« 今日の宮原(8/26)~秋の気配 | トップページ | 今日の宮原(8/27)~なにも思いつかん »

2009.08.27

【8/24】やっと遭えた青電~京成

 24日の続きです。昨日の記事でも書いたとおりこの日の目的は青電でしたが、運用が決まっているわけではないので、動いているのかどうかをまず確かめる必要がありました。そこでまず日暮里から高砂を目指します。言うまでもなく高砂には車庫があるので、いなければ運用についている可能性が高いわけですが、高砂を発車して車庫の脇に差し掛かったところ、いました!まさに探していたモノが。これが自分の目で見た、初めての青電でした。

 そんなわけで、これで本線上を走っていないことが判明しましたので、郵便局巡りを兼ねて沿線をブラブラすることにしました。今回は菅野で下車して八幡まで歩いた後、谷津干潟で知られる谷津で下車。郵便局巡りのついでにいろいろと撮影してきました。主にスカイライナー目当てでしたが、特筆するようなものはありませんでした。

Ae100
「スカイライナー」AE100形(船橋競馬場・谷津間:'09年8月24日)

 この後、京成津田沼で千葉線に乗り換えて幕張本郷へ行き、総武線で津田沼まで戻ってきましたが、駅の隣に広がる幕張車両センターに、土曜日の東京総合車両センターのイベントで試乗運転をしていた湘南色113系がいました。千葉県内でその姿を見るのはこれが初めてでしたが、次回はぜひとも乗ってみたいですね。

Photo
幕張で羽を休める湘南色113系

 津田沼からは新京成に乗って松戸へ。ところが新津田沼駅を出たあたりから雨が降り出してきて、次第に激しくなってきました。いわゆる“ゲリラ豪雨”っていうヤツなんでしょうが、しばらく居眠りをしているうちにいつしか雨は止み、それどころか晴れてしまいました。

 松戸からは常磐緩行線に乗り換えて金町へとやってきました。ここから京成に乗り換えます。金町線は4両編成の列車が入ったり来たりする支線ですが、平日の夕方になると上野の直通が増えてきます。日中、金町と高砂を行き来していた列車が上野へ向かっていくので、高砂の車庫で寝ていた列車が運用に就くと考えたわけですが、まだ日も高かったので、線路伝いに歩いて柴又まで向かいました。

 観光客もまばらとなった駅前で寅さんの銅像のお出迎えを受けると、ちょうど入ってきた金町行きはノーマルカラーの3300形でした。とりあえず駅のホームで待つことにしました。その3300形が金町から戻ってきた際、高砂寄りにある踏切の警報機が鳴りだしたので何が来るのかと思い見たところ、やってきたのはお目当ての青電でした。

3300
ようやく遭うことができた”青電”こと3300形・3356編成(柴又:'09年8月24日)

 1時間くらい待つ覚悟はしていましたが、思ったよりも早くに来てくれたので、ラッキーでしたねhappy01

 当然、これに乗るべく、金町からの折り返しを待ちました。

Keisei3300_sibamata0908
金町から折り返してきたところ

 車内には京成の歴代の車両を紹介したポスターが写真付きで紹介され、さながら車内は博物館状態でしたが、あいにく次の高砂止まりだったため、ゆっくりと見ることが出来ませんでした。

 翌25日には“赤電”も営業運転に就いたとのことで、こちらも早い時期に見に行きたいところですね。9月に登場するファイアーオレンジ塗装も含め、引き続き京成からは目が離せません。

|

« 今日の宮原(8/26)~秋の気配 | トップページ | 今日の宮原(8/27)~なにも思いつかん »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/46046074

この記事へのトラックバック一覧です: 【8/24】やっと遭えた青電~京成:

« 今日の宮原(8/26)~秋の気配 | トップページ | 今日の宮原(8/27)~なにも思いつかん »