけに、これはうっかりでしたね。

 そんなわけで、これまでの労をねぎらうべく、唯一の一枚をご紹介します。

Ibakokiha223_katsuta9003
1枚だけあったキハ223(勝田駅:'90年3月2日)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【7/20】EL代走パレオに会うその4~秩父からの帰り道

 豚みそ丼を食べた後、再び西武秩父駅に戻り、予め携帯サイトで押さえてあった15時26分発のちちぶ30号の特急券を券売機で購入しました。しかし出発まではまだ1時間以上もあったため、どこかで暇つぶしが出来るところがないか考えたところ、ちょうどEL代走のパレオがそろそろ三峰口から戻ってくる頃でしたので、その様子を見ることにしました。

 とはいうものの、御花畑周辺での撮影はまったくの未経験で、どこか適当なところがないか歩いていたところ、御花畑と秩父の間にある小さな踏切からなら何とか撮れそうでしたので、ここでやってみることにしました。

 まずは、先ほど見た秩父川瀬祭のヘッドマーク付き6000系が秩父駅を発車してこちらに向かってきました。結局このヘッドマークを1日付けて運転していたようですね。

Chichibu6000_ohanabatake0907
三度出会えた秩父川瀬祭のヘッドマーク(秩父・御花畑間:'09年7月20日)

 その後、秩父駅寄りに場所を移動してEL代走のパレオを撮影しました。何分情報などもなく適当に見つけたところでしたが、まずまずといったところでしょうか。

Chichibudeki201_ohanabatake0907
三峰口から戻ってきたEL代走パレオ(秩父・御花畑間:'09年7月20日)

 この2本の列車の他にもいろいろと撮影することができ、午後3時に西武秩父駅へと戻りました。

Chichibu1000_ohanabatake09071

Chichibu1000_ohanabatake09072
(2枚とも)リバイバルカラー2本と出会いました(秩父・御花畑間:'09年7月20日)

 駅構内の仲見世で買い物をしてからホームへ入りましたが、まだ時間があったので、しばらくホームからあれこれ撮影してみました。短い間だったのであまり撮影は出来ませんでしたが、日中荒川鉄橋で見かけたスカイブルーのリバイバル編成1001Fが三峰口方面へ走り去って行きました。

Chichibu1000_seibuchichibu
スカイブルー編成1001F(西武秩父:'09年7月20日)

 そろそろ発車時刻が近づいてきたので、レッドアローが停車している特急専用ホームへと移動しますが、跨線橋など至る所に秩父線開業40周年を記念した旗が飾られていました。その旗には初代レッドアローを始め西武の往年の車両がデザインされており、これは要チェックですね。

Seibuchichibuline40yearflag
西武秩父駅構内で見かけた西武秩父線開業40周年記念旗

 こうして15時26分、ちちぶ30号はゆっくりと西武秩父駅を発車しました。

Seibu10708
旅の終わりはレッドアローで

 さて特急で1時間ほど、所沢で見送り、ここからは来るときと同じ新宿線で本川越へと向かいますが、やってきたのが新所沢行きということで、この列車で新所沢まで行って後続の本川越行きを待つことにしました。新所沢駅に到着すると、上りホームに何やらヘッドマークが付いた20000系が停まっていましたが、すぐに発車するようなので、後追いで確認しようとしたところ、この夏行われるスタンプラリーの題材となっているアニメのキャラクターが入ったヘッドマークでした。如何せん後追いだったためはっきりと撮ることができず、いずれリベンジしたいところです。

Seibu20000_shintokorozawa0907
スタンプラリーのキャラクターがデザインされたヘッドマーク付きの20000系(新所沢:'09年7月20日)

 結局、後続の列車に乗って本川越へと戻ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/20】EL代走パレオに会うその3~ランチは豚みそ丼

 上長瀞駅から普通列車に乗り込み、さっそく次の親鼻で途中下車となりました。駅から歩くこと10分ほど、荒川の河川敷に到着。以前から荒川にかかる鉄橋を走行する様子を撮影したいと思いつつもなかなかこれまで実現しませんでしたが、時節柄河原にはバーベキューに訪れていた行楽客で賑わっていて、カメラを首から提げている様態にはちょっと似つかない場所ですねcoldsweats01。中には上半身裸で寛ぐ人もおり、うっかり別の被写体を撮っていると思われてもかないませんので、スカイブルー1001Fを撮影してその場を離れました。

Chichibu1000_oyahana0907
荒川鉄橋を渡るリバイバルカラー1000系1001F

 ここはもう少し涼しくなってからリベンジですかね?

 再び親鼻駅から列車に乗り込みますが、やってきたのが5月に登場した秩鉄カラー1002F。これまでは正面にヘッドマークをつけていた姿しか見ていませんでしたので、正面に記された「秩父鉄道」の文字の入った姿を営業運転中に撮影するのは始めてになります。

Chichibu1000_oyahana09072
ヘッドマークのない姿となった秩鉄カラー1002F(親鼻:'09年7月20日)

 この電車に乗り、御花畑で下車。すでに時刻は1時間近く、そろそろどこかでランチと行きたいところですが、今朝方本川越駅で秩父フリーきっぷを買った際、クーポン券が付いた周辺の案内が掲載されている冊子の中に、豚みそ丼なるものを出す「お食事処 野さか」という店が載っていました。場所は西武秩父駅から歩いて数分のところにあるとのことで、さっそくそちらへ行ってみました。

 店に入ると、すでに昼時を過ぎていたせいか、お客さんが一人いただけですぐに入れました。さっそく目当ての豚みそ丼を注文。普通盛は850円で、料金プラスで大盛も出来るとのことでしたが、最近体重が少し増えつつあったためcoldsweats01、ここは普通盛にしました。なおクーポン券を使えば、50円引きになります。

Butamisodon
この日のランチは豚みそ丼

 その豚みそ丼、炭火で焼いていることもあって香ばしい味わいでした。また豚肉には味噌の風味があるもののしつこい感じがほとんどなく、さっぱりと食べられるのは意外でした。

 それにしてもこの店の前は何度か行き来しているはずで、5月の秩鉄カラーの際に訪れたわらじかつ丼の店である安田屋がこの先にあるんですが、こちらのサイトによれば去年の7月に現在の豚みそ丼の店としてリニューアルオープンしたそうです。おそらく前は別の店だったのでそのまま素通りしていたのかもしれませんね。

 今後秩父方面へ訪ねる際にまた一つ楽しみが増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.25

今日の宮原界隈(7/25)~久しぶりの晴れ間

 日中もぶろぐした通り、今日は横浜へ行っておりました。行くときは東急のみなとみらい号、そして帰りはポートトレイン横濱号でしたが、イベント真っ盛りの横浜にピッタリな列車ですねhappy01

 詳しいことはいずれご報告することにして、朝はいつもどおり宮原界隈であれこれ写真を撮っていました。それでは以下にご報告します。

Ef651065_miyahara090725
65牽引の貨物

Type489_miyahara090725
お馴染みのボンネット

Type183_miyahara090725
快速くじらなみの送り込み回送。今日はOM103編成担当でした。

 この直後、列車が来るはずないのに大宮寄りの踏切の警報機が鳴り出したので、何か来るなと直感していたら、489系の団臨がやってきました。能登と同じJR西日本所有の車両を使用していますが、1度で2回ボンネット車が見られるとはラッキーですねhappy01。ただし光線具合とヘッドライトの影響で、かなり暗くなってしまいましたweep。本来なら載せないところですけど、何分ほかがさらに今ひとつの絵になってしまうので、今回はこちらでよしとします。

Type489_miyahara0907252
”暗闇の中の撮影”のような絵になってしまった団臨489系

 この後、いつものブルトレを撮影いたしました。

Ef641053_miyahara090725
寝台特急北陸

Ef641052_miyahara090725
寝台特急あけぼの

 これで一旦自宅へと戻り、すぐに宮原駅へと向かいました。

 ところで、夕方横浜から帰宅して宮原駅に降り立つと、上野方面行きの乗り場にジョイフルトレイン”いろどり”の団臨が通過していきました。果たして送り込みがあるのか、気になるところです。

Type485_miyahara090725
珍しいお客~485系いろどり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/20】EL代走パレオに会うその2~秩父川瀬祭号&熊谷うちわ祭号

 先週の続きです。上長瀞駅を出てさっそく撮影現場へとやってくると、すでに先客が数名陣を構えていました。しかしEL代走の影響か、普段より少ない感じでしたね。とりあえず駅寄りで狙うことにしました。

目的の列車が来るまでの間、試し撮りがてら行き交う列車をいろいろ撮影してみました。リバイバルカラーあり急行列車あり、それに先ほど乗ってきた西武4000系と、いつもながらバラエティ豊富な車両群には飽きることはありませんでした。また、貨物も来るあたりは秩父鉄道ならではといったところですね。

Chichibu1000_kaminagatoro0907

Chichibu5000_kaminagatoro0907

Chichibu7000_kaminagatoro0907

Seibu4000_kaminagatoro0907

Chichibudeki108_kaminagatoro0907
(いずれも)上長瀞駅近くでの成果

 こうして11時過ぎ、まずはお目当ての1本目、秩父川瀬祭号がやってまいりました。去年はヘッドマークが青地でしたが、今年は紫色の地になっています。ただ、ちょうどやってきたときに太陽が雲に隠れてしまったせいか、全体的に暗い絵になってしまいましたcrying。それに気付いたのは撮影後のことで、その中でも比較的マシな絵を載せることとします。

Chichibu6000_kaminagatoro0907
急行6000系に取り付けられた秩父川瀬祭号のヘッドマーク。光線が暗くなってしまい、思いっきりトリミングしましたcoldsweats01

 この後、再び行き交う列車を撮影しながら時を過ごし、11時半過ぎに目的の2番目の列車がやってきました。本来でしたらC58が引っ張ることになっていた熊谷うちわ祭号ですが、代走のELのデキ201号が先頭に立っていました。絵柄は去年とよく似ていますが、家紋が去年に比べて小さくなっています。

Chichibu201_kaminagatoro0907
デキ201形に牽引されてやってきたEL代走パレオエクスプレス

 この後、オレンジのリバイバルカラー1011Fを撮影してからこの場を離れ、上長瀞駅へとやってまいりました。ホームで秩父方面の列車を待っていたら、先ほど見送った6000系が秩父川瀬祭のヘッドマークをつけて入ってきましたので、リベンジとばかり撮影しました。公式サイトには、定期列車の3号を秩父川瀬祭号として運転する旨記載されていましたので、ヘッドマークもこの列車だけと思っていましたが、引き続き運転される列車にもそのまま取り付けられていましたね。

Chichibu6000_kaminagatoro09072
今度はバッチリ撮れましたhappy01

 この列車を見送り、すぐやってきた三峰口行きの列車に乗り込みました。

# 去年の様子は、こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポートトレイン

ポートトレイン
石川町から乗り込みました。

|

現在地

現在地
現在地
現在地
中華街でランチした後、イタリア外交官の家でまったり中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
レッズのカラーに染まる駅から出発します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.24

朝の宮原界隈(7/24)~あてがハズレた

Ef6437_miyahara090724

 いやー、家を出たときは外が明るかったので傘なしでもOKかと思っていましたが、現地に着くやポツポツきだして、あけぼの通過の頃はパラパラと降ってまいりました。

 カメラを衣類で隠したりしていたので、絵がブレブレになってしまいましたweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/20】EL代走パレオに会うその1~秩父までのアプローチ

 週始めの3連休の最終日、秩父鉄道で運転された2本列車を見に行ってまいりました。1本は秩父川瀬祭の特製ヘッドマークを付けた6000系の急行秩父川瀬祭号、そしてもう1本がSL熊谷うちわ祭号ですが、先週来公式サイトでも告知された通り、牽引するC58に不具合が見つかったため、ELによる代走となりました。SLを期待していた方にとっては残念な事態ではありましたが、私は予定通り決行となりました。

