« 朝の宮原界隈(7/31)~7月も今日でおしまい | トップページ | 現在地 »

2009.08.01

【7/25】ポートトレイン横濱号に乗る

 先ほどまで朝の“お仕事”をして、そのままPCの前に座っています。今日は昼過ぎからお出かけなんで、それまで家のお仕事をしようと思いますが、天気がすっきりしないのがちょっとツライところですね。今のところ雨が降っていないのが救いなんですが、果たして・・・。

 さて先週土曜日のネタがもう一つ残っていて、中華街でみやげを買い、近くのコンビニで食料を調達してから石川町駅へとやってまいりました。この後は帰路に付くだけとなりましたが、25日と26日の両日運転された快速ポートトレイン横濱号に乗り込みます。

 さて石川町の発車時刻が16時27分でしたが、駅に着いたのが午後4時10分前。まだ30分ほど時間があったので、しばらくホームで駅撮りをしながら時間つぶしをしました。根岸線の車両ということでE233系や209系を撮影することが出来ましたが、電機が1両、EF200の単機が通過していきました。おそらく写真に収めたのは今回初めてじゃなかったでしょうか?

Type209e233_ishikawacho0907
根岸線の主力車両(石川町駅:'09年7月25日)

Ef20011_ishikawacho0907
単機でやってきたEF200形電気機関車(石川町:'09年7月25日)

 そんなことをしながら、いよいよポートトレイン横濱号がやってまいりました。使用車両は高崎車両センター所属のジョイフルトレンせせらぎ。普段通勤車両ばかり走っている根岸線ですが、珍客の到着にホームにいた乗客も注目していました。

Type485_ishikawacho0907
ポートトレイン横濱号はせせらぎ使用

 さっそく列車に入り、指定券に記された席を探します。ところが車両中央にある横長のテーブルと畳敷きの座敷という席のため、どういった区分になっているのかがわかりづらかったいですね。で、どうなっているのかといえば、テーブルの端の方に座席の区画が記されていて、そこに記された席に座りました。

 すぐ近くにはカラオケ設備もあり、今にも宴会をしたくなりそうな気分になる車両ですが、列車は石川町を発車し、普段は体験できない関内駅の通過を見て桜木町に到着。ここを発車すると、ポイントを渡って根岸線の線路と分かれました。何と言ってもこの列車、普段定期列車が行き来しない高島貨物線を走るところがミソなんですが、横浜の工業地帯の中を走ったり見慣れたみなとみらいの高層ビル群を違った角度で見ることが出来たりとなかなか楽しい汽車旅でした。

 列車はやがて海沿いから離れ内陸部へと進み、東海道本線の線路が近づいたと思うと鶴見駅の構内へと入ってきました。この後は品鶴線から武蔵野貨物線を経て府中本町へと進みますが、こちらはホリデー快速鎌倉号のルートと同じですね。ただ高島貨物線と違いこちらはトンネルばかりで、車窓を楽しむという点では今ひとつですが・・・。

 こうして列車はトンネルを抜け、右手に南武線の線路と合流すると多摩川の鉄橋を渡り府中本町を通過、武蔵野線へと入ってきました。私的にはこれでこの列車の見所は一応終わったことになりますが、厳密に言えば武蔵野線から大宮へ抜ける途中にまた貨物線を通過するんですよね。こちらもやはりホリデー快速ではお世話になる区間ですけど、ポートトレイン横濱号はこうした3つの貨物線を走破することができる列車でありました。

Type485_omiya0907
大宮に到着した「ポートトレイン横濱号」

 なおポートトレイン横濱号ですが、8月8日と9日の両日には宇都宮発着で運転されますので、貨物線に興味のある人はこれを機に乗ってみるのも楽しいですね。

|

« 朝の宮原界隈(7/31)~7月も今日でおしまい | トップページ | 現在地 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/45798695

この記事へのトラックバック一覧です: 【7/25】ポートトレイン横濱号に乗る:

« 朝の宮原界隈(7/31)~7月も今日でおしまい | トップページ | 現在地 »