« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009.08.31

今日の宮原(8/31)~8月も今日で終わり

Ef64380908312

 8月最後の今日、あけぼのを牽いていたのは38号機でした。前日の37号機に続き、再び0番台が先頭に立つことになりましたが、何はともあれ元気な姿を現してくれました。

 今日は関東地方に台風が近づくということで、昼過ぎ頃から雨風が強くなりました。暴風圏は過ぎたようで、明日は天気がよさそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/29】朝もはよからお買い物♪~鉄道むすめ限定版2種ゲット!

 再三書いたとおり、おととい土曜日はあけぼのが来る前に出発、大宮から野田線に乗り換えて春日部へとやってきました。目的は東武と西武でこの日から発売された鉄道むすめの限定版ですが、今年2月のときと同じコースを辿ることにしました。

 まずは伊勢崎線の上りホーム、改札脇にある売店で最初のブツを無事ゲット。プリカやICカードの争奪戦に比べはるかにハードルが低いですね。2月のときも同じ時間に来て余裕で買えたので、今回もそれほど慌てなくてもよかったんですが、早く手に入れておきたいという心理には何とも勝てませんねcoldsweats01

 続いて西武の限定版を求め、新越谷から武蔵野線に乗り換えて新秋津へ。池袋線の秋津駅までの足取りが急ぎ足になってしまいましたがcoldsweats01、改札脇のコンビニ「TOMONY」で無事ゲットできました。前回のときは貼紙等がなく焦ってしまいましたが、今回はちゃんと貼紙もあり、ブツも店先に出ておりました。

 これで早朝のミッションが無事終了。西武沿線を1日まったりと回ることにいたしました。

Photo
これが限定版のパッケージ

Photo_2
左が神井みしゃ、右が栗橋あかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の宮原(8/30)~1日遅れですが・・・

 昨日の晩はヤボ用があったことから、書かずにそのまま寝てしまいましたcoldsweats01。そんなわけで1日遅れで恐縮ですが、書き残しておきます。

 まずは例によって65の貨物から。朝方は雲も出ていて暗めでした。日も夏至の頃に比べると短くなってきましたね。

Ef651058_miyahara090830

 続いて能登がやってきました。こちらもシャッター優先ではどうにもならず、流して何とか撮れました。

4890908303

 たまにはこういう絵もどうかと・・・wink

 前日は485系が来たもののこの日は何もないまま北陸が登場。ここで雲の合間から太陽が出てきてくれましたsun

Ef641051090830_2

 そしてしんがりはあけぼのですが、何と先頭には茶ガマが立っておりましたhappy01。しばらく姿を見ていなかっただけに、元気な姿を見せてくれましたね。

Ef6437_miyahara090830

 昨日は日中どこへも出かける用事がなかったので、家に帰って再び布団に入り、3時間寝ていましたsleepy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.30

【予告】旅に出ます

 出発まであと数日となりましたが、今週木曜日から3日間の予定で旅に出ます。行先は金沢と大阪で、目的は10月のダイヤ改正で減便される雷鳥の撮影とこれまた11月に廃止される北鉄石川線の乗車、そして2年後に廃止される京阪のテレビカーの乗車&撮影です。

 木曜日の晩の北陸で出発。金沢到着後、朝のうちに石川線に乗って加賀一の宮へ向かいます。前回乗車した11年前の3月のときは終点近くの白山比咩神社には行っていなかったので、こちらを訪ねてこようと思います。

 その後、雷鳥を撮影しながら北陸本線内をぶらぶらします。事前の撮影できるスポットを調べていこうと思いますが、天気次第でも変わってくると思うので、このあたりは流動的ですね。本当なら寺井にある松井秀喜選手のミュージアムにも興味があるんですが、こちらはバスの便が極端に少ないようで、今回はちょっとムリそうです。

 翌日は朝の雷鳥4号で“乗り鉄”しながら近江今津へと向かい、湖西線内で撮影してきます。ちょうど時間的には日本海も来るので結構楽しめそうですね。ただ、こちらも天気次第にはなってしまいますが・・・。

 その後は山科から地下鉄に乗り換えて三条へ行き、ここから京阪特急に乗り換えて一気に京橋へと向かいます。京阪特急といえばテレビカーが代名詞となっていますが、こちらも2011年に廃止されるとのことなので、車内でテレビを見ておきたいですね。列車の車内でテレビが見られるというのも当時としては注目度が高かったのでしょうが、今のように携帯でワンセグが観ることができる時代となればやはり廃止もやむなしなんでしょうね。

 で、京橋到着後は来た道を戻りながら門真市でモノレールに乗り換えて伊丹空港へ。そのまま羽田行きのフライトで帰路に着きます。

 実は今回の旅はなかなか行程が定まらず、当初1日目は18きっぷでのんびり金沢まで乗り継いでいこうと思っていたんですが、計画しているうちに他で18きっぷを使う予定がなくなってしまい、普通乗車券を利用することになりました。そのうち、雷鳥を効率よく撮影するんだったら1日かけて回った方がよさそうに見え、再度予定を変更して北陸の寝台券を押さえてしまいました。そんなわけで、当初考えていた旅とは大幅に変わってしまいましたが、その分厚みも増していろいろとネタの多い旅になりそうであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.29

今日の宮原(8/29)~あけぼのはパス

 結局、宮原6時4分発湘南新宿ラインに乗ったため、北陸までは撮影できました。よって、今日もご報告いたします。

 まずは最初の貨物から。

Ef651050090829

 多分初めて見ます>1050号。菱形パンタですねhappy01

 続いて急行能登です。

4890908291

 この後、5時39分頃に踏切の警報が鳴り出したので、近くにある下り線の信号機を見ると、表示が赤。ということは上り線が接近しているとのことで、何が来るかと期待したら、上沼垂の485系団臨でした。

4850908291

4850908292

 引き続き、北陸がやってきました。

Ef641053090829

 これで本日はおしまい。この後、宮原駅へと向かいました。

 何でも今日は、24系の団臨が走ったそうで、宮原駅とその周辺は普段よりもギャラリーが多めでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
結局来てしまった>南入曽。最終の会場直通列車で帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
朝方、お買い物を済ませた後、沿線グルメ夏きっぷを使って、飯能プリンスホテルのバイキングをいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.28

今日の宮原(8/28)~事務連絡

Ef641030090828

 明日は6時過ぎにお出かけするため、あけぼの通過時まで撮影できません。北陸くらいまでは撮れそうですが、遅れていなければ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンデジを買い替えた

 買い換えてから3ヶ月近くが経とうとしていますがcoldsweats01、約4年弱使ってきたCanonのPowershot 70を手放しました。カメラ自体は決して悪いものではなく、コンデジにしては満足のいく画質だったんですが、如何せんISOが400までしかなかったので、動きのあるモノや夜間にISO400で撮影すると、どうしても画質が荒っぽくなってしまいました。今やコンデジでもISOが1600あるのは当たり前な時代、思い切って買い換えました。

 新しいカメラはPanasonicのTZ-7。どうせだったら動画も撮れるのがいいかと思いいろいろと探していたら、これが見つかりました。画質の方は1000万を越えていてISOも1600までと静止画についてはまずまずといったところでしょうかね。露出を低めにして撮らないとすぐ白飛びしてしまうところは前任者と同じですが、一応静止画を以下にご紹介しておきます。

8000
静止したものを撮ったところ

 それと、Panasonic独特のメニューに当初戸惑い、慣れるまで時間が掛かりましたね。まあこれはカメラを替えたときには誰もが経験することでしょうが・・・。

 ちなみに走行写真はスポーツモードで撮っています。最近一眼で撮る機会が多いので、シャッターを押すタイミングを早く掴まなければいけませんが、やはり一眼に比べれば少し遅いですね。それでも何とかブレずに撮ることができます。

10500908142
動いているものもこれで十分行けますhappy01

 動画の方なんですが、さすがハイビジョンだけあって、滑らかさや画質はこちらの方が上手ですね。ただ付属のソフトだと細かい編集とかが出来ないので、オーサリングソフトを別途手に入れる必要があります。しかしどれも結構お値段が張るんですよねぇpout。でも、撮り貯めた画像があるので、そろそろ何とかしないといけないし・・・。

 いずれにせよ、前任者よりもコンパクトになった上、スペックも格段によくなりましたが、後は動画編集ソフトを手に入れたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.27

今日の宮原(8/27)~なにも思いつかん

Ef641052090827

 んー、なにも思いつきませんねぇcoldsweats01。つまるところ、今日も平穏な1日を過ごせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/24】やっと遭えた青電~京成

 24日の続きです。昨日の記事でも書いたとおりこの日の目的は青電でしたが、運用が決まっているわけではないので、動いているのかどうかをまず確かめる必要がありました。そこでまず日暮里から高砂を目指します。言うまでもなく高砂には車庫があるので、いなければ運用についている可能性が高いわけですが、高砂を発車して車庫の脇に差し掛かったところ、いました!まさに探していたモノが。これが自分の目で見た、初めての青電でした。

 そんなわけで、これで本線上を走っていないことが判明しましたので、郵便局巡りを兼ねて沿線をブラブラすることにしました。今回は菅野で下車して八幡まで歩いた後、谷津干潟で知られる谷津で下車。郵便局巡りのついでにいろいろと撮影してきました。主にスカイライナー目当てでしたが、特筆するようなものはありませんでした。

Ae100
「スカイライナー」AE100形(船橋競馬場・谷津間:'09年8月24日)

 この後、京成津田沼で千葉線に乗り換えて幕張本郷へ行き、総武線で津田沼まで戻ってきましたが、駅の隣に広がる幕張車両センターに、土曜日の東京総合車両センターのイベントで試乗運転をしていた湘南色113系がいました。千葉県内でその姿を見るのはこれが初めてでしたが、次回はぜひとも乗ってみたいですね。

Photo
幕張で羽を休める湘南色113系

 津田沼からは新京成に乗って松戸へ。ところが新津田沼駅を出たあたりから雨が降り出してきて、次第に激しくなってきました。いわゆる“ゲリラ豪雨”っていうヤツなんでしょうが、しばらく居眠りをしているうちにいつしか雨は止み、それどころか晴れてしまいました。

 松戸からは常磐緩行線に乗り換えて金町へとやってきました。ここから京成に乗り換えます。金町線は4両編成の列車が入ったり来たりする支線ですが、平日の夕方になると上野の直通が増えてきます。日中、金町と高砂を行き来していた列車が上野へ向かっていくので、高砂の車庫で寝ていた列車が運用に就くと考えたわけですが、まだ日も高かったので、線路伝いに歩いて柴又まで向かいました。

 観光客もまばらとなった駅前で寅さんの銅像のお出迎えを受けると、ちょうど入ってきた金町行きはノーマルカラーの3300形でした。とりあえず駅のホームで待つことにしました。その3300形が金町から戻ってきた際、高砂寄りにある踏切の警報機が鳴りだしたので何が来るのかと思い見たところ、やってきたのはお目当ての青電でした。

3300
ようやく遭うことができた”青電”こと3300形・3356編成(柴又:'09年8月24日)

 1時間くらい待つ覚悟はしていましたが、思ったよりも早くに来てくれたので、ラッキーでしたねhappy01

 当然、これに乗るべく、金町からの折り返しを待ちました。

Keisei3300_sibamata0908
金町から折り返してきたところ

 車内には京成の歴代の車両を紹介したポスターが写真付きで紹介され、さながら車内は博物館状態でしたが、あいにく次の高砂止まりだったため、ゆっくりと見ることが出来ませんでした。

 翌25日には“赤電”も営業運転に就いたとのことで、こちらも早い時期に見に行きたいところですね。9月に登場するファイアーオレンジ塗装も含め、引き続き京成からは目が離せません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.26

今日の宮原(8/26)~秋の気配

Ef641030_miyahara090826

 ここ数日、過ごしやすい日が続きますね。日中はそれなりに暑いんですけど、ここ数年のような猛暑ではないので、外へ出るのが億劫ということはありません。

 これで心配なのが野菜の値段ですね。すでに影響が出ているものもあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/24】EF81-81 北斗星を牽く

 実はおととい、1日休暇を取っておりましたhappy01。当初は久しぶりに海釣りfishでも行こうかと考えていたんですが、9月に遠征する予定があることから出来るだけ出費を押さえたいところでしたので、あれこれ考えた結果、以前から懸案事項だった京成の“青電”を見に行くことにいたしました。

 通勤ラッシュが落ち着いた頃に宮原駅を出発。高崎線で赤羽に着いたのが9時ちょっと前でしたので、この日の手始めに北斗星を撮影して行くことにいたしました。しばし待つこと30分、北斗星がほぼ定刻にやってきました。

Ef8181
81号機牽引の北斗星(赤羽:'09年8月24日)

 おとといのカマは81号機。かつてお召し列車を牽引したことのある機関車ですね。

 この後の上りで上野へ行き、足早に13番線ホームへと向かいました。幸いまだ尾久へ引き上げる前で、機関車の周りにはギャラリーが大勢集まっていました。

Ef8181_2
長旅を終えて一息ついたところ(上の:'09年8月24日)