 さて今回ですが、いつもは熊谷周りで現地へ行っておりましたが、今回は趣向を変えて川越を経由して西武線で秩父を目指すことにしました。まずは本川越駅で秩父フリーきっぷを購入。これまでなかなか使う機会に恵まれせんでしたが、西武秩父線の芦ヶ久保から西武秩父までの区間と秩父鉄道の野上と三峰口の区間がフリー区間となっています。こちらだと野上より先の熊谷方面には行くことが出来ませんが、実際には路線が長いこともあり全線をくまなく回ることは難しいことに気づき、それだったらフリー区間が限られているものの比較的料金が手ごろな西武のフリーきっぷも使えそうと思うようになりました。なお運賃設定は、発売駅から西武秩父までの往復運賃に1割引した金額に御花畑長瀞間の往復運賃がプラスされた金額となっているので、長瀞まで単純往復すれば元は取れる計算になっています。

 さっそく新宿線に乗って所沢を目指します。所沢からは、8時28分発の快速急行三峰口・長瀞行きに乗る予定でしたが、それまで少し時間があったので、航空公園駅で下車して本川越方面の列車を何本か撮影後、所沢へやってきました。その間、以前撮影に失敗してしまったレッドアローのつばさラッピング編成とそれ違ったので、所沢で待つことにしました。やがて本川越方面からお目当ての列車がやってまいりました。

Seibu10000_tokorozawa09071

Tsubasawrapping_seibu10000
「つばさ」ラッピング編成(所沢:'09年7月20日)

 側面をうまく撮るのは意外と難しかったりもしますが、意外と駅撮りの方がよかったりもしますね。混雑しているときにはどうしてもやりにくいことはありますけど、条件がよければこちらも手ですね。

 こうして無事にラッピング車両を押さえ、いよいよ快速急行の客となりました。これに乗っていけば長瀞まで乗り換えなしと言いたいところでしたが、乗ったのが三峰口行きの編成だったため、切り離し作業が行なわれる横瀬までの間に移動しないといけません。まあ、最悪横瀬で時間がありますし、とりあえずはこのまま乗り続けることにしました。

 それにしても、近くにいた学生風のグループが何とも騒がしいことcoldsweats01。いささか辟易しながら、秩父線へと入っていきましたが、途中の西吾野駅で交換列車を待っていると、やってきたのが銀河鉄道999のラッピング編成3011Fでした。まさかここで会うとは思いも寄りませんでしたね。

Seibun101_nishiagano0907
秩父線内を走る999ラッピング編成(西吾野:'09年7月20日)

 先ほどの学生グループは芦ヶ久保で降りていき、一気に車内が静かになったところで横瀬に到着。ここで三峰口行きと長瀞行きが分割されます。その間を利用して後続の長瀞行きへ乗り換え。その間、反対ホームにはこれまたお馴染みになった北辰の梟のヘッドマークをつけた4000系が入ってきました。

Seibu4000_yokoze0907
「北辰の梟」ヘッドマーク付き4000系がやってきました(横瀬:'09年7月20日)

 先に三峰口行きが発車。その後、長瀞行きが後を追うように横瀬を発車しました。西武秩父駅の手前にある渡り線で秩父鉄道へと入線、この快速急行でないと味わえない風景ですね。この渡り線を乗るためにわざわざここへやってきたこともありましたよcoldsweats01。これも西武線を経由しないと体験できませんね。

 さてこの後ですが、当初は長瀞から後続の列車に乗って野上まで行き、今年の2月に撮影したあたりでやろうと考えていましたが、上長瀞駅近くの桜並木の辺りでもいいなぁと思いつき、急遽上長瀞で下車することになりました。この後、今回のミッションについては、別の記事でご紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.23

朝の宮原界隈(7/23)~雨は降らなかったが

Ef6438_miyahara090723

 すっきりしない朝でしたねthink。一応梅雨明け宣言は出ているはずなんですけど、夏の強い日差しが現れるにはもうちょっと時間が掛かりそうです。

 ただ、気温に関しては、夏らしく暑い日々が続きますね。もっとも、じとっとした暑さですが・・・sad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「出る出る」出島引退

 元大関の出島が引退を表明しました。大関陥落の原因となった蜂窩織炎は私も度々罹っていたのでどこか共通点を感じましたね(罹ったときの様子は、こちらに書いています)。ただ、平幕に落ちてからも懸命に土俵を努め、一気の出足という彼の相撲スタイルは、大関へ上がる頃とほとんど変わってないと思います。

 そんな出島の一番印象に残っている相撲ですが、もちろん10年前の名古屋場所で優勝し、大関に昇進したこともそうですが、2年位前に横綱朝青龍に一気の出足で破ったことですね。当時はもちろん朝青龍が一番力も充実していた頃ですが、その朝青龍でさえもあの「出る出る」出島の出足を止めることが出来ませんでした。

 これでまた若貴と同時期に活躍した力士が土俵を去ることになりました。長い間お疲れ様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.22

朝の宮原界隈(7/22)~雲の合間

Ef6437_miyahara090722

 今朝は雨こそ降っていなかったものの、薄曇りでイマイチ撮影に不向きでした。よって絵が流れてしまいましたweep

 さて、今日は何といっても日食ですね。関東はあいにくの天気でほとんど期待薄でしたが、一番欠けると思われる時間に外に出てみたら、雲の合間に三日月状態のお日様が覗いていましたmoon3。周りも心なしか薄暗くなったようでしたが、これが晴天だったらもっとはっきりわかったんでしょうね。

 そんなわけで、少しではありましたが、日食に触れることが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.21

朝の宮原界隈(7/21)~いつもの朝

Ef6438_miyahara090721

 いつもの通り、上野へ向けて通り過ぎていきました。

 以上ですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神なんば線&やまぎんレトロラインの旅その12~旅の終わりはサンライズ

 5月の旅もようやく最後のネタにたどり着きました。小倉20時36分発のひかりレールスター586号に揺られおよそ1時間半、岡山にやってまいりました。ここからはサンライズに乗って一気に東京へと帰ってまいります。以前はJR化後に登場した後発の列車とあって、ブルトレに比べるとどうしても無機質というのか新しすぎてどこかよそよそしさを感じてしまうところがありましたが、今や東海道・山陽本線を走る唯一の定期の夜行列車となってしまい、貴重な存在になりました。

 サンライズに乗るのは‘01年の6月以来。前回もB個室ソロを利用しましたが、今回も同じくソロにしました。従来のブルトレとは一線を画すべく283系の寝台は全て個室になっていますが、やはりプライバシーやセキュリティの点を考えるとどうしても個室の方に軍配が上がってしまいますね。開放B寝台を利用したことがある身にとっては乗客とのふれあいが味わえる点でそれなりにいいものがあったりするんですが、やはり時代には合わないんでしょうね。

 さて、岡山駅のコンビニで酒類を手に入れてからホームへ下りると、まずはサンライズ瀬戸号が入線してきました。この後、後続でやってくるサンライズ出雲号と連結します。22時30分頃、倉敷寄りからサンライズ出雲号が到着。ゆっくりと進みながら前方のサンライズ瀬戸号と連結しました。

Type283_okayama0905
サンライズ出雲号の到着を待つサンライズ瀬戸号(岡山駅:'09年5月9日)

 その様子を見届けてから車内へと入り、指定された寝台に向かいます。富士・はやぶさの個室に比べるとちょっと手狭な感じを受けますが、一つ異なるのはコンセントがあったこと。おかげで携帯の充電が出来ましたが、これはありがたいですね。

Sunrisebcompartment
B個室ソロの様子

 サンライズ号はゆっくりと岡山駅を発車。夜が更けた山陽本線を東京へ向けてひた走ります。30分ほど走ったところで速度を落とし始め、ゆっくりと停車しました。窓の外には「上郡」の駅名標が見え、「ここも停車するんだ」とちょっと意外な感じもしましたが、十数分前に鳥取から到着した岡山行きの特急いなばがここに停車しており、乗り換えに対応しているようですね。鳥取といえばかつては出雲号が発着していましたが、廃止後それを補完すべく採られた措置といえそうです。

 上郡を出た後、姫路に到着したあたりまでは記憶があったものの、この後すっかり眠りに入ってしまいすっかり夢の中にいましたが、まだ真っ暗な中、どこかに停車しているところで目が覚めました。窓の外を見ても駅名標らしいものがなく、いったいどこなのか見当もつきませんでしたが、携帯のGPSで調べ、浜松周辺であることがわかりました。運転停車か何かだろうとこのときはすぐに寝入ってしまいましたが、辺りが明るくなり起きて外を見たら、三島駅を通過するところでした。時刻は6時。定時ならすでに横浜の近くまで行っているはずでしたが、どうやら明け方に目が覚めたときに抑止中だったようで、1時間ほど遅れての運行でした。とりあえず身支度を済ませ、寝台に横になりながら朝の東海道の車窓を眺めておりました。

 結局東京駅には55分遅れの8時5分前に到着しましたが、この後は帰るだけでしたので、これもまたよしとしましょうcoldsweats01

Type283_tokyo0905
55分遅れで到着したサンライズ号(東京駅:'09年5月10日)

 先ほども書いたとおり、東海道線を走る唯一の定期夜行列車となり、西の方へ行くには貴重な存在となりそうです。特にノビノビ座席はリネン類がないものの横になって行ける上特急料金だけで利用できるとあって、需要はありそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.20

朝の宮原界隈(7/20)~昨日と同じ

 タイトルの通りで、昨日と同じラインナップでした。ただ一つ、北陸の前にやってくる下りの貨物のスジに昨日貨物を引っ張っていたEF65の1054号機が単機で抜けていきました。

 それでは、参りましょう。

Ef651072_miyahara090720
まずはこちら

 この後は急行能登となるところですが、今日はなぜか183系の回送が先に来ました。この回送、おそらく夏場に運転される快速くじらなみの送り込みのようですね。編成の方は昨日と同じOM101編成が充てられていました。

Type183_miyahara090720
今日も183系の回送がやってきました

 この183系が抜けてすぐ、急行能登もやってきました。もっと宮原駅寄りにいれば、国鉄色のツーショットが見られたかもしれませんね。

Type489_miyahara090720
数分の間に国鉄色が見れるとは・・・

 この後、先ほども書いたとおり、1054号機が単機でやってきました。菱形のパンタが特徴のEF65ですが、最近よく遭いますねぇ。

Ef651054_miyahara090720
今日も遭った1054号機

 その後はいつものラインナップでした。

Ef641051_miyahara090720

Ef210106_miyahara090720

Ef6437_miyahara090720

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄娘な3姉妹

 今日は秩父鉄道沿線に行ってヘッドマーク付きの列車を撮影しに行ってきましたが、SLがお休みとのことでELによる運転でした。まあ今回はヘッドマークの方が目当てだったのでそれほど残念という気持ちではありませんが、周りにいた人の中にはSLだと思って見に来ていた人もいて、そちらが目当てという人にとってはちょっと残念なところですね。それにしても不具合というのが気になるところですね。D51も当分動く気配もないですし、こうも相次いでSLの調子が悪いというのは、やはり働きすぎなんでしょうか?

 さて、おとといの三陸の旅もまだ整理が付かない状況で、今のところ書ける状況にはなっていません。そこで今日は最近買った本の中から1冊、ご紹介したいと思います。

 タイトルの本、実は漫画でして、小学館「サンデーGX」に現在連載中の松山せいじ氏による作品です。最近ネットでたまたま見かけ、どんなものなのかと思い、つい買ってしまいましたcoldsweats01。タイトルの通り、撮り鉄の長女と乗り鉄の次女、そして模型鉄の3女が今はなき富士・はやぶさに乗ったりEF55を見に行ったりしたときのやり取りが展開されているわけですが、実際に原作者の松山氏も“鉄”だそうで、氏の実体験も作品の中に加わっているようです。

 ざっと読んでみましたが、EF55の回あたりは自分も実際に乗りに行ってたので、去年の暮れのことが思い出されますね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.19

朝の宮原界隈(7/19)~2日ぶり復帰

 2日ぶりにやってきましたが、夕べ帰宅したのが10時過ぎでその後もツラツラ起きていましたので、結構寝不足でしたsleepy。それでも何とかやってまいりましたので、ご報告します。

 例によって、能登の前の貨物から。

Ef651054_miyahara090719

 今月5日、蓮田駅近くで上りあいづ号を待っていたときに遭遇した菱形パンタの1054号機です(こちら参照)。ここでは初めて遭いました。

 続いて急行能登号です。

Type489_miyahara090719
いつもと変わらぬボンネット

 この後すぐ、踏切の警報機の音が聞こえてきました。普段だったらまだ列車は来ない時間帯でしたが、信号機を見ると下りが接近している模様。しばらくすると、国鉄色の183系が近づいてきました。

Type183_miyahara090719
下り線を通過した183系OM101編成

 一体どこへ行ったのでしょうか?

