« 51067F | トップページ | 今日の宮原(8/16)~あけぼの30分遅れ »

2009.08.16

【8/9】ツーデーパスの旅その3~富士登山電車に乗る

 ツーデーパスの旅からもう1週間が経っているんですねぇcoldsweats01。そろそろ書いておかなきゃと思いつつもなかなか更新が進まない状況であります(いつものことですが)。

 さて寿駅から河口湖へ移動しますが、次の列車は14時1分発ですが、前日8日から運転を開始した富士登山電車3号であります。今年で開業80周年を迎えた富士急行ですが、それに併せてさまざまなイベントが行われ、1000形をかつての塗装にリバイバルするなど見どころが盛りだくさんです。そして今月8日からは水戸岡悦治氏のデザインによる「富士登山電車」という観光列車の運行を開始しました。

 寿駅にさび朱色の1000形車両が入ってきました。先ほど三つ峠と寿の間で撮影したときに見ていますが、間近で見るとなかなかおしゃれですねhappy01。さっそく車内へと入りますが、もちろん乗るのは前方の水戸岡デザインの車両です。

Fujikyu1205
いよいよ乗車です(寿:'09年8月9日)

 2両目に比べ先頭車の方は乗客が少なかったのでそちらへ行ってみたら、後ろから車掌さんがやってきて、こちらは着席券が別途200円かかるとのことでした。なるほど、道理で乗客が少ないなぁと思いましたが、あのお洒落な車内に入るとそのままいたいところ。幸い空いているとのことなので、着席券を支払ってこちらの車両にそのまま乗り続けました。

 さて車内の様子ですが、何といっても目立つのが車両の真ん中にある展望シートですね。ここに座れば後ろを振り返ることなく車窓を楽しむことが出来ますが、やはりここから見えるものといえばやはり富士山でしょう。しかしこの日は午後から雲が広がっていて、富士山の様子を見ることが出来ませんでした。

Fujitozandenshainn1
1号車の展望シート。ここから見る富士山は格別でしょうね。

 その展望シートの反対には本棚が設置されていました。本棚のある車両というのも今まで見たことがありませんが、車内で退屈したときとかに利用できるようにとのことでしょうかね?ちなみに書棚には富士山関連の本に混じって水戸岡氏絡みの書籍や果ては一世を風靡した映画の原作本まであったのにはちょっと苦笑いでしたcoldsweats01

Fujitozandenshainn2
展望シートの反対側には書棚がありました

Photo
こんな本までありましたcoldsweats01

 車内も木目を強調した落ち着いた雰囲気になっていましたが、これは九州新幹線800系でも同じような内装が施されていましたね。水戸岡氏の本領発揮といったところでしょうか。

Photo_2
木目の温かみが強調された車内

 似たような車両と言えば、先般引退をした四季彩を思い出しますね。一時は富士急が購入するのではと思ったこともありましたが、やはり新たに車両を購入するとなると莫大な費用が発生することから、既存車両の改造で対応することにしましたね。しかし個人的には車両デザインのエキスパートによるリニューアルの方を支持しますね。今回は残念ながら富士山を見ることが出来ませんでしたが、次回こそはこの車両に乗って富士山を堪能したいところです。

1200
終点河口湖に到着

 関連記事
  ・Kaz-T様

|

« 51067F | トップページ | 今日の宮原(8/16)~あけぼの30分遅れ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/45945239

この記事へのトラックバック一覧です: 【8/9】ツーデーパスの旅その3~富士登山電車に乗る:

» 富士急で運転開始 富士登山電車 [Kaz-T's blog レインボーライン]
お盆休みの日曜日となり、好天に恵まれた暑い日となりましたが、今日は山梨方面に行っ [続きを読む]

受信: 2009.08.16 22:09

« 51067F | トップページ | 今日の宮原(8/16)~あけぼの30分遅れ »