« 現在地 | トップページ | 今日の宮原(9/22)~シルバーウィークも残り1日 »

2009.09.22

【9/16】偶然会えた“赤電”~京成

 今日は午前中用事があったため、午後を中心に近場を回ろうと思っていましたが、その用事が思いのほか早く終わってしまいました。そんなとき、19日から営業運転に入った京成創立100周年記念の車両のうち、最後となったファイアーオレンジ塗装の編成が金町線に入っているという情報が入ったので、急遽都内へと出向きました。

 その内容については後日ご紹介することにして、ここでは先日の16日に見た“赤電”について書きたいと思います。

 常磐緩行線の新車、E233系2000番台を無事に拝むことが出来、後続の列車に乗って金町へとやってきました。ここはつい3日前に来たばかりで、我ながらしつこいとは思いつつも、これも京成の記念塗装編成というネタがなければこうも行き来することはないということで割り切ってしまいましたがcoldsweats01、今回はまだ実車を見ていない “赤電”こと3324編成を探します。

 とりあえずは金町線を行き来する列車を確認することに。期待しつつもやってきたのはステンレスの3500形でした。まあどの道柴又までは歩いて移動する予定でしたので、それを横目に線路に沿って柴又へとやってまいりました。

京成3500形@柴又
ここでは赤電は会えず・・・

 その3500形に乗り込み、高砂へとやってきました。その前に例によって車内から高砂の車庫を眺めてみましたが、奥の方で日向ぼっこしている青電が確認できたものの赤電は見当たらず、営業運転に入っている様子でした。とはいっても、本線に入っているのかどうかもわかりませんでしたので、それを期待して本線の各駅停車に乗り換えました。

 やってきたのは市川真間。駅を降り、小岩寄りの細い道の脇に陣を構えました。とりあえずはスカイライナーくらい撮りたいと思い手持ちの時刻表を確認したところ、スカイライナーの通過の前に4連の津田沼行きがあることが確認。これに入っている可能性もあるので、これまでは粘ってみることにいたしました。

 やってくるのは3000形や3700形といったところで、いよいよ4連の津田沼行きが来る時間となりました。何分1編成しかいないので正直ダメ元でファインダーを覗いていましたが、その中に入ってきたのは、赤とベージュの2色に塗られた列車でした。

京成3300形@市川真間
赤電に初対面(国府台・市川真間:'09年9月16日)

 いやはや、こうもグッドタイミングで来るとは思っても見ませんでしたね。一つ欲を言えば、このときちょうど太陽が雲に隠れてしまい、全体的に暗くなってしまったことでしたが、ここはそんなことはどうでもいいことで、会えたことで満足でありましたhappy01

 これで時刻は11時半過ぎ。この後、市川駅の近くで昼食を摂り、総武線に乗り込みました。

|

« 現在地 | トップページ | 今日の宮原(9/22)~シルバーウィークも残り1日 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/46281573

この記事へのトラックバック一覧です: 【9/16】偶然会えた“赤電”~京成:

« 現在地 | トップページ | 今日の宮原(9/22)~シルバーウィークも残り1日 »