 この後はいつもと同じブルトレのコンビ。2列車まとめてご紹介します。

Ef641053_miyahara090719_2

Ef6438_miyahara090719
(2枚とも)最後はブルトレ兄弟をお見送り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/9】東京ディズニーシーはネタが豊富

 夕べ三陸から帰ってまいりました。先ほ画像の整理が終わったところですが、ネタの整理がまだ付かないので、ご報告まではもうちょっと時間が掛かりそうです。それよりも書いておかなければ行けないこともありますので、今日はまず9日に行った東京ディズニーシーについて書いておきます。

 この日は家内と東京ディズニーシーで1日滞在となるため、珍しく“非鉄”な1日を過ごすことになりました・・・、と書きたいところでしたが、実際に園内を回ってみるとこれが見逃せないネタがいろいろとあって、意外と退屈しませんでした。そんなわけで、今回の東京ディズニーシー体験記は鉄分が濃い内容であることをご了承くださいcoldsweats01

 さて武蔵野線の東京行きで舞浜駅に到着したのが午前10時前。さっそく駅の隣にあるディズニーリゾートラインのリゾートゲートウェイステーションへと向かいます。駅前にはミッキーマウス柄の窓枠をようした丸っこいモノレールが目の前を通り抜けていきました。

Disneyresortline_gatewaystation0907
モノレールに乗ってディズニーシーへ

 このディズニーリゾートラインが開業して早8年。開業して直後に乗りに行きましたが、このときはもちろん乗り潰し目的で、途中の駅を乗ったり降りたりしながら1周して帰ってしまいましたcoldsweats01。おそらくは周りの乗客たちはディズニーランドへ行くのが大多数と思われますので、何とも気まずい感じもしましたが、このときばかりは全線完乗という目標に「何で乗らなきゃならんの?」と自問自答してしまいましたcoldsweats01

 さてそのディズニーリゾートライン、ICカードの対応が遅かったことから自動改札機でパスネットが利用できましたが、今年の3月に導入が済み、PASMOやSuicaを利用できるようになりました。しかし今回はSuicaを使わず1日乗車券を購入しました。ディズニーシーへ行って帰ってくるだけだと元を取ることはできませんが、前日から期間限定デザインの絵柄が発売されるようになったため、記念がてら1枚求めることにしました。ミッキーマウスを始めとするディズニーのキャラクターが描かれていて、元が取れなくても十分いい記念になりそうですね。

Picture_gatewaystation
リゾートゲートウェイステーション構内にあった壁画

 さっそくホームへと上がります。ちょうど一本出てしまった後でしたが、数分待てば次のがやってくるという運転間隔なので、退屈することはないですね。こうしてすぐにやってきた列車に乗車すると、やはり窓枠のミッキーを形にした窓枠やミッキー柄のつり革がすぐ目につきました。これを見ると、ディズニーランドに来たんだという実感が湧きますね。

Tsurikawamickey
ミッキーマウスを模したつり革

 リゾートゲートウェイステーションを発車したモノレールは東京ディズニーランドの入口である東京ディズニーランド・ステーションを過ぎると、ディズニーランドを囲むように沿って走ります。次のベイサイド・ステーションは東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルがあるところで、ここで宿泊してディズニーランドを楽しむことが出来ます。そんなホテル群を見ながら海岸線を沿うように走ったモノレールは東京ディズニーシー・ステーションに到着。我々はここで下車となりました。

Disneyresortline_tokyodisneysea
これに乗って東京ディズニーシーステーションに到着

 さっそくディズニーシーへ入ります。まずは家内の希望でロストリバーデルタにあるインディージョーンズのアトラクションへと向かいますが、そこまではウォーターフロントパークに乗り場があるディズニーシー・エレクトリックレールウェイで行くことが出来るので、これに乗ることにします。文字通り高架を走る鉄道で、路面電車タイプの2両編成の電車が2編成走っています。すでに数十人ほど並んでいて、15分ほど待って乗り込むことが出来ました。

Electricrailway1
ディズニーシー内にある「エレクトリックレールウェイ」

 運行形態ですが、2本の列車がほぼ同時に両端の駅を発車し、ほぼ中間あたりと思われる鉄橋のあたりでそれ違うというもの。両端の駅構内は単線で、駅の先からは複線になります。一応先頭には運転手が立っていましたが、どうやって操作していたかはちょっと確認できませんでした。

 ちなみに乗車はこのとき1回だけでしたが、日中はこの列車を周りから何度も撮影したため、同行の家内も半ば呆れておりましたcoldsweats01

Electricrailway2
車内から見た様子

Electricrailwaystop
こんな車止めもありました

Electricrailway3
船とのツーショット

 さて、そのインディージョーンズのアトラクションを楽しんだ後、しばらくブラブラしていたら、こんな怪しいものを見つけてしまいました。

Torokko1
怪しいトロッコcoldsweats01

 現地からもぶろぐしたトロッコとそれが走る軌道ですが、やはりこんなところに目が行ってしまうのは性というものなんでしょうねcoldsweats01

 そんな軌道ですが、ウォーターフロントパーク周辺のあちこちに点在していて、特に水辺に近い広場周辺にはホームと思われるオブジェとトロッコが置いてありました。もちろん飾りなんでしょうけど、どこか横浜にある赤レンガ倉庫周辺の様子を思い出させてくれますね。

Americanwaterfront1
ウォーターフロントパーク近くのホーム

Torokko2
そこに停車中のトロッコ

 一応、東京ディズニーシーで気になったものをいくつかご紹介いたしましたが、さすがにそれだけじゃ何しに行ったのかわかりませんのでcoldsweats01、その他の風景もご紹介しておきます。

Disneyseaplaza
大きな地球儀が目印のディズニーシープラザ

Harbor
中心部の水辺の様子

Nightseen
夜のアトラクション

 結局、最後のアトラクションを見て舞浜駅へ戻ってきたのが午後9時前。行く時と同じく武蔵野線直通の列車で後にいたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.18

現在地

現在地
はやて30号乗車中です。ほやの燻製をつまみに呑んでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
現在地
これで盛岡まで行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
宮古駅前で、ボンネットバスの出発式がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.17

夕食

夕食
夕食
うにです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
宿に入りました。かもめの玉子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
浄土ヶ浜です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
宮古駅前の食堂でいただきました蠐。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
現在地
現在地
盛岡から宮古へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.16

朝の宮原界隈(7/16)~2日間お休みです

Ef6437_miyahara090716

 朝から太陽がぎらぎら照りつける中、”茶ガマ”37号機が走り去っていきました。さて明日から2日間、1泊旅行へ出かけるためお休みします。行先は北東北方面で、海の幸が豊富なところですが、例によって現地からもぶろぐすると思いますので、場所は察することが出来ると思います。

 先程ようやく先週のディズニーシーの画像が整理を終えましたcoldsweats01。これで心置きなく旅に出られそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神なんば線&やまぎんレトロラインの旅その11~みすゞ潮騒号でサンセット体験

 今回の旅一番の目的だったやまぎんレトロラインに無事乗ることができ、これで後は帰るだけとなりましたが、小倉を20時36分に発車するひかりレールスター586号まではだいぶ時間がありました。下関周辺をブラブラするのもアリなんですが、山陰本線を走る「みすゞ潮騒号」という列車があることを思い出しました。列車名は言うまでもなく山口県が生んだ童謡詩人の金子みすゞから来ていますが、時刻表を見ると夕方に滝部まで一往復する運用がありました。しかも往復すれば下関には午後7時過ぎに戻ってくることができるので、新幹線までの時間つぶしにはちょうどいいですね。

 さっそく下関駅のみどりの窓口で指定席の有無を確認したところ、十分席があるとのことで、4号を抑えました。これで準備が整い、改札を抜けてホームへと上がり、行きかう列車の様子をしばらく観察しました。下関といえば以前はブルトレや貨物列車が関門海峡専用の機関車に付け替えられるシーンが思い出されますが、あいにくこのときは貨物列車はおらず、代わりにJR九州の411系やJR西日本の117系が停まっていました。その中でも117系は京阪神地区で新快速として走っていた頃のカラーで、どこか懐かしく感じましたね。

Type117_shimonoseki0905
新快速が懐かしい117系(下関駅:'09年5月9日)

Type411_shimonoseki
JR化直後と変わらず活躍する411系(下関駅:'09年5月9日)

 そんなことをしているうちに、派手な塗装を施したキハ47系ディーゼルカーがホームに入線してきました。停車してしばらくすると、門司方向から広島色のキハ47系が近づいてきたと思うと、先に停車中のみすゞカラーの車両に連結しました。後続の広島色の車両は途中の小串で切り離されるとのことで、地元の通勤通学客にも対応しています。

Kiha47_shimonoseki09051
ゆっくりホームに入線するみすゞ潮騒色キハ47系(下関駅:'09年5月9日)

Kiha471040_shimonoseki09051
後部に連結された小串止まりの一般車

 こうしてみすゞ潮騒3号は16時44分に下関を発車、私は一番後ろの広島色の編成に乗り込みました。次の停車駅の幡生からは山陰本線に入り、ローカルムードが次第に色濃くなっていきます。綾羅木、吉見、黒井村、川棚温泉という駅は学生時代に硬券入場券を買うため途中下車したことのある駅で、到着の度に当時のことが思い出されます。駅の様子とかも多少周りの変化はあるものの、当時とさほど変わっていないようですね。

 次第に民家も少なくなり、沿線有数の温泉地である川棚温泉を過ぎると、列車は小串に到着しました。ここで私が乗っている後ろ寄りの2両が切り離されるため、前方のみすゞ編成に移動。乗客のほとんどが地元の乗客でしたね。

 みすゞ潮騒3号は2両となって小串を発車しました。終点まで乗りたいところですが、滝部での折り返しは5分くらいしかないため、ひとつ手前の長門二見駅で折り返しを待つことにしました。駅は島式ホームが一面あるだけの小さな無人駅で、「二見饅頭」と書かれた看板の和菓子屋さんが一軒駅前にあるだけでしたが、駅のまん前に路線バスが1台停車していて、一緒に乗ってきた乗客を乗せてすぐに発車していきました。これといって行くようなところもなく、徐々に日も暮れ始めてきたので、ホームで列車を待つことにしました。

Nagatofutamista
長門二見駅

Nagatofutamihome
夕暮れ迫るホーム

 自宅に帰ってきて気がついたことですが、実はこの駅に一度降りたことがありました。もう20年も前の話で、やはり学生時代なんですが、交換待ちでしばらく停車した際に駅前に降りたときの写真が手元に残っていました。このあたりの駅で降りた記憶は残っているんですけど、20年も経つと記憶というのは結構薄れてしまうものなんですね。

 こうして先程乗ってきたみすゞ潮騒号の車両が滝部から戻ってまいりました。

Kiha47_nagatofutami0905
折り返しやってきたみすゞ潮騒4号(長門二見駅:'09年5月9日)

 さっそく手持ちの指定券に示された座席に着席します。海側は大きな窓になっていて、日本海を見ながら汽車旅を楽しむことが出来るようになっています。長門二見を出て次の宇賀本郷までの間は日本海の海岸線近くに線路が通じるので、夕焼けの日本海の様子を見ることが出来ました。

Sunsetmisuzusiosai
日本海に沈む夕日を車内から見る

 一方、車内の一角には売店が設置されていて、飲み物や弁当類などを販売していました。しかしこの日の乗客は自分を含めて2、3人ほどで、売店の店員さんが何とも暇そうでしたねcoldsweats01