 急遽予定を変更して撮影した北斗星でしたが、いろいろ撮影することが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.25

今日の宮原(8/25)~何もない

Ef641052090825

 何もない1日でしたね~。公私に渡り平穏な1日でしたが、一つ上げるとすれば、今朝方発表された緊急地震速報でしょうか。TVで発表直後、どんな揺れが来るのか不安でしたが、何時になっても揺れることはありませんでした。

 どうも誤報だったとのことで朝早くから何とも人騒がせでしたが、災害が起きなかったことは何よりですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

検査結果(8/7実施)

 去年5月に精巣腫瘍を発症し、一時はどうなることかと気を揉んでいましたが、その後は定期的に病院へ行って検査を受けながら経過を観察しているといった状態が続いています。

 で、今月7日にCTスキャンと腫瘍マーカーの検査を実施しましたが、その結果を聞くため先週金曜日に病院を訪れました。

 腫瘍マーカーの数値は以下の通り。

 LDH 147
 AFP 1.2
 β-HCG <2.0

 異常なしとのことでした。

 またCTの方も怪しいものはありませんでした。

 発症した当時は一体どうなってしまうのだろうかと気が気ではありませんでしたが、退院後の定期的な検査ではこれまで特にこれといった異常はなくここまで来ています。しかし、病院で自分の番が来るまでの間は正直不安ですね。これはがんを罹った人なら誰でも同じかと思いますが、転移という危惧を常に抱えなければならないので、こればかりはこれからも続きそうです。

 ちなみに腫瘍マーカーの検査の中で血小板数が少ないなど他の項目で数値が低い云々というのがありましたが、腫瘍云々に関わるものではないとのことで、とりあえずは日と安心です。

 次回の検査は10月末ですが、CTの代わりに超音波検査になりました。次回も何もないことを祈りつつ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/23】24系乗務員訓練列車 in 蓮田

 おととい23日は当初完全フリーにしていましたが、家内が午後からお出かけするのと天気がよかったこともあり、急遽お出かけすることとなりました。しかし急なこと故これといって準備もなく、さてどこへ行こうかと思案していたところ、前日上野から帰ってくるときに24系の乗務員訓練の列車とそれ違ったのを思い出しました。ここ最近、東北線で頻繁に運転されている乗務員訓練列車ですが、多分今日も動いているだろうと思い、その様子を見に行くことになりました。

 その前に、まずは散髪をしに岩槻へ。結婚前から行き着けなので今もなかなか変えられず、相変わらず実家の近くの店に行っていますが、おとといは岩槻まつりの日とあって、街中お祭一色でした。

Photo
お祭り一色だった岩槻の町

 この後、再び野田線に乗り、春日部で伊勢崎線に乗り換えました。もうちょっと時間があれば、先週に引き続きネタ探しでもしたかったんですが、さすがに下車するほど時間はなく、姫宮で駅撮りをしてみました。しかし30分くらいしかいることができず、これといってネタはありませんでした。

 久喜から東北線に乗り換え、蓮田へとやってきました。場所はいつもの線路脇ですが、予想に反して誰もいませんでした。まあ、この位置だと夕方は側面に光が当たらないですからねぇ。蓮田に来る途中、車内から白岡の陸橋の様子を見ていましたけど、こちらは大賑わいだったようですね。

 そんな中、しばし待つこと4時半前、目的の列車がやってまいりました。今回の牽引機はEF65の1104号。昭和50年代に東京発着のブルトレを牽引していた頃の姿を髣髴とさせる姿ですね。

Ef651104_hasuda0908
EF65牽引の乗務員訓練列車(東大宮・蓮田間:'09年8月23日)

 この後、上りのスペーシア、下りのカシオペアを撮影して帰路につきました。

100
スペーシアきぬがわ6号(東大宮・蓮田間:'09年8月23日)

Ef8199
カシオペア(東大宮・蓮田間:'09年8月23日)

 関連記事
  ・TOMO様

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.08.24

今日の宮原(8/24)~珍客1題

Ef641030090824

 日中は天気もよかったんですが、6時半過ぎから雨が降り出してきました。いわゆる「ゲリラ豪雨」ってやつなんでしょうけど、昔長崎に住んでいたときに降ったスコールのような雨を思い出しました。やはり地球温暖化の影響なんでしょうかね?

 さて、これで終われば平穏な1日だったんですが、あけぼの通過前にこんな回送列車が通過していきました。

Ef641019_miyahara090824

 一体何なのかと思っていたら、関東鉄道に入る新車のキハ5000形ですね。関鉄のサイトにも出ていましたが、来月には試乗会も開催されるそうで、営業運転が楽しみであります。

Kanto5000_miyahara090824
新潟からやってきた新車~関鉄5000形

 関連記事
  ・緑のあずさ様

| | コメント (0) | トラックバック (2)

【8/22】東海道線用E233系に初乗車

 おとといの続きです。東京総合車両センターを後にして再び大井町駅に戻ります。品川方面行きを待っていたら、先ほど川崎で見たウラ80編成が大船行きとしてやってきました。大宮から戻ってきたんですね。

Type209_ohimachi0908
209系500番台”ウラ80”編成と再会(大井町:'09年8月22日)

 品川で途中下車。キャノンSタワーで行なわれている故・真島満秀氏の写真展を見学してきました。鉄道に関わらず写真展はこれまであまり訪ねたことはありませんでしたが、近年写真を撮り始めたこともあって、多くの方が撮られた写真に触れたいと思うようになりました。真島氏の名前は雑誌などでも耳にしたことがあるので、おそらく無意識に氏の写真には触れる機会は多かったと思いますが、氏の写真を見て改めて鉄道写真の奥の深さを再認識させられました。その中でも1枚、アルファベットが並ぶ背景から一見ヨーロッパあたりで撮影したと思われた写真をよく見ると、大宮駅西口の大型ビルだったことがわかったときには、ちょっとした感動でしたね。

 汗だくだくになりながら品川駅に戻り京浜東北線を待っていたら、東海道線上りホームにE233系が入ってきました。東海道線仕様のE233系は去年、藤沢駅で撮影したことはありましたが、まだ乗車はしていませんでした。迷わず階段を昇り降りしてホームへと向かいました。

 品川から東京までと短い区間でしたが、こうして初めて乗ることが出来ました。

E2323001
東海道線仕様のE233系に初めて乗車できましたhappy01

 これで、横浜支社関連のヘッドマークは全ての形式で撮影できたことになります。E233系だけは厳しいかなと思っていただけに、最後にサプライズがありましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.23

今日の宮原(8/23)~軒並み遅れ

 今朝は高崎線内でトラブルがあった影響で、能登を始めとする夜行列車は1時間前後遅れて通過していきました。幸い今日は午前中自宅でじっとしていたので影響はありませんでしたが、昨日だったらちょっとつらかったですね。

 おかげで明るい中での撮影が出来ましたが・・・。

Ef651079090823
能登の前の貨物も1時間遅れ・・・orz

4890908231
朝日を浴びて通過していきました・・・

Ef641053090823
今朝の北陸は1053号機でした

Ef641052090823
こちらは1052号機が担当

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/22】東京総合車両センターイベント「2009 夏休みフェア」を訪ねる

 大井町に到着後、さっそくイベント会場となっている東京総合車両センターへ向かいます。毎年恒例のイベントですが、どこの会場で何が行われているかは例年変わっていないので、興味のあるところを中心に見てきました。

 一つ目は車両展示。ここは2箇所で行なわれていますが、東側ではクモハ12形、E231系、それにクモヤ143形の3形式が並べられました。

12e231143
新旧の車両が並んだ車両展示コーナー

 現役時代には絶対に見ることが出来ない光景ですが、普段見慣れているE231系もこうして並べてみるとなかなかいい役者ですね。

 ちなみに通路を隔てて後ろでは、展示されている先頭車と組むS-02編成の残りの車両がおりました。

E231
展示車両と組むE231系 S-02編成

 続いてその西側では、4種類の車両が展示されていました。東側から順に、房総用209系、鶴見線用205系、EF60-19、そしてスハニ36形などの旧客というラインナップでした。

Photo
こちらは旧客あり、通勤車両ありのコーナーでした

 この中で注目は209系ですかね。来るべき営業運転開始へ向けて着々と改造が進みつつありますが、京浜東北線で度々乗った209系も帯の色を変えただけでずいぶんと雰囲気が変わるものです。

Type209_tokyoworkshop
房総用209系。早く乗ってみたいですね。

 一方、試乗会会場では、幕張区の湘南色113系が行き来していました。今月に入って2度、その姿を見に千葉方面へ出向いていますが、なかなか会えませんweep。ようやく走る姿を昨日見ることが出来ましたが、やはり営業運転に就いているところを見たいですね。

Type113_tokyoworkshop
試乗会で大活躍だった湘南色113系

 それにしても、工場内を走行している113系の姿を大勢のギャラリーが眺めていましたが、東海道本線で走っていた頃は引退する直前を除けばほとんど見向きもしなかったんですよね。でも、改めて実車を見ると、やはりいい味出しているなぁと再認識しました。

 なお、工場内の方ですが、去年のような209系500番台のサプライズはなく、京葉線用201系や京浜東北線の209系の姿が目に付いた程度でした。

209_2
京浜東北線用209系が整備中

Type201_tokyoworkshpo
京葉線用201系も整備中

 結局、グッズ販売のブースに行くもこれといって欲しいものがなく、およそ1時間ほどで退散となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/22】小ネタつれづれ

 昨日は毎年恒例の東京総合車両センターの公開日。そこで午前中は会場となっている大井町までいろいろネタ探しをしてまいりました。

 まずは、前週に続いて中央線沿線から。先週とは逆に新宿から下りで八王子へと向かいます。中央線開業120周年記念ヘッドマーク付きE233系を探していたら、阿佐ヶ谷で201系と出会いました。

201
東京へ向けて走行中の201系(阿佐ヶ谷:'09年8月22日)

 先週同様、今回もH7編成でした。

 吉祥寺で中央線に乗り換えるため、総武緩行線ホームから階段を昇り降りしてやってくると、ちょうど列車が入ってきたので、大急ぎで乗ることに。ところが次の三鷹で後続の中央特快に先を譲るとのことで、吉祥寺で急いだことにちょっと後悔したりもしましたが、乗り換えの際に先頭車を見たら何と120周年のヘッドマークが付いていました。

E23239
今週もこのヘッドマークを見ることができました(三鷹:'09年8月22日)

 こちらは先週見たT11編成ではなくT39編成でした。ヘッドマークはこの2編成についているとのことなので、これで全て遭遇したことになります。

 実は三鷹にいた際、上りホームに201系が入ってきました。H7編成は先ほど東京へ向けて走っていったので、こちらはH4編成であることが容易に想像できましたが、そうするとこの先の中央線沿線ではこれといってネタがなさそうだったため、そのまま八王子へと一気に向かいました。ここから横浜線に乗り換えますが、改札前のコンコースにはこんなものがありました。

201_2
八王子の改札前に鎮座する201系の運転台

 201系の運転台の模型ですが、これは鉄道博物館でも見かけましたね。方向幕も変えることが出来るようになっていて、今回は「中央特快 豊田」の種別幕が出ていました。

 そろそろ、先ほど三鷹まで乗車したT39編成が到着する時間でしたが、横浜線の列車の発車が到着の1分前とのことなので果たして乗れるかどうか心配でしたが、横浜線ホームへ向かう跨線橋の上から手早く撮影し、横浜線の列車に乗りました。

E233_hachioji0908
T39編成をお出迎え(八王子:'09年8月22日)

 列車は橋本で見送り、ここから相模線に乗り換えます。6月から始まった「横浜・神奈川デスティネーションキャンペーン」もいよいよ大詰めですが、横浜支社管内を走る各路線に取り付けられたヘッドマークのうち、まだ相模線のものが撮影していませんでしたので、今回はそれを目当てにここまでやってきた次第です。

 ホームにはすでに4両編成の205系が停まっていましたが、残念ながらこれにはお目当てのヘッドマークはありませんでした。仕方がないのでひとまずこれに乗って様子を見ようと思いましたが、まだ発車まで時間があったので、ホームで横浜線の様子を見ていたら、開業100周年のヘッドマーク付き編成がやってきました。

205
横浜線開業100周年ヘッドマーク付き205系H21編成(橋本:'09年8月22日)

 こちらも出してから1年が過ぎたんですね。出て最初の頃は沿線にギャラリーの姿を多く見かけたものですが、最近はあまり話題に上がらなくなりました。

 出発直前、橋本着の相模線の列車が接近してきましたが、その様子を見ていたら何と先頭にお目当てのヘッドマークが付いていました。これはもちろん乗りたいところ。ちょうど発車寸前でしたが、慌てて列車から降りました。

205_2
「横浜・神奈川デスティネーションキャンペーン」ヘッドマークをつけた相模線205系R2編成(橋本:'09年8月22日)

 デザインは南武線や鶴見線で出ているものと同じでした。

 相模線茅ヶ崎行きはゆっくり橋本を発車していきました。相模線に乗るのは何時以来でしょうか?普段は4両編成の205系1形式が行ったり来たりする路線であまり話題が多いほうではありませんが、一部木造の駅舎が残っているようなので、一度これらの駅を見に訪ね歩きたいところです。

 こうして終点の茅ヶ崎に到着。ここから東海道本線で一気に川崎へと向かいますが、やってきたのはE217系。東海道線全通120周年ヘッドマーク付きです。

E217_chigasaki0908
東海道線全通120周年ヘッドマークをつけたE217系・F53編成(茅ヶ崎:'09年8月22日)

 途中、横浜を発車した直後に京浜東北線のホームに209系500番台“ウラ80編成”がやってきました。このまま行けば川崎で見ることが出来そうだったので、川崎到着後にお出迎えしました。

209
わずか1編成の”ウラ80”209系500番台(川崎:'09年8月22日)

 川崎駅構内にあった立ち食い屋で夕食を済ませた後、京浜東北線で大井町へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.22

今日の宮原(8/22)~双頭連結器

 今朝、家の外に出てみたら、路面が濡れていました。明け方に雨が降ったようでしたが、幸い雨は上がってくれたので、撮影には支障はありませんでした。

 しかし、その分暗かったですねbearing。能登まではうまい具合に撮影できず、しょぼい絵になってしまいました。ちなみに今日は489系のTDL臨が抜けていきましたが、こちらは何とかぶれずに撮ることができました。でも、構図が・・・。

 そんな絵ですが、一応載せておきます。

Type489_miyahara0908221
能登は失敗でした・・・weep

Type489_miyahara0908222
TDL臨の方はまずまずも、構図が今ひとつbearing

 続いて北陸です。双頭連結器装備の1031号機が担当でした。

Ef6410310908225
双頭連結器装備1031号機が先頭でした

Type14_miyahara090822_2
後追いも狙ってみました

 その後はしばらくE231系を冷やかし、6時20分過ぎ、あけぼのがやってまいりました。

Ef641030090822
双頭連結器装備の1030号機に揺られ上京

 北陸・あけぼの共、双頭連結器を持ったカマが活躍しましたね。ペアでそれぞれを受け持つ機会はそう多くはないでしょうから、今日は貴重なシーンを見ることが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/18】三陸夫婦旅その8~新幹線の車内で味わったもの

 いよいよ旅の締めくくり。盛岡19時41分発はやて30号で帰路に付きます。この列車は盛岡を発車すると大宮までの間は仙台に停車するだけで、2時間ちょうどで到着します。それにしても在来線の特急時代だと丸々1日がかりだったことを考えると、隔世の感がありますね。

E224-1119@盛岡
こまち号の連結を待つ「はやて30号」(盛岡:'09年7月18日)

 さて今回の旅は旅行会社のツアー商品を利用しましたが、その特典として盛岡駅で駅弁を引き換えるというのがあったので、乗車前に売店で手に入れておきました。ただ時間が遅かったので全く残っていなかったとかだと不安でしたね。幸い弁当の方は在庫があったので何もなしということはありませんでしたが、「前沢牛めし」と「鮭といくらの親子めし」というものを手に入れました。

Photo

Photo_2
(いずれも)この日の晩御飯(上:前沢牛めし・下:鮭といくらの親子めし)

 私は鮭の方をチョイスしましたが、家内の前沢牛も一口貰ってみました。味そのものは決して悪くはないですけど、うーん、やはり本格的に食べたいですねぇ。でもそれなりにするでしょうが・・・。

 また、食後はこんなものをおつまみにいたしました。

Photo_3
三陸鉄道宮古駅で売っていたほやの燻製。「ありす」文字が・・・heart

 三陸鉄道宮古駅で手に入れたほやの燻製です。「ありす」はもちろん・・・ですねwink

 こうして2日間の三陸の旅も無事に終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

段落ち

段落ち
ちょうどこれが入って来たので、1本落としました。まだ橋本にいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
橋本にきています。相模線で茅ヶ崎に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.21

今日の宮原(8/21)~茶ガマは来ず

Ef641052090821

 3日連続で1052号機です。茶ガマがどうなっているのかが気がかりですが、ここは見守るかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/18】三陸夫婦旅その7~快速さんりくトレイン北山崎号に乗る

 三陸の旅の続きです。琥珀ロマン号で久慈駅前に到着した我々はすぐに改札を抜けて三陸鉄道のホームへと向かいます。この後は15時8分発の盛岡行き臨時快速「さんりくトレイン北山崎号」に乗り込みます。この列車は盛岡と久慈の区間、週末を中心に運転される臨時列車で、今や貴重となったキハ58系を種車として作られたジョイフルトレイン「Kenji」が使われています。

 ホームへ通じる跨線橋から3両編成のグリーンの車体を見ることが出来ました。運転台の後ろに展望スペースがあり、景色を楽しむには持ってこいの車両ですが、キハ58系を改造した車両ということで、ところどころキハ58系の面影が残っています。キハ58系も定期運用ではJR西日本高山本線に残るのみとなっていて、JR東日本ではこのKenjiのようなジョイフルトレインでなければ乗れなくなってしまいました。つい十数年前までは当たり前に見ることができた車両ですが、これも時代の流れといったところなんでしょうか?

Kiha58_kuji0907
出発を待つジョイフルトレイン「Kenji」(久慈:'09年7月18日)

 快速さんりくトレイン北山崎号は定刻の15時8分、久慈を後にしました。宮古までは三陸鉄道の線路を走りますが、宮古からはJR山田線に入り指定席が設定されます。今回は宮古からの指定券を事前に手配していましたが、久慈では幸いにも指定された座席に誰もいなかったので、そこに座って一息つきました。

 来るときと同様、安家川橋梁は周辺の観光案内のアナウンスをしながらゆっくりと徐行して進みました。しかし昼間から降り続く雨は相変わらず降り続いていて、窓ガラスに雨が叩きつけるほどでした。

Photo_4
さんりくトレイン北山崎号で安家川を渡る

 久慈を出たときは車内に団体客の一団が乗っていましたが、島越で降りてしまったため、車内は静かになってしまいました。車窓もトンネルを出ては入りの繰り返しなので、どこか単調でしたね。

 こうして16時44分、宮古に到着。ここで進行方向が変わり、我々が乗った最後部が今度は先頭となりました。ここから数人の乗客が乗り込んできましたが、久慈から通しで乗ってきたのは我々だけだったようですね。

58110
キハ110系とのツーショット(宮古:'09年7月18日)

 11分の停車の後、16時55分に発車。茂市までは沿線に民家が見受けられたものの、ここを過ぎると一気に山奥深くへと入ってきました。それにしても山田線の車窓は何とも単調ですね。これは前日宮古へ向かう列車の車内でも感じましたけど、民家がほとんどなく、山の木々の中を延々走っているので、そう感じてしまうのでしょうね。

 徐々に暗くなっていき、盛岡市内にある上米内を過ぎた辺りから次第に建物が見えてきました。こうして19時1分、終点の盛岡に到着しました。

58
終着に到着。4時間の行程でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/18】三陸夫婦旅その6~周遊観光バス「琥珀ロマン号」でミニトリップ

 三陸の旅からはや一ヶ月が過ぎてしまいましたcoldsweats01。毎度のことではありますが、記憶がなくならないうちに書き残しておくとします。

 まだ昼食を摂っていなかったので、まずは駅前を中心に市内をブラブラすることに。10分ほど行ったところに「やませ土風館」という名前の道の駅があり、その中に食事処があったので、そこで食べることにしました。家内はアナゴの天丼を、自分は短角牛のハンバーグを注文しましたが、前日は海の幸一色だったので、一層おいしく食べられましたねrestaurant

Photo
道の駅の食事処で食べたハンバーグ

 こうして腹を満たし、再び駅へと戻ってまいりました。この後は久慈市内を周遊するバスに乗り込みます。「琥珀ロマン号」と名づけられた周遊観光バスですが、コースが2つあり、一つは琥珀博物館を巡るコースでもう一つは小袖海岸を回るコースでした。そのうち、小袖海岸を回るコースの所要時間が1時間ほどで、この後乗車する予定の盛岡行き臨時快速列車「さんりくトレイン北山崎号」にちょうど間に合うことから、小袖海岸を回るコースにしました。

Photo_2
周遊観光バス「琥珀ロマン号」に乗って小袖海岸へ

 バスの運転手さんから乗車券を買います。一人1000円で1日乗り降りできるようになっていますが、今回はこのバスに乗ってそのまま久慈駅へ戻ってくるのでちょっともったいなかったですね。そんな中、我々ともう一組の夫婦を乗せて久慈駅を出発しました。

 三陸鉄道のガード下をくぐりしばらくすると海岸線が現れ、それに沿って走り出します。次第に岩肌が露出した荒々しい磯が見えてきましたが、この一体が小袖海岸で、三陸らしい海岸線ですね。

Photo_3
荒々しい岩肌が続く小袖海岸

 こうして琥珀ロマン号は海女センターに到着しました。ここで20分ほど停車するので、周囲を見て回ることにしました。文字通りここは海女の実演を見ることができる施設ですが、この日は雨がひどい上にちょうど実演が終わったところだったため、何も見ることができませんでしたweep

 結局待合室にあった水槽の中の魚を見ながら時間が過ぎ、再びバスに乗り込みました。来た道を戻りながら午後3時前、久慈駅へと戻ってまいりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.20

今日の宮原(8/20)~15分遅れ

Ef641052090820

 今朝は15分ほどの遅れでやってきました。何でも、本来牽引するはずだった”茶ガマ”こと37号機に不具合があったようで、機能に続いて1052号機が先頭に立ちました。

 度重なる不具合で今後が心配な37号機です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

購入

購入
ペンギンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.19

今日の宮原(8/19)~8月も後半戦

Ef641052_miyahara090819

 やっと夏らしい陽気になってきたかと思ったら、もう8月も後半戦なんですね。これを過ぎれば9月。一気に秋の気配を感じるようになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/16】Tobu Bombo Kids キャラクターヘッドマーク列車に出会う

 16日の続きです。東京駅から京葉線に乗り換え、一路蘇我へ。数日前、銚子に行く途中に立ち寄ったばかりでしたが、この日も湘南色の113系目当てでやってきたものの、来るのはスカ色ばかり。結局この日も出会うことが出来ませんでしたweep

113
今回も湘南カラーには遭えず・・・

 気を取り直して千葉駅の構内でランチを済ませ、一気に南越谷までやってまいりました。ここからは東武伊勢崎線に乗り換えます。

 東武沿線に来たのは、10日から取り付けられるようになった東武キッズサイトのキャラクターである「Tobu Bombo Kids」のキャラクターが描かれたヘッドマーク付き列車に遭うためでした。次の列車は急行ということで待っていたら、ピカピカの真新しい50050系51067Fが入ってきました。ずいぶん綺麗な車体だと思っていたらそれもそのはず、先月末に入線したばかりの車両でした。

51067
車体がピカピカな50050系51067F(越谷:'09年8月16日)

 そんな新車に揺られ、せんげん台で待ち合わせていた区間準急に乗り換えて一ノ割へ。駅から歩いて5分くらいのところにある線路脇の撮影地へとやってまいりました。さまざまな車両を撮影しているうち、下り線に50050系が近づいてきましたが、先頭には可愛らしいキャラクターが描かれたヘッドマークをつけていました。これがまさに探していた51063Fでした。

Tobu50050_ichinowari09082
子供向けキャラクターがデザインされたヘッドマークをつけて走り去る50050系51063F(一ノ割・春日部間:'09年8月16日)

 しかし下り線ということもあって、イマイチな絵になってしまいましたねcoldsweats01。デジカメのプレビューを見ていたら、行先表示のところに「久喜」の文字が記されていたため、しばらく待てば折り返しで戻ってくるだろうと思い、別の場所で待ち構えることにしました。

50050
折り返し戻ってきた51067F(一ノ割・春日部間:'09年8月16日)

 野田線のオーバーを潜った先にあった小さい踏切の手前で狙います。夕方だと光線具合の関係から後追いとなってしまうものの、下りも何とか撮影できる状態だったので何本か待っていたら、東急8500系「伊豆のなつ号」がやってきました。実は8月頭に東武博物館を訪問した際にも見かけてはいましたが、その後残念ながら再開をすることができませんでした。

8500
夏らしさを感じさせる「伊豆のなつ号」東急8500系(一ノ割・春日部間:'09年8月16日)

 こうしてまたしばらく待っていると、いよいよ先ほどの51063Fが戻ってきました。両端でデザインが異なっていて、こちら久喜寄りのものは赤地になっています。

50050_2
再び出会うことができました(一ノ割・春日部間:'09年8月16日)

 それにしても今回思ったのは、伊勢崎線上で8000系に一度しか遭わなかったことですね。この一度はせんげん台へ来る途中にそれ違ったところを見たので今回は撮影が出来なかったわけですが、廃車も徐々に出ているとの情報もあるので、そろそろ狙いに行かないといけなくなりそうですね。8000系自体は大宮駅で停車中の野田線の編成はいつも見ているんですがね。

 さて野田線に乗るんで春日部駅にやってくると、伊勢崎線上りホームの売店の脇に、今月29日から発売される鉄道むすめ限定版「栗橋あかな」の貼紙がありました。この日は西武沿線でも限定版が出るとのことで、同日に南入曽で開催される西武のイベントと併せて買いにいく予定です。

Kurihashiakanaposter_2
鉄道むすめ限定版発売のポスター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/16】中央線開業120周年ヘッドマーク付きE233系に出会う

 先日の日曜日は小ネタ探しに近場を回ってきました。大宮からホリデー快速河口湖3号で出発し、新小平で武蔵野線に乗り換えて西国分寺へとやってまいりました。まずは先頃から取り付けられるようになった中央線開業120周年ヘッドマーク付きE233系を探します。

 西国分寺から乗った列車が国分寺で特急の通過待ちをするとのことなので、とりあえずここで待ってみることにしました。その前に「スーパーあずさ」用E351系から。

E351_kokubunji09082
「スーパーあずさ」用E351系(国分寺:'09年8月16日)

 それからしばらく待つものの、なかなかお目当ての編成はやってまいりません。ヘッドマークが取り付けられているのが2編成とのことなので、そう簡単に出会えるとは思っていませんでしたが、しばらくするとこれがやってまいりました。

201
今や貴重な201系(国分寺:'09年8月16日)

 201系のH7編成です。これが来てはさすがに外すわけにはいきませんね。もちろん切り上げて乗り込みました。

 続いては総武緩行線の駅から狙うべく三鷹で201系を見送りました。西荻窪、高円寺と降りてみるも、目当てのヘッドマーク付き編成にはなかなか出会えませんでしたが、しばらくするとこんな列車がやってきました。

07006
少数派の07系(中野:'09年8月16日)

 かつて有楽町線や千代田線にいた東京メトロの07系です。あまり記憶に残っていない車両ですが、今回東西線に来てから初めて乗ることが出来ました。

 次の中野で07系を見送り再度ここで待ちますが、ここまで来ると、「今日は無理かなぁ」と半ば諦めモードに入りつつありました。そんな中、下りホームに入ってくるE233系を遠めで見ていると、先頭になにやらヘッドマークらしきものがついているのが見えました。「もしや」と思いカメラのファインダーで覗いたら、まさにお目当てのヘッドマークでありました。

E233_nakano0908
中央線開業120周年ヘッドマークを付けたE233系T11編成(中野:'09年8月16日)

Chuoline120yearhm
ヘッドマークを拡大したところ

 こうして中央線内での目的を果たし、一気に東京へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.18

今日の宮原(8/18)~今日は茶ガマ

Ef6437_miyahara090818

 今朝のあけぼのは"茶ガマ”こと37号機担当でした。最近はトラブルもないようで安定した走りを見せていますがね。このまま元気にあけぼのの前に立っていてくれることを願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/10】ツーデーパスの旅その4~土砂降りの銚子行き

 1週間が過ぎてしまいましたがcoldsweats01、ツーデーパス2日目となった10日は銚子へ行ってまいりました。ところがこの日は台風9号が関東地方に接近していた関係で、千葉のみならず関東全域で大雨との予報でした。本当だったら取り止めにしたいところなんですけど、ツーデーパスを持っている以上、何としても銚子には行かないといけなかったため決行となりました。まあ、釣りをするわけではないし、一番の目的が天気に左右されるものではないので、後は交通機関が動いてくれさえすればとの思いでした。

 前日と同じ時間に家を出発。この時点では雨はまだ小降りでしたが、日進駅からスタートしました。列車を何本も乗り継ぎ、6時半過ぎに千葉へ到着。駅構内で朝食を済ませ、蘇我方面行きの乗り場へ向かいました。実は6月に登場した湘南色の113系を見るのが目的だったんですが、やってきた6時57分発館山行き135Mはスカ色でした。何分1本しかないですから、そううまい具合には遭遇しませんね。

Kuha1111605_soga0908
千葉エリアではいまだ健在の113系(蘇我・'09年8月10日)

 とりあえずはこれで蘇我まで行き、しばらく待ってから後続の7時19分発勝浦行き233Mを待ちました。こちらも期待したんですが、残念ながらこれもスカ色。結局、大網で乗り換えた東金線もスカ色113系で、終点の成東に到着。ここから8時9分発銚子行き329Mに乗り換えました。

 この329Mは去年12月に銚子を訪れたときに乗ったのと同じですね。途中、松尾で255系特急しおさい6号と、八日市場で211系使用の千葉行き336Mと交換しました。

 こうして9時15分頃、数分遅れで銚子に到着しました。一旦改札を出てから券売機で犬吠までの乗車券を手持ちのオレンジカードで購入。ここの券売機はオレンジカードで銚子電鉄の乗車券を買うことが出来ますが、今回は犬吠駅だけ下車するので、乗車券をその都度買っていくことにしました。なお、弧廻手形などの企画乗車券は窓口では買えず、銚子電鉄の車内で買うことになります。

 銚子に来てから雨脚が強くなり、外にいると雨粒が体に当たり濡れてしまいましたが、そんな中銚子電鉄の乗り場へと向かい電車を待ちます。9時半過ぎ、1両の電車が到着しました。この車両は漫画「鉄子の旅」の原作者である菊池直恵氏が考案した塗装を纏ったデハ1002号で、去年12月に訪ねたときは仲ノ町の車庫で停まっていて乗ることが出来ませんでした。

1002
「鉄子の旅」カラーのデハ1002号(銚子・'09年8月10日)

Choshinotabiseal
「鉄子の旅」ならぬ「銚子の旅」ステッカーが車内に貼ってありました

 9時40分、大雨の中を外川へ向けて出発しました。「鉄子の旅」ならぬ「銚子の旅」と書かれたステッカーや天井の壁に貼ってあった漫画「鉄子の旅」の漫画を見ながら車内で過ごしましたが、次第に雨脚も激しさを増してきたもので、無事犬吠までたどり着けるのかどうか心配でした。犬吠の一つ手前、君ヶ浜では発車した途端止まりかけたもんで、このときは目的地を目の前に行けなくなったらと思うと気が気ではありませんでした。それでも何とか犬吠に到着。女性の駅員さんが出迎えてくれました。

 まずは目的のスタンプを押印します。そう、広島、久慈と押してきたコミック「鉄道むすめ~Terminal Memory~」発売記念スタンプキャンペーンの最後の一個、外川つくしのスタンプです。これで3個全てを無事完集いたしました。

Photo
スタンプキャンペーン3個目となった犬吠駅

 天気がよければ歩いて外川まで移動するんですが、あまりの大雨で外へ出ることもままならず、結局そのまま引き返すことにしました。その前に、去年12月のときに笠上黒生や仲ノ町の駅前で見かけたしあわせ三像のうちの一体「貧乏がイヌ像」にご挨拶してから電車に乗り込みました。

Photo_2
犬吠駅前に鎮座するしあわせ三像の一「貧乏がイヌ像」

1001
桃太郎電鉄のキャラクターがラッピングされたデハ1001号(銚子・'09年8月10日)

 桃太郎電鉄のキャラクターがラッピングされたデハ1001号に乗って銚子へと戻ってみると、改札付近にはJR各線で遅れや運転見合わせの情報が貼り出されていました。この日は1日雨が降り続くという予報でしたし、この後どんな状況になるのか全くわかりませんでしたので、成り行きに任せて千葉方面へと帰ることにいたしました。しかし次の千葉行きは成田線経由で12時8分発と1時間以上もありましたので、少し早めではあったものの駅前の食堂で昼食を摂ることに。銚子に来たという事でイワシの定食をいただいてから再び駅へと戻りました。

 その千葉行きも5分ほど遅れて銚子を発車。途中、郵便局に寄るため佐原で下車し、雨の中、歩いて10分ほどの郵便局で用事を済ませてから再び佐原駅に戻ってきました。駅では銚子方面へ向かう列車を待つ乗客で混雑していて、しかも千葉方面もしばらく来ないとのこと。仕方なく待合室で待ち続けているうちに銚子行きが来て、先ほどまでごった返していた駅構内が一気に大人しくなりました。結局、それから10分ほどして千葉行きが到着。そのまま千葉まで乗り通しました。

 そんなわけで、2日目は何とも消化不良な旅となってしまいましたが、これも悪天候では仕方がないですね。その点では自由度が高い青春18きっぷの方が軍配が上がりますが、それがなければフリー区間が広い上に他社の路線も利用できるので、使いようによってはかなりオトクなきっぷと言えるでしょう。9月の5連休の時も発売されるとのことですが、10月以降の発売があるかどうか注目したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.17

今日の宮原(8/17)~お盆明け

Ef641052090817

 お盆明けの月曜日、今日からまた普段通りの生活となりますが、先週1週間いつも通り仕事をしていたので、全く関係ありませんcoldsweats01。その代わりに来月早々休みを取ることになっていますが、それについては追々書いてまいります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.16

今日の宮原(8/16)~あけぼの30分遅れ

 今朝は6時くらいまでは雲に覆われて薄暗かったですが、次第にその雲も取れて7時を過ぎる頃にはすっかり青空が広がりました。おかげで日中は気温も上がって厚い1日となりましたが・・・coldsweats01

 さて今朝ですが、いつも能登の前を走る貨物が今日は来ませんでした。よって今日は能登からスタートです。

Type489_miyahara090816

 ライトが結構明るかったのでどうなるかと思いましたが、何とか見せることが出来るくらいには撮れました。

 続いては北陸です。

Ef6410310908164

 今朝は双頭連結器装備の1031号機が担当でした。

 この後はあけぼのですが、いつもの時間になっても現れません。どうやら遅れているようで、そのまましばし待つことに。やがて7時前、ようやくあけぼのが現れました。

Ef6437090816

 これで朝はおしまい。一旦帰宅後、7時半過ぎに再び家を出て宮原駅へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/9】ツーデーパスの旅その3~富士登山電車に乗る

 ツーデーパスの旅からもう1週間が経っているんですねぇcoldsweats01。そろそろ書いておかなきゃと思いつつもなかなか更新が進まない状況であります(いつものことですが)。

 さて寿駅から河口湖へ移動しますが、次の列車は14時1分発ですが、前日8日から運転を開始した富士登山電車3号であります。今年で開業80周年を迎えた富士急行ですが、それに併せてさまざまなイベントが行われ、1000形をかつての塗装にリバイバルするなど見どころが盛りだくさんです。そして今月8日からは水戸岡悦治氏のデザインによる「富士登山電車」という観光列車の運行を開始しました。

 寿駅にさび朱色の1000形車両が入ってきました。先ほど三つ峠と寿の間で撮影したときに見ていますが、間近で見るとなかなかおしゃれですねhappy01。さっそく車内へと入りますが、もちろん乗るのは前方の水戸岡デザインの車両です。

Fujikyu1205
いよいよ乗車です(寿:'09年8月9日)

 2両目に比べ先頭車の方は乗客が少なかったのでそちらへ行ってみたら、後ろから車掌さんがやってきて、こちらは着席券が別途200円かかるとのことでした。なるほど、道理で乗客が少ないなぁと思いましたが、あのお洒落な車内に入るとそのままいたいところ。幸い空いているとのことなので、着席券を支払ってこちらの車両にそのまま乗り続けました。

 さて車内の様子ですが、何といっても目立つのが車両の真ん中にある展望シートですね。ここに座れば後ろを振り返ることなく車窓を楽しむことが出来ますが、やはりここから見えるものといえばやはり富士山でしょう。しかしこの日は午後から雲が広がっていて、富士山の様子を見ることが出来ませんでした。

Fujitozandenshainn1
1号車の展望シート。ここから見る富士山は格別でしょうね。

 その展望シートの反対には本棚が設置されていました。本棚のある車両というのも今まで見たことがありませんが、車内で退屈したときとかに利用できるようにとのことでしょうかね?ちなみに書棚には富士山関連の本に混じって水戸岡氏絡みの書籍や果ては一世を風靡した映画の原作本まであったのにはちょっと苦笑いでしたcoldsweats01

Fujitozandenshainn2
展望シートの反対側には書棚がありました

Photo
こんな本までありましたcoldsweats01

 車内も木目を強調した落ち着いた雰囲気になっていましたが、これは九州新幹線800系でも同じような内装が施されていましたね。水戸岡氏の本領発揮といったところでしょうか。

Photo_2
木目の温かみが強調された車内

 似たような車両と言えば、先般引退をした四季彩を思い出しますね。一時は富士急が購入するのではと思ったこともありましたが、やはり新たに車両を購入するとなると莫大な費用が発生することから、既存車両の改造で対応することにしましたね。しかし個人的には車両デザインのエキスパートによるリニューアルの方を支持しますね。今回は残念ながら富士山を見ることが出来ませんでしたが、次回こそはこの車両に乗って富士山を堪能したいところです。

1200
終点河口湖に到着

 関連記事
  ・Kaz-T様

| | コメント (0) | トラックバック (1)

51067F

51067F
確か最近入線した新車でしたっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レアな車

レアな車
今日はいろいろネタ探しに近場を回ってます。国分寺からこいつに乗って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.15

今日の宮原(8/15)~カラッとした晴れ

 久しぶりに1日好天に恵まれました。日中はそれなりには暑かったですが、風があったせいか凌ぎ易い1日でしたね。これくらいの気候が続けばいいですけど、果たして明日は・・・。

 それではさっそく参りたいと思います。例によって能登の前の貨物からと行きたいところでしたが、露出の調整がうまくいかず失敗でしたbearing。ちなみに今朝は65の単機で通過していきました。

 続いて能登ですが、こちらも実は失敗でしたweep。そこで思いっきりトリミングした絵で紹介します。

Type489_miyahara090815
トリミング画像ですcoldsweats01

 今日は臨時列車もなく、5時50分前後に北陸がやってきました。

Ef641051090815
今朝の北陸は1051号機担当でした

 この後はあけぼのまでしばし休憩。211系やE231系と言った通勤車両を練習がてら撮影し、いよいよあけぼのの登場です。

Ef641052090815
上野を目指す寝台特急あけぼの

 さて今日はこれでおしまいではありません。7時20分前後に大宮車両センターから出場した183系が通過していきました。これは日中運転された臨時特急水上98号の送り込みです。

1830908152
臨時特急の送り込みで183系が使用されました

 日中、再び現場を訪れ、昼過ぎに通過する臨時特急草津98号を撮影しました。

1830908155_2
特製のヘッドマークが付く臨時特急

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【8/9】ツーデーパスの旅その2~三つ峠・寿間で撮り鉄

 鳥沢8時21分発河口湖行き1453Mに乗り込みました。使用されているのは豊田車両センター所属のスカ色115系で、6両編成のうち前3両が河口湖行きで後ろ3両が大月止まりとなっています。そのため大月に到着後、後ろ3両が切り離され、3両の短い編成で富士急行線内へと入ってまいりました。前の記事でも書いたとおり今回はツーデーパスを利用しているため、きっぷを新たに買う必要がないのがありがたいですが、中にはSuicaやPASMOで入場してそのまま乗り続けている人もいるようで、改札口で精算に追われる乗客の姿を度々見かけます。

115304
富士急線内に乗り入れている115系(三つ峠:'09.8.15)

 こうして9時6分、三つ峠駅に到着。私はここで下車しました。ここからは隣の寿駅まで歩いての移動ですが、この区間は逆コースながら去年2月にも来ているので、周囲の様子とかは概ね記憶していました。駅から歩いて15分ほど、線路が見渡せる田園地帯が見えてきました。このあたり一帯が富士急線内有数の撮影地となっていて、すでにカメラを持っているギャラリーの姿を数人見かけました。とりあえず私も田んぼ脇の一角に腰を落ちつけ撮影にかかりました。

120011

1200
(いずれも)三つ峠・寿間での様子

 そんな中、前日から運転を開始した富士登山電車がやってきました。これはJR九州などの車両のデザインを手がけた水戸岡悦治氏によるもので、車内もなかなか凝った造りになっているそうですが、そちらについてはこの後実際に乗車していますので、後ほどご報告します。

 それにしてもここはいろいろな場所から列車の走行する風景が撮れるので、1日いても飽きませんね。この後、いろいろと場所を変えて撮影してみましたが、あいにくこの日は雲が多かったため、富士山を見ることが出来なかったのが残念でしたね。特に寿寄りにある踏切付近から富士山をバックに富士急行線の列車の様子を撮影できるスポットがあるんですが、厚い雲に覆われ、富士山の姿を全く見ることが出来ませんでした。

115_3

Type189_mitsutoge09081

189

1200_2

2000_2

2000_3
(いずれも)三つ峠・寿間での成果

 途中、寿駅に近いところにある吉田のうどんの店で昼を食べた後、今度は寿駅近くの高台から撮影してみました。ここもネットで知ったところですが、やや急な坂道を少し登っただけで大きくカーブする線路の様子を見ることが出来、なかなか面白いところですね。

120010

2000_4
(いずれも)寿駅近くの高台から撮影したところ

 ここで1時間ほど粘り、寿駅へとやってきました。すると13時51分発上り大月行きには「トーマスランド号」5000形が使用されていました。

5000
きかんしゃトーマスのラッピングが施された5000形(寿:'09年8月8日)

 これを見送った後、いよいよこの後は14時1分発の富士登山電車に乗り込みますが、この続きは次回書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/9】ツーデーパスの旅その1~鳥沢鉄橋で撮り鉄

 ここまで三陸の旅をずっと書いてきましたが、ここで一旦お休みして、先週の日曜と月曜の2日間で出かけたことについて書いてまいります。タイトルにもあるとおり、この2日間は今年から発売を開始したツーデーパスを利用してきました。このきっぷは大人が2日間で5,000円となっていて、1日あたりの値段が2,500円とホリデーパスや青春18きっぷの1日分に比べると若干お高くなっていますが、ホリデーパスには含まれていない磐越西線や小海線、それに房総半島の路線が含まれているばかりでなく、鹿島臨海鉄道や富士急行線、それに金谷と久里浜を結ぶ東京湾フェリーといったJR以外の路線もフリー区間に含まれているのが特徴です。さらに特急券を買えば乗車券としても利用できるので、フリーエリア内に目的地があれば使い勝手がよさそうですね。

 そんなわけで、今回は初日に富士急行線、2日目に銚子電鉄を訪ねてきました。

 9日、日進を5時前の埼京線でスタート。武蔵浦和で武蔵野線に乗り換えて西国分寺へとやってくると、反対側の東京方面行きホームをN’EXが通過していきました。中央線内でN’EXを見るのはこれが初めてです。

Type253_nishikokubunji0908
中央線を走行する成田エクスプレス(西国分寺:'09.8.9)

 後続の中央線に乗って終点の高尾に到着。北側の留置線には201系が停まっていました。ここまで来る途中、立川駅を出てすぐに201系とそれ違ったので、今日はもう見ることが出来ないと諦めていましたが、ここで休んでいたんですね。幸い次の6時42分発松本行きまで少し時間があったので、手早く撮ってから乗り場へと急ぎました。

201e233
高尾で見かけた201系

 この後の予定は比較的余裕があったのでどこかで下車して撮り鉄をしたいと思っていましたが、鳥沢駅から大月寄りへ行ったところにある鳥沢鉄橋を渡るシーンが撮影できるところがあると知り、鳥沢駅で途中下車しました。2年前に訪ねた鳥沢郵便局の先にある小さな信号機の所を左折すると突き当たりに神社が見えてくるので、それを見ながら細い道を歩き続け、中央線の歩道橋を越えて右に曲がり線路伝いに歩くと目指す場所がありました。

 確かにここから撮影されたと思われる画像をあちこちで見かけますが、長い鉄橋が目の前に広がるなかなか景色がいいところですね。最初は細い歩道の脇から狙い、最後に背後の高台に上がって撮影して見ましたが、個人的には後者の方が長い鉄橋を俯瞰するような景色になるので、きれいに撮れますね。

E233

115

115_2

351

E257
(いずれも)鳥沢鉄橋を渡る中央線の列車

 8時過ぎまで粘った後、21分発の河口湖行きに乗るため、再び鳥沢駅へと戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/18】三陸夫婦旅その5~三陸鉄道

 11時過ぎ、JRの駅に隣接する三陸鉄道の宮古駅にやってまいりました。すると入口の上には「宮古駅」の駅名と並んで名の知れた住宅メーカーの名前が記されていました。これは経営が苦しい三陸鉄道が少しでも増収に役立てようと駅名看板の命名権を募集したもので、年間30万円とのこと。こうしたネーミングライツの募集はプロ野球でも見かけますが、鉄道の駅名に企業名を入れるというのは初めてですね。

Photo
命名権募集により企業名が駅名に入った宮古駅

 さっそく窓口でこれから使用する1日フリー乗車券を手に入れました。このきっぷは大人が1枚2,000円なんですが、宮古から久慈までの片道運賃は1,800円なので、単純往復するだけで元を取ることができます。また普段は日曜祝日のみの発売ですが、10月一杯までは土曜日にも利用できます。

 これで準備が整ったので、改札が行なわれるまでの間、待合室にあった三鉄ゆかりのみやげ物コーナーを見ながら暇つぶししました。ここには三陸の特産品をはじめ三陸鉄道関連のグッズが所狭しと並んでいましたが、やはり一番は「久慈ありす」ですね。鉄むすフィギュアやキャラソンのCDもあり増収に一役買っていますが、ここはこちらも増収に協力すべくcoldsweats01、すでに購入済みではありましたが、久慈ありすのフィギュアを一体買い求めました。

 そんな中、待合室の壁には久慈ありすとVol.8のキャラクターである釜石まなが描かれた巨大なポスターもありました。このポスターは発売されていることは公式サイトなどで知ってはいましたが、何分持ち運びに不便な上、2枚1セットで3000円と結構なお値段がすることと、自宅に張るスペースがないことから断念といたしました。

Photo_2
鉄道むすめの三鉄キャラである久慈ありすと釜石まな

 発車間近になったので改札が始まりホームへ。しかし乗り場はすぐ目の前ではなく、JRのホームへと案内されました。次の11時18分発久慈行きは南リアス線の盛が始発で、釜石からはJR山田線に入り宮古へとやってまいります。やがて釜石方面から三陸鉄道の3両編成のディーゼルカーがこちらに近づいてまいりました。

36101
山田線からやってきた三陸鉄道のディーゼルカー

 3両編成とはいっても、最後部1両は回送扱いで、真ん中の車両はリクライニングシートを装備していました。我々はこの真ん中の車両に乗り込み、ゆったりと三陸鉄道の汽車旅を楽しむことといたしました。

 宮古を出た列車はしばらくすると山田線から離れ右に大きくカーブします。この三陸鉄道の大きな特徴はやたらトンネルが多いことですね。海岸線も途中の田野畑あたりまで行かないと見ることが出来ず、しばらくはトンネルに入ったり出たりを繰り返します。

 やがて三陸の景勝地の一つである北山崎の最寄り駅である島越を過ぎた辺りで海岸線が現れ、安家川にかかる大きな橋を渡ります。この川は鮭が遡上する川だそうで、その旨が車内放送で紹介されていました。

Photo_3
安家川鉄橋から海岸線を望む

 列車は久慈へ向けて快適に走行していましたが、野田玉川という無人駅に到着しました。実はこの駅は過去に2度降りたことがありまして、駅から歩いて10分くらいのところにあった野田ユースホステルに宿泊するためでした。元々学校の校舎だった建物をユースホステルとして利用した施設でしたが、8月にも関わらず夜になると寒くて寝るのもつらかったのを記憶しています。しかしそのユースホステルもずいぶん前になくなってしまったようで、当時と変わっていない対面式の無人駅がそのときのことを思い出させてくれました。

 こうして列車は12時44分、終点の久慈駅に到着しました。この駅は'90年に周遊券で旅した際、八戸線からすぐ三陸鉄道に乗り換えてしまったため、駅周辺の様子は全く記憶がありませんが、一つ残念だったのが当時JRでも健在だった硬券入場券がたまたま売り切れで買えなかったことでした。その代わりに隣の駅までの硬券乗車券があったのでそれを記念にしましたが、そのことが今も心残りですね。

Jr
久慈駅。こちらはJRが管理しています。

Sanriku36100_kuji0907
三陸鉄道を代表する36-100形ディーゼルカー

36600
さんりくしおさい”の愛称を持つ36-600形

 まずは窓口で久慈ありすのイラストが入った絵馬の格好をした記念乗車券を買い、続いて以前紹介したコミック「鉄道むすめ~Terminal Memory~」発売記念スタンプキャンペーンのスタンプを押印しました。

Tetsumusuposter_kuji
広電に続き2個目のスタンプを押しました

Photo_4
窓口にはこんな色紙が・・・

 この後は、2時から久慈市内の名所を巡る「琥珀ロマン号」に乗車する予定ですが、長くなってきましたので、ここで一旦切ることといたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.14

今日の宮原(8/14)~平穏な1日

Ef6437_miyahara090814

 今日も朝の電車は空いていました。いつもこれだったらいいんですけどねぇ。

 そんなわけで、今日は特になにもない1日でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/18】三陸夫婦旅その4~市場とボンネットバス

 三陸の旅の2日目、朝食を済ませてから宿の送迎車に揺られて宮古駅へとやってまいりました。この日の予定は昼前の三陸鉄道で久慈へ行くことになっていたので、それまでの間まずは歩いて10分ほどのところにある魚菜市場を訪ねます。ここは文字通り、三陸で獲れた魚介類や野菜を扱うところで、中のお店の前では新鮮な魚介類が数多く並んでいました。そんな中、やはり何といっても目立ったのはホヤですね。ホヤといえば前の日の晩に宿で初めて味わいましたが、くせはあるものの酒のつまみにはピッタリですね。そんなホヤが店先に丸ごと並んでいましたが、見かけは決してスマートなものではなくグロテスクな格好なんですよね。どうやって調理するのかが今ひとつわからず、調理済みのホヤのキムチを買うことにしました。ちなみにホヤ丸ごと1個のお値段は100円前後とお手頃です。

 他にホウボウや赤い根魚(名前失念)、それにセイダカレイというカレイの仲間の切り身、そして瓶詰めのウニをお土産にしました。セイダガレイというのは今回初めて聞く名前ですが、丸ごと一匹の干物だと一匹千円越えするので結構なお値段です。

Photo
三陸の食材を買うことが出来る「魚彩市場」

 魚菜市場を後にし、再び宮古駅に戻ると、駅前に1台のボンネットバスが停まっていました。しかも式典の真っ最中で、どうやら浄土ヶ浜へ行くボンネットバスの出発式だったようです。1日後だったらボンネットバスに乗れたんですよね。ちょっと残念でしたが、しっかりとお見送りをさせていただきました。

Photo_2
宮古駅と浄土ヶ浜を結ぶボンネットバス

 さて時刻は10時を回ったところ。当初は昼過ぎの三陸鉄道に乗る予定でしたが、さすがにこの周辺で行くようなところがないので、一本前の久慈行きで行くことにいたしました。その様子については次回書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.13

今日の宮原(8/13)~お盆

Ef641052_miyahara090813_2

 世間ではお盆と言うことですが、うちの実家が今の住まいから10キロ足らずのところにあるため、週末に墓参りをする予定です。

 おかげで、今朝の列車は空いてましたね~。いつもこうだったらいいんですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/17】三陸夫婦旅グルメ編その2~ウニ、ホヤetc

 午後5時過ぎ、宮古駅前から送迎車に揺られて今宵の宿に到着しました。さっそく部屋に入り荷物を置いてから大浴場へ行って一風呂。すっかりいい気分になったところで、いよいよ食事であります。

 三陸の幸をふんだんに使った料理がテーブル一杯に並べられました。刺身はもちろん、ウニのごはんや殻つきのウニ、それに三陸の幸で忘れることができないホヤの酢の物がありましたが、特にホヤは今回初めてだったので一体どんな味なのか気になっていました。食べてみると多少のくせはあるものの、貝類に近い味でなかなかいけました。人によって好みが分かれるところでしょうけど、酒好きな人にはたまらない食感というのも頷けますね。

Photo
これが夕食

Photo_2
昼に続いてウニを食しましたhappy01

Photo_3
三陸で外せないのがホヤですね

 それにしても量の多いこと。家内はもとよりさすがの自分も最後はやや苦しくなりましたhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.12

今日の宮原(8/12)~3日ぶりあけぼの

Ef6437_miyahara090812

 今日から通常業務に復帰ですhappy01。前日は台風の影響で運休でしたが、今朝は定刻に走り抜けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/17】三陸夫婦旅その3~浄土ヶ浜

 三陸の幸を堪能した後はいよいよ三陸随一の観光地である浄土ヶ浜へと向かいます。駅前からバスに揺られ20分ほど、奥浄土ヶ浜に到着しました。ここは初めて三陸を訪れた’90年8月に来たことがありますが、このときは奥浄土ヶ浜までではなく手前のターミナルビルの展望台から海岸線を見て帰ってしまいましたcoldsweats01。バスで来る途中、このターミナルビルに見覚えがあり当時の記憶が蘇ってきましたが、当時は周遊券を使ってあちこちの路線を乗り潰すことに重きを置いていたので、こういうことになったんでしょうね。

 さっそく浄土ヶ浜散策と行きますが、この日は幸い天気にも恵まれ、快適に散策することが出来ました。話によれば前の日は暑かったそうで、それに比べるとだいぶ凌ぎやすかったですね。

Photo_2
三陸随一の名所・浄土ヶ浜

Photo_3
ウミネコに追われながら進む遊覧船

 途中、遊覧船の後を追いかけるウミネコの様子を見ながら海辺を歩き続け、先ほどバスで見たターミナルビルの展望台へ戻ってきました。近くに海岸線を一望できる高台があるとのことでその辺りへ行ってみると、小高い展望台があったので上ってみました。しかし木が高く目の前に伸びていて、海岸線の景色が見えにくくなっていました。おそらく展望台が作られた当時はまだ木もそれほど生長していなかったんでしょうね。これも致し方のないところでしょうか。

Photo_4
展望台から浄土ヶ浜を望む

 4時を回りそろそろ帰る時間となったので、再びバスに乗って宮古駅へと戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/17】三陸夫婦旅グルメ編その1~うに丼

 三陸の旅の続きです。宮古駅からバスに乗って浄土ヶ浜へ行きますが、まだ昼食が済んでいませんでしたので、駅周辺を散策することにしました。最初は宮古の寿司を食べようと思っていたんですけど、駅周辺にはそれらしい店が見当たらず再び駅に戻ってみたところ、駅前にあった「魚彩亭 すみよし」というお店の前に「うに丼1,000円」と書かれた看板がありました。1,000円のうに丼がどんなものなのか気になるところでしたし、お値段もうに丼にしては手頃でしたので、ここに入りました。

 さっそく店員さんに聞いてみたところ、1,000円だと茶碗一杯分のご飯の量とのこと。女性だとそれくらいでも十分ですが、さすがに自分はそれじゃ物足りないと思い、500円プラスしてご飯の量を多くしてもらいました。

Photo
三陸の幸その1~うに丼

 ほんと、1,000円だとご飯茶碗の量ですね。まあ大方想像は付きましたが、それでも正真正銘のうに丼には変わりはなく、三陸に来て最初の海の幸を堪能することが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.11

【7/17】三陸夫婦旅その2~山田線で宮古へ

 先月の三陸の旅もそろそろ書いていかないとと思いつつもなかなか書けていませんが、久しぶりにこのネタで書こうと思います。盛岡駅できっぷを買ってから山田線の乗り場へとやってきました。山田線に乗るのは'92年の夏に岩泉線を完乗したとき以来ですから実に17年ぶりになりますが、当時は国鉄型のキハ52形がバリバリに活躍していたときでしたね。山田線のような路線にはピッタリな車両でしたが、このキハ52系もつい2年ぐらい前まで活躍していたというのも驚きですね。今は後輩のキハ100形が活躍していますが、このキハ100形も当時出立ての頃で、それまでの国鉄型の車両とは全く雰囲気が異なり、正直面食らったのを覚えています。それでもデビューしてから20年近くが経つんですよね。

Kiha111152_morioka0907
キハ100形使用の快速リアス号(盛岡:'09年7月17日)

 11時4分、宮古行き快速リアス号は盛岡を発車。盛岡の市街地である上米内を過ぎた辺りから次第に木々が生い茂る山の中へと入ってまいりました。ローカル線らしい車窓ですが、17年前に乗ったときとほとんど変わっていないですね。まあ、今も全線を走破する列車が1日4本という路線ですので予想はついていましたが、そんな風景ばかりが延々と続くため、次第に退屈になってしまいました。

 こうした体験は10年ほど前に旅したアメリカでアムトラックに乗ったときにも感じましたね。このときはオークランドからシアトルまで「コースト・スターライト号」を利用したんですが、途中のオレゴン州の辺りに生い茂る山の中を1時間から2時間かけて走るため、似たような景色を延々と見ることになるんですね。ある意味拷問に近いものがありましたが、今回もそれに近いものがありましたね。

 やがて列車は茂市駅に到着しました。ここは岩泉線の乗換駅ですが、'92年のときはここで降りて岩泉線を完乗しました。今も茂市と岩泉の間を走破するのはわずかに3本だけと相変わらずの閑散路線ですね。

 こうして13時3分、終点の宮古に到着しました。久しぶりに来ましたが、味のある駅舎は今も変わっていないようですね。

Miyakosta
昔と変わらぬ佇まいの宮古駅

 さて、まだランチを食べていませんのでどこかで食べることとしますが、それについては別の記事で改めてご紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/8】ポートトレイン横濱@蓮田

 6月からスタートした「横浜・神奈川デスティネーションキャンペーン」に併せ、首都圏の各路線から横浜を結ぶ臨時列車「ポートトレイン横濱」が運転されていますが、先週末は宇都宮発着の列車が運転されました。そこで先週の土曜日、その様子を見に行ってまいりました。

 この日はあいづの運転がないので、少しゆっくり目に蓮田駅に到着。ちょうど特急日光1号が来る時間なので、いつもの踏切でまずは手始めの1枚です。

Type485_hasuda09081
まずは手始めの1枚

 これでいつもの線路脇へとやってまいりました。今回は先客がいらっしゃったので、先にある踏切の少し手前に陣を構えました。ガードレールがファインダーの右側にどうしてもかかってしまうという難点がありましたので、それを交わしながらまず手始めにE231系で肩慣らしをした後、いよいよ目当ての列車がやってくる時間です。

 8時40分少し前、蓮田駅を発車したポートトレイン横濱号が近づいてきました。

Type485_hasuda09082
快速ポートトレイン横濱号(東大宮・蓮田間:'09年8月8日)

 今回使用されたのは、小山車両センター所属のジョイフルトレイン「宴」。宴と言えば先月26日の夕方、宮原でポートトレイン横濱を撮影しようとした直前に上り線を通過して行ったのを見たばかりでしたが(こちら参照)、実はまだこちらには乗ったことがないんですよね。もっとも、先日乗ったせせらぎと同じような車内ではありますが…。

 これでミッションは無事終了しましたが、この後北斗星もやってきますので、引き続きその場に留まって撮影を続けます。いつもの通り、下り線を通過する金太郎牽引の貨物を見送った後、北斗星がやってきました。

Eh50040
金太郎牽引の貨物

Ef8193_hasuda0908
上野へ向けてラストスパート

 なおこの日の担当は93号機でした。

 この後別の用事があったため、これでおしまいにして帰路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.10

今日の宮原(8/10)~2日間お休み

Type183_miyahara090810

 この2日間、ツーデーパスで朝早くからお出かけしていたため、朝の”お勤め”はお休みしていました。昨日は富士急で今日は銚子電鉄でしたが、今日は台風による豪雨に見事祟られましたねweep。本当だったら犬吠から外川まで歩きたかったんですけど、さすがに滝のように降る雨の中を行きたくありませんでしたね。

 さて、今日の画像ですが、その銚子から宮原へ帰ってきた際にやってきた大宮車両センター所属の183系です。この183系は金曜日の朝に会った編成ですが、ほくほく線での臨時運用を終えて回送で戻ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.09

富士登山電車

富士登山電車
乗車中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水戸岡デザイン

水戸岡デザイン
疾走中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
このあと、河口湖に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
ツーデーパスで移動中です。只今鳥沢でまったりしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.08

今朝の宮原界隈(8/8)~今日は国鉄色まつり

 今朝はまず急行能登からスタートです。

Type489_miyahara090808
急行能登号

 昨日と同様、流しで捕らえました。ここんとこ、すっきりとした晴れ間がないですねぇbearing

 すぐに下り線には、くじらなみの送り込み回送が抜けていきました。こちらは明日で今季の運転が終わります。

Type183_miyahara090808
くじらなみも今季は明日で終了です

 この列車の後、すぐに踏切の警報機が鳴り始めました。信号機を見るとどうも上り線に何か来る模様でしたが、やってきたのは新潟の485系でした。

Type485_miyahara090808_2
上沼垂所属の485系団臨

 それから10分後、下り線に65牽引の貨物が近づいてきました。いつもだったら北陸に被られそうになるものの、何とか難を乗り切っていましたが、今日はぎりぎり被ってしまい、まともな絵はこれ1枚だけでした。

Ef641031_miyahara090808
下り貨物のおかげで、これ1枚のみ残っています。

 そして最後はあけぼのです。

Ef641052_miyahara090808
今日はほぼ定時でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/2】リニューアルされた東武博物館に行く

 先月22日にリニューアルオープンした東武博物館。新たに”ネコひげ”こと5700系や近江鉄道からやってきたED101形電気機関車が加わり早く見たいと思っておりましたが、ようやく先週の日曜日に訪問することができました。

 途中、蒲生や新田でネタ探しをしてから東武博物館の最寄駅である東向島へやってきました。さっそく東武博物館へと向かうと、入口では花上館長自ら子供向けの記念品を配っていました。その横を通り過ぎいよいよ館内へと入ります。

 やはり何といっても、一番の注目は新たに加わった2両の車両ですね。5700系は流線型が再現され、ネコひげと呼ばれていた当時の姿に復元されましたが、実物を見るのはもちろんこれが初めてであります。

Tobu5700tobumuseum0908
ネコひげが再現された5700系

 この5701号は長らく旧杉戸工場があった東武動物公園駅近くでカバーにかけられて留置されていましたが、ようやく日の目を見ることが出来ましたね。

 なお、車内にも入ることが出来ます。ただし座席には保存の絡みで入れませんが・・・。

5700
車内も入ることができますhappy01

 一方の電気機関車ED101形ですが、こちらは1928年にイギリスで製造され、貨物列車を始め客車も牽引していましたが、1972年に近江鉄道に譲渡された後、1988年まで活躍しました。東武の電気機関車というと、博物館に同じく展示されているED5010形を始めとしたデッキつきを思い出しますが、ED101形はシンプルなスタイルの機関車ですね。東武には古くからいた機関車とのことで、貴重な資料ですね。

Ed101_tobumuseum
近江鉄道からやってきたED101形電気機関車

 しかし先週は館内でさまざまなイベントが行われていたこともあり、慌しい中歩き回りました。よって落ち着いてみるにはいささか厳しいものがあり、もう少し落ち着いてからのんびりと見てみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/1】ジョイフルトレイン「いろどり」初乗車

 先週土曜日のネタも最後の一つとなりました。熊谷からの帰りは臨時快速たんばらラベンダー号に乗車します。

 前の週に宮原駅で見かけたジョイフルトレインいろどりですが、最近はあちこちで臨時列車に引っ張りだこのようで、記憶に新しいところでは6月13日に南武線を走った「いろどり山梨さくらんぼ号」を尻手駅で見かけましたが(こちら参照)、7月末と8月頭の週末に高崎線を臨時列車として走るとのことで、まだ乗ったことがなかった身にとってはぜひとも車内の様子を見てみたいと思っていました。さっそく宮原駅の指定券券売機で調べたら、幸いにも一席空席があるとのことで、そのままお買い上げとなりました。

 17時46分、いろどりが高崎方面から到着。さっそく指定券に指定された席につきます。車内は座席がほとんど埋まっていて、空いていたのは自分と一緒に熊谷から乗ってきた乗客の席だけとなかなか盛況でした。その座席ですが、通路を挟んで2人掛けと1人掛けの席が並んだ、ゆったりとしたものでした。さすがグリーン車扱いだけありましたが、もう一つ目に付いたのが運転台の後ろにあった共用スペースで、壁にはモニターが設置されていて、運転台に取り付けられたと思われるカメラからの車窓が映像として流れていました。

Monitor_irodori
車内に設置されているモニター。ここで運転台からの走行シーンを見ることが出来ます。

 他にもコンパートメントタイプの席もあるようで、なかなか豪華でしたね。

 そんな車内なのでまだまだ乗り続けていたいところでしたが、この列車は宮原には停車しないため、一つ手前の上尾駅で見送ることになりました。次回はもっと長い距離を乗りたいですね。

Kuro4811502_ageo0908
上尾駅に到着した”いろどり”使用の快速たんばらラベンダー号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.07

朝の宮原界隈(8/7)~遅れてきた北陸

 今日は午前中病院へ行っていたため、早朝から陣取っていました。雨こそ降ってはいませんでしたけど、雲が薄っすらとかかっていて最初の頃は薄暗かったですね。

Type489_miyahara090807
能登は流しで

Ef651097_miyahara090807
貨物も流しました

 この後いつもだったら北陸が来るはずでしたが、上越線内でトラブルがあったようで遅れが生じていました。結局30分ほど遅れて通過していきました。

Ef641051_miyahara090807
30分遅れで通過した北陸

 こうなるとあけぼのがどうか心配でしたが、5分程度の遅れで通過しました。

Ef6437_miyahara090807
5分程度の遅れでやってきたあけぼの

 もう一つおまけ。8時10分過ぎ、大宮車両センター所属の183系が下り線を通過していきました。この週末にほくほく線で運転される臨時列車に充当されるようです。

Type183_miyahara090807
高崎方面へ走り去った183系

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何も申すまい

 JR九州でイメージキャラクターをされていたときのことは忘れない。。。

 酒井法子容疑者:覚せい剤所持容疑で逮捕状 警視庁(毎日jp)

続きを読む "何も申すまい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/1】ポケモン新幹線@熊谷駅

 先週土曜日の続きです。熊谷からの高崎線は、17時46分発の臨時快速「たんばらラベンダー号」のグリーン券を押さえてありました。使用されているのが長野支社所有のジョイフルトレイン「いろどり」でまだ乗ったことがありませんでしたが、発車時刻まで30分以上もあったことから、それまでの間新幹線ホームでしばらくネタ探しをしようと思いました。

 改札口で入場券を買って新幹線ホームへと上がります。やはりこの時期新幹線でネタといえばポケモン新幹線ですね。ただ情報などもなく、適当に来た列車を観察しようと思いましたが、5時半くらいまでの間だと熊谷停車の列車は12分発のとき335号と31分発のMaxたにがわ419号の2本、上りが32分発のあさま538号の1本とのことなので、上りホームで待ってみることにしました。

 しばらくすると下りホームの方から列車が接近する旨のアナウンスが流れてきたので大宮寄りの方を眺めていたら、200系がやってまいりました。200系も出来るだけその姿を残して行きたいところですが、車体にはポケモンのラッピングが付いていました。

Type200_kumagaya09081
全体を入れてしまうと目立たなくなってしまいますねcoldsweats01

Type200_kumagaya09082
先頭だけだったら多少は目立つでしょうか???

Pokemonwrapping_kumagaya
中間車も撮ってみました

 対面式のホームの方がラッピング車両の撮影にはぴったりですね。やはり全体を入れてしまうとポケモンの絵が目立たなくなってしまうので、思い切って先頭車だけ大きく撮るなどして工夫をしました。

 結局この後2本の列車を見送ってから在来線ホームへと移動しました。ちなみにいずれも通常のカラーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.06

朝の宮原界隈(8/6)~不意をつかれた・・・

Ef641052_miyahara090806

 今日は珍しく到着したときにはギャラリーがゼロでした。しかしこういうときには定刻に運転されているかどうかわからないところ。そこで手持ちの携帯を使って運行状況を調べてみたら、あけぼのが遅れているとの情報が・・・weep。うーん、これは厳しいゾということで、一本前のE231系だけでもと思ってそのまま居残りました。

 半ば諦めて携帯をいじっていたら、何と宮原駅を通過するEF64がこちらに近づいてくるではありませんか・・・coldsweats02。慌ててカメラを切ったためこんな絵になってしまいました・・・。うーん、遅れは何だったんだろう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/1】沿線のお祭りヘッドマーク付き列車に会う~秩父鉄道

 先月末に行ったばかりの秩父鉄道ですが、その後公式サイトを見ていたら、8月中に沿線で開催される祭りに合わせリバイバルカラー1000系に4種類のヘッドマークが取り付けられるとのニュースが入ってきました。これは去年も行なわれましたが、結局長瀞船玉まつりのヘッドマーク1種類しか見ることができず、今年はぜひとも全て見たいと思っていました。

 さて先週土曜日は自宅で昼を食べてからの出発でしたので、熊谷に着いたときには午後1時を回っていました。きっぷを買ってホームへと進むと、長瀞船玉まつりのヘッドマークをつけたスカイブルー塗装1001Fが西側の側線に停まっていました。これでまず一つ確保ですhappy01

Chichibu1000_kumagaya09081
長瀞船玉祭りのヘッドマークをつけたスカイブルー1001F(熊谷駅:'09年8月1日)

Nagatorofunatamamatsurihm
ヘッドマークの拡大図

 なお、夕方再び熊谷に戻ったときも同じ位置で停車したままでしたので、走っているところは見ることが出来ませんでした。

 この後の三峰口行きは13時27分発ということで、西側の側線に停まっているスカイブルーの車両を始めいろんな車両を見ながら時間を潰していましたが、やがて羽生方面からやってきたのは、秩鉄カラーの1002Fでした。ところがこの1002Fを見て実は「あれ?」と疑問に思いました。というのは、公式サイトによれば、この1002Fには熊谷花火大会のヘッドマークが付いているはずなんですが、そのヘッドマークがどこにもありません。何かトラブルでもあったのか心配ではありましたが、ひとまずこの1002Fに乗り込み、目的地のひろせ野鳥の森へとやってまいりました。

Chichibukuha1202_hiroseyachonomori0
公式サイトには付いていることになっているんですが・・・

 手持ちの時刻表によれば、10分くらいで羽生行きが来るとのことなので、駅の近くの線路脇でしばらく待ちました。やがてこちらに向かってくるオリジナルカラーの1000系の姿が見えてきたので、「なんだ」と思いつつもカメラのファインダーを覗いていましたが、次第に近づきつつある白い車体を見ているうちに何やらヘッドマークらしきものがついていることがわかりました。撮影後、カメラのモニターで確認してみたところ、「熊谷花火大会」の文字が記されているのがわかりました。どうやら秩鉄カラーに取り付けられるはずのものがこの1005Fに付いていたようですね。なぜ変更になったのかわかりませんでしたが、これで本日2個目のヘッドマークとご対面することができました。

Chichibu1000_hiroseyachonomori09081
1005Fに取り付けられた「熊谷花火大会」ヘッドマーク

 この後、前回同様に線路沿いに大麻生駅に向かって歩き続けます。前回ウグイスカラー1009Fが停車していた広瀬川原車両基地には2台の電機が停まっていましたが、車庫の中をじっくり見ているとなにやら赤っぽい色の物体が停まっていました。オレンジカラー1011Fには秩父音頭祭りのヘッドマークが付いているので、これを見たときにはちょっと心配でしたね。何分うっすらと見えただけなので何とも言えず、走っていることを祈って先を急ぎました。

 この後は目当ての列車は来ず、大麻生から列車に乗り込んで次の明戸へとやってきました。着いた途端に雨がパラパラ降り始めたときには傘もなくどうしたものかと考えてしまいましたが、幸いにもすぐに止んでくれたので、すぐに武川駅方面へ向けて歩き出しました。例によって最近定番になっている、明戸と武川の間の直線区間でしばし待っていると、前回広瀬川原で寝ていたウグイスカラー1009Fを始め、寄居玉淀水天宮祭のヘッドマークをつけたカナリアカラーの1012Fや先ほどひろせ野鳥の森で見かけた1005Fの姿を見ることが出来ました。これで4つあるうちの3つを確認することができ、残るは秩父音頭祭りの1個となりました。

Chichibu1000_takekawa1_2
今回は取り付けられなかった1009F

Chichibu1000_takekawa2
羽生から戻ってきた1005F

Chichibu1000_takekawa3
寄居玉淀水天宮祭のヘッドマークをつけた1012F

 その後、三ヶ尻の引込線に向かうEL牽引の貨物を撮影し、4時前に抜けるパレオを待ち構えます。パレオといえば先月20日、不具合により急遽ELによる代走が走ったのは周知のとおりですね。その後無事に点検を終えて再びパレオの先頭に立ったときには一まず旨をなでおろしましたが、JR東日本のD51がボイラーの不備で走行ができない状態が続いており、首都圏では数少ないSLだけに何とか頑張ってもらいたいものです。

 しかし、武川を発車したときにちょうど厚い雲がかかってきたこともあって、かなり暗い絵になってしまいました。

Chichibudeki105_takekawa0908
秩父鉄道といえば貨物列車ですね

Chichibuc58363_takekawa0908
無事に復帰したC58

 結局、16時36分発の急行で熊谷へと戻りました。

 どうやら広瀬川原で寝ていたのはオレンジカラー1011Fで間違いなかったようですね。結局今年もコンプできませんでしたweepが、去年の1個に比べれば3つも見ることが出来たと思い、御の字ということにしておきましょうcoldsweats01

Chichibu1000_kumagaya0908
羽生から戻ってきた1012F。ホームには祭りにいく乗客で賑わっていました。

# 去年の様子は、こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.05

朝の宮原界隈(8/5)~茶ガマ快走!

Ef6437_miyahara090805

 今日は特に何もない1日でしたが、”茶ガマ”こと37号機が上野へ向けて走り去っていきました。改めて、茶色のカマが牽くブルトレもまたいいですねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/31】自宅で花火大会

 本当なら7月30日に開催する予定だったさいたま市花火大会ですが、悪天候により1日順延し31日に開催されました。これまで花火大会を見に行く習慣がなく、これまで仕事以外では行くことがありませんでしたが、今年は何分高層のマンションに引っ越したおかげで、もしかしたら見えるんじゃないかと期待しつつ、食事の準備も簡略化させるべく、帰宅時に大宮駅で駅弁を買って帰りました(ついでにビールもbeer)。

 午後7時、いよいよ花火が打ちあがりました。

Fireworks_saitama0907312

Fireworks_saitama0907313

Fireworks_saitama0907311
(いずれも)自宅から見た花火の様子

 うーん、ちょうどマンションの真裏の先が会場らしく、完全に被ってますねぇcoldsweats01。たまに高く上がってくれるときもあったので、そのときは綺麗なんですけどね。まあ、実家が一戸建ての家でこういった楽しみはこれまでなかっただけに、このときばかりはマンションのよさを感じました。

 ちなみに先月25日の隅田川花火大会、こちらも小さいながら見ることが出来ました。それにしても、見えるんですねぇ。

 関連記事
  ・HACHAPP様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.04

朝の宮原界隈(8/4)~地元で公式戦

Ef641052_miyahara090804

 仕事の帰り、地元で行なわれたプロ野球の公式戦を見てきました。途中まではなかなか好ゲームだったんですけどねぇ・・・。結局6回裏終わったところで引き上げました。

 只今、ベランダからはカクテル光線がまだ眩しく輝いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
大宮球場で公式戦です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.08.03

朝の宮原界隈(8/3)~久々の夏日

Ef6437_miyahara090803

 久しぶりに晴れ間の続く一日でした。こんなときにお出かけが一番なんですが、何分仕事なもので、天気のいい中仕事をバリバリしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏ペンギンフィギュアをコンプ♪

 NEWDAYで売っている「From AQUA」というミネラルウォーターのおまけにSuicaペンギンのフィギュアがおまけで付いています。春先にもヨガをやっているペンギンがありましたが、それに続いての登場であります。

 種類は全部で8種類。今回もブラインドパッケージではなくパッケージに入っているフィギュアの絵が載っているので、比較的コンプしやすいですね。例によって、最後の1個とかになるとその店に置いてなかったり、奥の方に入っていて取り出しづらかったりということがありますが、まあそれはそれで楽しいものであります。

 そんでもって、8種類を無事おとといコンプいたしました。ヨガのときはコンプできなかったので今回はと思いましたが、あっさりと出来てしまいましたね。

Fromaquapetbottle
こんな感じで付いています

Suicapenguinesummer09
8匹並べてみましたpenguinpenguinpenguin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.02

今日の宮原界隈(8/2)~珍客は難敵

 結局この週末はすっきりとしない天気で終わってしまいましたrain。明日からは回復するようですけど、ここんところしのぎやすい気温が続き、野菜の生育とかがどうなっているのか心配です。値段が上がってしまうとちょっとツライですね。

 それではさっそく今朝の様子から。

Ef651139_miyahara090802

Type489_miyahara090802

 暗い、暗すぎますweep。どっちも思いっきりトリミングです。

Type183_miyahara090802

 こちらは後追いだったせいか、明るく撮れました。ちなみにOM102編成でした。

 Ef641031_miyahara090802

 しばらくあけぼのの先頭に立っていた双頭連結器付き1031号機ですが、今日は北陸の先頭に立っていました。

Ef641052_miyahara090802

 今日のあけぼのは、1052号機担当でした。

 さて、昨日に続き、今日もたんばらラベンダー号の撮影に挑みました。昨日は正面から狙ったものの、ヘッドライトが明るすぎて撃沈crying。そこで今日は反対に後追いで狙ってみました。

Type485_miyahara090802

 まずまずですかねぇcoldsweats01。この列車、ヘッドライトが結構明るすぎるので、走行中にシャッター優先で撮ると暗くなってしまいます。今日みたいに曇りとか雨だと泣かされる列車ですね。

 最後に、昼前に宮原駅で列車を待っていた際に通過していった64の貨物を紹介して終わりにします。

Ef641039_miyahara090802
11時半前に通過する64牽引の貨物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
リニューアルオープンした東武博物館に来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/17】三陸夫婦旅その1~久々の盛岡

 先月17日と18日の2日間、家内と三陸方面へ旅してきました。岩手県に足を踏み入れたのは、’02年12月に東北新幹線が八戸へ乗り入れたときに完乗して以来で、三陸となると’95年1月に正月パスを使って釜石へ行って以来となります。今回は往復の新幹線と宿泊施設がセットになった旅行商品を利用してきましたが、二人以上で旅をするときはこうした商品を使ったほうがオトクに旅が出来ますね。しかもいろいろと特典が付いていることもあり、今回は宿泊施設で料理が1品プラスされてきました。中身については後ほどご報告したいと思います。

 さて1日目の17日、6時30分発のやまびこ41号に乗車するため大宮駅にやってきました。今回の旅の行程を組むのに一番頭を悩ませたのが、盛岡での滞在をどうするかでした。実は盛岡市内は歩いたことがありませんで、これまで乗換駅として通過してばかりでしたが、どうせだったら町歩きプラス名物の冷麺も食べたいところでいろいろと行程を組み立ててみたものの、如何せん盛岡からの山田線が極めてタイトな運転本数で、なため、結局11時4分に発車する宮古行きで早々盛岡を発つことになりました。1本後の13時51分発だと宮古着が15時52分なので宿のチェックインにはちょうどいい時間帯ですが、そうなると宮古一の名所である浄土ヶ浜は翌日になり、昼過ぎに発車する三陸鉄道の時間まで少しせわしなく感じました。

 やまびこ41号は大宮を定刻に発車。さっそく乗車前に買っておいた朝食のカツサンドのパッケージを開きました。パッケージには「昔懐かし」と書かれていて、かつて食堂車で出されていた頃の味を再現しているようですが、何分当時どんなものを出していたのかなんてわかるわけはなく、「こんなものかいな」と思いながら一気に頂きました。

Katsusandwichpackage
懐かしのサンドイッチだそうですが・・・

 仙台までは通過駅があるので早く感じましたが、仙台を過ぎると乗客の半分以上が入れ替わった上に各駅停車となったため、一気にのんびりムードとなりました。こうして9時15分、終点の盛岡に到着しました。

E224123_morioka0907
盛岡に到着したやまびこ41号

 盛岡では2時間近くの待ち時間があり、本来でしたら後続の新幹線でも十分間に合いましたが、それだと大宮の発車が7時から8時頃とちょうど朝の通勤ラッシュと重なってしまいます。そんな中を大荷物を持って移動するのはいささか辛いところですので、比較的空いている6時台の新幹線となった次第です。

 まずは駅前にある郵便局でいつものお仕事を済ませてから、市の中心部にある旧盛岡銀行の建物を見に行くため、駅前のバスターミナルに戻って「でんでんむし」という循環バスを待ちます。文字通り市の中心部をぐるぐる回るバスで、盛岡市内の観光スポットにも立ち寄ってくれるので観光としても十分利用することが出来ますが、運賃が100円ということもあって他の乗り場に比べ多くの乗客が列を作っていました。またバスカードも使えるとのことなので、乗り込む前に案内所で1000円分のカードを1枚手に入れてから乗車しました。

 バスに揺られることおよそ10分、官公庁が建ち並ぶ県庁・市役所前停留所で下車。ここからさらに10分ほど歩いて目的地に到着です。

 この建物、現在も岩手銀行中の橋支店として使われていますが、どこかで見たような様式ですね。そう、どこか東京駅に雰囲気が似ているような気がしましたが、それもそのはずで、どちらも明治から大正にかけて活躍した建築家の辰野金吾による設計です。

Oldmoriokabankbuilding
赤レンガが特徴的な旧盛岡銀行本店

 来た道を再び歩き出し、県庁・市役所前停留所から再びでんでんむしに揺られて盛岡駅に戻ってきました。

Dendenmusi_morioka
盛岡市の循環バス「でんでんむし号」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.01

朝の宮原界隈(8/1)~眠い

 今日から8月ですが、天気はすっきりしませんcloud。日中は太陽の光が雲の合間から漏れてきて多少は日差しもありましたけど、明日はまた雨が降りやすい天気だそうで、すっきりとした晴れ間が欲しいところです。

 早朝はくじらなみの送り込みを除いていつものメンバーでした。それでは、一気にご紹介します。

Ef651101_miyahara090801
能登の前の貨物

Type489_miyahara0908
失敗でしたweep

Type183_miyahara090801
気を取り直して撮った183系

Ef641051_miyahara090801
少しはマシかな???

Ef6437_miyahara090801

 これで一旦自宅へと戻り、8時過ぎに再びやってまいりました。この後、8時20分頃通過する快速たんばらラベンダー号の撮影をしますが、使用されるのは”いろどり”こと長野支社所有の485系。実はちょうど1週間前、横浜からの帰りしな、たまたま宮原駅を通過するところを見かけ、そのときの様子をこちらにもご紹介しましたが、このときはたんばらラベンダー号の存在を知らず、てっきり団臨と書いてしまいました。帰宅後、時刻表を見てこの列車の存在を知りましたけど、正直ノーマークでしたcoldsweats01

Type485_miyahara090801
ジョイフルトレイン「いろどり」使用のたんばらラベンダー号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

如意の渡し、明日で廃止

 富山県高岡市内を流れる小矢部川の両岸を「如意の渡し」という渡し舟が行き来していますが、両岸を結ぶ伏木万葉大橋が完成したことを受けて、明日を持って廃止となるそうです(こちら参照)。両岸の船着場はそれぞれJR氷見線の伏木駅と万葉線の中伏木駅が最寄りになっていて、私も2000年10月、当時まだ加越能と呼ばれていたときに乗り潰しをした際にこの渡し舟で対岸の伏木へと渡りました。このとき使った1日乗車券のフリー区間に如意の渡しも含まれており、渡し舟とバスを乗り継いで高岡駅まで戻ってまいりました。

 富山県で渡し舟というと、同じ万葉線の終着駅の越ノ潟と富山新港を結ぶ渡し舟があり、こちらは初乗りから2年半後の2003年3月に万葉線の乗り直しを兼ねて渡し舟を使って富山駅へとやってきました。このときの模様はこちらにも書いていますのでご覧いただけるとありがたいですが、こちらの記事を最後まで読むと、この渡し舟も年内を目処に廃止になるんだそうです。何分数十円という料金で利用できるとあって、どこか浮世離れしたところも感じられますが、それがまたいい味を出していますし、こうして廃止になってしまうのはやはり時代の流れといえ寂しいものがあります。

 そんなわけで、明日の廃止を偲ぶべく、在りし日の様子をご紹介したいと思います。なお撮影したのは2000年10月です。

Port_nyoinowatashi
こちらが船着場。おそらく中伏木側と思われます。

Timetable_nyoinowatashi2
壁に貼られた時刻表。お隣のロシア語表記が目立ちますね。

Ship_nyoinowatashi
こじんまりとした船でした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

現在地

現在地
SL撮れたので、武川から急行に乗って熊谷に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これだけ揃うと

これだけ揃うと
壮観ですな。

でも、知らないのが多数…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
こういう駅に来ると、落ち着きますな。

秩父鉄道大麻生駅にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
熊谷にきています。例によってリバイバルカラー狙いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/25】ポートトレイン横濱号に乗る

 先ほどまで朝の“お仕事”をして、そのままPCの前に座っています。今日は昼過ぎからお出かけなんで、それまで家のお仕事をしようと思いますが、天気がすっきりしないのがちょっとツライところですね。今のところ雨が降っていないのが救いなんですが、果たして・・・。

 さて先週土曜日のネタがもう一つ残っていて、中華街でみやげを買い、近くのコンビニで食料を調達してから石川町駅へとやってまいりました。この後は帰路に付くだけとなりましたが、25日と26日の両日運転された快速ポートトレイン横濱号に乗り込みます。

 さて石川町の発車時刻が16時27分でしたが、駅に着いたのが午後4時10分前。まだ30分ほど時間があったので、しばらくホームで駅撮りをしながら時間つぶしをしました。根岸線の車両ということでE233系や209系を撮影することが出来ましたが、電機が1両、EF200の単機が通過していきました。おそらく写真に収めたのは今回初めてじゃなかったでしょうか?

Type209e233_ishikawacho0907
根岸線の主力車両(石川町駅:'09年7月25日)

Ef20011_ishikawacho0907
単機でやってきたEF200形電気機関車(石川町:'09年7月25日)

 そんなことをしながら、いよいよポートトレイン横濱号がやってまいりました。使用車両は高崎車両センター所属のジョイフルトレンせせらぎ。普段通勤車両ばかり走っている根岸線ですが、珍客の到着にホームにいた乗客も注目していました。

Type485_ishikawacho0907
ポートトレイン横濱号はせせらぎ使用

 さっそく列車に入り、指定券に記された席を探します。ところが車両中央にある横長のテーブルと畳敷きの座敷という席のため、どういった区分になっているのかがわかりづらかったいですね。で、どうなっているのかといえば、テーブルの端の方に座席の区画が記されていて、そこに記された席に座りました。

 すぐ近くにはカラオケ設備もあり、今にも宴会をしたくなりそうな気分になる車両ですが、列車は石川町を発車し、普段は体験できない関内駅の通過を見て桜木町に到着。ここを発車すると、ポイントを渡って根岸線の線路と分かれました。何と言ってもこの列車、普段定期列車が行き来しない高島貨物線を走るところがミソなんですが、横浜の工業地帯の中を走ったり見慣れたみなとみらいの高層ビル群を違った角度で見ることが出来たりとなかなか楽しい汽車旅でした。

 列車はやがて海沿いから離れ内陸部へと進み、東海道本線の線路が近づいたと思うと鶴見駅の構内へと入ってきました。この後は品鶴線から武蔵野貨物線を経て府中本町へと進みますが、こちらはホリデー快速鎌倉号のルートと同じですね。ただ高島貨物線と違いこちらはトンネルばかりで、車窓を楽しむという点では今ひとつですが・・・。

 こうして列車はトンネルを抜け、右手に南武線の線路と合流すると多摩川の鉄橋を渡り府中本町を通過、武蔵野線へと入ってきました。私的にはこれでこの列車の見所は一応終わったことになりますが、厳密に言えば武蔵野線から大宮へ抜ける途中にまた貨物線を通過するんですよね。こちらもやはりホリデー快速ではお世話になる区間ですけど、ポートトレイン横濱号はこうした3つの貨物線を走破することができる列車でありました。

Type485_omiya0907
大宮に到着した「ポートトレイン横濱号」

 なおポートトレイン横濱号ですが、8月8日と9日の両日には宇都宮発着で運転されますので、貨物線に興味のある人はこれを機に乗ってみるのも楽しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »