« 今日の宮原(9/9)~お疲れモード? | トップページ | 今日の宮原(9/10)~念のため »

2009.09.10

雷鳥&京阪特急乗り倒し紀行その1~旅の始めは個室寝台車

 もう1週間が経つんですねぇ。早いものですが、ようやく昨日画像の整理がつきましたので、書き始めたいと思います。

 自宅で夕食を済ませてから出発し、向かったのは上野駅でした。今回の旅の始まりは寝台特急北陸号。やはり夜行列車で出発するというのは、「これから旅に出かけるぞ」という気分になりますねぇ。もちろん大宮からでも乗れるんですが、どうせ時間もあったし、始発でじっくりと機関車や客車の様子を見たかったので、わざわざ上野まで出向いた次第であります。

 駅構内のコンビニで買い物を済ませてから13番線ホームへと向かいます。北陸号を含め4本の寝台特急が発着するこのホームは普段撮影で度々訪れていますが、寝台列車が発着する時間帯はどこか他のホームにはない独特な空気が漂っている気がしますね。これも先ほど書いたとおり、これから旅に出ようという雰囲気にさせてくれます。

 そんな中、22時45分頃にゆっくりと推進運転で北陸号が入線、徐々に減速しながら停車しました。さっそく機関車の撮影から始めることに。この日の担当はEF64の1051号機。普段宮原で見ている機関車ですが、こうして間近で見るとまた違って見えますね。

Ef641051_ueno0909
出発を待つ北陸号

 ちなみに北陸号を上野駅で撮影するのは、今回が初めてでした。何分発車が11時過ぎとあってそこまでいられないというのが理由ですが、今回は普段以上に力を入れて何枚か撮ってまいりました。

 一方、最後部へ行ってテールマークにもご挨拶。日本海の荒波を描いた北陸らしいデザインです。

14
北陸号の最後部。突端式の駅は上野駅の特徴ですね。

Photo
能登の海岸線の特徴が表されているテールマーク

 こうして一通り列車の撮影を済ませ、いよいよ車内へと入ります。今回押さえてあったのはB個室ソロ。内装は去年10月に乗ったはやぶさのソロと同じですが、やはりコンセントがありませんでしたねweep。携帯電話の電源を充電したかったんですが、5月に乗ったサンライズの個室には付いていただけにこれはちょっとあてが外れてしまいました。

B
今回利用したB個室ソロの車内。コンセントが・・・。

 荷物を置き一息ついたところで列車は23時3分、ゆっくりと上野を発車しました。直後に「ハイケンスのセレナーデ」の曲から始まる車内放送が流れてきましたが、まさにブルートレインに乗っているんだなぁと実感しますね。

 23時25分、北陸号は大宮に到着しました。本来ならここから乗ればよかったんですが、普段生活で利用している駅の様子を普段乗らない列車の車内から眺めるというのは何ともいえないですね。普段見慣れている光景にもかかわらずどこか違って見えてしまう。これも夜行列車で旅に出るという非日常的な体験をしているからなんでしょうね。

 先ほど上野駅で買ったビールも飲み干したため、寝台をセットしてベッドに横になりました。しばらく携帯をいじったりして起きていたものの、やがて眠気も増して来たため眠りにつきました。途中、どこか急勾配を登っているような感じを車輪の動きから察することができましたが、おそらく上越線の清水トンネル付近を走っていたときだったんでしょうね。

 翌朝、車内アナウンスの声で目が覚めました。周囲はだいぶ明るくなっていて、ちょうど通過した駅の駅名板を見ていたら、「滑川」の文字が窺えました。列車は上野を出たときとは進行方向が逆になっていましたが、長岡でそれまで牽引してきたEF64からEF81に付け替えたためであります。

 そんな中、田んぼの稲が色づく富山平野の車窓を見ながら、列車は5時34分、富山に到着しました。列車からは大きなリュックサックを背負ったグループが降りていきましたが、これから富山地鉄に乗って立山やアルペンルートへ行くのでしょうか?アルペンルートへは‘02年10月に当時中央線に残っていた急行アルプスで信濃大町に到着後、1日かけて縦断したことがありますが、北陸や能登を利用すればその日のうちに信濃大町へ辿りつくことが出来、時間を有効に使えそうですね。

Photo_2
富山に到着

 富山を発車した北陸はほぼ定刻通り北陸本線をひた走り、6時26分、終点金沢に到着しました。到着後、機関車を撮影するため先頭へ行って見ると、長岡で交代したEF81が北陸のヘッドマークを付けて堂々と佇んでおりました。普段地元ではEF64が牽引するところしか見ることが出来ないので、北陸のヘッドマークを付けたEF81はやはり新鮮ですね。

Ef81149
長旅を終えてしばし休憩中(金沢:'09年9月4日)

 この直後、上野を30分後に発車した急行能登号が入ってきました。金沢ではわずか3分に短縮され、いかに電車の方が速いかが窺えます。

489
北陸到着の3分後にやってきた急行能登号(金沢:'09年9月4日)

 この後、しばらく駅構内で列車の撮影をしてきましたが、何分バラエティに富んでいるのと北陸のネタで長くなってきましたので、ここで一旦切らせていただきたいと思います。

|

« 今日の宮原(9/9)~お疲れモード? | トップページ | 今日の宮原(9/10)~念のため »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/46174185

この記事へのトラックバック一覧です: 雷鳥&京阪特急乗り倒し紀行その1~旅の始めは個室寝台車:

« 今日の宮原(9/9)~お疲れモード? | トップページ | 今日の宮原(9/10)~念のため »