 こうして吉見、安岡、綾羅木と下関市内に入った頃にはすっかり日も暮れ、19時4分、夕刻の下関に到着しました。

 今回乗車した夕方の一往復は夕日を見るにはぴったりな列車で、季節によって乗り分けができるようになっているのは何とも親切ですねhappy01。また日中運転される1号と2号は、長門市の先の仙崎まで運転され、青海島への観光にも対応しています。3年前に乗った瀬戸内マリンビューの兄弟列車として末永く活躍してほしいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.15

朝の宮原界隈(7/15)~梅雨明けだそうです

Ef6438_miyahara090715

 どうやら梅雨が明けたようです。これでいよいよ夏到来ですが、さっそく今日は35度を越える猛暑日となりましたsun

 夕方仕事から帰る際、ムアーッとくる熱気が夏らしさを感じました。正直海にでも行きたい気分でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神なんば線&やまぎんレトロラインの旅その10~関門トンネルで本州へ

 関門海峡めかり駅から歩くこと10分ほど、関門海峡を横目で見ながらトンネルの入口に到着しました。すぐ上には先程来から見えていた関門橋が覆いかぶさるように対岸へと伸びていて、その大きさに圧倒されっぱなしでした。

Mekarishrine
めかり神社の上を大きな関門橋が覆っています

Kanmontunnelmoji
関門トンネルの入口

 下関と門司を結ぶ経路で一番ポピュラーなのはやはりJRですね。こちらはこれまで何度も行き来していますが、関門海峡を航行する船も2回利用したことがあります。しかしトンネルでの通過はまだ一度も経験したことがありませんで、一度やってみたいと思っていましたが、今回のやまぎんレトロラインの開業により、それが実現することになりました。

 さっそく大きな扉の前でエレベーターを待ちます。ここは徒歩で移動する人はもちろん自転車も通行します。そのエレベーターに乗って地下へと移動し、いよいよトンネルを通過します。

 下関側に通じるトンネルは緩やかに下りが続きます。何かが通過するような音が常に聞こえてきますが、すぐ上が自動車道なんですね。そんな中、のんびりと歩いて行くと、福岡県と山口県の県境を示す境界線が見えてきました。ここを取り上げた雑誌などでは必ずと言っていいほど紹介されるところですが、歩いて本州へ来たんだなぁと実感できるところですね。

Kanmontunnel
対岸の下関へ向けて通じる関門トンネル

Fukuokayamaguchi
福岡と山口の県境

 こうして無事山口県側に到着、エレベーターに乗って地上へと上がりました。すぐ上にはや先程門司側で見たのと同様、雄大な関門橋が頭上を覆いかぶさっていましたが、ちょうど下関駅方面行きのバスがやってきたので、その姿をじっくり見ることもなく、この場を後にいたしました。

Kanmonbridgesimonoseki
下関側から見た関門橋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.14

今朝の宮原界隈(7/14)~待ち人来ず・・・のはずが

Type211_miyahara090714

 今朝のあけぼのは大幅な遅れとのことで、泣く泣く諦めることとなりましたweep

 と、そのまま終わるところですが、今日は遅めの出勤だったので、9時過ぎに大宮駅に来たら、何とあけぼのに遭遇いたしました。実はカシオペア&北斗星を撮影しようと思って大宮に行っていたんですけど、まさかこっちが来るとはねぇ。

 ところが、目当ての北斗星が来ませんでしたweep。何とも思い通りに行かなかった1日でした。

Ef6437_omiya090714
我ながら悪運が強いですねcoldsweats01

Ef8192_omiya090714
かろうじて撮れたカシオペア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神なんば線&やまぎんレトロラインの旅その9~やまぎんレトロライン初乗車

 5月の旅もいよいよ最後のミッションに入ってまいります。九州鉄道記念館を後にして、この後は最大の目的であるやまぎんレトロラインに乗車しますが、予約を入れていた15時15分までしばらくあったので、レトロ地区周辺をぶらぶらしながら時間つぶしとなりました。駅近くにある旧門司三井倶楽部や船だまり周辺の町並みには多くの観光客が訪れていましたが、このあたりは4年前に観て回っているところなので、今回はさくっと観るだけに留めました。

Mojimitsuiclub
門司港駅近くにある「旧門司三井倶楽部」

 結局何もすることがなくなってしまったので、線路脇へ行って行き来するトロッコ列車の様子を見ることにしました。「やまぎんレトロライン」は正式には門司港レトロ観光線と言い、第三セクターの平成筑豊鉄道が運営していますが、今回開業するにあたり元々門司港駅から伸びていた貨物線の廃線跡を再利用しています。今のような再開発の前は貨物列車が行き交っていた殺風景な風景だったことは想像できますので、ある意味幸運な路線と言えそうですが、まさかここに観光鉄道が開業するとは思いもよりませんでしたね。

 そんな中、小さなディーゼル機関車に牽引されたトロッコ列車がこちらへ近づいてきました。

Heiseichikuhodb10_kyusyurailwaymuse
レトロ地区を行き来するトロッコ列車

 九州各地の鉄道で使われてきた車両の寄せ集めで、両端にいるディーゼル機関車は南阿蘇鉄道でトロッコ列車として使用されたもの、そして中間に牽引されている客車は島原鉄道で使われていたものです。

 しかしここにいてもまだ時間が余り放題でしたので、しかたなくトロッコ列車の駅へ行ってみました。駅では係りの人が前売り券を持たない利用客に対し、次に乗車できるのは15時45分である旨アナウンスしていました。4月の開業以来なかなか好調のようで、事前にきっぷを押さえてあったのは正解でしたね。

Kyusyurailwaymuseumsta
やまぎんレトロラインの始発駅・九州鉄道記念館駅

 おかげでベンチにのんびり座りながら過ごしているうちに、係りの人による案内で改札が始まりました。私は2両あるうちの先頭のトロッコ車両に乗り込むことに。乗客が徐々に乗り込み、15時15分に列車は発車しました。

 列車はレトロ地区を縫うようにゆっくりと走ります。もっとも観光列車ですので、自転車程度の速度で十分なんですが、おかげでレトロ地区や関門橋を見ながらのんびりした旅をすることができました。すぐに出光美術館駅に到着。文字通り駅名の美術館が最寄りにあり、先ほど散策したエリアに程近いところです。そこを過ぎ、関門海峡の海岸線に沿って進むと、次のノーフォーク広場駅に到着しました。ここまでの間、側道はサイクリングコースにもなっていて自転車で走りたい気分でしたが、今回は乗り潰しが目的なのでそのまま乗り続けることになりました。時間があれば途中下車してみるのも楽しそうですね。

Sightseeing_yamaginretroline
車内から関門橋を見る

 ここを過ぎるとトンネルに差し掛かりますが、天井にぼんやりと青白い光が広がったかと思うと、関門海峡に生息する魚介類のイラストが浮き出すという演出がありました。

Ceiling_torokko
トンネル内の演出

 そのトンネルを抜けると、いよいよ終点の関門海峡めかり駅に到着です。駅には戻りの列車を待つ乗客が駅前に列を作っていて、今乗ってきた乗客が降りると、代わりにその乗客を詰め込んで発車していきました。

Heiseichikuhodb10_kanmonkaikyomekar
折り返し発車するトロッコ列車

 さてここからは関門トンネルを歩いて通過することになりますが、駅前にはステンレス車体のEF30が旧型客車を従えて鎮座していました。言うまでもなく関門トンネルの主役として長年活躍してきた機関車ですが、そもそもここは関門トンネルから離れているところで、果たしてこの場所がふさわしいのかいささか疑問です。おまけにここだと潮風をもろに受けるので、今後の保存状態が気がかりなところです。

Ef301_mekaripark
潮風に晒されながら鎮座するEF30-1

 そんなことを考えながら、関門トンネルの入口へと移動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.13

朝の宮原界隈(7/13)~夏到来ですね

Ef6438_miyahara090713

 晴れてくれるまではよかったんですが、気温もぐんぐん上がり、真夏日となりましたsun。夏本番といったところですが、おかげで仕事から帰ってきてすぐに自宅のエアコンを付けてしまいましたcoldsweats01。体には決してよくはないエアコンですが、やはり付けてしまいますねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慈姑の焼酎

Kuwaishochu

 さいたま市のメールマガジン「知っ得!さいたま」で慈姑の焼酎プレゼントというのがあったので、物は試しと応募したら見事当選と相成りましたhappy01。最近懸賞の応募をしなくなったので、とくと頂き物がありませんでしたが、飲食物関係では5年前に県が毎年やっているスタンプラリーで草加せんべいが送られて以来ですかね。

 この慈姑の焼酎ですが、前々から聞いていたのでちょっと興味がありました。まだ飲んでいないので、感想等は後ほどご報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.12

朝の宮原界隈(7/12)~1日自宅で過ごす

 今日は1日自宅にいました。ここんとこ週末の度に出かけてましたので、たまには体を休めないといけませんね。

 とはいえ、朝はいつもの通りやっていましたので、今日もご報告いたします。ただ今日はこれといってネタはなく、定番のラインナップとなります。

Ef651067_miyahara090712
65牽引の貨物からスタート

Type489_miyahara090712
何時見ても優雅な顔つきですね

Ef641051_miyahara090712
今日は1051番が担当でした

Ef6437_miyahara090712
元気に茶ガマが走り去りました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神なんば線&やまぎんレトロラインの旅その9~門司港レトロ焼きカレーを食す

 九州鉄道記念館に行く前に門司港駅近くでランチを摂りました。手持ちにあった関門エリアのパンフを見ていたら、「焼きカレー」なるものを見つけました。何でも門司港周辺のご当地メニューとのことでこれはぜひとも味わっていたところでしたが、特に目当てはなくブラブラ歩きながら探してみようとしたら、さっそく駅前に出ていた幟旗を見つけました。腹も空いてきたので、ここで食べることにしました。

 店内は8割方席が埋まっていて、空いていたカウンターに何とか座ることができましたが、この後カウンターも埋まってしまったので、入り口では客待ちの列が出来ていました。ちょうどいいときに入ったようですね(^^)。メニューを見ますが、何分初めてなので、一番オーソドックスな焼きカレーを注文しました。

 しばらくすると、熱々の土鍋で煮込んだ焼きカレーが運ばれてきました。

Yakicurry_mojiko
これが門司港名物焼きカレー

 見かけはドリア風で量が少ないかと思いましたが、食べてみると思っていたほど少なくはありませんで、結構食べ出がありました。

 カレーはあちこちで食べていますが、こうしたカレーもまた個性があって面白いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/11】溝の口へ延びた大井町線~東急

 昨日から東急大井町線が溝の口まで延伸しましたので、さっそくその様子を見に行ってまいりました。

 午前中あちこちより道をしたため、大井町に着いたのは午後1時過ぎ。さっそく大井町線の乗り場へと到着し、改札のところにある電光掲示板に記された「溝の口」の行先を確認してからホームに入りました。

Formizonokuchi_ohimachi
”溝の口”行先を確認してホームへ

 とりあえずは入線してくる電車の様子を見ることに。1番線に停車中の各停を見ながら、この後入線してくる急行を待っていると、やってきたのは延伸を記念して作られたヘッドマーク付きの6000系6001Fでした。ヘッドマークには大井町線を走る3種類の車両がイラストで描かれていました。

Tokyu6000_ohimachi09071
延伸のヘッドマークをつけた6000系6001F(大井町駅:'09年7月11日)

Ohimachilinehm
大井町線を走る列車がデザインされたヘッドマーク

 これに乗りたかったところですが、もう少しここで出入りする列車の様子を見てから、次の急行に乗車することにしました。先ほど見たヘッドマークつきの編成が他にもあるのかと思っていましたが、次にやってきたのはヘッドマークなしの6006F。とりあえずこれに乗って大井町を後にいたしました。

Tokyu6000_ohimachi09072

Tokyu8090_ohimachi0907

Tokyu6000_ohimachi09073
(3枚とも)大井町駅の様子

 旗の台で先を走る各停を抜き、大岡山、自由が丘と停車してから二子玉川に到着。多摩川を渡ってから複々線の中線を快調に走り、あっという間に終点の溝の口に到着しました。溝の口では様子見の乗客が目立つくらいで、駅構内はそれほど派手な装飾等は見かけませんでした。駅前に立っていないのでもしかしたら駅周辺で何らかのイベントがあったかもしれませんが、延伸開業だとこの程度でしょうかね?

Tokyu6000_mizonokuchi0907
溝の口に到着

 そんなわけで溝の口では特に何もすることがなく、一旦改札を出てからすぐ入ってしまいましたcoldsweats01。以前何度かやった渋谷寄りのホーム先端での撮影も考えましたが、皆岡路考えのようでそれは断念。ただそのまま引き返すのもつまらないので、先ほどは通過してしまった高津に行ってみることにしました。

 東武の50050系に乗って高津に到着。それにしても見通しのいい駅ですねぇhappy01。先ほど乗った急行の車内からも、ずいぶんと見通しのよさそうな駅で、行き交う列車を観察するにはよさげだなぁと思っていましたが、実際に現地へ行って見ると予想通りでした。そんな中、大井町線の列車のみならず田園都市線の下り列車の様子を見ながら過ごしましたが、時より外線を田園都市線の急行列車が通過するため、その際は接近放送に注意しながら待避しました。

Tokyu6000_takatsu0907

Tokyu8500_takatsu09071

Tokyu8090_takatsu0907

Tokyu8500_takatsu09072

Tokyometro08_takatsu0907

Tobu50050_takatsu0907
高津駅での様子。半蔵門線直通は3社を並べてみました。

 これで十分満腹状態になりつつありましたが、去年8000系の撮影で陣を張った尾山台から等々力の間の区間で撮影したいと思い、高津から各駅停車に乗って等々力にやってきました。ここから尾山台の方向へ線路伝いに歩いて行くこと5分ほどのところでしばらく撮影タイム。各停、急行とバラエティに富んだ車両をいろいろと撮影できました。

Tokyu6000_todoroki09071

Tokyu8090_todoroki0907
(2枚とも)等々力駅近くの線路脇で(等々力・尾山台間:'09年7月11日)

 こんなことをしているうちに時刻は3時半を過ぎました。尾山台から乗車し、この後どうするかあれこれ考えましたが、結局池上線経由で五反田へ出ようと思い旗の台で降りることになりました。そこで最後の締めということで、ここでも撮影をしてみることに。といっても、何分短い区間なので、中には先ほど撮影済みという編成もあったりしますが、旗の台といえば年中工事をしている印象しかなかったりするんですよね。その工事も去年一段落し、今は急行列車との通過待ちが出来る待避線が設けられるようになりました。

Tokyu6000_hatanodai0907

Tokyu8590_hatanodai0907
(2枚とも)最後は旗の台で

 こうして大井町線の散策を追え、帰りは池上線に乗って五反田へと向かいました。

 帰宅してから改めて大井町線を走る車両について調べてみると、意外と種類が豊富なことに気付かされます。一番本数が多い8090系を含めて5種類の車両がいて、なかなかバラエティに富んでいますね。なかなか来る機会も多くありませんが、次回は1編成しかいない9000系を見に訪ねてみたいと思います。

 関連記事
  ・Kaz-T様
  ・melonpan様

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.07.11

朝の宮原界隈(7/11)~平穏な週末

 2週間前は珍客の来訪、そして先週は列車の大幅な遅れと、何とも慌しい週末でありましたが、今日は一本のみでほぼ定刻にやってきました。そのせいか、ギャラリーは少なめでした。

 それではさっそく参りましょうhappy01

Ef651091_miyahara090711
まだ暗かったので、少し流してみました

Type489_miyahara090711
前の貨物もそうでしたが、タイミングがずれてしまったため、トリミングさせていただきました

Ef651090_miyahara090711
北陸が来る前に通過する貨物

 この下り貨物、いつもヒヤヒヤものですが、今日はぎりぎり抜けてくれました。

Ef641031_miyahara090711
今日も何とか撮れました

 1031号機が牽いていましたね。ちょっと前まではあけぼのの前に立っていたカマでしたが、0番台復帰でしばらく見ないと思ったら、今朝は北陸の前に立っていました。

 この直後、小山車両センター所属のジョイフルトレイン「華」が通過していきました。この後、熊谷発甲府行きの「お座敷甲州もも狩り号」として使用されました。

Type485_miyahara0907111
熊谷へ向けて回送されるジョイフルトレイン「華」

 そして最後はやはりあけぼの。今朝も38号機が元気に上野へ向けて走り去りました。

Ef6438_miyahara090711
今朝も元気に引っ張っていました

 この後一旦自宅に戻り、7時半過ぎに再び現場へ到着。先ほど見送った華を出迎えました。

Type485_miyahara0907112_2
甲府へ向けて走り去る「お座敷甲州もも狩り号」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
溝の口まで行って来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.10

朝の宮原界隈(7/10)~ダブルパンチ

Ef6437_miyahara090710_2

 今朝のあけぼのはほぼ定時でやってきましたが、出勤時間の7時半頃高崎線に乗ったら、尾久で車両点検か何かで運転見合わせのアナウンスが聞こえました。すぐに動くだろうとそのまま待っていましたが、5分くらいして動く気配があったものの、今度はさいたま新都心で急病人発生とのことでしばらく停車とのこと。これでさすがに尻が重い自分も京浜東北線の方へ流れました。

 おかげで職場には定時ぎりぎりに到着でしたcoldsweats01。間に合ったものの、やはり何か落ち着かないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神なんば線&やまぎんレトロラインの旅その8~4年ぶりの関門エリア

 5月の旅からちょうど2ヶ月が過ぎました。相変わらず旅行記が遅れ気味ですがcoldsweats01、ちょうど手が空いたので続きを書いておきます。

 2両編成の電車で門司港にやってまいりました。この駅に降り立つのは2004年の3月以来。今や九州有数の観光地にのし上がった関門地区ですが、1990年代前半はまだレトロ地区が整備される前で、駅周辺の古めかしい倉庫群や建物がどこか取り残されたようで何とも寂しい雰囲気だったことを覚えています。その頃のことを記憶しているので、多くの人が観光に訪れている今の姿は隔世の感がありますね。

 そんな中でも門司港駅は昔と変わらず堂々と建っています。やはり門司港エリアではなくてはならない建物の一つですね。

Kuha8161101_mojiko0905
2両編成の817系に乗って門司港へ

0milemonument_mojiko
門司港の駅構内にある0マイルの碑

Mojikosta
レトロな雰囲気の門司港駅

 その門司港駅の構内に、かつて下関と結んだ連絡船へ通じる通路の跡が残されています。この連絡船は昭和39年まであったそうで、それまでは多くの乗客がここを行き来していたことと思いますが、恥ずかしながらこれは今まで気がつかず、今回初めて見ることが出来た遺構でした。

Kanmonshipentrance
構内の一角に残る連絡船の通路跡

 これで一通り門司港駅を散策し、次はいよいよ駅舎に隣接する九州鉄道記念館へ向かいます。最初に受付で入館料を支払いますが、朝方小倉駅で手に入れたJR九州のICカード「SUGOKA」を使ってみました。今回は北九州ゾーンという周遊きっぷを持っていたため、乗車券類を買う必要はありませんでしたが、このSUGOCAを持っていれば入館料300円のところが240円と2割引になるとのことでした。せっかくでしたので、記念に1枚買ってみた次第です。

 さっそく館内へと進みます。最初に目にするのは、入口すぐのところに鎮座する9600形蒸気機関車。通称“キューロク”と呼ばれる機関車で、「59634」というナンバーです。全国のいたるところで活躍し、さいたま市内にも中央区役所の前に同じ型の機関車が保存されています。

59634_kyusyurailwaymuseum
”キューロク”型蒸気機関車「59634」

 その後ろにいるのはC59形蒸気機関車の1号機。戦後九州で特急列車を牽引し、廃車後に準鉄道記念物に指定され現在に至ります。

C591_kyusyurailwaymuseum
特急列車に使用されたC591

 続いては、北九州周辺にゆかりのある2台の電気機関車が控えています。一台はEF10形で関門トンネル用に作られた電気機関車ですが、前後にデッキが付いているのが大きな特徴ですね。こうした機関車は子供の頃、大宮駅で何度か見たことがありますが、当然ながら写真になど撮ったことはなく、記憶の片隅に残っているだけです。一方赤い車体が特徴のED72は1961年の鹿児島本線の電化の際に投入された九州発の交流電気機関車という、これも九州の鉄道には欠かせない車両ですね。

Ef10_kyusyurailwaymuseum

Ed72_kyusyurailwaymuseum
九州ゆかりの電気機関車(上:EF10-35・下:ED72-1)

 ここまで機関車がずっと続きましたが、この後からは旅客車両が続きます。最初にいるのは、丸っこい車体が特徴のキハ07形ディーゼルカーで、1969年に廃車後、豊後森機関区で長らく保管されていた後整備されてこの地にやってきました。古きよき時代の雰囲気が感じられる車両で、木製の床や時代を感じさせる運転台は見ものですね。

Kiha07_kyusyurailwaymuseum
レトロな雰囲気のキハ07形ディーゼルカー

Kiha07inn
キハ07形の車内

 その後ろにはボンネット形の481系、クハ481-603がいます。元々東北本線の特急に使用され、このときはクロ481-5と名乗っていましたが、東北新幹線開業による在来線特急の廃止に伴い九州の地へやってきました。その後、普通車に格下げされて廃車まで活躍しました。485系については現在も南九州で特急列車として活躍しているので、過去の車両と位置づけるにはいかがなものかと思いますが、現役で活躍する車両も製造されてから相当な年数が経っていますので、今後どれだけ持つのか注目したいものです。

Kuha481_kyusyurailwaymuseum
かつて東北特急で活躍した”クハ481-603”

 そして後方には、日本初の電車寝台特急である581系の先頭車がいます。この581系も九州には思い出深い車両で、デビュー当初は大阪と博多を結ぶ「月光」として使用されました。この車両を「月光型」と呼ぶ所以ですね。ただ新幹線開業などで廃車が進むと、通勤型車両への改造が進められてしまい、晩年は長崎本線や佐世保線などで活躍していました。現在展示されている車両も原型では残っておらず、通勤車に改造された後の車両に581系時代のカラーを塗り替えたものになっています。ただ車内の寝台など一部残っているところもあり、寝台列車当時の面影は感じられますね。

Kuhane581_kyusyurailwaymuseum
普通車に改造されたものの、往年の特急時代のカラーに復元された姿

Type581inn
電車寝台の面影が残っていますね

 ちなみに保存されているのは、715系時代はクハ715-1と名乗っていた車両で、長崎に住んでいた頃に何度か乗車したことがあります。画像もありますので、以下にご紹介しておきます。

Kuha7151_isahaya9112
715系として活躍していた頃(諫早:'91年12月)

 なお最後ですが、セラ1239という石炭車がその後ろにいます。こちらも炭鉱が多かった北九州では欠かせない貨車ですね。

 車両展示を一通り見学後、今度は室内施設へ行ってみます。こちらでは4月に運航を開始したSL人吉号を記念して、牽引する58654に関する企画展示が行われていました。この機関車といえば何といってもSLあそBOYですね。もちろんSLあそBOY時代の写真など貴重な資料が数多く展示されていました。

Bluetrainhm_kyusyurailwaymuseum

Kyusyurailwaymuseuminn
(2枚とも)室内展示の様子

 SLあそBOYは一度だけ乗ったことがありますが、雄大な阿蘇山を見ながらの旅は格別でしたね。運転取りやめの報を聞いたときには残念な思いで、今回の復活の話を聞いた時にはほっとしました。

 これで一通り見学を済ませ、もう一度車両展示の前を通り記念館を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.09

朝の宮原界隈(7/9)~雨のち晴れ

 日中モブログしたとおり、今日は東京ディズニーシーへ行っていました。ディズニーランドの方は8年前の2001年に行っていたので、今回は東京ディズニーシーにしましたが、1日があっという間でしたね。時間を持て余すんじゃないかと思ってたんですが、どうしてどうして、飽きることなく楽しめました。

 そんなわけで、今日は週末と同じく早朝から立ってやってきました。あけぼのが高崎駅での信号機かポイントかの確認の影響で若干遅れたほかは通常通りの運行でした。

 それでは、一気にご紹介します。

Ef651078_miyahara090709
縦で流してみましたhappy01

Type489_miyahara090709
失敗に付き、こんな絵のみ・・・crying

Ef641053_miyahara090709
寝台特急北陸

Ef6438_miyahara090709
数分遅れでやってきたあけぼの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

性というものか

性というものか
こういうものに目が行ってしまう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
現在地
今日は1日休暇でこちらに来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.08

朝の宮原界隈(7/8)~天気雨

Ef6437_miyahara090708

 自宅を出ると、空は晴れ間があるのに雨が落ちていました。慌てて傘を持っていつもの現場へと向かいましたが、あけぼの通過時には雨も上がってくれたのはラッキーでしたね。

 今日は久しぶりに縦カットでやってみました。横じゃうまい具合に露出が合わなかったもので、直前になって慌てて縦にした次第ですが、敢えて今日はブレた画像を載せてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/6】京成青電は遭えず

 おととい月曜日、家内の職場で歓迎会が開かれるかもしれないと朝の段階では不確実でしたが、日中家内から確定とのメールが来ました。よって家内の帰りが遅くなることが決まったため、お約束の仕事帰りの“平日鉄”と相成りました。

 そんな状況から事前の準備などなく、あれこれ考えて思いついたのが先月末から営業運転が始まった京成の青電でした。しかし夜なのとあまり遠方へは行けないので、始発駅である京成上野駅で観察となりました。

 その前に例によってホームライナー鴻巣3号と北斗星にご挨拶。ボンネットを撮影後、13番線ホームへと向かうと、ちょうど観光シーズンに入ったこともあり、北斗星を待つ乗客が到着を待っていました。

 なお、おとといの担当は93号機でした。

Type489_ueno090706
出発を待つ489系ホームライナー鴻巣3号(上野駅:’09年7月6日)

Ef8193_ueno090706
多くの人に見守られ出発を待つ北斗星(上野駅:’09年7月6日)

Type24_ueno090706
車止めから見る(上野駅:’09年7月6日)

 発車直前で13番線ホームを後にして、一旦改札を抜けてから京成上野駅へとやってまいりました。如何せん運用などはわかりませんので、まずはホームで到着する列車の観察から。2番ホームには19時30分発のイブニングライナーが停車中で、続々とホームの券売機で整理券を買っていました。スカイライナーには創立100周年の記念ロゴマークを付けており、こちらについては以前撮影済みですが、間近で見るのは今回初めてでした。

Keiseiae100_keiseiueno090706
創立100周年記念ロゴマークをつけたスカイライナー(京成上野駅:’09年7月6日)

 しかし肝心の青電がなかなかやってきません。何分1編成しかありませんから、こればかりは如何ともしがたいですが、あまり待っていても来るのかどうかもわかりませんので、ちょうどやってきた3300形使用の金町行きに乗って日暮里へ移動しました。

Keiseimoha3344_keiseiueno090706
今回のところはこれで我慢・・・angry

 日暮里では先月オープンしたばかりのecute日暮里を冷やかしてから常磐線ホームへ。やはり下町とあって和菓子や和風の小物を扱う店が目立ちますね。今回は何も買いませんでしたが、次回じっくりと見て回りたいところです。

 その常磐線ホームで上野行きを待っている間、ちょうどお隣の京成のホームにスカイライナーが入ってきました。周りが暗いのでうまく撮れるかどうかわかりませんでしたが、まずまずだったので、以下に載せておきます。

Keiseiae100_nippori090706
日暮里駅の様子

 上野駅に到着し、ライナー券を買うため8番線ホームへやってくると、一本前の古河1号の185系が停車していました。ちょうど回送で到着したばかりで、種別幕を回しているところでしたが、「踊り子」や「湘南ライナー」といった上野駅では見ることが出来ない種別幕を一瞬ながら見ることが出来るのは、このときだけですね。

Type185_ueno0907061

Type185_ueno0907062

Type185_ueno0907063
(3枚とも)普段上野駅で見ることが出来ない種別も・・・

 その1号を見送った後、これから乗車する3号のライナー券を買ってから再び13番線ホームへやってきました。この後は20時50分頃入線するあけぼの号を観察しますが、この日の担当は37号機。上りについては朝方撮影済みですので(こちら参照)、改めてホームでの撮影となります。

 20時50分頃、尾久からやってきた回送列車がゆっくりと推進運転で13番線ホームに入線、徐々に速度を落としてから停車しました。何分ホームライナーの発車まで10分くらいしかないので手短に撮影しなければならず、すばやくやりながらも慌てずにシャッターを切らなければなりませんが、何とか機関車の姿は押さえることができました。

Ef6437_ueno0907061

Ef6437_ueno0907062
(2枚とも)出発を待つあけぼの(上野駅:’09年7月6日)

 それにしても、こうして改めて間近で見ると、味のある機関車ですね。ブルトレを牽引するのは果たして似合うかどうか不安でしたが、今はだいぶ馴染んできたように思います。それに一時は戦列を離れどうなることかと思いましたが、こうして元気に戻って来ることができたのは何よりですね。

 こうして足早に8番線ホームへ戻り、ホームライナー古河3号に乗り込み、上野を後にしました。

Type489_omiya090706
大宮駅に到着

 目的の青電には遭うことができず、こちらは次回の宿題ですね。事前の準備がない割にはあれこれネタも豊富な夜となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.07

朝の宮原界隈(7/7)~晴れの七夕

Ef6438_miyahara090707

 七夕は晴れのイメージがなかったりします。朝の天気予報でも、「あいにくの空模様」と言ってくれるので、節分やクリスマスに比べるとごく普通の1日で過ぎてしまいますが、今年は珍しく(?)朝から晴れになってくれました。

 梅雨明けも近いかもしれませんね。でも、後半は相変わらず不安定な予報ですが・・・rain

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/5】上りも撮った~臨時あいづ

 おととい日曜日、さすがに2日間まるまるお出かけは家内に申し訳なかったので、午前中は自宅で家事をしていました。とはいえおとといは予報に反して天気はまずまずで時より日も差すほど。ちょうど家内も午後から出かけるとのことだったので、結局お出かけとなりました。

 こうなれば、前日撮影したあいづの上りを撮りたいところ。やってくるのは夕方なので、それまでの間、久しぶりに百観音温泉へ行ってみました。最後に来たのはいつ以来かと思い、手持ちのスタンプカードを見てみたら、何とおととしの11月以来でした。当時いた職場ではマイカー通勤OKだったので、仕事帰りにクルマを飛ばしてなんてことをよくやっていましたが、その後職場が変わった上に例の病気もあったりして、すっかり足が遠のいてしまいました。温泉の方は新しい設備も出来ていたりしてすっかりスパ銭風になっていましたが、オープン当初の雑多な雰囲気がまだ記憶に鮮明に残っていますね。

 そんなわけで、久しぶりの温泉ですっかり体もほぐれ、午後3時過ぎに東鷲宮駅を後にしました。さて撮影地をどこにするか、あれこれ考えてはみたものの、結局お馴染みの蓮田の直線区間の線路脇となりました。ここはあの有名な“ヒガハス”への通り道になっているところですが、以前夜行列車を撮りに来たときに意外とよく撮れたため、それ以来ここに落ち着きました。

 さて現場には3時半過ぎに到着。しばらくはE231系のオンパレードで練習がてらシャッターを切りましたが、4時前後に下りをEF65牽引の貨物が抜けていきましたので、ここにご紹介します。

Ef651098_hasuda0907
EF65牽引の貨物(東大宮・蓮田間:’09年7月5日)

 その後しばらくはE231系のワンマンショー状態でしたが、4時半近くになり、EF81牽引の24系客車がやってまいりました。

Ef8199_hasuda0907
カシオペア塗装99号機牽引の乗務員訓練列車

 前日4日にも東大宮駅で撮影中に遭遇したブルトレ牽引の列車ですが、最近東北線で度々運転されていることをあちこちのblogで見かけています。実は一度さいたま新都心駅で見たことはありましたが、あいにくカメラを出す暇もなく行ってしまいました。

 こうしていよいよ目当てのあいづ号がやってまいりました。ヘッドマークは仙台寄りのものと同じデザインのようですね。こちらもステッカーで貼り付けてありましたが、往時の近い姿で再現されていたあたりは頭が下がる思いです。

Type485_hasuda09071
上りも遭えた特急あいづ号(東大宮・蓮田間:’09年7月5日)

Type485_hasuda09072
後追いも狙ってみました

 これで注目の列車は行ってしまい、周りにいたギャラリーも少しずつ撤収を始めていましたが、この後すぐにスペーシアやカシオペアも来るので、私は引き続きここで待つことにしました。カシオペアについてはここでの撮影は今回が初めてなのでどんな様子なのかわかりませんでしたが、この時間の下りだと逆光になってしまいやや苦しいところですね。

Tobu100_hasuda0907

Ef8179_hasuda0907
(2枚とも)こちらも忘れずに撮影ですhappy01

 そういえば途中、EF65の単機が下りを走り抜けていきましたが、よく見ると菱形のパンタグラフを持つ1054号機でした。この機関車、実はなかなか撮影できずにいた機関車だったので、こういった形で撮れたのは何よりでした。

Ef651054_hasuda0907
菱形パンタを持つ1054号機(東大宮・蓮田間:’09年7月5日)

 これで無事目的を果たすことができ、午後5時過ぎに蓮田を後にしました。

 関連記事
  ・鉄と馬様
  ・TOMO様
  ・ちろ様

| | コメント (0) | トラックバック (2)

【7/4】残りわずかとなったポケモンモノレール~東京モノレール

 東京モノレールのサイトにポケモンモノレールが9日の運転を持って終了し、19日より新しいデザインで運転される旨のニュースがありました(こちら参照)。去年の夏、新幹線の方はあちこちチャレンジしていましたが、東京モノレールの方はまだ撮っていないと思い、井の頭線を訪ねた後にりんかい線を乗り継いで品川シーサイド駅へとやってまいりました。

 地上へ出るとすぐ先に京浜運河にかかる八潮橋があるので、これを渡ります。すると、すぐ下をモノレールの軌道が走っているのに気付きますが、羽田空港方面へ運河に沿ってカーブするあたりがなかなかいい景色でしたので、ここで撮影してみることにしました。午後だと若干逆光ぎみですが、それを除けばなかなかいい絵になりますね。

Tokyomonorail1000_sinagawaseaside09
八潮橋からモノレールを撮影(天王洲アイル・大井競馬場前間:’09年7月4日)

 すると、浜松町寄りから水色と白に塗り分けた車両が通過していきました。これは東京モノレール開業当時の塗装を再現した特別車両1019Fですね。何度か見たことはありましたが、写真はまだでしたので、今回初めて撮影することができました。

Tokyomonorail1000_shinagawaseaside0
開業時のカラーを再現した特別編成1019F(天王洲アイル・大井競馬場前間:’09年7月4日)

 そろそろポケモンモノレールが羽田空港方面からやってくる頃。大井競馬場前駅の方をじっと眺めていると、一本の編成がこちらへ向かってきたのでカメラを構えていたら、まさにお目当てのポケモンモノレールでした。運河に沿ってくねくねと曲がりながら、先ほどのカーブのあたりに来たところでシャッターを切りました。

Tokyomonorail1000_sinagawaseaside_2
お目当てのポケモンモノレール(天王洲アイル・大井競馬場前間:’09年7月4日)

 これでひとまず目的達成できましたが、この後は大井競馬場駅へ向かって運河に沿ってぶらぶら歩くことにします。このあたりから撮影されたと思われる画像をあちこちで見かけますが、これだけ見通しのいいところで行き交うモノレールを撮影すれば、なかなか絵になりますね。

 そのうち、先ほど撮影したポケモンモノレールが浜松町から折り返してきました。先ほどの八潮橋から近づいてくる様子を何度もシャッターを切りましたが、ちょっと遠めなもので、ポケモンのラッピングがいささか目立たなくなってしまいますねcoldsweats01

Tokyomonorail1000_sinagawaseaside_3

Tokyomonorail1000_sinagawaseaside5

Tokyomonorail1000_sinagawaseaside_4

Tokyomonorail2000_ohikeibajyomae090
(4枚とも)京浜運河を走るモノレール(天王洲アイル・大井競馬場前間:’09年7月4日)

 その後も大井競馬場前駅まで写真撮影しながらぶらぶら歩きました。場所を変えることによっていろいろなアングルで撮影できるので、いても飽きませんね。

 これで一通り撮影を終え、浜松町へ向けてモノレールに乗り込みますが、最後にホームからの駅撮りで特別塗装の1019Fとポケモンモノレールを撮影しました。駅撮りとはいえすっきりしていてなかなかいい絵になりますねhappy01。ただ後ろから来る列車、特に通過列車があるので、接近放送などで常に気を配りながらの撮影を心がけたいものです。

Tokyomonorail1000_ohikeibajyomae090

Tokyomonorail1000_ohikeibajyomae0_2
(2枚とも)大井競馬場前駅で駅撮り

 先ほども書いたとおり、19日からは新しいデザインでの運行も始まりますので、こちらも登場次第撮りに行きたいですね。それに25日からは毎年恒例のポケモンのスタンプラリーも始まり、ポケモン新幹線も登場します。去年はいろいろ撮影しつつも今ひとつ出来がよくなくて宿題状態でしたが、今年も勉強しながら撮り歩くことになりそうです。

 <<おまけ!>>
 浜松町駅の売店でまだありましたhappy01

Tetsumusuposter
まだ売っていましたねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.06

朝の宮原界隈(7/6)~おとといが嘘のよう

Ef6437_miyahara0907065

 今朝は茶ガマが担当の日。おとといは大幅に遅れたのに対し、今日は平常通りやってまいりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
現在地
上野駅です。ホームライナーで帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.05

朝の宮原界隈(7/5)~今日も遅れ、しかし

 昨日は夜行3本が軒並み遅れるなど、ここで撮り始めて以来の事態となりました。果たして今日は、という思いでいつもの時間にやってまいりました。

 まずはいつもの通り、能登の前を走る貨物から。

Ef651096_miyahara090705
これは予定通り

 まずは定時で抜けました。続いて能登。

Type489_miyahara090705
これも定時で抜けていきました

 昨日とは対照的にスムーズですね。

 次は北陸。

Ef641053_miyahara090705

 こちらも定刻通り。これは最後まで定時で見送り出来そうと思った矢先、普段は見ることが出来ない列車が近づいてきました。

Ef651138_miyahara090705
普段この時間には来ない貨物列車

 これを見たときは、「うーん、これは何かあるな」と予感しましたが、その予感は現実のものとなってしまいました。6時20分過ぎになってもあけぼのが来ず、手持ちの携帯で調べたところ、およそ1時間20分ほど遅れているとのことrain。2日連続で大幅な遅れですか・・・weep

 まあ今日はこの後は午後まで用事はありませんでしたので、ひたすら待つことにしました。

 こうして待つこと2時間、ようやくEF64の38号機が引っ張るあけぼのが姿を見せました。

Ef6438090705_3

 いやはや、あけぼののヘッドマークを2日ぶりに見ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/4】京王井の頭線訪問

 吉祥寺からは京王井の頭線で渋谷を目指します。ホームに停車していた2本の列車はいずれも1000系と、期待していた3000系ではありませんでした。先週、東松原駅のあじさいのライトアップを見に行ったときにも同じことを思いましたが、3000系も徐々に活躍の場が狭くなりつつありますね。

Keio1000_kichijyoji0907
渋谷へ向けて発車を待つ1000系(吉祥寺・’09年7月4日)

 急行の後の各停に乗り込み、さっそく次の井の頭公園駅で下車しました。ここは去年5月に例の病気を治療後、直後に関東の駅フォトラリーで訪ねましたが、その際に撮影した渋谷寄りにある小さな踏切付近で撮影することにしました。

 上下線とも撮影できたので、それぞれ適当にシャッターを切りました。どちらも線路脇にあじさいの花が植えられていて、しかも幸いまだ咲いていたので、それと行き交う列車とのツーショットを撮影することが出来ました。

Keio1000_inokashirakoen09071

Keio1000_inokashirakoen09072
(2枚とも)井の頭公園周辺の様子

 それにしても来るのは1000系ばかりで3000系は全く来ませんでしたね。その1000系もよく見ると去年投入されたタイプは、カラーで表示される行先表示機が付いていて、一目しただけでわかります。その新しい1000系を、撮影を終えて井の頭公園駅に戻った際に吉祥寺方面行きのホームに到着したところを見ることができました。

Keio1000_inokashirakoen09073
カラー表示になった1000系(井の頭公園・’09年7月4日)

 結局、途中の富士見ヶ丘駅近くの車庫で休んでいる3000系を車窓から見て、そのまま渋谷へと向かいました。

 P.S
 「悔しいっ!」というわけじゃないですがcoldsweats01、過去撮った3000系の画像を最後に載せます。探してみると、意外と撮っていないんですよね。あまり井の頭線沿線に来ないせいもあるけど・・・。

Keio3717_2001
撮影地を忘れてしまいましたがcoldsweats01、昔はこれが当たり前でした

Keio3000_inokashirakoen0805
こちらは上で紹介したところとほぼ同じところで撮影した3000系ですhappy01(井の頭公園・’08年5月)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/4】中央線でまったり201系を撮影する

 昨日の続きです。湘南新宿ラインに乗って新宿へやってきました。ここから吉祥寺へいきますが、急ぎでもないので総武緩行線で行くことにしました。途中の高円寺か阿佐ヶ谷あたりで撮影したかったですからね。

 大概週末には高円寺や阿佐ヶ谷あたりに201系狙いの人が立っているものですが、高円寺に来ると誰もいませんでした。何しろ24系の団臨やら四季彩のお別れ運転やら久留里線やら昨日の首都圏はネタがいろいろと豊富でしたからね。おかげでまったり撮影ができそうでしたが、準備をしていると高尾寄りから列車が近づいてくるので何かと見たら、何と201系でした。何とかカメラの準備に間に合い、無事捕獲です。

Type201_koenji0907
いきなり遭遇した201系H4編成(高円寺:’09年7月4日)

 2本あるうちのH4編成というヤツですね。それにしても、こうも一発目で来るとは何ともラッキーでしたhappy01

 この後はE257系を撮って高円寺を後にしました。

E257_koenji0907
E257系も撮影できました(高円寺:’09年7月4日)

 次の阿佐ヶ谷もやはり誰もおらず、ここでもしばらく撮影することにしました。さてどのくらいやろうか、あれこれ考えていましたが、しばらく待てば先ほど高円寺で見送ったH4編成が東京から戻ってくるだろうと思い、それまで撮影タイムとなりました。

 E233系ばかりじゃ飽きると思い緩行線もいろいろと撮影してみましたが、それなりに撮れるし中央線も時々特急が来るので、意外と飽きませんね。

E231tokyometro05_asagaya0907
東西線直通列車とのそれ違い(高円寺・阿佐ヶ谷間:’09年7月4日)

E257_asagaya0907
ここでもE257系と出会いました(高円寺・阿佐ヶ谷間:’09年7月4日)

 こうして過ごしているうちに、いよいよお目当てのH4編成が戻ってまいりました。思えば201系は乗車したときの駅撮りくらいしか手元になかったりもするんですよね。撮影目当てで来るときは大概201系と遭うことが出来ないというパターンでしたので、今回は大収穫でしたhappy01

Type201_asagaya0907
東京から折り返してきた201系H4編成(高円寺・阿佐ヶ谷間:’09年7月4日)

 これで満足し目的地である吉祥寺へやってまいりましたが、列車から降りて中央線ホームを見ると、もう一本の201系が停車していました。慌てて手持ちのコンデジを用意してみましたが、如何せん離れたところだったので、後追いでやっと撮れるのが精一杯でした。しかしもう一本の201系H7編成(と思われます)も撮影できたおかげで、1日2本の201系を撮影できたのは大満足ですね。

Type201_kitijyoji0907
もう一本の201系・H7編成とも遭えました

 何とも収穫の多かった中央線を後に、井の頭線のホームへと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
いつ以来かと思ったら、おととしの11月に来たのが最後でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/4】国鉄色で運転された臨時特急あいづ号

 昨日の朝はあけぼのを始めとする高崎線を走る夜行列車が軒並み遅れたため、何も撮影できないという事態となってしまいましたが、穏やかな日もあれば大雨や大雪が降ったり台風が来ていたりという日もあるわけですから、これはどうにもなりませんね。昨日は24系の団臨も走ったそうで、宮原駅周辺でも多くのギャラリーを見かけましたが、さすがにそれを待っているとあいづ号を見ることが出来ませんので、断腸の思いで高崎線に乗り込みました。

 さて昨日は臨時特急あいづ号が運転されましたが、どこで待つかいろいろと考えたところ、当初は蓮田駅でホーム撮りを考えていました。ここだったら待避線側から狙えそうですし、空いていれば上りホームの大宮寄りの先端から狙えそうでしたが、時刻表を見るとすぐ前を走る普通列車が蓮田駅あたりで通過待ちをするようでした。そこで同じような構造の白岡駅にしようかと思いましたが、東大宮駅がよさそうだったのでここで降りてみることにしました。

 実は以前から気にはなっていましたが、すぐ先を第二産業道路の陸橋が上を通るため、絵的にはイマイチな雰囲気でした。実際に降りて観察してみると、確かに構造物はあるわ陸橋はあるわとあれこれうるさいですが、レンズを工夫すれば何とかなりそうだったので、今回はここでやってみることにしました。

 あいづが来るまで1時間ほど。その間、さまざまな列車を撮影しながら時間を潰しました。特急列車が上下とも何本も行き来するので飽きが来ないですね。おまけに貨物列車も頻繁にやってきますが、牽引する機関車がバラエティに富んでいて、見ているだけも楽しかったです。

Type189_higashiomiya0907
”彩野”使用の特急日光81号

Type185_higashiomiya0907
特急おはようとちぎ号

Eh50038_higashiomiya0907
”金太郎”ことEH500牽引の貨物列車

Ef641027_higashiomiya0907
EF64牽引の貨物列車

 こうして待つこと1時間、いよいよお目当ての特急あいづがやってまいりました。

Type485_higashiomiya0907
2つ目ライトが目立つ臨時特急あいづ号

 2つ目のライトが特徴的な485系1500番台ですが、上沼垂所属のT18編成ですね。一方ヘッドマークの方はステッカーでの対応でしたが、往年のデザインが使用されていました。

 これで目的は無事果たせましたが、30分ほどするとスペーシア使用の下りきぬがわが通過するので、それまで引き続き撮影することにしました。運賃を精算するため一旦改札を出たり入ったりしてからホームへ戻った直後、189系使用の修学旅行臨が通過していきました。実は来るときに大宮駅で高崎線から来た189系か183系の団臨と遭遇しましたが、どちらも撮影はできませんでした。うーん、昨日は189系にはフラレっぱなしでしたねweep。しかしその後、EF81が牽引する24系と遭遇できたので、御の字といったところでしょうか。

Ef210132_higashiomiya
”桃太郎”牽引の貨物列車

Ef8180_higashiomiya
EF81牽引の24系

Tobu100_higashiomiya0907
特急スペーシアきぬがわ3号

 こうしてスペーシア撮影後、上りの湘南新宿ラインに乗って一気に都内へ移動しました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009.07.04

朝の宮原界隈(7/4)~大雨の影響で・・・

 今朝もいつもの現場へ行ってみると、時間になっても能登がやってきません。その前を走る貨物が来ないので、何かあったとは思っていましたが、すかさず手持ちの携帯をいろいろいじってみたら、上越線内の大雨の影響で3本の夜行が大幅に遅れているとのことでした。今日は午前中に臨時のあいづを東北線内で撮影しようと予定していたので、やむなく8時前に撤収となりましたcrying

 今日は24系の団臨も通過したようで、先週ほどではないでしたがなかなか盛況だったようです。ほんと、お疲れ様でした。

 そんなわけで、おそらく始まって以来の涙モノの1日となってしまいましたが、あいづのほうは何とか無事撮影できましたので、そちらは近いうちにご紹介することにして、何もなしというのも何ですので、2枚だけご紹介します。

Eh200901_miyahara090704
ブルーサンダーの単機

 ご覧の通りブルーサンダーの単機ですが、昨日の夕方、大宮駅の側線に停まっているのを見かけました。工場で整備を終えて帰るところでしょうか?

Ef641005_miyahara090704
EF64の貨物

 こちらは一旦帰宅後、宮原駅へ向かう途中に撮影した64の貨物です。

 果たして明日は定刻通り来るでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/1】盛りが過ぎたあじさいのライトアップ~東松原駅

 7月1日の水曜日は家内の帰宅が遅いとのことで、久しぶりに仕事帰りに“平日鉄”をすることにしました。といっても、これといってネタが思い浮かばず、かといって上野駅でのブルトレ撮影というのもちょっと満腹状態でした。そこでいろいろと調べてみたところ、京王井の頭線の東松原駅で6月からホーム脇に咲いているあじさいのライトアップを行なっているという情報が見つかりました。そういえば最近花を見ていないなぁと思っていたところでしたが、この日から7月。あじさいの季節は少し過ぎつつあったものの、周りにはまだ何とか咲いているところもあるので、訪ねてみることにしました。

 ライトアップは7時からなので、新宿駅のC&Cで夕食を済ませてから京王で明大前まで行き、ここで井の頭線に乗り換えました。それにしても、久しく来ないうちに1000系ばかりになっていたのにはちょっと驚きでしたね。そろそろという話はネットなどで見聞きしていましたが、来る列車が新しい1000系ばかりなので、もっと早くに来ればよかったなぁと後悔しきりでした。

 そんなことを思いながら、目的地の東松原駅にやってまいりました。あじさいの方は案の定、少し盛りを過ぎていてくたびれかけた感じでしたが、ライトアップされるとそれなりに綺麗ですね。さぞかし盛りの頃はきれいだったことと思いますが、来年こそは6月中に訪問したいと思います。

Ajisai_higashimatsubara
来年は6月に訪ねたいですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.03

朝の宮原界隈(7/3)~何もなし

Ef6438_miyahara090703

 今朝は普段通りの朝でしたね。そんなわけで特筆するようなことはありませんが、明日は午前中にあいづでも撮りに出かけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6/28】ローマ字が入った20000系の方向幕~東武

 先週日曜日、四季彩の定期運用の最終日であるにもかかわらず、マイカー点検の予定があったためスルーしましたが、やっている間少し時間があったので一旦店を離れてあれこれネタ探しをすることにしました。といっても、店が岩槻にあるので、動けるのは東武沿線と限られてしまいますが、とりあえずは野田線に乗って春日部へ行き、定番の撮影地である姫宮へ向かうため列車に乗り込みました。

 やってきたのは20000系。ところがよく見ると方向幕のところがちょっとヘンな感じでした。以前はなかったローマ字が表記されています。

Tobukuha21801_kitakasukabe0906
ローマ字が併記されるようになった20000系(北春日部・’09年6月28日)

 あちこちのblogですでに紹介されていますが、そういえば以前は感じの地名だけしか記されていませんでしたね。JRでは当たり前にローマ字が入っていますけど、入っているのとそうでないのとで印象が異なります。

 結局姫宮ではスペーシアを始めいろいろな車両を撮影し、再び姫宮で各停を待っていたら、以前こちらで紹介した「空の旅お出かけきっぷ」のラッピング編成21812Fがやってまいりました。前回はブレブレ状態であまりよく撮影できませんでしたので、その分を取り返すべく無事押さえることができました。

Soranotabiwrapping
空の旅お出かけきっぷラッピング編成21812F(東武動物公園・’09年6月28日)

Romenakameguro
方向幕を拡大したところ

 この後、久喜経由で蓮田に向かい、国際興業バスに揺られて岩槻に戻ってまいりました。

Tobukuha28801_sinden0905
(おまけ)5月に新田で撮影した20000系。このときはまだ表示されていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6/27】緑のプレートを付けたパレオC58~秩父鉄道

 昨日の続きです。明戸から武川の方向へ線路に沿って進みます。その間、先ほど熊谷の側線で休んでいたつばさラッピングの7001Fや従来カラーの1000系を撮影いたしました。

Chichibu1000_aketo0906

Chichibu7000_aketo0906
明戸から武川までの区間であれこれ撮影(上:1000系、下:7000系)

 さらに武川駅近くまで進み踏切で線路の反対側へ渡ると、列車の通過時間でもないのに警報機が鳴り出したのでもしやと思い貨物線の方を見たら、単機がこちらに近づいてまいりました。ここは旅客ばかりでなく貨物列車も行き来しているので、なかなか楽しいところですよねhappy01

Chichibudeki507_takekawa
単機でやってきたデキ507

 その後もパレオが来るまでの間、本線を走る列車を撮影しながら時を過ごしました。特に貨物線に進む長大な貨物列車が撮影できたのは収穫でしたね。5月のときは貨物列車が動いていない日だったため、単機で行き来するところしか見ることが出来ませんでしたが、やはり秩父鉄道といえば貨物列車は外せないですよね。

Chichibudeki302_takekawa0906
長い貨物列車がこちらに近づいてまいりました

 こうして4時少し前、武川駅にパレオエクスプレスが到着。汽笛を鳴らした後、ゆっくりと発車しました。よく見ると正面のナンバープレートの下地が緑色になっていますが、これは363号機が製造されてから今年で66年目に当たるそうで、緑寿にちなみ緑色のプレートにしたそうです。実は5月の広瀬川原のイベントのときにすでにお目見えしていましたが、こうして走る姿を今回初めてご紹介することにしました。

C58363_takekawa0906
緑のプレートをつけたC58363「パレオエクスプレス」(武川~明戸間:’09年6月27日)

 これで無事SLも撮影でき、後は帰路につくだけでしたが、ひとつだけ心残りがありました。それは5月末に登場したばかりの秩鉄カラーの1002Fをまだ見ていなかったことですが、ここまで走っているところを見ないところ広瀬川原の車庫で寝ていると思い半ば諦めていました。ところが16時11分発の列車を待つため武川駅のホームで待っていたら、何と1002Fが入ってくるではないですか。いやはや最後の最後で出会えたのは何よりでしたが、臨時急行のときに付けていたヘッドマークをまだ付けていたんですね。

Chichibudeha1002_kumagaya0906
最後に遭えた秩鉄カラー1002F(熊谷:’09年6月27日)

 今回は俳句展示列車目当てで歩き回ったので、比較的手頃なところをブラブラいたしましたが、目的の列車ばかりでなくSLやリバイバルカラーにも出会うことができ、充実した1日となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.02

朝の宮原界隈(7/2)~茶ガマ帰還

Ef6437_miyahara090702

 10日ぶりに茶ガマ復帰でした。ライトも無事治ったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6/27】第10回俳句展示列車のヘッドマーク拝見~秩父鉄道

 先週末はレトロ横濱やら四季彩やらとあちこちネタがゴロゴロ転がっていましたが、地元でレトロ横濱号の送り込みを見るに留めました。実は四季彩については奥多摩まで乗っていなかったので最後に乗っておこうと計画は立てていたんですけど、どうせまともに撮影はできそうにないし、乗る方に徹するにせよ慌しいことこの上ないと思い、結局パスしました。

 そんなわけで、世間とは逆の流れを歩むべくcoldsweats01、私は秩父鉄道に行っておりました。6月から第10回俳句展示列車が運転を始め、その列車に特製のヘッドマークが取り付けられているとのことでしたが、その運転が6月一杯までとのことで、それ狙いでやってきた次第です。

 午前中は自宅で家事をし、11時過ぎに出発。熊谷駅に着いたのは正午過ぎでした。さっそく秩父鉄道の乗り場へ行き、西側の引込み線を観察すると、つばさラッピング車両7001Fやスカイブルー塗装の1001F、それにパレオエクスプレスカラーのデキ201といった車両が体を休めていました。特に7001Fはホームのまん前に停まっていたので、ラッピングがバッチリ見えましたね。

Chichibu7000_kumagaya0906

Chichibudeki201_kumagaya0906
(2枚とも)熊谷駅での昼下がり(上:つばさラッピング車両7001F・下:デキ201)

 12時44分発の三峰口行きに乗り込み、まずはひろせ野鳥の森駅へやってきました。何分運用がどうなっているのかわかりませんので、まずは行き交う列車の様子を見ることにします。と、そろそろ羽生行きが来るとのことで警報機が鳴り出したので待っていると、何とお目当ての俳句展示列車がやってまいりました。まさかいきなり目当てのブツに当たるとは思っても見ませんでしたが、充当されていたのはオレンジの1011Fでした。

Chichibu1000_hiroseyachonomori0906
いきなり対面できましたhappy01

 こうもあっさりと目的が達成してしまったのは何とも拍子抜けでしたが、1時間もすれば羽生からの戻りがやってくるので、お隣の大麻生まで歩きながらいろいろと撮影しました。5月のイベントでは大賑わいだった広瀬川原の車庫には電気機関車数両とウグイスカラーの1009Fが停まっていました。これでこの時点で運用についていたのは、俳句展示列車のオレンジとカナリア、そして先日登場した秩鉄カラーの1002Fということになります。

Chichibu1000_hiroseyachonomori09062
広瀬川原で休むウグイス1009F

 広瀬川原の車庫を過ぎ、大麻生駅へ向かう側道を歩きながら行き交う列車を撮影。先ほど熊谷駅で見たカナリアや6000系急行列車がやってまいりました。

Chichibu1000_hiroseyachonomori09063

Chichibu6000_hiroseyachonomori0906
広瀬川原近くでの様子(上:カナリア1000系、下:6000系)

 さて、時刻は2時ちょうど。そろそろ俳句展示列車が羽生から戻ってくる時間でしたが、どうせこの後は武川でパレオを撮ることにしていましたので、暑さをしのぐ目的で俳句列車に乗ることにしました。さっそく大麻生駅で次の明戸までのきっぷを券売機で買いホームへ。熊谷寄りからオレンジの俳句展示列車が入ってきました。

 車内にはまさにタイトルの通りで、応募の中から選ばれた俳句が車内に展示されていました。次の明戸で降りてしまったのでじっくりと見ることは出来ませんでしたが、どれも秀逸な作品ばかりと見受けました。

 こうして次の明戸でこの俳句展示列車から降りることとなりました。

Chichibu1000_aketo0906
俳句展示列車に乗車(明戸:’09年6月27日)

Haikutrainhm
俳句展示列車のヘッドマーク

 この後は例によって武川まで線路に沿って歩きながらいろいろと撮影して来ましたが、そろそろ長くなってきましたので、ここで一旦切ることにいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.01

朝の宮原界隈(7/1)~ダイヤ大幅に乱れる

 今朝は高崎線内で人身事故があったため、あけぼのの撮影は出来ませんでしたcrying。そんなわけで、画像はありません、と言いたいところなんですが、その代わりに撮れたものを以下にご紹介します。

Type489_miyahara090701
50分遅れで通過した急行能登

 およそ50分遅れで能登がやってきましたが、帰宅後にネットを見ていたら、今朝の人身事故の原因が何とこれでした(こちら参照)。いやはや、エライ目に遭いましたね>489系。

 実は今晩は例によって家内の帰宅が遅かったため、都内へ出向いて”平日鉄”をしてきました。お題はいずれご報告するということで、今朝撮れなかった分を取り返すべく撮影したあけぼのとホームライナー古河3号を載せておきます。

Type489_omiya090701
ホームライナー古河3号(大宮駅:’09年7月1日)

Ef64381010_omiya090701
今朝撮れなかったあけぼの(大宮駅:’09年7月1日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »